エルパの盤上この一手

勢いに任せたなんでもブログ

【審査なし・即発行】クレカがなくてもクレジット決済できる「Vプリカ」のメリット・デメリット!

どうもみなさんこんにちは。

エルパです。

 

突然ですがみなさんクレジットカードはお持ちでしょうか。

お持ちでない方、年齢的に持つのが難しい方などもいらっしゃるかと思います。

 

でも、Amazonプライムの入会など、クレジットカード決済しか受け付けてないサービスなどありますよね。

私の場合は、コンサートの申し込みのときにクレジット決済しか受け付けてませんでした。

 

そして、クレジット決済が必要で、なおかつすぐに決済しなくてはというときに、そこからクレジットの申し込みをしても間に合わない場合や、クレジットカードを作りたくない場合があろうかと思います。

他にも、怪しげなサイトに、自分の個人情報の詰まったクレジットカードを登録したくないという方もいるかと思います。

 

 

そこで今回はクレカ決済用に使えるネット上で発行できるチャージ型プリペイドカード「Vプリカ」のサービスをご紹介したいと思います。

 

f:id:elppapr:20170815142431p:plain

 

Vプリカとは

Vプリカとは、ネット限定で使えるプリペイドカードのことです。

ネット上ですから、現物のカードはありません。

 

そしてこのカードはネット上のVISA加盟店でクレジットカードと同じように利用することができます。

ですから普段クレジットカードを持っていないけどクレカ決済で必要という方や、個人情報の問題で自分のクレジットカードを使いたくないというときに気軽に利用できます。

 

Vプリカの特徴・メリット

クレジット決済で使える

まず何より大事なのは上述の通り、クレジットカード決済でVISAクレジットカードと同じように使用することができるというポイントです。

 

審査なしで即発行

そして、これまた重要なのが、18歳以上であれば審査なしで即発行できるということです。

ですから、普段はクレジットカードを持っていないけど、どうしてもクレジットカード決済が必要になった場合など、緊急のときにも利用することができます

 

個人情報の登録がいらない

このVプリカを発行する際には個人情報の登録が必要ありません。

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 居住都道府県
  • 電話番号

が必要となりますが、住所も、電話番号認証も、本人であることを証明する書類等も必要ないので、はっきり言えば偽名でも通ってしまうということです。

もちろん本名で登録するのがオススメですが。

 

そして本名で登録したとしても、カード名義にはニックネームを使用することができるので、カードを利用する際に本名が知られたくないという方も安心して利用できます。

 

チャージした金額のみ

そして、クレジットカードとして使えると言っても、実際はプリペイドカードで、自分のチャージした金額のみを利用することができます。

ですから、クレジットカードの不正使用の恐れなど、どうしてもアレルギーがあるという方でも、自分がチャージした金額以上が使われることはありませんから、安心して使用できます。

そして、20歳未満の子供がどうしてもクレジット決済が必要というときでも、安心してオススメすることができます。

年会費無料

そしてこれだけ充実したサービスで年会費は必要ありません。

  

Vプリカの発行・購入方法

Vプリカは24時間いつでもインターネット上やコンビニで購入・発行することができます。

 

ネット上でアカウントを開設して、コンビニやネット上でチャージ(支払い)を行うことで利用することができます。

ですから、クレジットカードを持っていてもそのクレジットカードからチャージということもできるわけです。

 

 詳しくは公式サイトをご参照ください。

 

 

そして実際にカードは発行されずネット上だけなのですが、デザインを選ぶことができます。

f:id:elppapr:20170815135240p:plain

まぁデザインは関係ないので、お好みで選んでください(笑

 

そして発行されるカードはこんな感じです。

f:id:elppapr:20170815135340p:plain

ご覧の通り、クレジットカードのようにクレカ決済に必要な要素がついたネット上のカードが発行されます。

先ほども言いましたが、名義にはニックネームが利用できますので安心して利用できます。

 

注意すべき点・気になる点(デメリット)

以上Vプリカのメリットなどについて紹介してきましたが、注意すべき点についても述べておきます。

 

クレジットカードより利用範囲は狭い

Vプリカはクレカ決済に基本的に利用できますが、一部の支払いについては利用できません。

例えば、毎月利用される公共料金や保険料などには利用できません。

そして、後日現物のカードが必要となる、航空券やホテルの事前予約には利用できません。

注意する必要があります。

 

詳しくは公式ホームページを御覧ください

Vプリカ|ご利用に関するご注意|ネット専用Visaプリペイドカード

チャージした金額を超えて決済できない

あくまでプリペイドカードですから、チャージした金額を超える決済はできません。

支払いのときにチャージ金額が足りるように準備しておく必要があります。

 

有効期限

こちらのVプリカは通常のクレジットカードと違い、有効期限が1年間と非常に短いです。

次に書くことにもつながりますが、有効期限を気づかない間にすぎちゃってたということがないように気をつける必要があります。

手数料がかかる

そして、先ほど年会費は無料と言いましたが、購入の際に手数料や維持費が必要となります。

Vプリカの購入チャージの際に、チャージする金額プラス200円が必要となります。

そして、使用していない期間が3ヶ月を超えると休眠カード維持費という名目で125円が差し引かれます。

ですから、チャージした金額が残ってしまってそのままほっておくと、維持費としてなくなってしまいます。

 

amazonギフト券Eメールタイプで消費

このように、残高の端数が残っていて利用しないと、有効期限や維持費でなくなってしまいます。

しかし、Amazonギフト券Eメールタイプを利用して自分に送ることで、その端数をAmazonで使えるギフト券に変換することができます。

昨今Amazonで買えないものはありませんから、端数で困るという方はご検討ください。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

 

終わりに

ということでVプリカについて紹介してきました。

様々な理由でクレジットカードを持っていない方でAmazonプライムの入会などクレカ決済が必要になる場面が結構存在しますのでその時の利用にピッタリです。

そして、不正利用を恐れる方も、個人情報の漏洩を恐れる方も安心してご利用できます。

 

皆様困ったときにはご利用してみてはいかがでしょうか。

以上