Qiレシーバーを使ってiPhone7以前でもワイヤレス充電できるようにしてみた!【Sharllen】

22日にiPhone 8が発売され、買い換えるか迷っておられるという方も多いのではないでしょうか。

iPhone 8になって細かな変化はありましたが、大きな追加ポイントとして今回注目されているのは、ワイヤレス充電だと思います。

しかし、ワイヤレス充電のために買い換えるのもなぁ、と思っている方も多いはずです。

特にiPhone 7・iPhone 7 Plusユーザーの方!

そこで今回は、そういった方達にぴったりな、iPhone7以前のiPhoneでもワイヤレス充電ができちゃう、Qiレシーバーをご紹介・レビューしたいと思います。

スポンサーリンク

Sharllen 極薄Qi充電レシーバー

今回商品する商品は、Sharlleの極薄Qi充電レシーバーです。

QiレシーバーのiPhone対応版で、これを使うことで、Qi対応のワイヤレス充電器を使用することができるようになります。

1mmと非常に薄型で、邪魔になりにくい商品です。

そして、1000円以下で、Amazon発送というのもポイントです。

やはり、不都合があった時に、Amazon発送であれば、Amazonに対応してもらえるので、安心ですからね。

対応機種は、iPhone5以降のiPhoneです。

開封

非常に簡単な梱包で届きます。

f:id:elppapr:20170926191541j:plain

開けばすぐに本体です。

非常にシンプル。

f:id:elppapr:20170926191631j:plain

開封すると、驚くほど薄い。

こんなもので、ワイヤレス充電が可能になるのか、不安になる程です。

f:id:elppapr:20170926200926j:plain

それでは早速実際に使用していきたいと思います。

装着

装着方法は非常に簡単で、端子部分をiPhoneのLightningコネクタに装着するだけ。

f:id:elppapr:20170926191651j:plain

そして、本体部分をiPhoneに沿わせる形でぐるっと裏面に回してケースを装着すれば、完了です。

f:id:elppapr:20170926191719j:plain

もっと出っ張りがあったりするのかと思いましたが、ほとんど出っ張りはなく、非常に薄いので、ケースに入れれば全くきになりません

使用

Qi対応のワイヤレス充電器に乗せると、ちゃんと充電が開始されました。

f:id:elppapr:20170925155304j:plain

ケースをつけたままですが、問題なく充電されました。

途中で途切れるといったこともなく、性能には問題がなさそうです。

おすすめポイント

実際に使ってみて、おすすめできる、よかったぞというポイントについてまとめておきたいと思います。

装着前とほとんど変わらない

f:id:elppapr:20170926192000j:plain

この商品が極薄なおかげで、装着前と比較して、何かしらの不自由を我慢しながら使わなければならないということは一切ありません

そして、コネクタ部分もほぼ平らですから、何ら変化はありません。

上の写真を見てもらえばわかる通り、全くわかりません。

ワイヤレス充電という機能を追加しても、特に不自由が追加されるわけではないというのは嬉しいポイントです。

ケースをつけても充電できる安定感

やはり後付けのレシーバーですから、標準装備と比較して不安定なところがあるのかと覚悟していましたが、今の所一切そういったことはなく、安定して充電を続けられます。

さらに、私の少し厚いケースをつけたままでも難なく充電ができましたから、それほど安定しているということもできるでしょう。

気になるポイント

f:id:elppapr:20170926192522j:plain

バンカーリング等はつけられない

これはワイヤレス充電に一致した悩みでもあるのですが、裏面にレシーバーがある以上、それを邪魔する金属製のバンカーリング等はつけられません

バンカーリングを愛用している私としては、気になるポイントです。

端子が埋まる

今回の商品は、lightning端子を利用するため、パソコンとつないだり、ケーブルを利用する際には、取り外さなければなりません。

取り外すのは簡単にできるのですが、こういったポイントで煩わしさがあるのも事実です。

最後に

ということで、Qiレシーバーについてみてきました。

1000円以下という安価にもかかわらず、充分な性能で、大変満足のできる商品でした。

iPhone 8に買い換えるほどではないけど、ワイヤレス充電は使ってみたいという方やiPhone X発売前にワイヤレス充電を試しておきたいという方は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

以上!

スポンサーリンク