タイムセール開催中Amazon

Apple製品を返品する方法!なんと無条件&送料無料で返品可能

Apple製品を返品する方法!なんと無条件&送料無料で返品可能

iPhoneをはじめiPadやMacBook、AirPodsにApple Watchなど、身の回りにあるApple製品。

製品のスタイリッシュさや使いやすさがApple製品の良いところですが、Appleはサポートも超充実しているんですよね。

実はApple製品は無条件&送料無料で返品ができてしまうってご存知でしたか?今回はAppleの返品サービスについてご紹介したいと思います。

目次

Apple製品の返品は無条件、送料は無料

Apple製品の返品は無条件、送料は無料
サイズが合わないから…製品に不備や初期不良があったから…購入した製品を返品する時はこのような理由があると思います。そもそも正当な理由がないと返品を受け付けてくれない企業も多いですしね。

しかしApple Storeで購入したApple製品は、返品に理由は必要ありません。

  • 買ったもののやっぱり要らなかった
  • なんか気に入らない
  • 使ってみたら思ってた感じと違った

など「こらこら、買う前にちゃんと確認しなさいよ」と言われそうな、一見ふざけた理由でも返品OK。もちろん開封済みでも返品できます。

また、Macなどの購入時にメモリをグレードアップしたり等のカスタマイズ製品や、名前の刻印をしてもらった製品でも返品可能。

しかも送料もAppleが負担してくれるんだから有り難い!(※送料無料の条件は後述)Appleって製品だけじゃなくてサポートも素晴らしいですね。

Apple製品の返品に関する条件は

Apple製品の返品に関する条件は
さて返品に理由は必要ないと言いましたが、もちろん「買ってから2年後でも返品可」というわけではなく、ちゃんと条件があります。

  • 製品は損傷のない状態のみ返品可能
  • 領収書の原本(もしくはギフトレシート)と本体および同梱のアクセサリ類すべてを返品する必要あり
  • 製品の受け取り後14日以内に返品しなければならない

などが基本的な条件。

落として画面を割っちゃったから返品したい!Lightningケーブルがなくなっちゃったから返品したい!1ヶ月使ってみて合わないから返品したい!というのはダメというわけですね。

さて、では自分が買った製品が返品できるかどうかもう少し詳しく条件を見ていきましょう。

購入したところ

まずApple製品を購入したところが、

  • Appleのオンラインストア
  • 渋谷や心斎橋などにあるApple直営のApple Store

なら返品可能です。

ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店等で購入した場合は返品できませんのでご注意ください(その量販店に返品相談することは可能かと思いますが、Appleに返品をすることはできません)。

また、Appleのオンラインストアで購入した製品に関しては

  • 郵送での返品
  • 直営のApple Storeに持ち込んでの返品

のどちらでも返品可能ですが、直営のApple Storeで購入したものは郵送での返品は不可、Apple Storeに持ち込んでの返品のみ可能です。

返品可/不可 返品方法
Appleオンラインストア 郵送またはApple Store持ち込み
直営のApple Store Apple Store持ち込みのみ
家電量販店など X

※Appleオンラインストアや直営のApple Storeで購入しても、ライセンスコードなどで送られるタイプのソフトウェアに関しては返品不可となっています。あくまでも実際に形としてある製品に限ります。

