更新日:9月22日 

新しく発表された新型については「新型Apple Watch Series 4とSeries 3の違いや価格・スペックなどを比較してご紹介。」でまとめましたのでそちらをご覧ください。

この記事も最新の情報にバージョンアップしましたので安心してご覧ください!

 

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

iPhoneとの相性抜群のスマートウォッチApple Watchが欲しいという方は多いと思います。 

ただ、Apple Watchは、サイズやケーブルなどいろいろな種類があり、それぞれ価格や値段、性能、特徴が違うので、どれを買えばいいか、どれを選べばいいか、どれがおすすめなのか、いまいち分かりにくいという方も多いかと思います。

そこで今回はそれぞれの特徴などについて見ていきながら、AppleWatchの選び方をわかりやすく紹介していきます。

 

公式サイト

AppleWatch

キャリアオンラインショップ
スポンサーリンク

モデル

Apple Watchには大きく分けて

  • Apple Watch 
  • Apple Watch Nike+
  • Apple Watch Hermes
  • Apple Watch Series 3

の4種類があります。

上3つはすべてApple Watch本体としての性能は同じです。

 

Nike+はNikeとコラボしたスポーティーなモデルで、バンド・文字盤・限定アプリという面で通常モデルと違い、通常モデルとNike+の2つは、同じ値段で展開されています。

一方、エルメスはその名の通り、高級ブランドエルメスとコラボした、手作りの革製バンドの高級品で10万円以上という価格帯となっており一般的ではありません。

 

一般の人がAppleWatchを買おうと思えば、Apple WatchもしくはNike+もしくはSeries 3を購入することになります

(Nike+もエルメスも本体はSeries 4です。)

Series 3かSeries 4か

(左がSeries 4で、右がSeries 3)

まず最初の大きな選択肢としては、Apple WatchのSeries 3と4の選択です。

 

Series4でしか使えない機能としては

  • 電動心拍センサー
  • 転倒検出
  • 反応ありのDigital Crown
  • ゴールドカラー

といった感じとなっています。

またそのほかにもSeries 4からディスプレイサイズが大きくなっていたり、本体の厚みが薄くなっていたり、Bluetoothが5.0と4.2であったり、処理速度が2倍などの違いがあります。

 

一方、その分価格が値下げされて、Series 3が31800円から、Series 4が45800円からとなっており、より安価なものを求めたい場合は、Series 3に軍配が上がります。

性能や機能さらにタイミングを考えても、Series4の購入をおすすめしたいところですが、Series 3でも今回追加の心電図などの機能が使えなかったりスペックで劣るものの、十分快適に使うことはできますので、価格とのバランスで選択してください

 

違いについてより詳しくは新型Apple Watch Series 4とSeries 3の違いや価格・スペックなどを比較してご紹介。」でまとめましたのでそちらもよろしければご覧ください。

 

このあとはSeries 4を基準に紹介しますが、それぞれSeries 3の方も同じ選び方ですので参考にしてください。(40mm→38mm、44mm→42mmに読み替えて)

GPSかGPS+Cellularか

まず最初の選択として、GPSモデルかGPS+Cellularモデルかを選択する必要があります。

 

この違いは簡単に言ってしまえば、LTE通信が使えるか使えないかです。

Series3ではストレージがセルラーの方が大きいという差がありましたが、Series 4からは同じになったので純粋にLTE通信で単体で使えるかどうかだけで選べるようになりました。

 

そして、セルラーモデルのほうが価格が11000円高く設定されています。

40mm(44mm)

GPS

45800円(48800円)

GPS+Cellular

56800円(59800円)

iPhoneなしでも通話をすることも、音楽を聴くこともできるセルラーモデルはおすすめですが、お値段の都合や通信キャリアの都合、また普段からiPhoneを持ち歩くなど方は、GPSモデルを選ぶという選択肢もありです。

(✴︎下のおすすめでも詳しく書いていますが、実際に使用してみたところ、セルラーを使う場面は限定的で、iPhoneを持ち歩く人であればGPSモデルで十分満足することができるかと思います。)

 セルラー機能は3大キャリアの携帯を契約している人しか使えません。MVNO(格安SIM)の方は使えませんのでご注意を。

 

公式サイト

AppleWatch

キャリアオンラインショップ

アルミニウムケースかステンレスケースか

次にセルラーモデルを選択される方限定ですが、アルミニウムケースか、ステンレスケースかを選択する必要があります。

GPSの方は飛ばして次の見出しへ行ってください。

 

 

f:id:elppapr:20170916022308p:plainf:id:elppapr:20170916022310p:plain

左がアルミ、右がステンレス 写真では分かりにくいが、実物を見ると結構違う。

 

ステンレスのメリット

まず、ステンレスはサファイアクリスタルガラスが利用されており、アルミニウムケースに比べて強度が強く傷が付きにくくなっています

また光沢がありアルミと比較して高級感に溢れるかっこいいつくりとなっています。

一方で、ステンレスは傷が目立ちやすく、アルミニウムは目立ちにくいという特徴もあります。

 

ただ、総じてステンレスの方が高級感があり、かっこいいと感じる人が多いのではないでしょうか。

ステンレスのデメリット

一方で、ステンレスにすることによるデメリット、アルミのメリットもあります。

 

まずは重量です。

サイズ アルミニウム ステンレスチール
40mm 28.7g 42.4g
44mm 34.9g 52.8g

 

上記のように、アルミとステンレスでは10gほど重量が変わってきます。

大したことない差のようにも見えるのですが、一日中つけるものですから、女性の方などできるだけ軽いほうがいいという方にとっては、重要なポイントでしょう。

 

そして、最も大事なのが価格です。(ともにセルラーの価格)

サイズ アルミニウム ステンレススチール
40mm 56800円 74800円
44mm 59800円 79800円

上記のように、アルミとステンレスで約2万円ほどの差が出てきます。

AppleWatch自体の性能は変わらずに、2万円というのは、大きな金額の差と言えるかと思います。

 

ということで、強度や高級感を重視される方はステンレスケースを、値段や重量を重視される方はアルミケースを選択するということになります。

ちなみに私は今回、頻繁に買い換えることや軽さ重視などからアルミを購入しました。

 

40mmと44mm(38mmと42mm)

モデルが決定すれば、本体で最後に決定するのは、大きさになります。

AppleWatchには、40mmと44mmの2種類があります。(Series 3の方は38mmと42mmです。)

 

一般の時計では、大きいのが男性用、小さいのが女性用といった形になっていますが、AppleWatchの場合、女性が44mmを使っても違和感はありません。(もちろん逆の男性が40mmも然りです。)

使用しやすさで選ぶのであれば、断然44mmのほうが、大きくて操作しやすいです。

 

一方、スタイリッシュさやコンパクトを求める方などは、40mmを選んでください

公式サイト

AppleWatch

キャリアオンラインショップ

バンド

最後に、バンドを選択します。

スポーツバンドや、スポーツループや、NIKEモデルなど様々な種類がありますのでお好みの物を選んでください。

 

こちらは、後ほどバンドのみを購入して付け替えることもできますので、何を選んでも問題ありませんが、水洗いもできて汎用性のあるスポーツバンドを最初に選ぶのをおすすめします。

まとめ

以上がAppleWatch購入する際に、選べる選択肢です。

まとめると

  • モデル
  • Series 3 or Series 4
  • アルミニウムケース or ステンレスケース
  • 40mm or 44mm(38mm or 42mm)
  • バンド

 となります。

 

それぞれ自分にあったチョイスをしてぴったりのApple Watchを選んでください!

公式サイト

AppleWatch

キャリアオンラインショップ

 

おすすめのモデル

今回のSeries 4で初めてApple Watchを買おうかなという方におすすめのモデルは、GPSモデルのアルミニウムケースとスポーツバンドモデルです。

要はSeries 4で一番安い編成ですね笑

 

Apple Watch自体の性能としては変わりないですし、ステンレスやセルラーはApple Watchに慣れてから次の選択肢としてぐらいに考えて問題ないです。

私は慣れた上でもアルミとGPSがいいと思って使っています。

カラーに関しては、自分の好みや、iPhoneの色と合わせるなどお好みで選択してください。

 

ちなみに私も上記のモデルを購入しました。(スペースグレイ)

公式サイト

AppleWatch

(追記)

執筆当初は目玉であるセルラーモデルをおすすめしていましたし自分もその選択をしたのですが、Series 3で実際に使ってみるとiPhoneと一緒に持ち歩く機会も大きく(私の場合は)そこまで実力を発揮できませんでした。

もちろん便利なのは間違い無いんですが、本体の上乗せ価格分とキャリアと契約しなければないことを考えれば、その価格分のメリットを得られませんでした。

 

ですから自分がランニングなどApple Watchを単体で持ち歩く方やステンレスモデルに惹かれるという人以外はGPSモデルを購入しても全く問題なく利用できます。

差額分でAirPodsも買えますしね。

(追記終わり)

最後に

ということで、Apple Watchを選択するまでの過程やそれぞれの特徴について見てきました。

今回のApple Watchは心電図の測定などの目玉機能はもちろん、性能も順当にグレードアップしており、非常におすすめの端末だと思います。

 

自分にあったApple Watchの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

以上!

公式サイト

AppleWatch

キャリアオンラインショップ

 

 

スポンサーリンク
関連記事