スポンサーリンク

みなさんどうもこんにちは。

 

日本時間の5月22日早朝、突如Appleから新型MacBook Pro 2019の発売が発表されました。

前作の2018年モデルに続いて2作連続のサイレントアップデートで、直近でWWDCがあるにも関わらず発表会を避けてのアップデートというのは意表をつかれた方も多いのではないでしょうか。

 

今回はMacBook Pro 2019を2018年モデルと比較し、どう違ってどう進化したのかをまとめていきます。

スポンサーリンク

MacBook Pro 2019の基本スペック

MacBook Proの主なスペックについて2018年モデルと2019年モデルで表にまとめると以下の通りです。

13インチモデル

13インチモデル

2018年モデル

2019年モデル

SSD

256GB

512GB

256GB

512GB

サイズ

30.41×21.24

30.41×21.25

30.41×21.26

30.41×21.27

重量

1.37kg

1.37kg

1.37kg

1.37kg

CPU

2.3Ghz クアッドコアIntel Core i5

2.3Ghz クアッドコアIntel Core i5

2.3GHzクアッドコアIntel Core i5

2.4GHzクアッドコアIntel Core i5

GPU

Intel Iris Plus Graphics 655

Intel Iris Plus Graphics 655

Intel Iris Plus Graphics 655

Intel Iris Plus Graphics 655

メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

価格

198800

220800

198800

220800

13インチモデルは512GBモデルのCPUのクロック数が2.3GHzから2.4GHzに変更になりました。

 

15インチモデル

15インチモデル

2018年モデル

2019年モデル

SSD

256GB

512GB

256GB

512GB

サイズ

34.93×24.07

34.93×24.07

34.93×24.07

34.93×24.07

重量

1.83kg

1.83kg

1.83kg

1.83kg

CPU

2.2GHz 6コアIntel Core i7

2.6GHz 6コアIntel Core i7

2.6GHz 6コアIntel Core i7

2.3GHz 8コアIntel Core i9

GPU

Radeon Pro 555X

Radeon 560X

Radeon Pro 555X

Radeon 560X

メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

8GB 2133Mhz LPDDR3 メモリ

価格

258800

302800

258800

302800

15インチモデルはCPU性能がガラリと変更になりました。

 

ではこの表から読み取れること、表以外のことも含めてMacBook Pro 2019が2018からどう変化したのかポイントを見ていきます。

MacBook Pro 2018と2019との違いを比較

2018と2019を比較して押さえておきたい主なポイントをご紹介していきます。

サイズ等の変更はなし

サイレントアップデートされたことや上のスペック表を見ても分かる通りサイズやデザインや重量等の変更は一切行われませんでした。

ですから、メジャーアップデートまで待っているという人からするとがっかりする結果とも言えるかもしれません。

8コアモデルがついに登場

昨年の2018へのアップグレードでそれまで最高の4コアから6コアになりましたが、今回はさらに6コアから8コアへとCPUがアップグレードされました。

この点は実機で検証するまではなんとも言えませんが、CPUの種類から世代も第8世代から第9世代へと刷新されたと予想されます。

 

2018年モデルでメモリーが32GBモデルになり、その後オプションとしてGPUにRadeon Pro Vega 20が追加され、そして今回いよいよ8コアモデルが追加されることになり、ここ最近はプロユーザーをかなり意識したアップグレードになっています。

なお、256GB・512GBモデルともにCPUがアップグレードされているにも関わらずお値段据え置きというのもかなり魅力的となっています。

 

13インチモデルはほぼ変更なし

8コアモデルの追加などプロユーザー歓喜のアップグレードが加えられた15インチモデルに対し、13インチモデルは512GBモデルのクロック数が2.3GHz→2.4GHz(Turbo Booost:3.8GHz→4.1GHz)になるという極々わずかなアップグレードとなりました。

プロユーザーが満足するアップグレードもいいのですが、一般的な消費者からすると扱いやすい13インチモデルでほとんどアップグレードが行われなかったというのは残念な結果とも言えます。

 

キーボードが改良される

またスペックからは読み取れない部分としては、問題を抱えまくっているバタフライキーボードに関して材質の変更など新たな改良が加えられるとのことです。

ほこりに弱かったりすぐに故障するなどの問題が発生し、多くの不評が寄せられ2018で改良が加えられたバタフライキーボードですが、なお不満の声は根強く残っていたわけで、それがこの変更で改善されるのかは注目ポイントです。

(参考:https://japanese.engadget.com/2019/05/21/macbook-pro/

MacBook Pro 2019は買いなのか

最後に、MacBook Pro 2019は買いなのかについて個人的見解を述べておきます。

 

15インチに8コアモデルが追加されたのは動画編集を生業している人たちなどプロユーザーからすると非常に喜ばしく価格も据え置きということもあり、かなり魅力的なアップグレードと言えます。

昨年起きた熱に関する問題など実機を触らないと何とも言えない部分もあるので現時点で、ですけどね。

一方で、2018年モデルも十分にパワフルなので、スペックに不満があるという人は少数でしょう。

 

13インチモデルに関しては、今後何らかの違いがわかるかもしれませんが、現時点でスペックを見る限りではかなりがっかりな内容で、リリースすら出さずにこっそり変わっててもおかしくないくらいのアップグレードでした。

だからこそWWDCからは外してきたのでしょうが。

 

とは言え、新モデルの登場を恐れ購入を控えてきた人やちょうど買い替えどきという人にとっては新モデル登場のこのタイミングというのは、最新の状態で長くつうことができるグッドタイミングと言えます。

まとめ

ということでまとめるとMacBook Pro 2019は

  • 買い替えをちょうど検討していた人
  • MacBook Pro 2018でもスペック不足を感じる猛者
  • 2017以前のモデルを所有している人

は購入を検討してもいいのではないかと言えます。

 

特に2017年以前の15インチユーザーは4コア→8コアでApple曰くアプリケーションによっては2倍近いスペックアップを体験できるとのことですから、明確な違いを感じられるしおすすめかもしれません。

 

逆に上記以外の方はわざわざ買い替えするほど強いインセンティブのあるアップグレードではないとも言えます。(特に13インチ)

ぜひ購入するかどうかの参考になれば幸いです。

 

以上!`

 

Appleの公式リリース:https://www.apple.com/jp/newsroom/2019/05/apple-introduces-first-8-core-macbook-pro-the-fastest-mac-notebook-ever/

スポンサーリンク
関連記事