じわじわと人気が再燃中のスマートウォッチ。その中でもApple Watchは特に人気です。

この記事では、Apple Watchに興味のある方、実際に購入を検討している方に向けて、今現在(2019年秋)発売されている「Apple Watch Series 5」と「Series 3」のどちらがおすすめなのかサイズ、性能、価格など比較して2つのモデルの違いを分かりやすく解説します!この記事を読み終わるころには「あなたにぴったりのApple Watch」が見つかっているはずです!

スポンサーリンク

Apple Watchとは

そもそもApple Watchとは、iPhoneを開発・販売しているAppleが2015年4月24日から販売しているスマートウォッチです。

Applewatch01
画像出典:Apple.com

ただの時計ではなく、iPhoneに来た通知を確認したり電話をしたり、ジョギングで走った距離を記録したり…まさに「スマートな時計」。

 

発売当初は「充電が必要な時計なんて売れない」「画面が小さすぎて誰も使わない」などと言われていましたが、発売から4年以上が経過した今、街中でも頻繁に目にするほどの定番製品となりましたよね。

 

先述した通りApple Watch以外にもスマートウォッチは様々なタイプが発売されていますが、2018年の世界スマートウォッチ出荷台数の約半分がApple Watchとのことで、いかに人気を得ているのかが分かります※1

 

さて、その人気の理由は一体なんなのでしょうか?

 

※1 参考:Counterpoint Technology Market Research Limited

 

Apple Watchでできること

Apple Watchでできること
画像出典:Apple.com

人気の理由はなんと言ってもiPhoneとの相性が抜群で高性能なこと。とは言え腕時計の小ささで一体なにができるの?と思ってしまいますよね。

 

ということでApple Watchでできる事を以下にまとめてみました。

iPhoneの通知を見逃さない

iPhoneに来た電話やメール、LINEなどアプリの通知をApple Watchで受けることができます。

 

例えばiPhoneをカバンの中に入れていても、ブルブルっとApple Watchが振動するので通知を見逃すことがありません。

 

大事な通知を逃したくないビジネスシーンなどを想定すると、この機能はApple Watchを使用する大きな利点ですよね。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

Apple Payが使える

ここ最近、現金を使用しない決済方法が増えてきていますが、iPhoneユーザーならばApple Payを利用している方も多いと思います。

 

iPhoneだとわざわざ手に持ってセンサーにかざす必要がありますが、Apple Watchなら手首を返せばいいだけ。特にSuicaで改札を通るときは非常に便利ですよ。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

電話ができる

電話をかけたり受けたりすることができます。

 

iPhoneを持たずにちょっとした買い物へ行ったり、ランニングをしに出かけても安心ですね(モデルにより電話可能な環境が変わります。詳しくは後述)。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

スポーツ関連の機能が豊富

ランニングやヨガ、サイクリングや水泳など様々なスポーツごとに運動量を記録できます。

 

目標を設定すれば達成したときにお知らせしてくれる機能もあるので、スポーツをする方にとってはApple Watchがやる気を高めてくれる良いパートナーとなりますね。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

音楽の操作が簡単

通勤通学中などに音楽を聴いていて「違う曲が聴きたいな」となった時、わざわざiPhone取り出して操作するのが面倒な方も多いはず。

 

Apple Watchならばサクッと簡単に曲を変更することができます。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

睡眠管理が可能

Apple Watchでは脈拍を測定したり、サードパーティ製アプリを使うことによって睡眠の管理をすることができます。

 

起きたばかりなのに疲れている…なんて方はApple Watchで睡眠を計測してみるといいかもしれませんね。

 

ちなみに2020年にはApple Watchに標準機能として「睡眠トラッキング機能」が搭載されるという噂も※2。ますます高性能になりそうです。

 

※2 参考:The Verge

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

ナビ機能が便利

歩きスマホはダメだと思いつつも、iPhoneで地図を見ながら歩くことって少なからずありますよね。しかし人にぶつかったり転んだりなどやはり歩きスマホは危険。

 

Apple Watchならアプリのマップでナビしてくれるので、歩きスマホをする必要がありません。

 

