スポンサーリンク

更新日:10月31日 新型MacBook Airも含めて最新の情報です。

MacBook Air 2018モデルが発表されました。

詳しくは「新型MacBook Air 2018の価格やスペック等まとめ。旧モデルとの違いを比較。 」でまとめています。

 

どうもみなさんこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

パソコンを買い換えるという時にMacのノートブック、MacのノートパソコンのMacBookシリーズを購入してみようかなと思うことがあるかと思います。

 

ただ、みなさんMacのノートブックを買うときに、いったいどれを買えばいいのか、自分に用途にどれが合ってるのか、よくわからんという方が多いのではないでしょうか。

私も、周囲でMacに買い替えるという人から、どれがいいかということをよく聞かれます。

 

そこで今回は、長年Macユーザーの私が、Macbookシリーズの選び方、スペックの比較、選択のポイントなどについてご紹介し、おすすめのMacノートパソコンがどれかについて詳しく見ていきたいと思います。

ぜひこの記事を見て、どれにしようか判断してくだされば幸いです。

スポンサーリンク

Macノートブックの選択肢

f:id:elppapr:20180109185409j:plain

Macのノートパソコンを選ぶ上での選択肢は

  • 種類(Pro、12インチ、Air)
  • グレード(ストレージ、CPUなど)
  • メモリやSSDなどのBTO(カスタマイズ)

といったあたりになります。

これらの項目を、使用する目的やお財布などと相談しながら決めていくことになります。

 

この記事の流れとしては、まずは種類の決め方でどのMacかを選択の指針をご紹介し、その後にグレードやカスタマイズをどう決めればいいかについてご紹介していきます。

 

それでは早速、それぞれの項目について詳しくみていきたいと思います。

 

種類:MacBookシリーズ6種類

f:id:elppapr:20180109190711j:plain

最初にして、最大の選択肢がMacノートブックのうちどの種類を選択するかというポイントです。

現在のMacノートブックは

  • MacBook Pro13インチ
  • MacBook Pro13インチ Touch Barなし
  • MacBook Pro15インチ
  • MacBook(12インチ)
  • MacBook Air 2018
  • MacBook Air(旧)

の6種類が販売されています。

 

MacBook Proは7月にアップグレートされた新型、MacBookは2017年3月に発売されたモデルです。

またMacBook Pro 13インチにはTouch Barと呼ばれるキーボードのファンクションボタン部分に設置された有機ELディスプレイがない代わりコストが抑えられた、Touch Barなしモデルがあります。(この記事ではTouch Barなしとして扱います。)

MacBook Airは10月31日に発表されたばかりのほやほやモデルとその前まで発売されていたモデルがあります。(この記事ではMacBook Air(旧)として扱います。)

 

これらの6種類を選ぶ上で比較するべき項目として重要なのは

  • CPU
  • GPU(グラフィック)
  • サイズ・重量(重さ)
  • バッテリー
  • インターフェイス
  • 価格

といったところです。

他の要素は私の経験上さして重要ではありません。(異論は受け付けます。)

 

これらの重要な項目について、それぞれを詳しく比較していき、そのあとにそれぞれのモデルの特徴や買うべきひとをまとめていきたいと思います。

項目の比較は詳し目なので、気になる部分だけ読んでいただき、まとめの方に行くという読み方でも大丈夫です!

CPU:ベンチマークスコア

まずはパソコンのスペックを決めるCPUの比較です。

MacBook Pro 13インチ

第8世代 2.3GHz クアッドコア Core i5

Touch Barなし

第7世代 2.3GHz デュアルコア Core i5

MacBook Pro 15インチ

第8世代 2.2GHz  6コア Core i7

MacBook

第7世代 1.2GHz  デュアルコア Core m3

MacBook Air 2018

第8世代 1.6GHz デュアルコア Core i5

MacBook Air (旧)

第5世代 1.8GHz デュアルコア Core i5

コア数は並行作業(マルチタスク)をする際に性能を発揮する部分で、6>クアッド(4)>デュアル(2)の順に高性能です。(性能を一番左右すると言っても過言ではない部分)

