【iPhone 11 Pro】機能性の高いケース・カバーおすすめ6選!

iPhoneをはじめ、スマホを買い替える際には本体以外にも買い替えが必要なものが出てきます。その中でも保護フィルムやケース・カバーなどはポピュラーなものです。
iPhoneを保護する観点からも、本体を入手する時には一緒にケースも手に入れておきたいという方も多いでしょう。

 

今回は、iPhoneの中でもiPhone 11 Proにぴったりのおすすめケース・カバーをご紹介します。
デザインの好みは人それぞれあると思いますので、今記事では特に"機能性"というポイントで優れているケースを選びました。また、カテゴリーとして、一般的なケース・カバーと手帳型ケース・かばーの2つの種類に分けてあります。

スポンサーリンク

そもそもiPhone 11 Proとはどんな機種?

iPhone 11 Pro

ケース紹介の前に、iPhone 11 Proはどんなモデルなのかや、ケースを使用する必要性についてご説明しましょう!

 

iPhone 11 Proは、XSシリーズよりもあらゆる面でグレードアップしたモデルになりました。カメラの性能はもちろん、ディスプレイもより鮮やかに進化しています。更に、性能を司るCPUも最新のA13になりました。もはやiPhone11Proは少し昔のPCの並の性能だと言っても過言ではありません。

ケース・カバー使用のメリットとデメリット

昨今はiPhoneにケース・カバーをつけて使用する方が多くなりましたが、依然としてケース・カバーは使用しないという方もいます。
iPhoneの、無駄がなく洗練されているデザインがお好きな方にとっては、ケース・カバーでiPhoneが隠れてしまうことは残念でしょう。

 

実際、ケース・カバーは使用したほうがいいものなのでしょうか。ケース・カバーを使う際のメリットとデメリットを整理してみましょう。

メリット

  • 本体が保護される
  • デザインが楽しめる
  • カードなどを収納できる
  • 落としにくくなる
  • 充電などの機能付きケースで荷物を減らせる

 

一口に「ケース」と言っても、様々なタイプのものが存在します。
ですが、どのケースを使用しても当てはまるメリットと言えば、本体がある程度保護できるということです。落下の衝撃や細かい傷から本体を守ってくれるわけです。

 

その他、デザインによってはカードを収納することができたり、充電機能を持つものまであります。このようなケースを使用することによって、本体保護に+αの利点が生まれます。

デメリット

  • 本体の重量が重くなる
  • 熱がこもりやすくなる
  • ケースの種類によっては磁気エラーが出る

 

ケースによって重くなったり、一回り大きくなってしまったりすることが使用に関する主なデメリットです。

 

また本体に関するデメリットとしては、夏場などは特に熱がこもりやすくなり、明らかに本体が熱を持ちやすくなる点でしょう。熱はCPUへのダメージにもなるので、ここは気をつけたいポイントですね。

iPhone 11 Proの最新おすすめケース

それではいざ!iPhone 11 Proのおすすめケースを6つ紹介します。
まずは、充電ができたり、衝撃に強いなどの機能性に優れた製品を4つピックアップしました。

iPhone 11 Pro Smart Battery Case

純正品であり一番のおすすめである「iPhone 11 Pro Smart Battery Case」です。この製品はその名の通り、ケースでありバッテリーでもあります。

 

iPhone 11 ProはXSシリーズよりも最大で4時間も長く駆動できるようになっています。しかしそれでも長時間の外出の際は、電池の持ちが心配になりますよね。
モバイルバッテリーを使用するのも良いですが、どうしてもケーブルが邪魔になります。それを解決できるのが、このケースなのです。

 

この製品は、平たく言えば充電器と合体しているケースです。

 

ケース内部にはLightning端子が付いています。
ここにiPhoneを差し込みつつケースを装着します。すると、ただ装着しておくだけでバッテリーの駆動時間を最大50%も伸ばすことができるのです。
シリコンを使用しているため、つけ外しが簡単でありながらしっかりフィットするのも特徴です。

 

「ケースを充電するの面倒じゃない?」と思われる方もいるかもしれませんが、面倒ではありません。
このケースを装着したまま、iPhone 11 Proを普通に充電すれば、ケースも本体もまとめて充電できるのです!ちなみに、ワイヤレス充電Qiにも対応していますよ。

 

さらに、このケースには「カメラボタン」が付いており、それを押すだけでスムーズにカメラが起動し、起動中に押すことでシャッターを切ることができます。

 

気になる点としては、バッテリーが内蔵されているため、装着すると重量が約100g増えてしまうというところでしょうか。
また、背面に入っているバッテリーが出っ張っているので、デザインが気になる方もいるかもしれません。

 

カラーは、ピンクサンド、ホワイト、ブラックの3色で、価格は1万6280円(※2019年12月11日時点)になっています。

今すぐAmazonで購入 >>

TORRAS iPhone 11 Pro用 ケース

iPhone 11 Proは、新色のミッドナイトグリーンというカラーを楽しむことができる機種です。落ち着いていてエレガントな色合いですよね。そんな本体の美しさを阻害しないケースが「TORRAS iPhone 11 Pro用 ケース」です。

 

わずか0.8mmという薄さで、ぴったりと手に馴染みます。ドイツの高品質TPU素材(熱可塑性ポリウレタン)を使用しており、薄くて軽く、透明度も高いことが特徴です。

 

このTPU素材は、ざっくりというと弾力のあるプラスチックで、シリコンのように柔らかでありながら、シリコンよりも丈夫でピタリとフィットします。また、シリコンの弱点であったホコリの付きやすさがTPUにはないため、ケースの素材としては一級品と言えるでしょう。

 

