エルパの盤上この一手

勢いに任せたなんでもブログ

欲しいものリストから住所がばれずに完全匿名・ニックネームで送れる方法!

どうもみなさんこんにちは。エルパです。

 

ブログをやっていると、欲しいものリストを公開されている方が居たりしますよね。

そこで欲しいものリストを利用して、ちょっとしたものでも送ろうかなと思う人もいるかと思います。

私もなんか安いもの送ろうかなと思うことがあります。

 

一定期間ブログを公開している人が、送り主の個人情報でどうこうということは、しないと思います。

しかし、欲しいものリストからプレゼントを送る時に、個人情報がどうしてもばれるのは抵抗があるという方もいらっしゃるかと思います。

そこで、今回は、Amazon欲しいものリストからギフトを送る時に、匿名で送れる方法を見ていこうと思います。

f:id:elppapr:20170911185621j:plain

 

送り主の情報が載る場所

まず、送り主の情報の情報が、届いた商品の明細書のどこに載っているのかということですが、請求先住所という欄に、載っています。

これは、クレジットカードの請求先住所で、登録している住所が送った相手にバレてしまいます。

 

そこで、

  • 住所の設定をいじらず、完全に匿名で送る方法
  • 匿名だけど、ニックネームやメッセージなどをつけて送る方法

の2種類を見ていきたいと思います。

 

完全匿名で送る

まずは、送った相手に自分の情報が何も知られたくないという方の送り方をご紹介します。

 

欲しいものリストでプレゼントしたいものをカートに入れます。

入れると以下のように「追加されました」と出ると思いますが、その時にしたの「ギフトの設定」のチェックを外します。 

f:id:elppapr:20170911185633p:plain

そしてレジに進むをクリックします。

そうすると普段と違い、選択できる住所に、「ギフト用に登録された住所」というのがあるかと思いますので、そちらの「この住所を使う」をクリックします。

f:id:elppapr:20170911185644p:plain

そして次に進むんですが、ここで最初にギフトの設定のチェックを外していない方は、ギフトの設定ページが表示されます。

完全匿名で送りたい場合は、ギフトメッセージのチェックボックスから、チェックを外し、金額を表示しないにチェックを入れてください。

 

そうすると配送オプションの選択画面が出てきますから、日付指定したい人はここで指定しましょう。

f:id:elppapr:20170911185657p:plain

重要:支払いはクレカではなくアマギフで

そして、料金の支払い方法の選択に進みます。

f:id:elppapr:20170911185716p:plain

欲しいものリストから送る場合は、上記のクレジットカード、携帯決済、ギフト券から選ぶことができます。

 

ここが非常に重要なのですが、クレジットカード支払いを選択すると、クレカの請求先の住所が明細書に記載されてしまう場合があります

ですから完全匿名で送る場合は、ギフト券で支払うことをお勧めします。

 

ギフト券でしたら、クレジットカードを持ってない人でも、コンビニなどで購入できますから簡単に使用できます。

ちなみに、クレジットカードを使いたいとか、コンビニに出かけるのはめんどくさいという方は、Amazonギフト券eメールタイプを購入することで、クレジットカードでアマゾンギフトコードを発行することができますので、そちらを利用してください。

eメールタイプに関しては、こちらの記事に詳しく紹介していますから、もしも分からなければごらんください。

そして、購入を確定すれば、後はamazonが配送してくれます。

これで、特に設定をすることなく、完全に匿名で送ることができます。

 

匿名でもニックネーム・メッセージを記載したい人向け

上記は、完全匿名の方向けの方法で、個人情報は漏れませんが、ギフトメッセージや、自分のニックネームも記載できませんから、自分から送られたことを相手に知らせたい人には向きません。

そこで、ニックネームとメッセージをつけて送りたい人向けの方法をご紹介します。

 

ギフトで記載される請求先住所が個人を特定されるものではないものにします

まずはアカウントサービスから、お支払い方法をクリックします。

f:id:elppapr:20170911185732p:plain

 

そうすると、登録のクレジットカードが出てきますからそこの編集をクリックします

f:id:elppapr:20170911185745p:plain

 

そうすると請求先住所が出てきますから、変更をクリックします。

f:id:elppapr:20170911185755p:plain

 

そうすると、請求先住所を選択できる画面が出てきますので、「新しい住所を追加」をクリックします。

f:id:elppapr:20170911185815p:plain

そうすると、請求先住所の追加という画面が出てきますので、ここで情報を入力します。

f:id:elppapr:20170911185826p:plain

氏名、郵便番号、都道府県、住所、電話番号の入力が必要となります。

このうち電話番号は明細書には記載されません。

 

ですから、特定されたくない情報について、本物とは異なる住所を入力することが可能です。

そして、入力して、この住所を使用をクリックすれば登録完了です。

 

ちなみに、Amazonに問い合わせたところ、この住所はギフト贈呈の時にのみ使用されるもので、空白でも、間違っていても、そこまで大きな問題はないということでした。

通常の連絡はeメールできますし、この住所に対してAmazonから何らかの連絡が来るということはないです。

 

しかし、いつAmazonの見解が変わるかわかりませんし、一応自己責任でお願いいたします。

 

そして、請求先住所が変更できれば、最初の完全匿名のバージョンを参考に、今度はギフトの設定にチェックを入れて、ギフトメッセージ付きで送れば、自分の情報がばれることなく、相手にニックネームでメッセージを送ることが可能になります。

請求先住所は相手にバレますが、その請求先住所は自分を特定するものではないですからね。

 

終わりに

ということで、Amazon欲しいものリストを使ってプレゼントをする際に、完全匿名で送る方法と、ニックネームやメッセージ付きで、自分の情報がばれないように送る方法についてご紹介しました。

 

知り合いや、応援したい方の欲しいものリストでギフトを贈りたいという方は是非参考にしてみてください。

 

あっ、手が滑った

amzn.asia

ということで、今回の記事をきっかけに私の欲しいものリストも便乗して作っちゃいました。

別に、欲しいものリストからの贈り方の記事に、欲しいものリストが載っているからといって深い意味はありません(棒

手が滑っただけです。

 

とまぁ冗談はさておき、みなさん気が向いたら、プレゼントしてやってください(笑

 

以上!