大きな地図は見られませんが、「どこを曲がるか」を教えてくれるだけでも方向音痴なユーザーには有り難い機能です。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

気分によってスタイルを変えられる

腕時計と言えば普通1つのスタイルしかありませんが、Apple Watchは文字盤をデジタルからアナログに変えたり、バンドを変えたりすることができます。

 

用途に合わせて、例えばフォーマルなら革のバンドで、スポーツをするならラバーバンドで、など様々なスタイルを楽しめますよ(バンドについて詳しくは後述)。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

iPhoneのシャッターになる

iPhoneで自撮りするとき、Apple Watchがシャッターになります。

 

タイマーだとなかなかシャッターが降りず、あれ?と思った瞬間に撮られてしまう…なんてこともありますが、Apple Watchを使えば手動でシャッターを押せるのでタイミングを逃しません。特に大人数で写真を撮るときに便利かもしれませんね。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

MacBookのロックを解除できる

iPhoneユーザーならばMacBookを使っている…という方も多いと思いますが、Apple WatchではMacBookのロックを解除することができます。

 

ちょっとしたことに感じますが、わざわざキーボードを打つ必要がないのは意外と便利。「なんで正しくパスワード打ってるのにロック解除できないの!?あ、Caps Lockかかってた…」というありがちな「イラッと」もなくなります。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

Siriが利用できる

Apple製品ではお馴染みの音声アシスタントSiri。もちろんApple Watchでも使えます。

 

パっと思いついた時に取りたいメモやリマインダーはiPhoneをわざわざ使わずApple WatchのSiriに頼んだり、メッセージを送ったり電話をかけたり…。

 

公共の場で喋りかけるのは抵抗あるかもしれませんが、例えば1人で作業しているときなど「あ、そういえば」と思い立った瞬間にiPhoneを探さなくて良い快適さは大きいですよ。

 

以上、Apple Watchでできることをご紹介しました。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

 

さて、次は「できることは分かったけど、Apple Watchっていろんな種類あるよね?結局どれを選べばいいの?」という疑問について見ていきましょう。

Apple Watchを選ぶポイント

1つしか種類がなければ迷うこともありませんが、実はいま購入できるApple Watchは数種類あり、それぞれ機能や価格が異なります。

 

一体どれを選べば良いのか…さっそく選ぶポイントを見てみましょう。

Apple Watchを選ぶポイント
画像出典:Apple.com

GPSモデルとGPS+Cellularモデル

Apple Watchには「GPSモデル」と「GPS+Cellularモデル」という2種類があります。この2つの違いは「LTE通信に対応しているか、していないか」という点。

 

GPS+CellularモデルはLTE通信に対応しているので、iPhoneがなくてもApple Watch単体で様々通信をすることができます。

 

例えばApple Watchを着けていれば、iPhoneを家に置いて外出してもOK。電話をしたりストリーミングの音楽サービスを聴くこともできちゃいます。

 

一方GPSモデルはiPhoneがないと通信ができません。そのためiPhoneが近くにない時は「時計」として使用するのみとなります。

 

iPhoneを自宅に置いてランニングしたり、自宅の1階にiPhoneを置いて2階で用を済ましたり…なんて場面が多くあるなら、GPS+Cellularモデルがいいですね。

 

ただし「GPS+Cellularモデル」はiPhoneと電話番号やデータプランを共有するため、キャリア(docomo、au、SoftBank)とGPS+Cellularモデルを使うためのプランを契約する必要があります(以下各キャリアのGPS+Cellularモデルプランの料金)。

docomoauSoftBank
月額500円(税別)月額350円(税別)月額350円(税別)
(2019年9月時点)

最近だんだんとユーザーが増えてきているLINE MOBILEやY!Mobileなどの格安SIM(MVNO)では残念ながらGPS+Cellularモデルを購入してもLTE通信が使えません。
現在iPhoneを格安SIMで利用している方は大手キャリアに乗り換えるか、GPSモデルを選びましょう。

