エルパの盤上この一手

Apple・ガジェット・オーディオ中心のなんでもブログ

新型iPad(第6世代)の第5世代との違い・進化ポイントや価格などについてまとめ!【Apple Pencil】

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

本日未明、Appleのイベントが終了し、噂をされていた新型の9.7インチiPadが発表されました。

 

今までiPad(無印)やiPad(第5世代)やiPad(2017)と呼ばれていたモデルの後継機で、第6世代・2018といった呼び方が定着しそうです。

新しいモデルはApplePencilへの対応を発表されるなど、非常に素晴らしいアップデートとなっていますので、今回は9.7インチiPad(第6世代)とiPad(第5世代)がどう違い、どう進化したのかをみておきたいと思います。

 

❇︎レビュー記事も公開しましたので合わせてご覧ください。→「【レビュー】9.7インチiPad(第6世代)|多くの人におすすめできる買いのモデル。Apple Pencilの書き味などについても 

記事末尾にもリンクがありますので、この記事を読んでからでもご覧いただけます。

 

 

進化ポイント・違い

f:id:elppapr:20180328084428j:plain

Apple Pencilに対応

何と言っても1番の注目は、今までiPad Pro限定だったApple Pencilに対応したということでしょう。

これによって、今まで性能としては廉価版のiPad(無印)でいいけど、Apple PencilのためにiPad Proを購入していたという人でも、Apple Pencilを楽しむことができるようになりました。

 

チップがA10に・A9とA10を比較

iPadの性能を決めるチップが、従来のA9チップからA10チップにアップグレードされました。

ちなみに、前のモデルとの比較は以下の表の通りです。

 

CPU(性能)

グラフィックス

A9(第5世代)

1.6

1.8

A10(第6世代)

2

2.7

A8(iPad mini4)を1とした場合の数値。

表を見ていただいても分かる通り、前モデルから順当にスペックアップしています。

これにより、動画編集や最新ゲームなどスペックを求められる作業がより快適にできるようになります。 

価格は据え置き

このようにApple Pencilに対応して、性能もアップグレードされたにもかかわらず、価格は据え置きとなっています。

各モデルの価格は以下の通りです。

 

Wi-Fiモデル

Wi-Fi+Cellularモデル

32GB

37800

52800

128GB

48800

63800

Apple Pencilが使いたいという人にとってみれば、iPad Proよりも非常に安価な価格設定ですので、より手を出しやすくなったのではないでしょうか。

 

ちなみに、私のおすすめはLTE通信も可能なセルラーモデルです。

セルラーモデルの場合は格安SIMを使うことでお得に運用することができます。詳しくは「【格安SIM】iPadで使うデータSIMのおすすめMVNO3選!価格・通信料・特徴を比較!」で触れています。

 

Apple公式サイトiPad(第6世代)

まとめ

個人的には、オーディオが2スピーカーのままなのは残念なポイントですが、快適に使えるようにスペックアップして、ApplePencilにも対応して、より魅力的な端末になったのではないでしょうか。

今まではApple Pencilを使おうと思ったら7万円近く出してiPad Proを買うしかなかったわけですから、大いに選択肢が広がることとなりました!

 

私も早速購入ボタンを押そうか押さまいか、葛藤しています笑

購入したらレビュー記事を公開しますのでお楽しみに!

 ❇︎購入してレビュー記事を公開しました→「【レビュー】9.7インチiPad(第6世代)|多くの人におすすめできる買いのモデル。Apple Pencilの書き味などについても 

 

1番迷う人が多いであろう、iPad Pro10.5インチとの違いを比較については「9.7インチiPad(第6世代)とiPad Pro10.5インチのスペックや価格など10の違いを比較!どっちを買うべきか検証! 」の記事を合わせてご覧ください

 

以上!

 また、iPadを購入する人は一緒に保護フィルムを買うこともお勧めします!

おすすめの保護フィルムについては「9.7インチiPad第6世代(2018)用ガラス保護フィルムのおすすめ人気ランキング! 」をご覧ください。

iPad全般の比較については「【2018】iPadの選び方!どれがおすすめか、価格・スペック・違いを徹底比較!」をご覧ください