四隅に「X-SHOCK」と呼ばれるクッション技術を取り入れており、落下の衝撃を受けやすい部分がばっちりカバーされているため、多少の落下にも耐えてくれそうです。
iPhone 11 Proのデザインを邪魔することなく、本体をしっかりと保護できるとても優秀なケースですね。

 

カラーはクリスタル・クリアの他、iPhone 11 Proのカラーと合わせることのできるブラックとミッドナイトグリーン、そしてちょっとしたアクセントとして使用できるレッドの4色があります。1730円〜(※2019年12月11日時点)という価格で高品質なのもおすすめポイントです。

今すぐAmazonで購入 >>

ESR iPhone 11 Pro ケース

ソフトタイプのケースだと落とした時に不安……という方におすすめなのが「ESR iPhone 11 Pro ケース」です。このケースの最大の特徴は、硬さと柔らかさが両立されているところです。

 

硬い素材のケースは安心感があるものですが、ケース装着の際はその硬さゆえに苦労することも多いです。
しかしこの製品は、背面には強化ガラスを使い、側面にはTPU素材を使用することにより、着脱はしやすいけれど硬い素材で保護してくれるハイブリッドなケースになっています。また側面がTPU素材であることによって、グリップしやすさが格段にアップしています。

 

さらに四隅はエアクッション構造で守られているので、落下の際は最大限にその衝撃を和らげてくれるでしょう!ここまで機能的にデザインされていながら、ストラップを通す穴が付いているのも嬉しいですね。

 

硬いプラスチックなど、ハードタイプのケースがお好みの方におすすめです。カラーはクリア、パープル、ブラック、レッドブルーの4色です。価格は1299円〜(※2019年12月11日時点)とかなりお手頃になっていますよ。

今すぐAmazonで購入 >>

Bellroy Phone Case - 3 Card for iPhone 11 Pro

ユニークさという意味で、このケースにまさるものはありません。デザイン性と機能性を両立させたケース、それが「Bellroy Phone Case - 3 Card for iPhone 11 Pro」です。

 

iPhoneケースの中に複数枚のカードを入れておける、これは長らく手帳型のメリットでした。
しかしこのケースであれば、手帳型でないというのに3枚のカードがケースの中に収まります。なぜかといえば、背面に隠しスペースがあるからです!!
扉はマグネットで留めるタイプのため、隠しスペースが開きっぱなしになってしまう心配もありません。

 

またこのスペースの扉を使用して、iPhoneを立てることができます。横置きでのスタンド機能がほしいから手帳型という時代は終わりました。手帳型でなくても、このケースならばできるのです。

 

さらに、ケースの内側にはSIMとSIMの取り出しに使用するピンを収納できるスペースがあるのもユニークです。なくしやすいSIMピンの保管場所になりますね。

 

レザー仕立てのため高級感があり、シーンを選ばず活用できるケースです。価格が1万300円(※2019年12月11日時点)と少々高めなのですが、デザイン性と機能性を両立したおしゃれなケースをお求めの方におすすめです。

今すぐAmazonで購入 >>

iPhone 11 Proの最新おすすめケース:手帳型

ここからは、カードなども入れられ、日常使いに便利な手帳型の製品を2つご紹介します。デザイン性に優れるのも手帳型の特徴ですが、デザインやカラーは好みによって異なりますので、今回はあくまでも機能的な手帳型ケースをピックアップしました。

iPhone 11 Proレザーフォリオケース

「iPhone 11 Proレザーフォリオケース」はAppleの純正手帳型ケースです。

 

ケースを開くとスリープから解除され、閉じると自動的にスリープに戻るのが最大の特徴です。もちろんこのようなスリープ機能付きのケースは他社製品にもありますが、安心感という意味では純正品が一番です。

 

もちろんカードを収納するスペースもあります。
上質なヨーロピアンレザーを使用しているため、ビジネスシーンなどでも浮くことのない、落ち着いたケースです。カラーはブラックとオウバジーンの2色で価格は、1万6270円(※2019年12月11日時点)となっています。

今すぐAmazonで購入 >>

URBAN ARMOR GEAR iPhone 11 Pro 「METROPOLIS」

手帳型ケースは、見た目には頑丈でiPhoneを守ってくれそうですが、実は耐衝撃機能は普通のケースよりも低いことが多いです。
手帳型はどうしてもデザインが重視され、衝撃緩衝素材などを使用していない場合があるためですね。

 

しかし「URBAN ARMOR GEAR iPhone 11 Pro METROPOLIS」は違います。
ケース内部にハニカム構造を施すことにより、衝撃からiPhoneを守ります。その耐衝撃性は、アメリカ軍採用品の選定の基準をクリアするほどです。とにかくタフな手帳型ケースをお求めの方には、これ以上の商品はないでしょう。

 

惜しむらくは、カードを入れるスペースが1ヶ所しかないというところでしょうか……。価格は5414円(※2019年12月11日時点)でカラーはブラックのみとなっています。

今すぐAmazonで購入 >>

まとめ

ここまでおすすめのケースを紹介してきましたが、iPhone 11 Proにはケースをつけなくてはいけないというわけではありません。ですが、個人的にはケースの使用をおすすめします。

 

なぜならば、iPhone 11 Proは高性能な精密機器であるからです。
落下させてしまった時に、画面が割れず、どこにも傷が付いていない様に見えても、衝撃によって内部が損傷することが考えられます。そのような悲劇的な結末を、少しでも回避するためにケースは役に立ってくれるのです。

 

また、新しいiPhoneを買う時にAppleの下取りに出したい場合は、ケースをつけての使用が無難でしょう。傷の付き具合はかなり違ってきます。今回は衝撃に強いケースを多くご紹介したので、ぜひケース選びの参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク