エルパの盤上この一手

勢いに任せたなんでもブログ

【2017】Bluetoothワイヤレスヘッドホンおすすめ7選!コスパ抜群商品から高音質なハイエンド商品まで!【iPhone】

f:id:elppapr:20171030131016j:plain

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

外出時や家で、イヤホンではなくヘッドホンでがっつり音楽を聴きたいということありますよね。

 

しかし、新しく発売されたiPhone 8、8 Plus、Xは前作のiPhone 7と同じくイヤホンジャックは搭載されておらず、ワイヤレスオーディオ製品を使用する必要があります。

そこで、昨今ヘッドホンでもワイヤレスヘッドホンが随分出てき、随分と品質も上がり、有線と遜色のないレベルのものも発売されています。

 

そこで今回は、ワイヤレス接続のできるBluetoothのヘッドホンのおすすめについて、安くてコスパのいいものから、高い品質のハイエンドモデルの商品まで、価格帯別にご紹介していきたいと思います。

 

 

5000円以下

まずは、5000円以下とコスパも良く入門用として比較的手を出しやすい価格帯から見ていきます。

 

 Mpow Bluetoothヘッドホン

f:id:elppapr:20171015192247j:plain

MpowのBluetoothヘッドホンです。

 

音質は、多少シャリシャリ感があるものの、非常にクリアで値段の割には健闘しているといった感じです。

 

連続再生時間は20時間と、この価格帯では素晴らしいバッテリーを誇ります。

 

イヤーパッドも合皮でできており、不快感なく装着することができます。

 

何と言っても、3000円台という圧倒的価格が嬉しいポイントで、とにかくワイヤレスヘッドホンが欲しいけど、できるだけ安く手に入れたいという方にはぴったりの商品です。

Point
  • クリアな音声
  • 連続再生時間20時間
  • 圧倒的コスパ

JBL T450

f:id:elppapr:20171015192300j:plain

有名オーディオメーカーJBLのT450です。

 

音質は、中高音が主体ですが低音が聞きづらいこともなく、バランスが取れており、ボーカルがクリアに聞こえ、悪くないという感じです。

 

155gと非常に軽量で携帯性も抜群かつ、充電も11時間も持つので、外出の際も心配なく使用することができます。

 

そして満足できる品質でありながら、5000円以下というコスパの良さは抜群です。

 

入門モデルとしても普段使いとしても、ばっちりのヘッドホンです。

エントリーモデルとしてはまず選びたい、この価格帯では他とはるかに優れた、かなりおすすめのヘッドホンです。

Point
  • バランスのとれた音質
  • 155gの軽量デザイン
  • 連続使用時間11時間
  • コスパが抜群

1万円以上

次は、そこそこお金をかけてでも、音質やデザインなど満足できるものが買いたいという人向けの価格帯のワイヤレスヘッドホンをご紹介していきたいと思います。

 

 JVC HA-S88BN

f:id:elppapr:20171015192309j:plain

JVCのHA-S88BNです。

 

この商品の特徴は、1万円近辺では珍しいノイズキャンセリング機能が搭載されているというポイントです。

飛行機での出張が多い方など、ノイズキャンセリング機能が必須という方や、ノイキャンが大好きという方には、おすすめの商品です。

 

音質は、まずまずといった感じですが、しっかりとノイズキャンセリングは機能して、その割に耳が詰まるような感覚が少ないのは嬉しいポイントです。

 

最大35時間の連続再生が可能で、長旅にもぴったりの商品です。

 

通信は安定しているのですが、対応コーデックがSBCのみというのはマイナスポイント。

Point
  • ノイズキャンセリング機能搭載
  • コスパ良好
  • 長時間使用可能
  • 195gと軽量

AKG Y50BT

f:id:elppapr:20171015192318j:plain

 

AKGのY50BTです。

 

AACやapt-Xといった高音質コーデックにも対応しており、クリアでバランスのとれた、高い音質で、価格帯以上の音質となっています。

 

オンイヤー型にも関わらず、長時間つけていても、ストレスが少なく、装着感はばっちりです。

さらに、コンパクトかつ20時間継続して使えるので、外出の際にもぴったりの商品です。

 

