タイムセール開催中Amazon

意外と知らない?Apple Watchの便利な設定や機能

意外と知らない?Apple Watchの便利な設定や機能

「時計として時間が分かって、iPhoneの通知をしてくれればいいや」と、意外と便利な設定や機能を知らないまま使っている方も多いApple Watch。

実は盤面のカスタマイズをはじめ呼吸リマインダーの通知頻度を変更したり、iPhoneの場所を音だけじゃなく光を使って知らせる機能なんかもあるんですよ。

今回は、Apple Watchの便利な設定や機能をご紹介したいと思います!知らないものがあれば、ぜひ使ってみてくださいね。

目次

Apple Watchとは

Apple Watchとは 画像出典:apple.com

そもそもApple WatchとはiPhoneやMacBookでお馴染みのAppleが開発・販売している腕時計型ウェアラブルデバイス。

昨今は多種多様なスマートウォッチが登場していますが、その先駆け的存在でありトップの売上を誇っています。そんなApple Watchの基本的な機能はというと、時計型ウェアラブルデバイスなので時間が分かるのはもちろん、

  • LINEなどiPhoneに来た通知を受け取れる
  • Apple Payが使える
  • 運動量を記録できる
  • Suicaが使えるので、改札は腕をピっとするだけで通れる
  • iPhoneがなくても電話ができる
  • 心電図が使える

といったことが可能です(Apple Watchにはモデルによって利用できる機能に制限があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください)。

そんなさまざまな機能があるApple Watchですが、そもそも画面が腕時計サイズなのでiPhoneのように「実際に触って機能を知り尽くす」というマインドにならない方も多いと思います。

なので実は知らない機能や設定なども結構あるんですよね。ということで本記事ではApple Watchユーザーの方でも意外と知らない機能や設定をご紹介します!

(もちろん「そんなの知ってるよ」という方もいらっしゃるかと思いますが…生暖かい目で見て頂けると嬉しいですw)

Apple Watchの便利な設定

まずは便利な設定から!

盤面はカスタマイズできる

Apple Watchはさまざまな種類の盤面が用意されており、自分の好みのものを選ぶことができます。

Apple Watch カスタマイズ 画像出典:apple.com

実はこの盤面、カスタマイズできるってご存知でしたか?iPhoneの『Apple Watchアプリ』からカスタマイズしたい文字盤を選び、

Apple Watch カスタマイズ

カラーやスタイル、コンプリケーションで自分の好きなものを選べばOK!

Apple Watch カスタマイズ

色味はもちろん、知りたい情報もカスタマイズできるのでぜひ設定してみてくださいね。

呼吸リマインダーは時間を設定できる

深呼吸をしてリラックスを促してくれる呼吸リマインダー。実は通知する頻度を変更することができます。

iPhoneの『Apple Watchアプリ』から「呼吸」→「呼吸リマインダー」へ行き、

呼吸リマインダーは時間を設定できる

1日に通知する回数を選べばOK。1日1回〜10回までで選ぶことができますよ。

呼吸リマインダーは時間を設定できる

深呼吸の効果はリラックス、ストレス軽減、集中力アップなどポジティブなものばかりですが、集中している時にApple Watchから「深呼吸して」と言われるのが嫌!という方もいらっしゃると思います。

逆に「もっと深呼吸を促してほしい〜」という方も、通知の頻度を自分の用途に合わせて設定してみてくださいね!

スタンドリマインダーはオフができる

呼吸リマインダーと同じく、「立ちあがって1分間ほど動きましょう」とストレッチを促してくれるスタンドリマインダー。

スタンドリマインダーはオフができる

Apple Watchを装着している状態で1時間のうち最初の50分間座り続けている場合に通知してくれるので、デスクワークが多い方にとってはかなり重宝する機能かと思います。

とは言え、呼吸リマインダーと同じく「せっかくノリノリで仕事していたのにスタンドリマインダーのせいで集中力が途切れた(怒)」なんて方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方はiPhoneの『Apple Watchアプリ』から「アクティビティ」へと進み、「スタンドリマインダー」をオフにすればOKですよ。

スタンドリマインダーはオフができる

通知がウザい!と思っている方はぜひオフにしちゃいましょう。

時間を進めて設定できる

5分前行動をしたいから時計の時間は5分進めている…という方、安心して下さい。Apple Watchの時計も進めて設定することができます。

Apple Watchの『設定アプリ』を開いて→「時計」へ。

時間を進めて設定できる

Digital Crownを回して時計の針を進めましょう。最大で59分先の時間に設定できますよ。

時間を進めて設定できる

Apple Watchの便利な機能

続いてApple Watchの便利な機能を見てみましょう。

Apple WatchがiPhoneのシャッターになる

Apple WatchはペアリングしているiPhoneのカメラのシャッターとして使うことができます。リモート撮影もApple Watchがあれば簡単ですね!

Apple Watchで『カメラアプリ』を起動し、

Apple WatchがiPhoneのシャッターになる

シャッターボタンをタップすればOK。

Apple WatchがiPhoneのシャッターになる

タイマーはシャッターボタンの横にある「3」と書かれたボタンをタップすれば3秒後に撮影してくれますよ。

Apple WatchがiPhoneのシャッターになる

Apple Watchの盤面にiPhoneカメラの映像が写って確認できるのが地味に便利。大勢で写真を撮りたい時に活躍する機能なのでぜひ使ってみてくださいね!

光でiPhoneの場所を知らせる

Apple WatchはペアリングしているiPhoneの場所を知らせてくれる機能が搭載されています。

このiPhoneアイコンをタップするとiPhoneから音が鳴るのですが、

光でiPhoneの場所を知らせる

実はこのボタンを長押しすると…iPhoneのライトが明滅!

光でiPhoneの場所を知らせる

音だけじゃ見つからない、という時に便利なのでぜひ覚えておいてくださいね!

ちなみにiPhoneのロックが解除されている状態だと音は鳴りますが光らなかったので、ディスプレイが自動的にオフにならない設定にしている方はご注意下さい。

手洗いをカウントダウンしてくれる

コロナ禍でより一層、重要視されている手洗い。

WatchOS 7からApple Watchは手を洗い始めると内蔵されたモーションセンサーとマイクを使って手を洗っていることを自動的に検出し20秒のカウントダウンをしてくれるようになりました。

20秒って意外と長いので、カウントダウンしてくれることによってより丁寧にすみずみまで洗えるようになるのではないでしょうか。

Apple Watchを使いこなそう

ということでApple Watchの意外と知らない便利な設定や機能7つをご紹介しました!

  1. 盤面はカスタマイズできる
  2. 呼吸リマインダーは時間を設定できる
  3. スタンドリマインダーはオフができる
  4. 時間を進めて設定できる
  5. Apple WatchがiPhoneのシャッターになる
  6. 光でiPhoneの場所を知らせる
  7. 手洗いをカウントダウンしてくれる

いくつか知らないものはありましたでしょうか?

実は私、Apple Watch歴6年。iPhoneよく失くすのでApple Watchの「iPhoneを探す機能」は多用しているのですが、長押しで光って知らせてくれる機能は最近まで知りませんでした…。

Apple Watchユーザーのみなさんはもちろん、これからApple Watchを購入しようとしている方の参考になれば幸いです。ぜひ使ってみてくださいね!

Apple Watchのどのモデルを選んでいいか分からないという方は、 Apple Watchのオススメは?全モデルを徹底比較で詳しく解説しているので、参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる