エルパの盤上この一手

Apple・ガジェット・オーディオ中心のなんでもブログ

【2018】今MacBookAirを買うのはありなのか。メリット・デメリットを価格やスペックの観点から比較しながら考察。

f:id:elppapr:20180129190146j:plain

更新日:3月17日

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

私は昔からMacを使ってることもあり、Macを購入しよう、どれを購入しようか迷っておられる知人からよく相談を受けることがあります。

そんな時に言われるのが、とにかく安いのがいいんだけど、MacBookAirってどうなのということです。

 

一時期MacといえばMacBookAirという時代もありましたが、近年はメジャーアップデートをされることはなく、ラインナップからの消滅の可能性も囁かれ続けています。

ただ、できるだけ安くMacを手に入れたいという方にとっては、魅力的に映るのも事実です。

 

そこで今回は、2018年いまMacBookAirを買うという選択肢はありなのかというポイントについて、メリット・デメリットなどをスペックや価格などの他のMacとの比較などをしながらみていきながら考察していきたいと思います。

 

 ちなみにMacノートブック全てを比較しておすすめを探したいという方は「【2018】Macノートブックの選び方!どれがおすすめか、スペック・価格・重量などの違いで比較!【MacBook12インチ/Pro 13インチ/Pro15インチ/Air」で選び方について解説していますので、こちらも併せてご覧ください。(記事末尾にもリンク貼っておきます!)

 

 

MacBook Air

公式サイト:MacBook Air - Apple(日本)

MacBook Airは、当時発表会でスティーブ・ジョブスが封筒から取り出したパフォーマンスでも知られる、Macノートブックの中でも、薄型・軽量をコンセプトとして発売されていた商品です。

f:id:elppapr:20180129190429j:plain

(このプレゼンは何度見ても感動しますね)

私自身も発売日翌日の「とくダネ」で実機を使っているのを見て、なんて薄くてかっこいいんだと感動した事を、初めて購入した時の感動を、覚えています。

 

こんなこともあり、Appleファンからも愛されて来たMacBook Airなのですが、2017年にCPUなどはアップグレードされたものの、デザインなどは全く触られなくなり、新たに軽量モデルとしてMacBook(12インチ)が発売され軽量モデルとしてのアイデンティティを失うなど、常にラインナップからの消滅が囁かれています

 

それでは、そんな現在のMacBook Airにはどんなメリットデメリットがあるのかを詳しく見ていき、現在でも購入するという選択肢はありなのかについて詳しく見ていきます。

公式サイト

MacBook Air

 

MacBook Airのデメリット

f:id:elppapr:20180109185941j:plain

まずはMacBook Airのデメリットからみていきたいと思います。

気になるポイントについてなかなか辛口に評価していきます。

デメリットだけを見ると、「なんだダメじゃん」と思われるかもしれませんが、もちろんその後のメリットも含めて判断していただきたいので、メリットの部分まで含めてぜひ最後までご覧ください。

 

デメリット1:もはや軽量モデルではない

MacBook Airといえば、薄くて軽くて持ち運べるスタイリッシュなパソコンというのが発売当初のイメージでした。

 

重さ

薄さ

MacBook Pro13

1.37kg

1.49cm

MacBook (12)

0.92kg

0.35cm〜1.31cm

MacBook Air(13)

1.35kg

0.3cm〜1.7cm

ただ、現在では、上記の表を見てもらえばわかる通り、MacBook(12インチ)が発売され、最軽量モデルの座を譲った上、MacBookProの軽量化も進み重さはほぼ同じになってしまいました。

さらに同じ重量のMacBookProと比較しても、MacBookProの方が本体は若干小さく、軽量モデルとして購入する意味はなくなりました。

 

デメリット2:スペック

MacBookAirはCPUなどが2017年にアップグレードされたものの、MacBook(12インチ)とほぼ同じベンチマークスコアとなっています。

当然MacBookProと比較すればスペックが劣るのは言わずもがなです。

 

ただ、スペックが低いとは言っても、写真や動画の編集などの重い作業ではなく、ブラウジングや書類作成などの作業であれば、特にストレスなく行うことは可能です。

ただ、その場合はスペックの差がないという意味で、MacBookの方が軽く持ち運びやすいという点で優っていることは間違いありません。

 

デメリット3:メモリのBTO

MacはAppleStoreでカスタマイズして購入することができるのですが、MacBookAirはメモリの部分を16GBにカスタマイズできず8GBで固定となっています。

メモリというのは簡単にいえば、作業領域の広さに関わる部分で、複数の作業を同時並行でする際に能力を発揮する部分で、当然8GBより16GBの方が優っています。

 

この部分は個人的な観点になってしまうかもしれませんが、私はタブを閉じずにどんどん開いていったり、複数のアプリを同時並行で立ち上げたりするため、メモリは簡単に8GBを超えてしまいます。

もちろんMacBookProでもカスタマイズせずに8GBで使われている方もいるので、使い方によるとしかいえませんが、ストレスなく作業をしたいという点で言えば、大きなデメリットポイントです。

 

デメリット4:ディスプレイ

MacBookAirの最大のデメリットとも言えるのがディスプレイの問題です。

MacBookやMacBookProでは、美しいRetinaディスプレイが採用されていますが、MacBookAirでは採用されていません

 

やはり比較するとその差は歴然で全然違い、MacBookAirのディスプレイはドットがきになることもあります。

動画や画面を楽しむときはもちろん、文書作成などの作業の時の目の疲れなどでも影響して来ます。

もちろん粗悪なディスプレイというわけではなく、十分に利用できるのですが、綺麗なディスプレイが一般化しつつある現在では、やはり気になるポイントです。

 

MacBook Airのメリット

f:id:elppapr:20180129181642j:plain

デメリット部分で、「これ、いいところあるの」と思われた方も多いかもしれません。

次はMacBook Airのメリットについて見ていきます。

 

メリット1:インターフェイス

まずはインターフェイス、USBなどとの接続ポートに関してです。

現在MacBookProやMacBookではインターフェイスはUSB-Cに統一されており、ポピュラーに使われているUSB3.0やSDカードなどは使用することはできません。

 

一方MacBookAirは

  • USB3.0×2
  • Thunderbolt2
  • 電源ポート(MagSafe)
  • SDカードスロット

とUSB-Cではなく一般的に普及している規格はカバーされています。

 

私の知り合いには、インターフェイスや外部接続性を重視するという目的でMacBook Airを購入された方もいるので、頻繁にポートを使う人からすれば重要なポイントです。

 

メリット2:価格が安い

最後にして最大のメリットが価格です。

MacBookもMacBook Proも最低価格が142800円からですが、MacBook Airは最低価格が98800円からと10万円を切るという価格帯となっています。

最低価格で4万円以上の違いが出てきます。

 

価格というのは他のすべてのデメリットやメリットを吹っ飛ばす要素であると思います。

4万円という差は、低価格のノートPCなら変えてしまう価格ですし、そのお金で各種周辺機器を購入するという選択肢も出てきます。

>>>【2018】MacBook Proに最適のおすすめ周辺機器・アクセサリー10選【USB-C】

 

人によって、上限の価格もありますし、他とのバランスで選択される方もいますし、多少なら他を犠牲にしても安くというのは大いなるメリットです。

 

まとめ:買うという選択肢はあり

f:id:elppapr:20180129181723j:plain

ここまでのメリットデメリットをまとめると

メリット

  • インターフェイスの拡張性
  • 価格

デメリット

  • 軽量モデルではない
  • スペック
  • メモリのBTO
  • ディスプレイ

といったところになります。

 

はっきりいって、よりいいものを目指したいという方には、MacBook Airは全くお勧めできません。

ただし、価格とスペックのバランスを考えて、もしくはインターフェイスを重視してMacBook Airという選択肢はありです。

 

スペックは低いとは言いながらも、Core i5のメモリ8GBとなかなかのものですから、パソコンに重い作業をさせるわけではなく、比較的軽くて薄くかっこいい、Mac OS搭載のノートパソコンを購入すると考えれば、十分にありです。

公式サイト

MacBook Air

 

最後に

f:id:elppapr:20180109185409j:plain

ということで、MacBook Airを買うという選択肢はありなのかについて、メリットデメリット共に考察してきました。

お金のことや、要求するスペックがそんなに高くないという方には、今でも選択肢として十分ありの商品です。

 

 安いとは言いながらも高額な買い物ですから、ぜひ自分の中で、何を優先するかを考えながら、選択してみてください。

ちなみに、他にもこんなメリットがある、デメリットがあるという意見がおありの方は、コメント欄やツイッターでぜひとも教えてください!

 

その他のMacノートブックについても検討してみたいという方は「【2018】Macノートブックの選び方!どれがおすすめか、スペック・価格・重量などの違いで比較!【MacBook12インチ/Pro 13インチ/Pro15インチ/Air】」で詳しく紹介してますので、よろしければ合わせてご覧ください。

www.elppar.com

以上!

公式サイト

MacBook Air