タイムセール開催中Amazon

結局Apple Watchって買いなの?1ヶ月使ってみた感想

Apple Watchの文字盤をカスタマイズしてみよう!

2015年に初代が登場し、2021年4月現在Series 6(6世代目)まで発売されているApple Watch。

Apple Watchの登場以来「スマートウォッチ」は腕時計の定番となりましたが、結局のところApple Watchってどうなの?便利なの?買いなの?と購入を悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回はApple Watchを1ヶ月間使ってみた感想、使ったからこそ分かるApple Watchの便利ポイントなどをご紹介します。初代との違いや進化したポイントなどもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

目次

Apple Watchとは

apple watchとは 画像出典:apple.com

そもそもApple Watchとは、iPhoneでお馴染みのAppleが開発・販売している腕時計型のウェアラブルデバイス。

代表的なスマートウォッチの1つで、Apple Watchの登場から多種多様なスマートウォッチが出始めたと言っても過言ではありません。

時間が分かるだけの普通の腕時計と違い、Apple Watchは(基本的にiPhoneと連動して)さまざまなことができます。

Apple Watchでできること

Apple Watchで出来ることはたくさんありますが、例えば

  • LINEなどiPhoneに来た通知を受け取れる
  • Apple Payが使える
  • 運動量を記録できる
  • Suicaが使えるので、改札は腕をピっとするだけで通れる
  • iPhoneがなくても電話ができる
  • 心電図が使える

といったことが可能です。ただしApple Watchにはモデルによって利用できる機能に制限があるので、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

▶Apple Watchのオススメは?全モデルを徹底比較

1ヶ月間使ってみた

1ヶ月間使ってみた

今回はApple Watch Series 4(2018年に発売された4世代目のGPSモデル)を1ヶ月間使ってみました。Apple Watch Series 4の簡単なスペックは以下の通り。

  • S4プロセッサ(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)
  • W3チップ
  • GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
  • 気圧高度計
  • 耐水性能:50m
  • 電気心拍センサー
  • 光学式心拍センサー
  • 環境光センサー
  • バッテリー駆動時間:最大18時間

便利だと感じたポイント

まず便利だと感じたポイントですが、Apple Watchを購入するにあたって気になるのがバッテリーかと思いますが、これはまったく気になりませんでした。

公式でバッテリー駆動時間が最大18時間と言われており、この数値に大きな誤差はないかなと。朝6時頃に着けて夜20時頃まで20%以下になることなく使用できました。

就寝中に充電するルーティンの方はまったく問題なく使えると思います。

apple watchの充電

気が散らないようiPhoneをかばんに入れたまま仕事をすることが多いのですが、電話や通知を逃すことがなくなりました。

「iPhoneを出しておけば良い」と言われてしまうかもしれませんが、私はiPhoneを出しておくと電話や通知が無くてもなんだかんだ触ってしまう意志の弱い人間なので…そういう私のような方にはめちゃくちゃオススメですw

apple watch 1ヶ月間使ってみた

仕事柄日中はずっと座ったままなのですが、時たまApple Watchが「深呼吸しよう」とか「立ってストレッチしよう」みたいなことを言ってくれます。

ノリノリで仕事してるときは「うるさいなぁ」なんて思ったりもしちゃうのですが、大体の場合は「そういえばずっと座りっぱなしだったな」と動くきっかけになってくれました。デスクワークの方には良い機能です(通知の回数を変えたりオフにすることも可能)。

apple watch 1ヶ月間使ってみた

最近ダイエットを始めてジムのパーソナルトレーニングに通っているのですが、めちゃくちゃキツいトレーニングもApple Watchが記録してくれるのでモチベーションになっています。