AmazonでApple Watchを今すぐ購入 >>

Series 3とSeries 5

さてGPSモデルとGPS+Cellularモデル、どちらにするかは決まりましたか?では続いてSeries 3と5について見てみましょう。

 

2015年に初代が発売されて以降、現在までに5世代がお目見えしているApple Watch。現在Appleでは2017年に発売された3世代目(Series 3)と2019年に発売された5世代目(Series 5)を購入することができます。

 

Series 3と5の大きな違いはまず価格。

Series 3Series 5
GPSモデル1万9800円(税別)から4万2800円(税別)から
GPS+Cellularモデル3万800円(税別)から5万3800円(税別)から
(2019年9月19日時点)

 

1世代前のSeries 3の方が2万円以上安くなっていますね。安いならSeries 3の方がいいのでは…と思ってしまいますが、やはりSeries 5は最新モデルだけあってスペックが高性能。

 

大きな違いとして「ディスプレイが常時表示かどうか」という点があります。Series 3は手首を傾けないと画面が点灯しないのですが、Series 5は常時表示状態。

 

これまで「手首を傾けても画面がONにならない」「画面が表示されるまでに時差がある」ということもあったのですが、常時表示ならこのようなちょっとした不便さもなくなります。

 

Apple Watch
画像出典:Apple.com

 

もちろん常時表示だからといってバッテリーがもたなくなるということもなく、これまで同様最大18時間となっています。

 

さらにコンピュータの脳と言われるプロセッサは、Series 3が「デュアルコアS3プロセッサ」Series 5は「64ビットデュアルコアS5プロセッサ」で、5が3に比べて最大最大2倍高速。

 

また、ケースの素材にも違いが。Series 3にはアルミニウムケースしかありませんが、Series 5のGPS+Cellularモデルにはステンレススチールケースがあります。

 

見た目の違いはもちろん、軽さが特徴のアルミニウムに比べステンレススチールは耐久性に優れていますよ。

 

そしてサイズも少し異なります(以下アルミニウムモデルで比較)。

Series 3Series 5
ケースサイズ38mm42mm40mm44mm
薄さ11.4mm10.7mm
ディスプレイ表示領域563平方ミリメートル740平方ミリメートル759平方ミリメートル977平方ミリメートル

 

Series 5が3よりも大きく、ディスプレイの表示領域も広くなっています。

 

使用のしやすさで選ぶと、やはりそれぞれ大きいサイズの方がディスプレイが広い分、操作性は優れています。
44mmと聞くと大きすぎるんじゃ?と思いますが、例えばあの高級時計ブランドのロレックスもメンズサイズは34~44mmですので、44mmでもまったく問題ないと言えるでしょう。

 

さてSeries3と5の異なる点ですが、他にもSeries 5は電気心拍センサーを搭載していたり、カラーラインナップにゴールドがあったり、加速度センサーが強化されたりなど細かい進化ポイントが。

 

2万円の差は大きいですが、画面の常時表示だけでもとは言えそこまで大きな価値のあるもの。使用してみるとその違いが分かるので、ぜひ店頭でSeries 3と5を着け比べることをおすすめします。

Nike+モデルとHERMESモデル

Series 3にはそれぞれ専用の文字盤やバンドが用意されたナイキとのコラボモデル「Apple Watch Nike+」、Series 5には同じく「Apple Watch Nike+」と、あの最高級ブランドのエルメスとコラボした「Apple Watch HERMES」があります。

Apple Watch Nike+モデルとHERMESモデル
画像出典:Apple.com

 

Nike+は通常のApple Watchと同額ですが、HERMESは最低でも13万3800円からと、さすが最高級ブランドと言ったところ…(ちなみにHERMESモデルはGPS+Cellularのみ、ケースもステンレススチールのみとなっています)。

 

後述しますが、もしNike+でもHERMESでもない通常のApple Watchを購入しても、後からNike+のバンドもHERMESのバンドも購入し付け替えることができます。

 

そのため、どうしても専用の文字盤が欲しい!という「Nike大好き!」「HERMESの大ファン!」という方でなければ、これらのモデルは選択肢に入れなくてもいいでしょう。

Apple Watch Edition

Series 5には、チタニウムとセラミックというワンランク上の素材を使ったラインナップ「Edition」があります。

 

チタニウムは時計によく使われる人気の素材で、ステンレススチールより45%ほど軽量にも関わらず強度は2倍。汚れや指紋も付きにくくなっており、耐久性に優れています。

 

そしてセラミックはステンレススチールの4倍以上の硬度をもつ素材。こちらも傷や曇りとは無縁の耐久性を誇っています。

 

チタニウムモデルにはつや消しのマットブラック、セラミックは純白のホワイトという専用のカラーラインナップが用意されており、それぞれ美しさも兼ね備えていますよ。

Apple Watch Edition
画像出典:Apple.com

 

価格は以下。いずれもGPS+Cellularモデルのみとなっています。

チタニウムセラミック
8万2800円(税別)から13万3800円(税別)から

 

やはり耐久性に優れた素材を使っているということで価格も通常モデルより高め。そのため絶対に傷をつけたくない!特別なApple Watchを着けたい!という方にオススメです。

バンド

さて、ここまでGPSモデルだったりSeriesだったりとややこしい選択でしたが、次は自分の好みだけを重視しましょう。

Apple Watch
画像出典:Apple.com

 

先述した通り、Apple Watchはバンドを変えることにより様々なスタイルを楽しむことが可能。

 

  • スポーツに適したスポーツバンド
  • ナイロン製でファスナー式のスポーツループ
  • 圧倒的な軽さのNikeスポーツバンド
  • すばやく身につけられるNikeスポーツループ
  • マグネット式もしくはステンレススチール製バックルのレザー
  • 最高級ブランド「エルメス」のHERMESレザー
  • 専用のマグネット式またはバタフライバックルのステンレススチール

 

と、Apple Watchのバンドには数多くの種類があります。さらにそれぞれに数種類から数十種類のカラーも用意されており、必ず自分好みのバンドが見つかりますよ。

Apple Watchのおすすめモデル

さてApple Watchについてご紹介してきましたが、購入するモデルは決まりましたか?最後にそれぞれのモデルの価格や特徴をまとめて見てみましょう。

Apple Watch
Series 3
Apple Watch
Nike+(Series 3)
Apple Watch
Series 5
Apple Watch
Nike+(Series 5)
Apple Watch
HERMES(Series 5)
Apple Watch Edition
ケースアルミニウムアルミニウムアルミニウムステンレススチールアルミニウムステンレススチールチタニウムセラミック
カラーラインナップシルバー/スペースグレイスペースグレイシルバー/スペースグレイ/ゴールドシルバー※3/スペースブラック/ゴールドシルバー/スペースグレイスペースブラック/シルバー※3スペースブラック/チタニウムホワイト
モデルGPSGPS+CellularGPSGPS+CellularGPSGPS+CellularGPS+CellularGPSGPS+CellularGPS+CellularGPS+Cellular
価格(税別)1万9800円から3万800円から1万9800円から3万800円から4万2800円から5万3800円から7万2800円から4万2800円から5万3800円から13万3800円から8万2800円から13万3800円から
特徴低価格低価格/専用の文字盤など最新スペック最新スペック/ケースの耐久性最新スペック/専用の文字盤など最新スペック/専用の文字盤など/ケースの耐久性ケースの耐久性/特別なカラーラインナップ
(2019年9月19日時点)

※3 Apple公式サイトではステンレススチールのカラーラインナップについて「シルバー」ではなく「ステンレススチール」と表記されておりますが、当記事では分かりやすくお伝えするため「シルバー」と表記しております。

 

価格重視ならSeries 3、最新スペック重視ならSeries 5、NikeとHERMESファンならそれぞれのモデルが「買い」と言えますが、Apple Watchの便利さをとことん感じるならやはり常時ディスプレイを表示してくれるSeries 5、そしてGPS+Cellularモデルにするのがベター。キャリアのプラン月額も最大で500円という手頃な価格ですし、その価値はありますよ。

 

以上Apple Watchのモデルや価格、機能の違いなどを比較してご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク