エルパの盤上この一手

Apple・ガジェット・オーディオ中心のなんでもブログ

【レビュー】Ankerの完全ワイヤレスイヤホンZolo Liberty+|48時間再生可能で機能性も優れたワイヤレスイヤホン

f:id:elppapr:20171220202300j:plain

更新日:1月9日 LIberty +発売につき追記

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

7月ぐらいにAnkerのサブブランドのZoloが完全ワイヤレスイヤホンをクラウドファウンディングのKickstarで資金を募集して話題になっていたことをご存知でしょうか。

この商品の名前は「Liberty +」と言います。

 

安定して高い品質を提供するAnkerからついに完全ワイヤレスイヤホンが発売されるとして、注目を集めている商品です。

 

そんなLiberty+を使用してみましたので、今回はレビューしていきたいと思います。

 

Zolo Liberty+

f:id:elppapr:20171220200041j:plain

今回ご紹介するのはZoloのLiberty+です。

冒頭にもいった通り、Kickstarでクラウドファウンディングが実施され、あっという間に目標額を突破し、最終的に2804475ドル、日本円にして約3億円が集まった、かなりの注目商品です。

10月に発送予定でしたが、結果として12月に到着しました。

 

こちらのLiberty+は

  • 音質
  • 装着感
  • 再生時間
  • 安定した接続
  • ペアリング
  • siriなどへの対応

といった、今までの完全ワイヤレスイヤホンで克服しきれなかった不満点を解消しようとして作られた商品です。

 

 

では早速、果たして本当に克服できているのか、この商品の特徴、実際に使用した感想などなどを詳しくみていきたいと思います。

 

追記:廉価版のLibertyが販売決定!

Zoloから今回の廉価版的立ち位置であるLibertyの販売が発表されました。

価格はなんと7900円と完全ワイヤレスイヤホン的にはかなりお得なお値段となっています。

しかも今なら500個限定で1000円OFFセール中となっています。

本日発売にもかかわらず、すでに大人気で、Amazonベストセラー1位に躍り出ています!

 今回ご紹介しているLiberty +とは、Bluetoothの規格や再生時間やアプリ対応など諸々の点で違いがありますが、共通する部分もありますので、よろしければ最後までご覧になって参考にして見てください。

ちなみに、Liberty+の販売は1月の予定とのことです。

 

追記:Liberty+が発売開始!

ついにLiberty+の発売が開始されました。

200個限定で2000円引きとなっていますので、欲しいという方はお急ぎください!

開封

外箱は他の完全ワイヤレスイヤホンと比べても普通ぐらいの大きさ。

右上にはKickstar限定のシャンパンゴールドを示すLimitedEditionのシールが貼られています。

f:id:elppapr:20171220195047j:plain

 

パッケージを開くとスポーティな女性の写真と、右側には本体が現れます。

 

f:id:elppapr:20171220195115j:plain

内容物は、マニュアル、充電用ケーブル、イヤーピース、本体となっています。

 

f:id:elppapr:20171220195100j:plain

マニュアルにはAnkerの定番とも言える、Happy?の文字があります。

 

重厚ながらコンパクトなケース

完全ワイヤレスイヤホンは充電ケースに入れて持ち歩くわけですから、このケースのコンパクトさがかなり重要になってきます。

 

ケースは写真のように横長でコンパクトなデザインとなっています。

 

f:id:elppapr:20171220195139j:plain

表にはZOLOの刻印があります。

 

素材は比較的珍しいアルミ調のケースで高級感があります

ただ冬は冷たそうなのとスレ傷が入りそうなのではというのは心配なポイントです。

 

持ってみると見た目によらず以外とずっしりとしています。

他社のケースと比べると比較的重めだとは思いますが、ポケットやバッグに入れるぶんには特に問題になる重さではありません。

 

充電残量はケースの前面にあり、残量が一目でわかるデザインとなっています。

 

f:id:elppapr:20171220195146j:plain

48時間使用可能の驚きのバッテリー

こちらのイヤホンは単体で3.5時間、ケースを使うと48時間という驚くべきバッテリー性能となっています。

 

完全ワイヤレストップクラスのAirPodsでも24時間ですから、その倍の2日間というのは衝撃的で、バッテリー面で困るということはなさそうです。

先ほど言った少し重めだというのもこのバッテリー性能なら納得といった感じです。

さすがモバイルバッテリーでも有名なAnkerのバッテリーと思わせる性能となっています。

 

便利な自動ペアリング 

f:id:elppapr:20171220195306j:plain

ケースを開くと本体が姿を表します。

もはや当然とも言えるかもしれませんが、イヤホンを取り出せば自動で電源がオンになりペアリングも完了する自動ペアリングに対応しています。

当然とは言いながら、電源のオンオフを気にする必要も、ペアリングを操作する必要もないのはやはり便利です。

 

装着感と防水性能でスポーツにも最適

f:id:elppapr:20171220195318j:plain

本体は丸みを帯びたコンパクトなデザインとなっています。

 

イヤーフック付きの部分とイヤーピース部分がサイズを変えられるようになっており、ぴったりのサイズを探すことができます。

 

装着はGripFitと呼ばれる、ツイストすることでしっかりとホールドできる仕様となっており、装着感はバッチリとなっていますので、激しい動きをしても外れることはありません。

 

また、IPX5等級の防水仕様となっていて、汗をかいたり、雨がついたり、シャワーをしたりなどでも問題なく使用することができます。

 

上述の装着感と合わせて、ランニングやトレーニングを始めとしてスポーツの際にも大活躍してくれるイヤホンとなっています。

 

操作性はいいものの押しボタンに若干の不満

f:id:elppapr:20171220195415j:plain

イヤホンの表面はZOLOの刻印の部分が押せるボタンとなっており、iPhoneなどを取り出さずに操作することができます。

左右共通で、ワンクリックで再生・停止や通話の応答、ダブルクリックでsiriを呼び出すことができ、3秒間長押しで外音を取り込むモードにすることが可能です。

また1秒長押しで曲送り(右)・曲戻し(左)も可能です。

 

ただ押し込む必要があり耳に若干負担がかかるということ、音量が操作できないなどは不満なポイントです。

他の完全ワイヤレスイヤホンで採用されている、タッチ操作の方が勝ります。

 

外音を取り込むことができる 

上述の通り、イヤホンボタンを3秒間長押しすることで、マイクがオンになり外音を取り込むことができ、電車でアナウンスを聞く際など何かと便利に使用することができます

Sonyのイヤホンなどでも提供されている機能ですが、AirPodsなどと同じ価格帯ではなかなか見られない機能で、外や通勤などで頻繁に利用される方にはオススメしたいポイントです。

 

中高音域を中心に充実した高音質

f:id:elppapr:20171220195658j:plain

やはりイヤホンで重要なのが音質です。

 

こちらのLiberty+は、中高音域が開放感ある充実したものとなっています。

また低音も細かな音もしっかりと表現されており、ロックなどアップテンポの曲も楽しめます。

 

総じて音質は高いレベルとなっており、同価格帯のAirPodsよりも満足の仕上がりとなっています。

 

Bluetooth5.0で安定した通信

f:id:elppapr:20171220195545j:plain

ワイヤレスイヤホン、特に完全ワイヤレスイヤホンで重要となるのが接続の安定性や遅延の問題です。

 

こちらのLiberty+は、最新のBluetooth5.0に対応しており、イヤホン本体をLDSアンテナという技術が採用されており、通信の安定性にはこだわっています。

こだわっている通り、通信は安定しており、途中で途切れたりといったことはなく、接続面では十分に満足することができます。

 

また遅延に関してもYoutubeで動画を見るなどでは特に違和感なく楽しむことができ、遅延の面でも充実しています。

 

通信の安定性、遅延、両方とも満足できる仕上がりとなっています。

 

まとめ:満足できる品質

f:id:elppapr:20171220201341j:plain

ということで、ここまで詳しく見てきましたが、Liberty+が今までの完全ワイヤレスイヤホンではイマイチだとして克服しようとした

  • 音質
  • 装着感
  • 再生時間
  • 安定した接続
  • ペアリング
  • siriなどへの対応

に関しては総じて満足できるイヤホンでした。

さすがAnkerといったところですね。

 

1万円以上2万円以下のミドルの価格帯は、Air PodsやERATO VERSEやJBL FREEなど完全ワイヤレスイヤホンが数多く新発売され始めており、今後も激戦が予想されますが、その中でも存在感を示す商品になるのではないかと思います。

 

日本での発売はまだアナウンスされていませんが、アメリカのAmazonでは取り扱いが開始されていることを考えても、近いうちに発売されるものと思います。

是非その際は購入を検討されてはいかがでしょうか。

 

Liberty+以外の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめは「【2017】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ7選!コスパ抜群商品からハイエンド商品まで! 」で紹介していますので、よろしければあわせてご覧ください。

 

以上!

 

 

追記

ZoloからLiberty+の廉価版的立ち位置のLibertyの発売が決定されました。

価格はなんと7900円と非常にお得になっています。

今なら500個限定で1000円OFFとなっていますからぜひ購入を検討して見てはいかがでしょうか。

Amazonのイヤホン部門で本日発売にもかかわらずベストセラー1位となっており、早速大人気となっています!

 

スポンサーリンク