エルパの盤上この一手

勢いに任せたなんでもブログ

【2017年】iPad Pro 10.5レビュー iPad mini4との比較!どっちがいいのか!

どうもこんにちは。エルパ(       @elppapr     )です。

 

唐突ですが、僕はApple大好きです。

パソコンはMacですし、携帯もタブレットも音楽再生もios端末です。

 

そして、WWDC2017で発表されたiPad Pro。

最初は買うつもりはなかったんですが、人のレビューとか見てるといいなーと思って買っちゃいました

 

そこで、今回はiPad Pro10.5インチを購入して、2週間くらい経ちましたのでそのレビューを開封のところからしたいと思います。

 

え、いまさら、、、

 

という感じなのは否定できませんが。

 

ただレビュー見てても、ベンチマークがどうとかリフレッシュレートがどうとか性能up面の話が多い気がします。

 

それを実際使ってみてどうなんだという記事を書いていこうと思います。

 

私が持っているタブレットはiPad mini4ですので、そことの比較を中心にやっていきたいと思います。

 

ipadmini4を現在持っていて、買い替えを検討している方、そもそもipad proがどんな感じか知りたい方など、是非ご覧いただければと思います。

f:id:elppapr:20170906150904p:plain

 

 

iPad Pro 10.5 開封

ということで到着したiPad Pro10.5インチ

 

この取り出しやすいダンボールの形。

Appleのユーザーを思いやる気持ちが出ていますね。(ごますり)

f:id:elppapr:20170906150652j:plain

 

そして取り出してビニールをぺりぺり。

なんどやってもこの瞬間はテンションが上がります。

f:id:elppapr:20170906150706j:plain

 

そしてパカリ

f:id:elppapr:20170906150737j:plain

 

やはり感動しますよね。

ということで、開封はこの辺で次から詳しく見ていきたいと思います。

 

僕が今回iPad Pro10.5を買った目的

僕は今までipad mini 4を愛用してきました。

 

そんな僕が今回iPad Proを購入した目的は

 

  • 雑誌や新聞を読むときにもうちょっと大きい画面が欲しい
  • 進化したと言われるiPad Proの高性能を試したい。
  • Apple pencil を使ってあわよくばノートにしてしまいたい。
  • iPad mini が見捨てられてるっぽいしiPad Pro買うか

っていう感じの理由でした。

 

そこでこれらについて実際に使ってみて感じたことを書き連ねていこうと思います。

 

大きい画面

僕は普段タブレットで雑誌や新聞を読んだり、動画を見たりなどしています。

 

そんなときに、特に雑誌や新聞でもうちょっと大きい画面で読みたいな〜と思うこともありました。

 

ということで大きさ比較

f:id:elppapr:20170906150807j:plain

 

このように重ねると、かなりのサイズ差があるのがわかると思います。

 

実際に画面に同じページを写すとこんな感じ

 

f:id:elppapr:20170906150820j:plain

 

こう比べるとかなり見えやすさが違うことがわかると思います。

 

実際に使ってみた感じ

そして実際に使ってみたところ、たしかに大きな画面のほうが見やすい。

 

ただiPad Proでもそのままのサイズで見るのは難しいところもあり、ipad mini4でもズームを使えばいいので、実際に使ってみると新聞、雑誌を見る上ではそこまで大きさが嬉しいということもないのかなと思いました。

 

それよりも、持った時の大きさ重さが気になってしまいました。

特に僕は外に持ち出して使うことが多いので、公の場所で10.5というサイズは結構でかいなという感じでした。

 

そして、ipadmini4ではできた片手でがっしりつかむというがやはり難しく、気軽に取り出して使うという意味ではipad mini4に軍配があがりました。

 

比較するとやはり持ち運び気軽に使うという意味では、大きさのメリットより大きさのデメリットの方が大きいと感じてしまいました。

 

進化した性能

そして今回のiPad Proは性能がかなり進化したことも有名ですよね。

 

ベンチマークなどでその数値はappleのPCに匹敵するレベルだということです。

特に僕のipad mini4と比べればすごい性能が向上しているわけで、かなり期待していました。

 

そして何より注目なのがリフレッシュレートの進化ですよね。

f:id:elppapr:20170906150830p:plain

リフレッシュレートが倍になったということで、画面の動きなどがなめらかになり、後述しますが、apple pencilの追尾性も非常に向上しているということです。

 

イマイチ感じられなかった

性能

まずその性能なんですが、私の使い道ではイマイチ感じられませんでした。

 

というのもipad mini4使ってる時から、そこまでカクつくなどの性能に対する不満点はなかったというのも大きいと思います。

そして私の使い道が、ほとんどが雑誌、新聞の閲覧、軽いゲームなどなどマシンパワーを必要とするものではなかったからでしょう。

 

画像編集や動画編集までiPadでやるという人からしたらかなり感じられるのだとは思います。

 

そして秋に出るios11によってiPadがさながらパソコンのように使えるようになれば、その高い負荷を乗り越える上でかなり発揮されるものなのでしょう。

 

しかし、タブレットにPCの役割を求めない私としては、進化をそこまで感じられませんでした。

なんとなくゲームが早いかなーぐらいでした。

 

リフレッシュレート

そしてリフレッシュレートの主たるものは後述したいと思いますが、普段使いでリフレッシュレートが良くなったなーと実感することはほとんどありませんでした。

 

あるとすればsafariなどでページをスクロールするときに、ipad mini4よりも滑らかだなーと思うくらいでした。

 

ということで、私の使い方では性能の向上という意味ではもちろん嬉しいですが、大きく占めるものではありませんでした

 

apple pencil を使える

iPadProではapple pencil が使える

 

これも購入した目的の1つです。

当然iPad Pro と一緒にapple pencil も購入しました。

f:id:elppapr:20170906150846j:plain

 

以前からapple pencilをつかってノートや手帳を取れれば、紙の整理も必要なくなるし、非常に便利なのではと思っていました。

 

実際に使ってみると、確かにいいです。

リフレッシュレートの進化もあってなのか、ほとんど遅延なくペンの通りに書くことができます。

 

ただノートとして使うのなら12.9の方が進化を発揮できそうだなとは思いました。

もちろん持ち運びという意味では10.5のメリットがあるのですが。

 

そして書き味などでやっぱり紙のノートに及ばないところもあったので、完全にノートを移行できるかといえば、難しいと思います。

 

ただ気軽に書いたり消したりできる、そしてお絵描きなどができるのはとても楽しく、iPadProにする価値はあるのではと思いました。

 

やっぱりipad mini4 があってた

ということでiPad Pro 10.5を使ってみた感想

 

僕にはipad mini4の方が合ってた。

 

iPad Proのメリットが、片手で気軽に使えるipad mini4のメリットと比べたときに勝ってしまいました

 

もちろんこれはマシンパワーを必要としない私の使い方からするとということですので、PCの代わりとしてバリバリ使うという人にとっては、今回の10.5インチはかなりいいと思います。

 

今回のipad pro 10.5のレビューとしてはかなり珍しいと思うので、現在ipad mini を使ってるけど、どうしようか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

 

ただappleがipad miniを見捨てかけている現状でipad mini5が出る見込みがない状況では、ipad proを選択するしか将来的にはなくなるかもしれませんがね。

 

apple頼む。

 

ipad mini5 あんま売れないだろうけど、発売してくれ。

もっといえばiPad Pro 7.9インチ 発売してくれ。

 

以上