エルパの盤上この一手

Apple・ガジェット・オーディオ中心のなんでもブログ

【レビュー】おしゃれなアルミデザインのSatechiワイヤレスヘッドホン|ビジュアル重視の人におすすめ!

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

今回は、おしゃれなアルミデザインでおなじみのSatechiのワイヤレスヘッドホンを1週間ほど使用してみましたので、詳細にレビューしていきたいと思います。

オーディオ大好きな私として、辛口めにレビューしましたのでどうぞ!

❇︎Satechi様よりサンプルを提供いただいております。

SatechiアルミニウムBluetoothワイヤレスヘッドホン

今回ご紹介するのはこちらの、Satechiのワイヤレスヘッドホンです。

カラーバリエーションは

  • シルバー
  • スペースグレイ
  • ゴールド
  • ローズゴールド

の4色展開となっています。

お分かりの方もいるかと思いますが、iPhoneやMacBookと同じカラーバリエーションで、自分のiPhoneと色を合わせるといったことも可能です。

 

それでは、早速詳しくみていきたいと思います。

 

開封・同梱品

パッケージは一部が透明のおしゃれなデザインとなっています。

ビジュアル重視なのがパッケージからも伺えます。

f:id:elppapr:20180213115938j:plain

同梱品は、本体・説明書・有線ケーブル・充電用ケーブル

となっています。

f:id:elppapr:20180213115635j:plain

外観:おしゃれでコンパクト

オンイヤー型といこともあり、とてもコンパクトなデザインとなっており、本体も170gと非常に軽量デザインです。

f:id:elppapr:20180213115648j:plain

ヘッド部分は、Satechiといえばのアルミデザインとなっており、表面には「SATECHI」の刻印があります。

f:id:elppapr:20180213115658j:plain

カラーバリエーションやアルミデザインやコンパクトな設計など、おしゃれなデザイン性を重視していることが伝わってきます。

 

装着感

頭頂部側は柔らかなクッション加工がされており、快適に装着ができます。

f:id:elppapr:20180213115707j:plain

ただ、ヘッド部分は側圧が想像以上に強く1時間弱ほどつけていると痛くなってきます。

 

そもそも、耳の外側に装着するオンイヤー型ですから、外で短時間装着することを前提に設計されているのかもしれませんが、それでも側圧が強いと感じました。

家でゆったりと長時間音楽を聴きたいという方には、向かないのではないかという印象を受けました。

 

音質

f:id:elppapr:20180213115751j:plain

音質はぱっと聞いた感じは、いい音だなーという印象を受けます。

特に高音部分は明瞭で、ボーカルを聞くのに向いてるという印象を受けました。

 

ただ、じっくり聞くと低音が貧相という感は否めず、Amazon購入ページに低音強調と書いてあるけど本当?と思ってしまいました。

貧相といっても十分聞ける音ではあるのですが、同価格帯のものと比べてもベースの音などで劣る印象を受けました。

 

遅延・接続の安定性

ワイヤレスヘッドホンにおいては、遅延や接続の安定性も重要なポイントです。

 

その点このワイヤレスヘッドホンは非常に優秀で、動画などをみていても遅延は感じられませんし、長時間利用していても、接続が途切れるということもありませんでした。

 

操作性

f:id:elppapr:20180213115758j:plain

こちらの商品は左のヘッド部分に、電源・ペアリングボタンと+・−ボタンが用意されています。

ボタンの配置は押しやすく、操作性も満足できるものです。

 

ただ、違和感を覚えたのは、+ボタンを押すと次の曲に、長押しすると音量アップというように、通常のヘッドホンとは逆の操作となっています。

これだと、音量を細かく操作できず、音量を調整しようとすると曲を移動させてしまったりなど、なぜ逆にしたんだろうと違和感満載でした。

 

まとめ:おしゃれなビジュアル重視のヘッドホン

f:id:elppapr:20180213115816j:plain

ここまで、重要なポイントについて詳しくみてきました。

 

総評としては、音質や装着感を重視される方よりも、おしゃれさを重視するという方に向いている商品でした。

ヘッドホンはファッションの一部ですし、iPhoneやMacBookなどと合わせてアルミデザインでおしゃれに決めたいという方にはおすすめできる商品です。

 

ただ、側圧の問題や操作性など、細かな部分でヘッドホンとしては不満なポイントもあるので、そちらにこだわりたいという方は、他の選択肢もありかもしれません。

自分の重要視するポイントを見極めて、こちらの商品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

以上!

スポンサーリンク