エルパの盤上この一手

勢いに任せたなんでもブログ

【1000円以下】Amazon1位のQtuo2.4Gワイヤレスマウスが6ボタン・DPI調整機能付きでコスパ抜群!【レビュー】

どうもみなさんこんにちは。エルパです。

 

パソコンを使う時に必須の商品。そうマウスですね。

ノートパソコンを使う人でも家ではマウスという方もいらっしゃるでしょう。

そしてマウスいろいろあるけど、何にしようかなーという方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、今回は1000円以下で買えて、Amazon一位の激安多機能マウス「Qtuo 2.4G ワイヤレスマウス」が非常にオススメなのでレビューしていきたいと思います。

 

f:id:elppapr:20170913005341p:plain

 

Qtuo 2.4G ワイヤレスマウス

今回紹介したい商品はこちらです。

こちらの商品の特徴は

  • Amazonでベストセラー1位
  • 1000円以下で非常に安い
  • レシーバー式の無線マウス
  • 6ボタンで多機能
  • 電池式
  • DPIが調整可能

といった感じになっています。

1000円以下でこんだけ多機能なワイヤレスマウスというだけで驚きなのですが、こちらの商品の外観や特徴に関して詳しく見ていきたいと思います。

 

外観

梱包はただの白い箱に入ってきます。

 

まずはこんな感じ。使用感があってちょっと汚いですがご容赦ください。

f:id:elppapr:20170913005357j:plain

黒一色で統一されており、非常にシックでシンプルなデザインとなっています。

 

左サイドはこんな感じです。

f:id:elppapr:20170913005414j:plain

赤で囲った場所にボタンが二つ付いています。

デフォルトでは、前がブラウザの「進む」ボタン、後ろが「戻る」ボタンに当てられています。

親指を置く場所は婉曲しており、指にフィットする形になっており、ラバー加工されていて非常に持ちやすいです。

 

上から見るとこういった感じになっています。

 

f:id:elppapr:20170913005436j:plain

上の方にホイールが付いており、ブラウザなどを使用する時に、スクロールに利用できます。

さらに押し込むことで、デフォルトで「新しいタブで開く」ボタンになっています。

 

そして下のCPIボタンでDPIを調節することができます。

詳しくは後述します。

 

そして裏側がこんな感じ。

f:id:elppapr:20170913005515j:plain

裏側には電池カバーと赤で囲ったところに無線のレシーバーが入っています。

レシーバーを別々で運ぶ必要がなく、マウスに一体で持ち運べるのは非常にグッドポイントです。

 

そして、抜いてマウスと並べるとこんな感じ。

f:id:elppapr:20170913005525j:plain

非常にコンパクトなレシーバーです。

こちらをUSBポートに挿して使います。

 

メリット・特徴

レシーバー式の無線マウス

まずはレシーバー式というポイントですね。

無線マウスにはBluetoothマウスもあるのですが、やはり接続するまでに若干の時間があったり遅延する感じが拭えません。

しかしレシーバー式のマウスですと、レシーバーを挿してさえいれば、クリックしてすぐに使い始められますし、通信状況などに左右されず、なおかつ電池の消費も少ないです。

 

なにより、初期設定など全く必要なく、パソコンにレシーバーをさせばそのパソコンですぐに使えるという応用が効くポイントなどもお勧めのポイントです。

総じて私はBluetoothマウスよりも好んでいます。

 

6ボタン

そして、ボタンが6つも付いており、非常に便利だというポイントです。

通常ブラウザを使っていて、ページを戻るといったときはマウスを移動させてクリックしなければいけませんが、このマウスだとサイドのボタンをワンクリックするだけでその作業ができてしまいます。

効率的なパソコン作業のために極力マウスは動かさないほうがいいので、ボタンがたくさんあり多機能なのははずせません。

 

そして、windowsではこちらのマウス専用のソフトウェアで、ボタンに当てる動作を自由にカスタマイズできます。

例えば、ボタンをリロードに当てるなど自分のよく使う動作を当てれるので非常に便利です。

Macでも使える!

ちなみに、このボタン機能はMacには最初は対応していないのですが、karabainerなどのソフトを使うことで、使用できるようにすることができます。

私もMacでこちらのマウスを使ってますが問題なく使えています。

需要があれば、Macでこちらのマウスのボタン機能を使用する方法についても記事にしたいと思います。

 

DPIの5段階調整

こちらのマウスは上述のボタンでDPIを5段階に調整することができます。

DPIとは、マウスを動かしてそれがディスプレイ上でどれだけ動くように反映させるかということです。

ですから、マウスをちょっと動かしてディスプレイで大きく動いて欲しい人や、あんまり動いて欲しくない人など、自分の望みのマウスの感度に調整することができます。

 

電池式・電池持ちの良さ

そしてこちらのマウスは電池式となっています。

単三電池一本で使用することができます。

 

もちろん、充電式も便利なのですが、電池であれば、旅先で充電がなくなってもすぐに入れ替えることができます。

そして何より、こちらのマウスの充電の持ちが非常に長く、3ヶ月くらいは毎日使っても電池を変えずに利用し続けられるので、充電式が好きだという方でもあまり気にせず利用することができます。

ちなみに公称では、電池一本で最大15ヶ月使用できるとされています。

 

安い

そしてこんだけの多機能のマウスが現在988円と1000円をきる価格で販売されています。

やはり何と言っても購入の際には安ければ安いほどいいわけですから1000円以下でこれだけしっかりしたマウスを手に入れられるのは非常に高ポイントです。

 

気になるポイント

はっきりいってこちらのマウスを半年以上使っていて、個人的に不満な点は一切ありません。

ですが、不公平な気もするので、一応Amazonレビューから気になるポイントを引っ張り出して、個人的見解をみておきます。

 

初期不良

まずよく目につくのは、初期不良が多いということですね。

あたりが来るかギャンブルだと言ってる人もいます。

しかしこちらのマウスのサポートは非常に親切で、amazon経由でメールを送ればすぐに新しいもの取り替えてくれるとのことですから、仮に初期不良が来ても安心です。

 

クリック音がうるさい

そしてクリック音のカチカチがうるさいというのも目につきました。

しかし、個人的には全く気になりませんし、他のマウスと比べて特別うるさいという印象はありませんでした。

もちろん高級なサイレント的なマウスと比べればうるさいのかもしれませんが。

 

すぐ壊れる

3ヶ月ほどで壊れたなどの声も見受けられました。

しかし、私は半年以上経っても現役で使えていますし、特別手荒くせずに通常に使用する範囲では問題ないと思います。

 

終わりに

ということでAmazon1位の激安無線マウスを紹介してきました。

個人的には大きく気になるポイントはなく、非常に満足できるものでした。

 

特に、外ではノートだけど家でたまに使える安いマウスが欲しいなどという方でしたら、これで十分だと思います。

私は普段使いで使っていますがね。

 

非常にコスパも良いこちらのマウス皆様検討されてみてはいかがでしょうか。

 

以上!