アルミ調のデザインもおすすめポイントです。

 

Point
  • 価格以上の高音質
  • ストレスフリーの装着感
  • コンパクトかつ長時間使用可能
  • かっこいいアルミデザイン

 

 

Beats Solo3

f:id:elppapr:20171015192328j:plain

Apple製品との親和性が高く、大人気イヤホンBeatsXなどで知られる、BeatsのSolo3です。

 

音質は、迫力のあるクリアなサウンドです。

Beatsは音質面で、価格と見合わない音質と批判されることも多いのですが、このSolo3は、満足できる音質となっています。

 

この製品の特徴は、AirPodsにも搭載されているW1チップが搭載されており、iPhoneに近づけるだけでペアリングが可能で、iPadやMacなどのApple製品との相性は抜群です。

 

さらに、10色の中から選択できる豊富なラインナップかつコンパクトで、とてもカッコいい商品です。

 

そして、バッテリーは最大40時間持続し、通常の使用なら1週間ぐらい充電なしで使えてしまうほどの、大容量です。

 

総じて満足度の高いヘッドホンです。

Point
  • W1チップ搭載でApple製品との相性抜群
  • コンパクトでかっこいいデザイン
  • 40時間持続

3万円以上

最後に3万円以上のハイエンドモデルをご紹介したいと思います。

ヘッドホンにこんなに高額をかけるというのは勇気のいることかもしれませんが、色々手を出すのではなくて、いいものを一点だけ買うという意味では、むしろ満足度は高いかもしれません。

 

2種類ご紹介しますが、両方とも、これさえあれば大満足といった非常におすすめの商品です。

 

Bose Quiet Confort 35

f:id:elppapr:20171015192335j:plain

言わずと知れたオーディオメーカーBoseのワイヤレスヘッドホンQC35です。

 

安定の高音質ながら、いい意味でBoseっぽくなく、長い時間聴き続けても、快適に過ごせる音質です。

 

さらに、パッドの材質がよく、長時間つけ続けていても、耳や頭が痛くなるといったことはない、抜群の装着感です。

 

そして、ノイズキャンセリング機能も非常に優れており、飛行機や電車でも問題なく音楽を楽しむことができます。

 

まさにワイヤレスヘッドホンの決定版的存在です。

 

Point
  • 安心と安定のBose
  • 長時間聞いてもしんどくない高音質
  • 抜群の装着感
  • 優れたノイズキャンセリング

Sony WH-1000XM2

f:id:elppapr:20171015192354j:plain

日本のハイクオリティ企業ソニーのWH-1000XM2です。

 

圧倒的高評価を受けた、MDR-1000Xの後継機として10月初頭に発売されたばかりの商品です。

 

高級感あふれるデザインとなっています。

 

ハイレゾコーデックのLDACに対応しており、一般的なmp3音源でもハイレゾ相当の音質に補完してくれる機能もあり、高いクオリティの音楽を楽しむことができます

 

さらに、全モデルから駆動時間が10時間伸びて、30時間使える大容量でバッテリーの心配はほとんどありません。

さらに、急用の際にも10分の充電で70分再生できるクイック充電にも対応しているのも嬉しいポイントです。

 

さらに、イヤホンに手をかざすだけで外部の音声が聞こえるようになる、クイックアテンションモードなどユーザビリティも非常に高い商品です。

 

ハイエンドモデルの中でのベストバイ商品と言えるおすすめ商品です。

Point
  • 高級感あふれるデザイン
  • ハイレゾ級の高音質
  • 大容量バッテリー
  • 高いユーザビリティ

 

最後に

ということで、ワイヤレスヘッドホンのおすすめを価格帯別にご紹介してきました。

 

価格を重視される方、バランスのいい商品が欲しい方、品質を重視される方、それぞれにあった価格帯でぴったりのワイヤレスヘッドホンを選んでみてください。

 

今後も、おすすめ商品を見つけたら随時追記していきたいと思います。

 

以上!

 

 

完全ワイヤレスイヤホンのおすすめはこちら

www.elppar.com