みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

私はパソコンはMac、スマホはiPhone、タブレットはiPadとApple製品を中心に利用しています。

世間一般ではApple信者と言われてしまうかもしれません笑

 

AndroidスマホやWindowsPCも所有していて使っていますが、最終的にメインはApple製品に落ち着いてしまいます。

その大きな理由の一つが、Apple製品の素晴らしい連携です。

そこで今回はApple商品の連携でできることをお伝えしていきます。

 

まだ購入前の方も、購入済みだけど連携を活かしきれていないという方も参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

準備

これからiPhone・Mac・iPadの連携を紹介していきますが、全ての機能で必要な準備は、全ての端末で同じApple IDを使ってiCloudと紐付けを行なっておく必要があります。

そして、条件として

  • 同一のWifi環境下にある
  • BluetoothをONにしている

必要があります。

 

またそれぞれの連携機能で設定画面を操作する必要があるものは、機能を全て紹介した後、記事の最後の方にまとめて紹介しておきます。

クリックすると該当の設定に勝手にスクロールして飛べるボタンを各機能ごとに置いておくので、まず設定の方法も見たいという方はクリックしてください。

AirDrop

私がブログを書いているということもあるかもしれませんが、最も使用の機会が多く、最高に便利だと考えるのがAir Dropです。

これはiPhone・iPad・Macのどれとでも写真をワンタッチで共有できる機能です。

操作も簡単でiPhone→Macであれば、写真で共有メニューを開き自分のMacを選択するだけで下の写真のように届きます。

通常であれば、スマホ→Dropbox→パソコンといった手間がかかるところ、AirDropを使えばワンタッチで完了です。

iPhoneで撮った写真をMacに送って編集したり大画面で見たり、Macで編集した動画をiPhoneに送ったりなど色々な使い方ができてとても便利です。

 

なお、最近AirDropでわいせつな画像を送りつけるという良からぬ事件も起きているようなので、必ず受信オプションは「受信しない・連絡先のみ」にして起きましょう。

メモ・リマインダーなどの純正アプリの同期

  • メモ
  • リマインダー
  • 連絡先
  • カレンダー 

などの純正アプリは、入力と同時に連携している全ての端末で最新の状況に同期されます

iPhoneで入力した内容をMacやiPadなどで確認・継続する際にもなんの作業もなくシームレスに移行できます。

また同期したいアプリを指定できるのもグッドなポイントです。

 

例えば、初対面の人に聞いたアドレスをMacの連絡先で開いてメールを送ったり、外で思いついたことをすぐにiPhoneにメモしてMacで確認したり、どの端末でカレンダーを見ても同じ内容を確認できたり、非常に便利です。

また私が一番使うのはリマインダーで、予定や期限があるものが決まり次第iPhoneでリマインドすると、その内容が日時が来ると全ての端末で通知されるので、Macで作業しててiPhoneを確認してなくてうっかり忘れるということがかなり減りました。

ちなみに、siriに「○月○日に〇〇をリマインド」というとリマインドしてくれるのでめちゃくちゃ便利です。

ユニバーサルクリップボード

地味に使うのがこのユニバーサルクリップボードです。

コピーした単語をiPhone・Mac・iPadで共通のクリップボードに保存できる機能です。

例えばMacでコピーしてiPhoneでペーストすると、iPhoneでコピーした内容がペーストされます。

写真もコピー可能なので、iPhoneで気になった画像をコピーしてMacで確認するといったことも可能です。

Handoff

Handoffは、対応したアプリ(safariや純正アプリなど)であればiPhoneで行なっていた作業をそのままMacで継続できる機能です。

例えば、Macで検索していたサイトをiPhoneでそのまま継続して閲覧できるということです。

 

iPhoneであればホームボタンをダブルクリックしてマルチタスク画面を開くと下の部分にMacで開いているページが表示されているのでクリックします。

Macであれば、Dockの左端に表示されたアプリをクリックするとiPhoneで開いているページが表示されます。

私の場合であれば、Macで料理のレシピを検索してiPhoneやiPadでそれを開いて移動して見たり、帰宅中にiPhoneで書いたメールを帰宅後はMacで引き継いで継続するときなどの使い方をします。

Instant Hotspot

外でパソコンを利用する際、iPhoneやiPadでテザリングをしてパソコンでもネットに接続したいという場面があるかと思います。

通常であれば、iPhone・iPadでテザリングをONにして、その後パソコンでそのネットワークに接続という流れです。

ですがMacであれば、iPhone・iPadと連携していれば上のツールバーのネットワーク環境設定をクリックするとこのように自分のiPhoneが表示されます。

あとは繋ぎたい端末をワンタッチするだけで自動的にテザリングが開始されネットワークに接続されます。

解除もツールバーでクリックするだけでできるので、iPhoneやiPadを触る必要はありません

超便利!

 

こう言った細かい部分でもストレスフリーにできるのはグッドです。

ちなみにこの機能は特に設定は必要ありません。

電話機能

自宅でパソコン作業中にiPhoneに電話がかかってきて気づけなかったということ、経験したことあると思います。

ただApple製品であれば、MacやiPadで作業中にiPhoneに電話がかかってくると右上にこのような通知が表示されます。

もちろんこのまま応答して通話を行うことも可能です。

 

ちなみに私は使いませんが電話をMacやiPadからかけるということも可能です。

まとめ

今回ご紹介した連携機能をまとめると

  • AirDrop
  • 純正アプリの同期
  • ユニバーサルクリップボード
  • Handooff
  • Instant Hotspot
  • 電話機能

の6つをご紹介してきました。

 

もちろん中にはWindowsでもできる機能もあるよという声もあるかもしれませんが、OSレベルで標準装備されておりストレスフリーで使えるのはApple製品の連携ならではです。

Apple製品の購入や、既に購入している人の活用の参考になれば幸いです。

 

今回ご紹介したのは私が主に使ってる6つですが、これがもっと便利だよみたいなのがありましたら是非教えていただけると幸いです。

またこれを見て、Apple製品で揃えたいと思った人は、それぞれの選び方について関連記事で紹介していますので、そちらもチェックして見てください。

以上!

設定方法

最後に各機能で別で設定が必要なものの設定方法をまとめておきます。

AirDropの設定方法

iPhoneを下からスワイプしてコントロールセンターを開き左上を長押しします。

するとメニューが出てくるのでAirDropをクリックします。

ここで受信する人の設定が可能です。

純正アプリの同期

iPhone・iPadは設定→アカウントとパスワード→iCloudと進み自分の共有したい項目をONにする。

Macは、システム環境設定→iCloudから共有したい項目にチェックを入れる。

 

ユニバーサルクリップボード・Handoffの設定

iPhone・iPadの場合は、設定→一般→Handoffと進み、クリックしてONにします。

Macの場合は、システム環境設定→一般と進み、Handoffを許可にチェックを入れます。

電話機能の設定

iPhoneでは、設定→電話→他のデバイスでの通話と進み、自分の希望の端末にチェックを入れます。

MacではFaceTimeAppの環境設定を開き、iPhoneから通話にチェックを入れます。

 

 

 

 

スポンサーリンク
関連記事