エルパの盤上この一手

Apple・ガジェット・オーディオ中心のなんでもブログ

新型MacBook Pro 2018発売!スペックや価格などの詳細や2017との比較・進化ポイントについてまとめ!

みなさんどうもこんにちは。エルパです。

 

本日7月12日にAppleStoreにMacBookProの新型がサイレントで登場しました。

WWDCで登場しなかったことから当分でないと見られていましたが、まさかのタイミングで発売されました。

 

現状では選択はできない模様ですが、この新しいMacBook Pro 2018のスペックや価格などの詳細と2017年モデルとの比較をしていきたいと思います。

 

Apple公式ページ>>>MacBook Pro

 

MacBook Pro 2018

f:id:elppapr:20180712222427j:plain

本日新しく発表されたのは13インチ15インチのそれぞれ256GBモデルと512GBモデルの合計4種類です。

新型はTouch Barモデルのみで、TouchBar無しモデルの新型は発表されませんでした。

 

それぞれの主なスペックは以下の通りです。(()内は512GBモデルの数値)

13インチ

  • 第8世代 2.3Ghz クアッドコアIntel Core i5
  • Turbo Boost使用時最大3.8Ghz
  • Intel Iris Plus Graphics 655
  • 8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ
  • True Tone搭載Retineディスプレイ

15インチ

  • 第8世代2.2Ghz(2.6Ghz)6コアIntelCore i7
  • Turbo Boost使用時最大4.1GHz(4.3GHz)
  • Radeon Pro 555X (560X)
  • 16GB 2400Mhz DDR4メモリ
  • True Tone搭載Retineディスプレイ

 

2017年モデルとの比較

2017年モデルとのスペック面での違いを表にまとめると以下の通りです。

進化したポイントは赤色にしてあります。

13インチ

13インチモデル

2017年モデル

2018年モデル

CPU

第7世代3.1GHzデュアルコア Intl Core i5

8世代 2.3Ghz クアッドコアIntel Core i5

GPU

Intel Iris Plus Graphics 650

Intel Iris Plus Graphics 655

メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

 

15インチ

 

2017年モデル

2018年モデル

CPU

第7世代2.8GHzクアッドコアIntelCore i7

第8世代2.2Ghz(2.6Ghz)6コアIntelCore i7

GPU

Radeon Pro 555

Radeon Pro 555X

メモリ

16GB 2,133MHz LPDDR3メモリ

16GB 2400Mhz DDR4メモリ

apple公式ページ>>>MacBook Pro

変更点などの進化ポイント

価格などは現状判明していないので非常に簡素な比較になりましたが上記の通りです。

2017年モデルから2018年モデルへの変更点の中でも重要なポイントを挙げると

  • True Toneディスプレイ採用
  • キーボードが第3世代に
  • 13インチデュアルコア・15インチクアッドコア→13インチクアッドコア、15インチ6コアに
  • 15インチモデルでメモリ32GB・Core i9などのカスタマイズが可能になり最大スペックがパワーアップ

の4つでしょう。

 

True Toneディスプレイ採用

iPadやiPhoneで採用されていたTrue Toneディスプレイと呼ばれる、周辺光の色や明るさを測定して、ディスプレイをより自然で美しい色を表示できるように調整できる機能が搭載されました。

 

キーボードが第3世代に

訴訟が起こされるなど問題を抱えていた第2世代のバタフライキーボードが改新されました。

Appleによると、今まで問題として指摘されていたうるさいキータイプが改善され、より静かにタイピングできるようになったとのことです。

バタフライキーボードはホコリの入りやすさなど脆弱性も問題だったので、改善は大きなポイントです。

CPUの変更

そして何より大きいのは、今まで13インチではデュアルコアまで、15インチではクアッドコアまでだったCPUが、13インチでクアッドコア、15インチで6コアになったことでしょう。

これで、13インチで持ち運べれるMacBookでできることの上限が上がったことはもちろん、15インチはよりプロ仕様になりました。

 

リークによると、新型13インチと2017年15インチのベンチーマークがほぼ同じという情報もあり、大きな進化であることがわかります。

またApple公式でも、13インチモデルは最大2倍、15インチモデルは最大70%も高速にということで、かなり大きな進化と言えます。

 

私は2017年モデルを買ったのですが、クアッドコアであれば13インチを買ったかもしれない、と言いたくなるぐらい大きな変更ポイントです。

 

カスタマイズの自由度アップ

そして長年MacBookProを使用する真のProユーザーからの大きな要望があったRAM 32GBやCore i9の選択などが可能になりました。

具体的には

  • Core i9 (i7)
  • RAM 32GB(16GB)
  • SSD 4TB(2TB)

というカスタマイズが可能になりました。

()内は2017年モデルの時の限界です。

これで15インチでも満足できないという人も選択できようになり、真の意味でProモデルに近づいたと言えます。

 

Apple公式ページ>>>MacBook Pro 

 

価格は据え置き

今回発表されたMacBook Proは各種の進化が加えられましたが基本モデルの価格は据え置きとなっています。

価格は以下の通りです。

 

13インチ

15インチ

256GB

198800〜

258800〜

512GB

220800〜

302800〜

 

クアッドコアや6コアへの変更などの上で価格の据え置きですから、お得感を感じます。

Touch Bar無しモデルの新型は無し

一方Touch Bar無しモデルの新型は発表されなかったため、13インチモデルの最低価格は14万円台からかなり底上げされる結果となりました。

Appleとしても、今後はTouch Bar無しモデルは無くしていく方向なのかもしれません。 

MacBookProを比較的安価に買える選択肢であったTouch Bar無しモデルで新型が発表されなかったのは残念なポイントです。 

 

フルスペックモデルは大幅値上げ

また上述の通り、メモリ32GBなどカスタマイズしての最大のスペックは大幅に2017年モデルよりアップしましたので、カスタマイズモデルの最高額はドーンと跳ね上がっています。

MacBook Proのフルカスタマイズモデルはなんと73万円となっています笑

f:id:elppapr:20180712224426j:plain

iMac Proが買えてしまう値段です笑

 

Apple公式ページ>>>MacBook Pro

2018年モデルは買いなのか

2018年モデルは上記のようにTrueToneディスプレイの採用やクアッドコア・6コアの採用など順当にそして嬉しいアップグレードです。

また32GBのメモリなどスペックにこだわりたい人にとっては、非常に自由度が増したグッドなアップグレードと言えます。

ただ、上述のようにバリバリ仕事で使うような一部の方には嬉しいアップグレードですが、多くの人にとってメモリが16GBでも32GBでも違いはわかりません。

 

ですから、2016年モデルや2017年モデルを購入したという方は苦労して買い換える必要はありません。

もちろんお金に余裕があって、「今15インチ使ってるけど持ち運ぶのしんどいから13インチクアッドコアでパワーも持ち運びやすさも兼ね備えて買い換える」など目的がある方は別ですが、新商品出たから買い換えようかなという方はパスしても全然問題ないかと思います。

 

逆に今2015年モデルを持っているなどで買い替えどきの方や新しくMacBookProを購入したいという方にとっては、順当にアップグレードしており絶好の買い時です。

 

最後に

現状判明している情報をまとめました。

情報が増え次第、随時更新していきます。

Apple公式ページ>>>MacBook Pro 

 

 

スポンサーリンク