エルパの盤上この一手

勢いに任せたなんでもブログ

【画像で解説】Googleアナリティクスの登録・設定・導入方法!サイトの詳しい分析はこれ!!【はてなブログ】

どうもこんにちは。

エルパです。

 

今回もブログに関する記事です。

 

ブログを運営していく上で、アクセス数気になりますよね

やっぱりたくさんの人から見てもらいたいっていうのが正直なところです。

 

まぁ僕のブログは全然見られていないわけですが(自虐

 

そして、はてなのアクセス解析ではアクセス数はなんとなくわかっても詳しいところまではわかりません

 

例えば、どのサイトがどれだけ見られたか、検索から来たのかSNSからきたのか、などなど詳しい情報を知っておきたいですよね。

 

そこで、今回はブログのアクセスを詳しく分析できる「グーグルアナリティクス」の導入方法を見ていこうと思います。

 

 

アナリティクスに登録

では早速見ていきましょう。

 

まずはアナリティクスのページにいきます。

 

 

そしてログインもしくはグーグルアカウントがない方はアカウントを作成します。

f:id:elppapr:20170710153537p:plain

 

そして「お申し込み」をクリックして登録画面へと進みます。

f:id:elppapr:20170710153628p:plain

 

そして情報を入れていきます。

f:id:elppapr:20170710155312p:plain

画像の通りに入れていただければ大丈夫です!

 

そしてデータ共有設定は、特に何も気にならなければ、そのままで大丈夫です!

 

入力が終われば、下の「トラッキングIDを取得」をクリックします。

 

すると利用規約が出てくると思いますので、日本を選択して、同意をクリックします。

 

これで登録は完了です!

 

トラッキングコードの設置

登録が完了すると、トラッキングIDが出てきます。

これをサイトに設置します。

これを設置することで、そのサイトからデータを受け取れるようになるわけです。

f:id:elppapr:20170710161935p:plain

そして❷のトラッキングコードを全てコピーして、HTMLの</head>終了タグの直前に貼り付けます。

 

これでトラッキングコードの設置は完成です。

 

はてなブログでのトラッキングIDの設置方法

そして、はてなブログでの設置方法についても触れておきます。

 

私自身最初、どこに設置すればいいか迷った時にネットで調べても見つからなくて困った経験があるので!

 

はてなブログの設定・詳細設定に入って、解析ツールのGoogle Analitycs埋め込みという欄があります。

f:id:elppapr:20170710162909p:plain

この欄に上のトラッキングコードの写真の❶のトラッキングIDを入力します。

 

はてなブログの場合はこれで終了です。

簡単ですよね。

 

トラッキングコードが設置されると

トラッキングコードがうまく設置されると、アナリティクスで情報を取得して、「トラッキングコード」画面のステータスが、「過去48時間以内にトラフィックデータを受信しています」に変わります。

f:id:elppapr:20170710164143p:plain

ただ上手く設置できていても、ステータスが変わるまでに数時間かかりますので、すぐに変わらなくても、焦らずにゆったりと待ちましょう

 

終わりに

これでグーグルアナリティクスへの登録は完了しました。

 

これで、非常に細かい分析もできるようになりました。

 

具体的にどういった数字をみるといいのかについては、次回の記事で触れたいと思います。

 

よろしければブックマーク、読者登録お願い致します。

(追記)

アナリティクスの見方についてはこちら!

elppar.hatenablog.com

自分のアクセスを除外する!

elppar.hatenablog.com

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応