数字に関しては、めちゃくちゃ簡単にいうと、GHzの前の数字が大きければ大きいほど高性能と考えて構いません。(コア数が同じ場合は。)

またCore i5よりCore i7の方が、Core m3よりもCore i5の方が優れています。

  • Core i7>Core i5>Core m3

 

ベンチマークスコアで比較

まぁこんな難しいことを言ってもわけわからんという方も多いかと思いますから、わかりやすいようにそれぞれのベンチマークスコアを表にまとめると以下の通りです。

シングルコアスコア

マルチコアスコア

MacBook Pro 13インチ

4504

16468

Touch Barなし

4314

9071

MacBook Pro 15インチ

4928

21166

MacBook

3526

6653

MacBook Air 2018

4248

7828

MacBook Air (旧)

3334

6119

(参考:https://browser.geekbench.com/mac-benchmarks)

シングルコアスコアも重要ですが、基本的にはスペックはマルチコアスコアで比較してください。(説明は長くなるのでここでは省略します。)

ということで、それぞれのモデルをスペック順に並べると

  • MacBook Pro 15>MacBook Pro 13>Touch Barなし>MacBook Air 2018>MacBook>MacBook Air(旧)

となっています。

ですからとにかくスペックにこだわりたいという方は、この順に選択することになります。

 

ただ上の数値を見て、MacBook Proシリーズは確かに突出してスコアも違いますが、それら以外ではそこまでの違いはないと感じられた方も多いのではないでしょうか。

その感覚は正しく、ブラウジングや書類作成などの軽い作業を行う上ではいずれも快適に行えますし違いはそこまで体感できません。

動画編集や画像編集、また並行して複数の作業を回す際などパソコンが重たい状況にその違いが現れるといった感じで、軽い作業メインという方はそこまでスペックで悩む必要もないでしょう。

 

またMacBook Proが2018のモデルチェンジで13インチが4コアになったことで、2017の15インチのベンチマークを超えるという状況になり、ほとんどの人はスペックだけを見れば13インチでも多いに満足できるスペックになりました。

もちろん15インチはさらにスペックアップしたので、スペックをとことん求めたい人はよりMacBook Proを買いやすくなりました。

Point

  • スペックで選ぶならMacBook Pro、特に15インチ
  • ブラウジングや書類作成や動画視聴などの軽い作業が主目的であれば、参考程度で大丈夫

 

GPU(グラフィック)

f:id:elppapr:20180109185419j:plain

お次は画像や動画などで性能を発揮するグラフィック性能を決めるGPUです。

 

MacBook、MacBookAir、MacBookPro 13ではCPUとの統合GPU(一体となっているもの)が搭載されています。

一方MacBook Pro15インチではCPUとは別に独立してGPUを搭載しています。

当然ながら、統合GPUと独立GPUでは大きく性能に差が出てきます。

 

ただ、一般的な写真アプリを見たりなどの程度ではGPUによる恩恵は感じにくいかもしれません。

動画編集や画像を編集したりなど、グラフィック関連の重たい作業を頻繁に行うという方であれば、是非とも独立GPUにしたほうがいいですが、そんなに重たい作業をするつもりはないという方であれば、統合GPUでもほとんどの人は十分に満足することができるかと思います。

 

Point

  • 動画編集や画像編集など重たい作業が中心目的→独立GPU(MacBook Pro15インチ)
  • グラフィックを多用しないのであれば気にしなくてOK

サイズ・重量

ただ当然パソコンはスペックだけで選ぶわけではなく、サイズや重量も非常に重要な選択肢の1つです。

表にまとめると以下の通りです。

インチ

サイズ(cm)

厚さ(cm)

重量

MacBook Pro 13インチ

13.3インチ

30.41×21.24

1.49

1.37kg

Touch Barなし

MacBook Pro 15インチ

15.4インチ

34.93×24.07

1.55

1.83kg

MacBook

12インチ

28.05×19.65

0.35〜1.31

0.92kg

MacBook Air 2018

13.3インチ

30.41×21.24

0.41〜1.56

1.25kg

MacBook Air (旧)

13.3インチ

32.5×22.7

0.3〜1.7

1.35kg

コンパクトさ順に並べると、MacBook>MacBook Air 2018>MacBook Pro 13インチ・TouchBarなし>MacBook Air(旧)>MacBook Pro 15インチとなります。

 

特にMacBookの1kgを切る軽さというのは相当で、持つと全然違いますので、持ち運びや軽さを重視してMacを選びたい方はMacBook一択です。

MacBook Air 2018は今回の新型発表で100g軽くサイズもコンパクトになり、MacBookほどではないですがPro 13インチと比較すると重量で優位性を保つモデルになりました。

とはいえ、MacBookPro13インチもAir 2018と120gほどの違いで十分にコンパクトで、コンパクトさとスペックのバランスが取れとり、軽さの面でも軽量モデルに引けを取らなくなってきたとも言えます。

 

MacBookPro15インチは昔よりは軽くなったとはいえ1.8kgとひときわ重くコンパクトさではダントツの最下位です。

ただ外に持ち運ぶとしてもリュックなどで持ち運ぶのであれば、問題なく使用できます。

Point

  • 軽さで選ぶならMacBook
  • 次点でMacBook Air 2018
  • MacBookPro13は軽量モデルに引けを取らない薄さ・軽さ
  • あまり持ち運ばないorリュックなどで運ぶならMacBookPro15でもあり

 

バッテリー

インターネット閲覧

MacBook Pro 13インチ

最大10時間

Touch Barなし

MacBook Pro 15インチ

MacBook

MacBook Air 2018

最大12時間

MacBook Air (旧)

Apple公称のバッテリー持続時間ではMacBook Airが新モデル旧モデルともに2時間ほど長くなっており、持ち運びなどでバッテリーを重視される方にとっては重要なポイントです。

過去にはMacBookPro 15インチのバッテリーが他よりも劣っていた時もありましたが、現在では公称のバッテリー持続時間では他に引けを取りません。

 

外で作業をするときには充電がなくなった場合の対処方法も重要なポイントですが、全てのMacBook シリーズでUSB-Cが搭載されており、モバイルバッテリーでの充電が可能です。

また充電に必要な出力も異なっており、モバイルバッテリーも含めて気軽に外で長時間作業をしたいという場合には、MacBookが勝るという見方も可能です。

ただ、バッテリー面ではそこまでの差異はありませんので、軽く考えて問題ない部分です。

Point

  • MacBook Airが2時間の優位
  • モバイルバッテリーを含めて考えるとMacBookも優位
  • そこまでの差異はない

 

インターフェイス

f:id:elppapr:20180109190152j:plain

意外に重要なのがインターフェイスの違いです。

インターフェイスとはパソコンと周辺機器の接続部分、すなわち接続端子(ポート)の規格の違いのことで、表にまとめると以下の通りです。

ポートの種類

USB-Cの個数

MacBook Pro 13インチ

USB-C

×4

Touch Barなし

×2

MacBook Pro 15インチ

×4

MacBook

×1

MacBook Air 2018

×2

MacBook Air (旧)

USB3.0、SDスロット etc

0

MacBook12インチでは端子が1つしかないので、充電と同時にケーブルを接続することができないのが難点です。

またTouch BarなしモデルやAir 2018は2つしかなくて拡張性を重視される方にとってはやや心もとない個数です。

 

そして、端子の数も重要ですが端子の種類も何かと重要です。

USB-C端子は未だに普及しているとは言いがたく、USB3.0やSDカードを使いたい際など別途アダプタが必要となるので、不便な場合もあります。

その点MacBook Air(旧)は端子が従来通りですから、プレゼンテーションをはじめとして外部接続を頻繁に利用される方は便利になります

私の知り合いにも、外部接続を重視してスペックやらなんやら度外視でインターフェイスの利便性のためだけにMacBook Air(旧)を購入された方もいます。

価格

今まではスペックや外装面を見てきましたが、やはり重要なのは価格です。

各モデルの価格は以下の表の通りとなっています。

128GB

256GB

512GB

MacBook Pro 13インチ

198800

220800

Touch Barなし

142800

164800

186800

MacBook Pro 15インチ

258800

302800

MacBook

142800

175800

MacBook Air 2018

134800

156800

178800

MacBook Air (旧)

98800

120800

142800

最安価格はMacBook Air(旧)で価格重視で選択される方にとっては今尚選択肢の一つとして残っています。

 

次にはMacBook AirとTouch BarなしモデルとMacBookが同じ価格帯となっています。

同じぐらいの価格を出すと考えれば、MacBookPro13ならどちらかといえばスペック重視、Airはバランス、MacBookなら使いやすさや軽さを重視といった区別ができます。

 

MacBook Pro 15インチはそのスペックからひときわ高い価格設定となっており、価格を重視して考えるのであれば非常に難しい選択肢です。

15を選ぶとすれば、価格を度外視してスペックなどの他の選択肢重視で選ぶことになるかと思います。

 

MacBook Pro 13インチはスペックが重要、でも15インチは高すぎるといった方に向けてバランスのとれた価格帯となっています。

 

まとめ:各種モデルの特徴・向いてる人

ここまで各種の項目について詳しく見てきましたが、それぞれのモデルについて特徴や向いてる人をまとめておきます。

MacBook Air 旧モデル 2017

新型が発売したのになぜか販売継続しているMacBook Air(旧)です。

何と言っても1番安いという点に価値ありの端末となっています。

またインターフェースの種類の豊富さで選ぶという方もおられるでしょう。

 

スペックも低いとは言いつつ、ブラウジングや書類作成程度であればなんの問題もなくサクサク快適に行えますし、個人的にはまだまだ買うという選択肢はありと考えているモデルです。

公式サイト>>>MacBook Air 

新型 MacBook Air 2018

新型の発表により、主な使用用途がブラウジングなどの軽い作業だという方におすすめのモデルとなりました。

また価格面で一番安いというのも価格を重視される方にとって重要なポイントです。

価格・スペックのバランスの良さから大学生にもおすすめのモデルになったという印象です。

 

新型について詳しくは「新型MacBook Air 2018の価格やスペック等まとめ。旧モデルとの違いを比較。 」でまとめています。

MacBookAirを買うべき人

  • 安さにこだわりたい人
  • 動画編集などの重たい作業をしない人

公式サイト>>>MacBook Air 

MacBook 

f:id:elppapr:20180109185950j:plain

 価格とスペックを考えればコスパがいいわけではありませんが、何と言っても1kgを切る重さというのは他とはひときわ違いを感じることができます。

また軽さの代わりにスペックに不安がありましたが、2017年モデルからCPUもcore iを搭載できるようになり、スペック面でもずいぶん改善されて、普段使いでは問題なく利用できるようになりました。

 

また軽さと合わせてゴールドやピンクなど4色展開でカラフルなのは女性にも嬉しいポイントです。

とにかく持ち運びを頻繁にする方におすすめのモデルです。

Point

  • とにかく軽さ・コンパクトさにこだわりたい人
  • カラフルさおしゃれさにこだわりたい人
  • ブラウジングなど軽い作業が中心の人
  • インターフェイスが1つでも大丈夫な人
  • コスパにこだわらない人

 Apple公式サイト>>>MacBook

 

MacBook Pro 13インチ

f:id:elppapr:20180109185956j:plain

価格やスペックなど一番バランスのとれた万人におすすめできるモデルが、MacBookPro13インチです。

持ち運びもできるコンパクトさでありながら、Proという名前の通りスペックもしっかりと兼ね備えて、家でがっつり使うのも外に持ち運んで使うのにも、両方を兼ね備えたモデルです。

15インチモデルには及ばないものの、動画編集などを行うことも可能なスペックで、選択に迷ったらまず検討するモデルになります。

 

❇︎新型MacBook Pro2018年モデルが発売され大幅にスペックアップされました。

ベンチマークでは13インチながら、2017年の15インチモデル以上となり、よりスペックと携帯性を兼ね備え、素晴らしいモデルとなりました。

旧モデルとの比較やスペックなどの詳細は「MacBookPro2018新発売!スペックや価格などの詳細や2017との比較・進化ポイントについてまとめ!」で解説しています。

MacBook Pro13インチを買うべき人

  • スペック・重量などバランスのとれたモデルがいい人
  • コンパクトさも重視したい人
  • 家でも外でも作業したい人
  • 軽めの動画編集をしたい人

公式サイト>>>MacBook Pro

Touch Barの有無(MacBookPro限定) 

f:id:elppapr:20180109185253j:plain

MacBookPro限定ですが、TouchBarの有無も重要なポイントの1つです。

TouchBarは従来キーボードの一番上にあったf1やf2のボタンのラインがガラスのタッチパネルになったものです。

MacBookPro以外ではそもそもTouchBar付属モデルはありません。

 

基本的にTouchBar自体はあってもなくてもそこまで便利さに違いはなく、iPhoneにも搭載されている指紋でログイン認証などが可能なTouchIDが使えるかどうかが大きな違いとなっています。

TouchIDは非常に便利なので、TouchIDのためだけでも価値はあると思います。

 

また、そのほかのスペックでも違いが出てきて、主な違いを比較すると以下の表の通りです。

Touch Barあり

Touch Barなし

Touch ID(指紋認証)

×

プロセッサ

2.3Ghz クアッドコア Core i 5

2.3GHz デュアルコアCore i5

USB-Cポート

4

2

価格(256GB)

198800

164800

128GBモデル

なし

あり(142800円〜)

ご覧のようにポートの数やCPUなどの面で違いがあり、それに伴い価格にも差が出てきます。

また128GBモデルはTouch Barなしモデルにしかないため、容量は外付けでいいからなるべく安くという人は、なしのモデルという選択もありうるかもしれません。

 

詳しくは「MacBook ProはTouch Barありとなしのどちらを選ぶか。価格やスペックなどの違いで比較。」でまとめましたので、よろしければ併せてご覧ください。

 

いずれにせよ、Touch IDやポートの数や最新のスペックを考えて、高くても出す価値ありと考えればありのモデル、安さを求めるという方はなしのモデルという選択で構いません。

MacBook Pro15インチ

f:id:elppapr:20180109190001j:plain

とにかくスペックにこだわりたい人におすすめなのがMacBookPro 15インチモデルです。

重たい動画編集などグラフィック機能を使う人、15インチの大きいディスプレイで作業したい人など、作業効率に重きを置く人は15インチ一択です。

一方、持ち運びは可能ですが重たいので、家での作業が中心の方におすすめのモデルです。

また金額は最も高い選択肢になるので、お財布との相談も必要になります。

❇︎新型MacBook Pro2018年モデルが発売されました。

旧モデルとの比較やスペックなどの詳細は「MacBookPro2018新発売!スペックや価格などの詳細や2017との比較・進化ポイントについてまとめ!」で解説しています。

MacBook Pro15インチを買うべき人

  • とにかくスペックにこだわりたい人
  • グラフィック性能を重視する人
  • ディスプレイサイズが大きい方がいい人
  • 家での作業が中心の人
  • 高額でも問題ない人

 Apple公式サイト>>>MacBook Pro

まとめ:使用用途別

と、モデル選択の指針はご紹介したのですが、よりシンプルに使用用途別にまとめて置くと

とにかく安く→MacBookAir

とにかく軽く・持ち運び用→MacBook

メインとしてもサブとしてもバランスよく→MacBookPro13インチ

メインとしてがっつり・家が主→MacBookPro15インチ

といったところです。

 

Apple公式サイト

ちなみに、特にこだわりがない、どれがいいかまだ迷う、どれがおすすめなの、という人には、MacBookProの13インチが価格とスペックと持ち運びやすさなどを考えて一番バランスが取れた、おすすめのモデルとなっています。(下のリンクは2017年モデルです。)

 

グレードやBTOなどの選択肢:メモリ、SSD容量など

f:id:elppapr:20180109190501j:plain

Macノートブックはモデルを選択した後、メモリやCPUやSSD容量などでグレードの選択を行うことができます。

また、そのグレードからさらにアップグレードして自由にカスタマイズモデルを注文できるBTOモデルを注文することもできます。

 

ここでこだわりたいポイントは

  • メモリ
  • SSD容量

になります。

 

CPU性能は正直体感することが難しく、とにかくとことんまでスペックにこだわりたいという人以外であれば、基本のスペックを選んだりそのほかのカスタマイズに回した方が満足できるのでおすすめします。

 

メモリ

パソコンで同時に作業できる量を左右するカスタム、グレードアップがメモリです。

MacBookPro15インチでは基本モデルが`16GBモデルですが、それ以外では基本が8GBで16GBにアップグレードすることが可能です。

 

CPUのカスタマイズでは実感しにくいと先ほど書きましたが、メモリの増量ははっきりと作業の快適さが変わってきます。

結論を言うと、メモリは16GBにアップグレードすることを強くおすすめします。

 

私が普段重たい作業をせずに、ブラウザでタブを大量に開いて保存した場合の、メモリ使用状況はこちらです。

f:id:elppapr:20180109181523j:plain

ご覧のように動画編集などの重たい作業をしていなくても並行作業が多くなると使用済みメモリは12GBになってしまいます。

私は16GBですから余裕がありますが、8GBでしたら大幅にオーバーしてしまっています。

 

アップグレードには2万円ほど高くなりますが、快適に作業するためにはメモリはあればあるだけいいので、是非ともカスタマイズしてほしい項目です。

 

SSD容量

SSDの容量は基本モデルで、128GB、もしくは256GBからとなっています。

こちらに関しても、1TBまで増設するカスタマイズ注文が可能です。

 

SSD容量も随分と迷うところですが、私の経験で言いますと、3年以上は使っていきたいと言う方であれば、128GBでは心もとない選択です。

私自身、2012年に購入したMacBookProは128GBでしたが、2年を過ぎたあたりから、常にディスク容量との戦いがありました。

できれば、256GB以上、余裕が欲しければ512GBといった選択になるかと思います。

 

ただし、外付けのHDDに画像や動画をこまめに移せる人、iCloudなどのデータクラウドサービスを使っている方であれば、128GBでもやりこなせるかもしれません。

ただ、私のようにメインパソコンとして使用し、いざという時にファイルがないと困るので基本蓄積という方は、余裕を持った選択をおすすめします。

 

最後に

と、ここまでMacノートブックを購入する上での選択肢について見てきました。

是非あなたの使用目的にあった、あなたにぴったりの選択をしてください。

記事を見た上で、それでも迷うという方は、ツイッターのリプライ・DM、LINE@などでご質問いただけましたら、ご相談に乗らせていただきますよ!

お気軽にどうぞ。

Apple公式サイト

 

また高額な買い物ですから、できる限り安く買いたいという人はMacの公式整備済品を購入するという方法もあります。

>>>Apple製品を安く購入する方法!公式で値引き購入できる「整備済商品」ついてわかりやすく解説!

 

また一括で購入するのは難しいという方は、Apple公式の金利手数料0円のAppleローンを利用するという方法もあります。

>>>Apple商品を手数料無料で分割購入できるAppleのローン金利0%サービスがお得!学生でも利用可能! 

 

もしも困ったことやわからないことや異論などがありましたら、コメント欄やtwitterで気軽にお尋ねください!

私のできる範囲でお手伝いいたします。

 

以上!

 

私が直近購入したMacBookPro 15インチに関するレビュー記事

>>>

15インチ MacBook Pro 2017をポチったのでスペックや選んだ理由やお得な購入方法についてご紹介します! 

15インチMacBook Pro 2017 レビュー 外観・進化したポイントなど【ファーストインプレッション】

【レビュー】15インチMacBook Pro 2017を10日間使ってよかった点・気になった点! 

 

 

 

 

スポンサーリンク
関連記事