返品手続きの期限

返品手続きの期限は、

  • オンラインストアで購入した場合:実際に手元に製品が届いた日
  • 直営のApple Storeで購入した場合:購入した日

から14日以内に返品手続きをすればOKです。例えば

  • 6月1日:オンラインストアでiPhoneを注文
  • 6月4日:iPhoneが届くが受け取れず不在票
  • 6月5日:実際にiPhoneを受け取る

だった場合は、6月5日から14日以内(この場合6月19日)に返品手続きをすれば大丈夫、というわけですね。

※Appleでは例年11月〜翌年1月に購入した製品は返品期限を長く設けています。詳細な日程については年によって異なりますので公式ウェブサイト等でご確認ください。

返品に必要なもの

返品の際は開封済みでも大丈夫ですが、購入した時に箱に入ってたものすべてを揃えて返品する必要があります。例えばiPhoneなら、

  • iPhone本体
  • Lightningケーブル
  • SIMを取り出すピン

などすべてと、iPhoneの外箱ももちろん必要です。

Apple製品を返品する方法!なんと無条件&送料無料で返品可能

購入後は念の為14日間は箱も捨てないように取っておきましょう。

送料無料の条件

先ほど送料無料で返品できると申しましたが、送料無料で返品するには条件があります。それは、返品依頼から1週間以内にクロネコヤマトの営業所に持ち込んで送ること。

自宅に取りに来てもらう「集荷依頼」や他の宅配業者でも返品はできますが、その場合は送料が自己負担となってしまいます。

送料無料で送るには、1週間以内にクロネコヤマトの営業所から!を忘れないようにしてくださいね。

その他気をつけるポイント

あと気をつける点として、

  • 同梱物の一部だけの返品は不可(例:Macに同梱されるマウスだけの返品等)
  • 購入と同時に下取りを申し込んでいた場合、下取りもキャンセルされる
  • プレゼント用のギフトパッケージの代金は返金されない
  • 支払い方法を代引きにしていた場合、代引き手数料は返金されない

などがありますので、返金の際は気をつけましょう。

実際に返品してみた

モバイルコンシェル編集部では以前実際にiPad Proを返品したので、その時のプロセスをご紹介します。

※返品依頼をしたのは2019年で、現在とはプロセスが異なる可能性がありますのでご了承ください。

返品依頼

返品依頼はオンライン上の「ご注文状況」から行うか、Appleのコールセンター(0120-993-993)に電話して依頼することができます。

今回はコールセンターに電話して返品の依頼をしました。その際にWから始まる「注文番号」が必要なので、用意してから電話をかけましょう。

電話をして「返品したい」という旨を伝えると以下のようなメールが届きますので、これで返品依頼は終了です。依頼した返品製品が間違っていないか念の為メールをきちんと確認しておきましょう。

Apple製品を返品する方法!なんと無条件&送料無料で返品可能

その後、返品受付が完了すると返品方法が書かれたメールが届きます。

この手順に沿って返品を進めればOK。画像内の赤で囲った「予約番号」と「予約パスワード」がクロネコヤマトの営業所での手続きで必要になるので忘れずに持っていきましょう。

Apple製品を返品する方法!なんと無条件&送料無料で返品可能

返品する前にしておくこと

iPhoneなどを返品する際は、

  • 「iPhoneを探す」をオフにする
  • データをすべて削除する

まずは、iPhoneの設定アプリ→アカウントとパスワード→iCloud→iPhoneを探すと進んで「iPhoneを探す」をオフし、

Apple製品を返品する方法!なんと無条件&送料無料で返品可能

その後、設定アプリ→一般→リセットと進み「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ。パスコードを入力し、データをすべて削除しましょう。

Apple製品を返品する方法!なんと無条件&送料無料で返品可能

この他にもSIMカードやカバーなど製品と関係のないものは取り外してから返品してくださいね。

いざ返品

クロネコヤマトの営業所に行くと「ネコピット」と呼ばれる電子端末が置いてあります。その端末で、

  1. 「提携企業サイトのご利用による送り状発行の方はこちら」をクリック
  2. 入力画面に移るのでメールに記載されていた「予約番号」と「予約パスワード」を入力
  3. 送り状が発行されるので、その送り状と返品製品をクロネコヤマトのスタッフに渡す
  4. 送り状の控えを貰って完了

となります。Appleに製品が届くと以下のようなメールが届きます。

Apple製品を返品する方法!なんと無条件&送料無料で返品可能

以上で返品手続きは完了です。返金のタイミングはクレジットカードなら1週間程度となっています。

銀行口座に振り込みなどの場合はAppleに口座情報を教えないと返金されませんので、返金依頼時の電話の際などに教えるようにしてくださいね。

Appleはサポートも充実

ということでAppleの返品・返金についてご紹介しました。簡単にAppleの返品サービスをまとめると、

  • 無条件で返品可能
  • 返品するには14日以内に返品依頼をする
  • 依頼から1週間以内にヤマトに持ち込めば送料無料

といった感じ。こんな簡単に返品できると、とりあえず買ってみようかな〜と購入しやすくなりますよね!

購入後に返品したい…と思った方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる