Apple Pencil 2は買い?第1世代VS第2世代で機能、値段を徹底比較!

3月にiPad mini・iPad Airが新しく発売されたことにより、現在発売されている全てのiPadでApple Pencilが使えるようになりました。

ただ全てのiPadで同じApplePencilが使えるわけではなく、端末によって使えるApple Pencilの種類は違い、iPadを選択する上での大きなポイントの一つとなりました。

 

そこで今回は、ApplePencilの第1世代と第2世代でどういう違いがあるのか、またApple PencilのためにiPad Proを買う必要はあるのかについての考察も含めてご紹介していきます。

 

iPad全体での比較も知りたいという方は「【2019】iPadの選び方!どれがおすすめか、価格・スペック・違いを徹底比較!」で詳しくしていますので、よろしければあわせてご覧ください。(記事末尾にもリンクあり。)

スポンサーリンク

Apple Pencil

Apple Pencil

ApplePencilは、2015年にAppleから発売されたスタイラスペンです。

従来のスタイラスペンとは違い、その追従性や筆圧感知など出来が素晴らしく、プロが絵を描くのにも耐えうるレベルの商品で、iPadの商品価値の向上に大きく寄与した商品と言えます。

 

一時期はiPad Proでしか使えなかったにも関わらず、ApplePencilのために高いお金を出してiPad Proを買うという選択肢もあったぐらい重要な違いの一つでした。

今では、全てのiPadがApplePencilに対応していますが、2018年に第2世代ApplePencilが登場したことによって、再び選択にあたって考慮すべきポイントとなっています。

Apple Pencil 第1世代と第2世代の違い

Apple Pencilの第1世代と第2世代の主な違いをあげると

  • サイズ・重さ
  • 形状
  • 充電方法
  • タップ機能の有無

といったところです。

サイズ・重さ

第1世代

第2世代

長さ

175.7mm

166mm

直径

8.9mm

8.9mm

重さ

20.7g

20.7g

サイズに関しては、表をご覧いただいてもわかる通り、長さが違う以外は同じです。

第2世代の方が短い分重心が安定しており個人的には扱いやすいですが、そこまで気になるほどの差異ではありません。

形状・素材

Apple Pencil 第1世代と第2世代の外観の違い

形状に関しては、通常の鉛筆と同じく円柱状だった第1世代に対して、第2世代は後述するワイヤレス充電のためにも平らな面ができ、Apple Pencilでありがちだったコロコロ転がっていくという意味では改善され、テカテカ・ツルツルの第1世代に対してマットでサラサラの第2世代といった風に材質に関しても変更しました。

また下の充電方法にも関わるポイントですが、無くしやすいキャップがなくなったのも嬉しいポイントの一つです。

充電方法

Apple Pencilの第2世代の時に最も驚きをもって迎えられたのが、この充電方法の違いでしょう。

 

下の写真を見ていただくと一目瞭然かと思いますが、

  • 第1世代:Lightning端子に直接挿して充電
  • 第2世代は:Pad Proの側面に磁力でくっつけてワイヤレス充電

となっています。

Apple Pencil 第1世代と第2世代の充電方法の違い

折れてしまいそうな不格好さと不安定さの第1世代と側面に引っ付けるだけの第2世代では、充電のしやすさはもちろんのことながら見た目やスタイリッシュさでも断然の違いがあります。

 

さらに上の形状とも通ずる部分ですが、使い終われば側面に引っ付けるという定位置がある第2世代とiPadに収納スペースがない第1世代という意味でも、大きく第2世代に軍配があがるところです。

タップ機能の有無

ApplePencilの第2世代は平らな面をダブルタップすると使用したいツールを瞬時に切り替えられる便利機能が搭載されました。

例えば、第1世代では消しゴムを利用する際にはディスプレイの消しゴムマークをタップする必要がありましたが、第2世代ではディスプレイを触らずともPencilをタップするだけで行えてしまうのです。

Apple Pencil第2世代の設定画面

さらに切り替えるツールは、消しゴムの他に直前のツールやカラーパレットなど自分の使い方に応じて変更することもできます。

Apple Pencil第1世代と第2世代の対応端末

Apple Pencil第1世代と第2世代の対応端末

上述の通り基本的には新しいこともあり第2世代の方が優れているのですが、なら第2世代を買えばいいじゃんとはいかないのが、わざわざ第1世代と第2世代の比較という当記事のテーマが生まれる理由もあります。

 

現在発売されている5種類のiPadでは、それぞれのApple Pencilの対応端末は

iPad Pro 12.9

iPad Pro 11

iPad Air

iPad 第6世代

iPad mini 5

Apple Pencil

第2世代

第2世代

第1世代

第1世代

第1世代

となっており、さらにこれには互換性がないので、例えば第2世代をiPad Airで使ったり第1世代をiPad Proで使ったりということはできないのです。

ディスプレイの違い

またスペックなどももちろんですが、ディスプレイの仕様にも違いがあります。

iPad Pro

iPad Air・mini

iPad 第6世代

フルラミネーション

×

反射防止

×

ProMotion

×

×

広色域

×

TrueTone

×

このうちApple Pencilを使う上で特に影響してくるものだけ簡単に説明すると

  • フルラミネーション:液晶パネルと表面のガラスパネルを一体化させる技術で、タッチしている場所(Apple Pencilで書いている部分)と反映される場所(画面上に表示される部分)に差がなくなる。
  • ProMotion:滑らかさに影響するリフレッシュレートが120Hz。(非対応のiPadは60Hz)

 

ということで、Apple Pencilの使い心地に関してディスプレイの違いに関しては、iPad Pro>iPad Air・iPad mini>iPad(第6世代)となります。

Apple Pencil第2世代のためにiPad Proにする価値はあるのか

と、iPad Proが第2世代を利用できることも含めて優れていますが、価格面で大きな違いがあります。

iPad Pro 12.9

iPad Pro 11

iPad Air

iPad 無印

iPad mini 5

32GB

37800

64GB

111800

89800

54800

45800

128GB

48800

256GB

128800

106800

71800

62800

512GB

150800

128800

1TB

194800

172800

ProMotionテクノロジーがなくてもいいやとiPad Airを選ぶとしても30000円以上の、Apple Pencilが使えればOKという意味で第6世代と比較すると50000円以上の差が生まれてきます。

 

Apple Pencil第2世代のワイヤレス充電やダブルタップでのツールの切り替えの便利さ、さらにディスプレイの仕様の違いによる使い心地の差を考えれば、iPad Proという選択肢は非常に魅力的でおすすめできますし、それらの機能の違いに魅力を感じるという人であれば購入する価値はあると言えるほど、特にワイヤレス充電の便利さは素晴らしいものです。

ただ、多くの人の使用用途であろうメモ書きや軽いお絵かき程度であれば、ディスプレイの違いを考えてもApplePencil第1世代でも十分快適に利用できるのも事実ですし、本格的にプロフェッショナルな作品制作に使うのでない限り、非常に細かな違いを実感することは難しい人がほとんどです。

 

ですから私の結論としては、値段にこだわりたいという観点を前提とすれば、Apple Pencilの第2世代のためだけであればiPad Proにするという必要性は「ない」と言えますし、ただApple Pencil第2世代にプラスしてその最高のスペックやホームボタンのない先進的なデザインに価値を感じるのであればiPad Proの価値は大いにありと言えます。

結局人それぞれという身もふたもない結論ですが、選択の指針としては、

第1世代がおすすめな人
  • トータルでの値段重視の人
  • メモ書きや落書きなど気軽に使用する人
第2世代がおすすめな人
  • 価格よりも機能性重視な人
  • 本格的な作品の作成等に使用する人

となります。

 

最後に

ここまでApple Pencil第1世代と第2世代の違い、対応端末による違い、そして選択の指針についてご紹介してきました。

 

比較して第2世代の方が優れているのはもちろんなのですが、iPad Proという非常に高額な端末を必須とするために、結局のところ最後にも書いた通り、ApplePencilで絶対に妥協したくない!という人を除いては、スペックやデザインや価格などその他の要素も入れての総合的な判断ということになってしまいます。

その辺の総合的な違いの比較については「【2019】iPadの選び方!どれがおすすめか、価格・スペック・違いを徹底比較!」で詳しくしていますので、よろしければあわせてご覧になって、購入の参考にしていただけますと幸いです。

 

以上!

スポンサーリンク