エルパの盤上この一手

Apple・ガジェット・オーディオ中心のなんでもブログ

【レビュー】Fender初のワイヤレスイヤホンPuresonic Wireless Earbuds|独特なおしゃれでかっこいいデザイン

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

今回は言わずと知れた有名オーディオメーカーのFenderが、ついに初めてワイヤレスイヤホン「Fendere Puresonic Wireless Earbuds」を発売したということで、レビューしていきます。

 

 

Fender Puresonic Wireless Earbuds

今回レビューするのはこちらです。

FenderのPuresonic Wireless Earbudsです。

対応コーデックは、SBC・apt X、最大連続6時間再生です。

 

Fender(フェンダー)といえば、70年以上続くギターなどで有名なオーディオブランドです。

オーディオ好きな人では知らない人はいないと言ってもいいぐらいの超有名ブランドです。

 

今回はそんなFenderがついに初めてワイヤレスイヤホンを販売したということで、若干気になっていたところ、完実電気様よりサンプルをいただきましたのでレビューしていきます。

いつも通り忖度なしでばちばちレビューしていきたいと思います。(今回は若干辛口かも、、)

 

開封・同梱品

まず外装からしてFenderらしいエッジの効いたものとなっており、普通の商品とは一線を画するものとなっています。

f:id:elppapr:20180504150643j:plain

同梱品は

  • イヤホン本体
  • ケース
  • イヤーピース
  • 充電用ケーブル
  • 説明書

となっています。

f:id:elppapr:20180504150655j:plain

 

ケースの質は非常に高く、正面にFenderの刻印とジッパー部分にFの刻印があり、とてもかっこいいです。

このケースを手に入れたいという意味で買う人がいるかもしれないくらいです。

f:id:elppapr:20180504160354j:plain

外観:独特なデザインでおしゃれでかっこいい

上の外装の画像でもわかるかと思いますが、このイヤホン外観が相当独特なデザインとなっています。

f:id:elppapr:20180504150719j:plain

 イヤーチップ部分が、左が青色、右が赤色という、左右別の色でおしゃれに仕上げられています。

何気に左右が一目でわかるというのもメリットポイントです。

 

イヤーチップ部分の形状も非常に独特で、これをひねりながら入れることで安定性を保つという仕組みになっています。

f:id:elppapr:20180504150735j:plain

フィット感は非常に素晴らしく装着感もバッチリです。

 

ケーブルも赤と黒の交差模様となっていて、すごいおしゃれです。

耐久性もたかそうな質感となっています。

f:id:elppapr:20180504150744j:plain 

またイヤホンのバッテリー部分にはFenderの刻印があります。

素直にかっこいいです。

f:id:elppapr:20180504151355j:plain

 

操作性:電源ボタンが独立

操作ボタンは左のイヤホン側にあり、正面に操作ボタン、側面に電源ボタンと充電端子が備えられています、

f:id:elppapr:20180504152121j:plain

操作ボタンは他のワイヤレスイヤホンと同じく、音量ボタンとマルチボタンという構成で、曲送りや通話の応答などにも対応しています。

 

何気に珍しいのが、電源ボタンが独立しているというポイントです。

マルチボタンと併用というのも多いのですが、電源ボタンと独立で操作のしやすさはグッドです。

 

通信の安定性・遅延

f:id:elppapr:20180504151515j:plain

ここまでは、上々の評価だったのですが、ここから若干辛口レビューになってしまうかもしれません。

 

ワイヤレスイヤホンで重要な通信の安定性については、グッドとは言えないレベルです。

端末を変えたり、コーデックを変えたりして試しましたが、曲を聴いていると不安定な状態になります。

音楽を聴く上で我慢できるレベルではあるのですが、マイナスポイントであることは間違いありません。

 

一方遅延に関してはapt Xに対応しているということもあり、非常に優秀でYoutubeなどの閲覧などにあたっては問題なく利用できました。

 

音質

音質に関しては、非常にクリアで素直なサウンドを響かせてくれます。

高音・低音ともにバランスは良く、ギターメーカーFenderならではといった感じでエレキギターなどの中域を小気味よく響かせてくれます。

 

ただ総合的に音質や解像度はまずまずで、もっと安い価格帯のイヤホンでもこれ以上に音質がいいと感じられるイヤホンもあるというレベルです。

正直Fenderということで、期待が高かったのかもしれませんが普通といったレベルで、価格を考慮して満足度が高いとは言い難いものでした。

 

誤解して欲しくないのですが、音質が劣っているということはありませんし、多くの人は満足に楽しめるかと思います。

ただ、この価格帯、そしてFenderということを考えるとやや期待とははずれていたというのは否めません。

まとめ:デザイン重視の人におすすめのイヤホン

f:id:elppapr:20180504151442j:plain

正直音楽を聴くためだけに買うのであれば、もっと安い価格帯でもっとコスパのいい商品があるので、これを買う必要性はないです。

7月には上位モデルのPremiumも販売されるということで、そちらに期待したいところです。

 

ただ、独特でおしゃれでかっこいい外観は、他ではないものですし被ることもないのでデザイン重視の方には買う価値ありでオススメできる商品です。

またFenderというブランドで選ぶというのもありかもしれません。

 

イヤホンをコーデの一部と捉える人や、おしゃれなイヤホンが欲しい、独特で人と被らないものが欲しいという方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

以上!

他にもオススメのワイヤレスイヤホンを見てみたいという方は、左右一体型は「【2018】Bluetoothワイヤレスイヤホンおすすめ8選!コスパ抜群から高音質まで!」を、今流行りの完全ワイヤレスイヤホンについては「

【2018】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ7選!コスパ抜群商品からハイエンド商品まで!」を、よろしければ合わせてご覧ください。

スポンサーリンク