スポンサーリンク

みなさんどうもこんにちは。オーディオ大好きエルパ(@elppapr)です。

 

オーディオ機器にどんどんワイヤレスの流れが来ている昨今、みなさんもワイヤレスイヤホンやワイヤレスヘッドホンを購入するという機会も多いかと思います。

 

そんなワイヤレスイヤホンの購入の際に「SBC」「AAC」「aptX」と言った記載を見た覚えはないでしょうか。

見たことあるけどあまり気にしたことがないというあなた、ワイヤレスイヤホンの選択で損をしている可能性が大です。

いくら、その他のスペックにこだわって選択しても、上記の記載を考えていなければ、自分にぴったりの選択できていない可能性が高いです。

 

そこで今回は、ワイヤレスオーディオ機器を選ぶ際に重要な選択ポイントのひとつである、コーデックについて解説しておきたいと思います。

スポンサーリンク

コーデックとは

f:id:elppapr:20180418193713j:plain

みなさんも見たことがあるであろう、SBC・AAC・aptXというのはコーデックというものです。

 

ワイヤレスで音源データを聞く際には、スマホなどからイヤホンに転送されます。

コーデックとは、音声データをワイヤレスで転送する際に圧縮変換する規格のことです。

 

この規格の違いで、圧縮率や圧縮方法などが違うため、コーデックの違いで遅延や音質に大きく影響が出てくる重大なチェックポイントなのです。

 

SBC・AAC・aptXの違い

そんなコーデックの主なものは

  • SBC
  • AAC
  • aptX

があります。

 

SBCは最も標準的な規格で、商品ページに特に記載がない場合はSBCと考えて問題ありません。

SBCはイヤホンやスマホの機種に関わらず接続できる標準的な規格でありますが、圧縮優先のため遅延が大きく音質が劣化するなどの特徴があるため、おすすめできません。

 

反面AACやaptXでは、圧縮率や転送速度でSBCより勝るため、高音質な音楽を遅延の少ない状況で楽しむことができます

どちらも同じぐらい素晴らしいですが、私の個人的感想で言えば、AACよりもaptXの方が遅延や音質の面でより優れています。 

Point

SBC<AAC<aptX

ワイヤレスイヤホンとスマホの両方が対応している必要がある

f:id:elppapr:20180418193451j:plain

それならば、みんなAACやaptXを使えばいいとなりますが、コーデックを利用するためには、端末とオーディオ機器の両方がそのコーデックに対応している必要があります

例えば、いくらAAC対応のイヤホンを持っていても、AAC非対応のスマホと接続すれば、SBCで繋げられてしまうので、高音質低遅延のAACで音楽を楽しむことはできません。

イヤホン/スマホ

SBC

AAC

AAC

SBC

SBC

AAC

SBC

AAC

 

iPhone Androidの対応コーデック

主にiPhoneではAACに、AndroidではaptXに対応しています。

  • iPhone→AAC
  • Android→aptX

だから、iPhoneを持っている人はAAC対応のワイヤレスイヤホンを、Androidの人はaptX対応のワイヤレスイヤホンをおすすめることが多いわけです。

ぜひみなさん自分の端末を確認してみてください。

 

まとめ

f:id:elppapr:20180418193321j:plain

ということでここまでコーデックの違いについて見てきました。

ワイヤレスオーディオを選ぶ際にコーデックに注意する重要性がわかっていただけたかと思います。

 

iPhoneで使うのにaptX対応のワイヤレスイヤホンを買ってた、コーデックを気にせずSBC対応のワイヤレスイヤホンを買っていたというような人たちは、今後ぜひ注意して選択してください。

 

以下オーディオ好きの私の選ぶワイヤレスオーディの種類別のおすすめ記事をご紹介しておきますので、よろしければこの記事で知ったコーデックも注目しながら選んで見てください。

今話題の完全ワイヤレスイヤホンのおすすめは「【2018】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ7選!コスパ抜群商品からハイエンド商品まで!」で紹介しています。

またワイヤレスでもケーブルありのがいいという方は「【2018】Bluetoothワイヤレスイヤホンおすすめ8選!コスパ抜群から高音質まで!」でオススメを紹介しています。

さらにワイヤレスヘッドホンのおすすめも「【2018】Bluetoothワイヤレスヘッドホンおすすめ7選!コスパ抜群商品から高音質なハイエンド商品まで!」で紹介しています。

よろしければ合わせてご覧ください。

 

以上!

 

スポンサーリンク
関連記事