エルパの盤上この一手

勢いに任せたなんでもブログ

【レビュー】Amazon1位のOittm 電気ファンヒーターがコンパクトなのにパワフル!足元・卓上どこでも使える!

f:id:elppapr:20171111184741j:plain

みなさんどうもこんにちは。エルパです。

 

これから冬を迎える中で、徐々に暖房器具を準備する時期になってきました。

ただこの季節、大型暖房を出すほどでは無い時や脱衣所などの狭い場所や机の足元に置くという時に、小型の暖房器具があればいいなーと思うこともあるかと思います。

 

そこで今回は、Amazon1位の電気だけで使えるOittmの卓上サイズの小型のセラミックファンヒーターをご紹介したいと思います。

 

 

 

Oittm 電気ファンヒーター

今回ご紹介するのはこちらのOittmの小型セラミックファンヒーターです。

 

その名の通り、小型でコンパクトで足元や狭い場所でも気軽に使える商品です。

現在のAmazonベストセラー1位の人気の商品です。

  • 送風(5W)
  • 中温風(450W)
  • 高温風(900W)

の3種類のモードや首振り機能など、機能も充実しています。

 

今回はOittm様よりサンプルをご提供いただきました。

 

ということで詳しく見ていきたいと思います。

 

コンパクトかつシンプルなデザイン

内容物は、本体と説明書だけというシンプルな内容となっています。

f:id:elppapr:20171111182332j:plain

 

黒色でメッシュ調のとてもシンプルな、場所を選ばないデザインです。

f:id:elppapr:20171111183236j:plain

 

大きさはとてもコンパクトで足元はもちろん机の上にも置ける、これまた場所を選ばないサイズ感となっています。

f:id:elppapr:20171111182354j:plain

iPad mini 4とほぼ同じサイズ感です。

 

そして、本体の重量が1.1kgととても軽く、さらに裏面には取手用のくぼみがあるので、女性でも手軽にこのファンヒーターを持って部屋を移動するということも可能です。

f:id:elppapr:20171111182407j:plain

 

ワンタッチの簡単な操作

そして、こちらの商品はコンセントに電源を指してボタンを押すだけで使い始めることのできるのも嬉しいポイントです。

 

ボタンは、首振り・送風・中温風/高温風・ON/OFFの4種類となっています。

f:id:elppapr:20171111182430j:plain

見ただけでわかる簡単な操作が可能です。

 

一応説明しておくと、中温風と高温風の切り替えモードで、温風の強さを選択し、送風では涼しい風が流れてきます。

ですから、ヒーターで熱くなってきたという時には、送風でちょっとリフレッシュするということも可能です。

 

電源ONですぐに温風

電源を入れると、赤く光り、すぐに温風が流れ出します。

f:id:elppapr:20171111182803j:plain

すぐに温風が流れてくるのも嬉しいポイントです。

最初の状態では、中温風(450W)で流れてきます。

 

コンパクトながらも、机の上や足元で使う時には中温風で、十分に暖かく、高温風(900W)では熱すぎるくらいのパワフルさです。

脱衣所やキッチンなど広範囲を温める場合は、高温風( 900W)と首振りで使えば、十分に温めることが可能です。

 

ただ、パワフルなせいなのか、若干音は大きめとなっています。

 

安全対策とアフターサービス

f:id:elppapr:20171111183143j:plain 

暖房設備で心配になるのが、安全への対策です。

 

その点この商品は、倒れた場合や熱くなりすぎたら電源が自動でOFFになるなど安全対策もバッチリです。

 

さらに、すぐに壊れるという心配に対しても、12ヶ月保証で1年以内の故障の際には新しい商品に交換してもらうことができます。

サポートが基本的にその日中に反応してもらえるというレスポンスの良さも優れたポイントです。

 

軽くてコンパクトながら高パワーのファンヒーター

f:id:elppapr:20171111184726j:plain

ということで、Oittmの電気ファンヒーターについて見てきました。

 

紹介した通り、コンパクトながら近くでは熱すぎるぐらいの高出力で、操作も簡単など冬には大活躍しそうな商品でした。

私も普段は足元や机の上で使ったり、脱衣場に持って行ったりなど大活躍してくれています。

 

Amazonベストセラー1位のOittm電気ファンヒーター、ぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

以上!