運動されている方にはまず間違いなくApple Watchはオススメですよ。

2021年1月に搭載された新機能の心電図レビューはこちら

不便だと感じたポイント

不便だと感じたポイントは本当に特にないのですが、多くの人は充電の面倒臭さを挙げるようです。

しかし普通の腕時計も寝る時やお風呂に入る時は外すでしょうし、外したタイミングでその場所に充電器を置いておけば面倒さは感じないかと思います。

あとは「通知を逃さない」というのも、通知に縛られているようで嫌だ…という方もいらっしゃると思います。

こういった方はApple Watchの便利さが逆に不自由さを感じさせるものとなってしまうのでオススメすることはできないですね。

初代との違いは

実は私はSeries 4を使う前、2015年に発売された初代Apple Watchを6年間使っていました。使い始めて4年目に一度バッテリーを交換しましたが、今も現役で問題なく使用できます。

…が、やはりSeries 4を使うと使用感は段違い。もちろんスペック上で違いはたくさんあるのですが、今回は実際に使った上で初代とSeries 4の違い、そして進化したなと感じたポイントをご紹介します。

バッテリー持ち

先ほども言った通り初代Apple Watchは今から2年弱前にバッテリーを変えているのでそこまで経年劣化はしていないと思うのですが、やはりバッテリー持ちは圧倒的にSeries 4の方が良いです。

初代はバッテリー駆動時間が最大18時間とSeries 4と同じなもののバッテリー容量は203mAh(38mmモデル)、Series 4は292mAh(44mmモデル)と差がありますし、チップの性能なども徐々に良くなっているわけですから当たり前とも言えます。

体感では「初代が20%以下になった時でもSeries 4はまだまだ余裕あり」という感じ。初代からSeries 4まで4年しか差がありませんが、4年でかなりの進化を遂げたなと思います。

参考記事:Apple Watchの充電!どのくらい持つの?いつ充電するの?

反応速度

バッテリー持ちよりも大きく違いを感じたのが反応速度。例えばApple Watchは腕を挙げるとディスプレイが付くのですが、見てもらった方が分かりやすいかなと思います↓(GIFです。左が初代、右がSeries 4)

初代とシリーズ4の反応速度の違い

写真で見てみると、ほんの少しSeries 4の画面が早く付いているのが分かります↓

初代とシリーズ4の反応速度の違い

「こんなん誤差でしょ!」と言われてしまうかもしれないぐらいほんの僅かな差なんですが、実際に使うとこの差がデカイ。さらに腕を挙げた時初代は反応してくれないことも多々あるのですがSeries 4ではほぼ100%反応してくれるので、それらを合わせるとSeries 4の進化に嬉しくなります。

ヌルヌル感

反応速度と同じく違いを感じるのが操作するときのヌルヌル感。初代はカクつきがあり、操作が気持ちよくないんですよね。こちらもぜひGIFで違いを見てみて下さい↓

初代とシリーズ4のヌルヌル感

Series 4はまったくストレスなく使えます。4年でここまでの進化…さすがAppleです。

「腕時計」としてなら必要ないが…

ということでApple Watchを使ってみた感想、そして初代からの進化ポイントをお送りしました。Apple Watchを買おうかなどうしようかな…と購入を迷っている方にアドバイスするなら、

「腕時計」が欲しいならApple Watchは必要なし!

時間が分かればOK、という方にはApple Watchはトゥーマッチです。ただし、

  • 時間を知る以外に通知を逃したくない
  • 運動ログを記録したい
  • 健康管理がしたい

などApple Watchならではの機能を使いたい方はもちろん買いですよ。

今はApple Watch以外のスマートウォッチもたくさんありますが「通知がきちんと来ない」「iOSがアップデートしたら使えなくなった」なんて話も良く聞くので、iPhoneとの相性を考えるならApple Watch一択。

初代からかなりの進化を遂げていますし、値は多少張りますが数世代前のモデルや廉価版(Apple Watch SE)など比較的安価なApple Watchもありますので、ぜひ検討してみてくださいね。参考になれば幸いです!

Apple Watchの全モデル解説はこちら。
Apple Watchのオススメは?全モデルを徹底比較

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる