スポンサーリンク

更新日:3月16日  

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

家でも、通勤通学の間でも音楽を聴く際に必須とも言えるのがイヤホンですよね。

そして、今はiPhoneからイヤホンジャックがなくなるなど、ワイヤレスがどんどん普及して品質も有線と遜色ないレベルになってきています。

 

そんなワイヤレスイヤホンを選ぶときに、音質やバッテリーで選ぶのも王道ですが、最も重要と言ってもいいのがお値段ですよね。

 

そこで今回は値段・コスパで選ぶワイヤレスイヤホンと題して、比較的安めの価格帯で音質やバッテリーなどにもできるだけこだわり厳選したワイヤレスイヤホンのおすすめをご紹介していきたいと思います。

価格帯は、比較的安くて手を出しやすい5000円以下、10000円以下の2つに設定してますので、自分にあったものを選んでください。

今回はくくりが値段なので、ケーブルありの左右一体Bluetoothワイヤレスイヤホンも完全ケーブルレスで今話題の完全ワイヤレスイヤホンも紹介します。

 

値段関係なく種類別に選びたいという方は

・完全ワイヤレスイヤホン→
【2019】完全ワイヤレスイヤホンおすすめ7選!コスパ抜群商品からハイエンド商品まで!

・左右一体型→
【2019】Bluetoothワイヤレスイヤホンおすすめ8選!コスパ抜群から高音質まで!

 でご紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。(記事末尾にもリンクがあります。)

スポンサーリンク

5000円以下

まずはとにかく安く!ということで5000円以下から行きます。

ただ安いとは言っても、今ではどんどん進化してきており、侮れない品質となってきています。

 

Sound PEATS Q30

f:id:elppapr:20180420201944j:plain

抜群のコスパに定評のあるSound PEATS社のQ30です。

 

クリアかつ低音の迫力あるサウンドを楽しむことができます。

さらにIPX6等級の防水性能とスポーツや夏の通勤でも問題なく利用できます。

また8時間連続使用可能で、1.5時間でフル充電できるバッテリー面もおすすめのポイントです。

そして、3000円台という価格も魅力的です。

 

総じて音質・価格・性能で高いレベルの商品で、現在Amazonベストセラー1位も納得のイヤホンです。

この価格帯で迷ったらとりあえずこれな商品となっています。

レビュー記事>>>【レビュー】Q30が迫力ある低音と長時間再生かつコスパ抜群のおすすめワイヤレスイヤホン!【Sound PEATS】

 

【防水進化版 IPX6対応】SoundPEATS(サウンドピーツ) Q30 Plus Bluetooth イヤホン 10MMドライバー搭載 高音質 [メーカー1年保証] 低音重視 8時間連続再生 apt-Xコーデック採用 人間工学設計 マグネット搭載 CVC6.0ノイズキャンセリング マイク付き ハンズフリー通話 ブルートゥース イヤホン IP6X防塵 ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン (ブラック)
SoundPEATS(サウンドピーツ)

JBL TUNE205BT

f:id:elppapr:20180420202159j:plain

言わずと知れた有名オーディオメーカーJBLのTUNE205BTです。

 

JBLらしいバランスのとれたクリアなサウンドを響かせてくれます。

また、バッテリーは6時間と通勤や通学の際にも安心して利用することができる商品です。

 

カラーは6色から選べるため、ポップでカジュアルな見た目にもこだわりたいという方にもおすすめの商品となっています。

またカナル型ではなくオープン型ため、長時間連続して使用するなど耳の痛みがきになる方にもおすすめです。

 

SoundPEATS TrueFree

SoundPEATSから発売された完全ワイヤレスイヤホンTrueFreeです。

 

比較的高額になりがちな完全ワイヤレスイヤホンにも関わらず5000円以下のお求めやすい価格となっています。

さらに安いだけでなく、Bluetooth 5.0やAACへの対応やIPX4等級の防水性能など規格も充実しています。

 

また安価な完全ワイヤレスイヤホンで気になりがちな通信の問題も日常に使用する分には十分に安定しており、サウンドも5000円以下なら悪くないと思わ背てくれるバランスのとれたクリアなものとなっています。

さらにバッテリーも単体で4時間、ケース込みで20時間と1万円を超える価格帯のものにも匹敵するほど充実しています。

 

総じて5000円以下で完全ワイヤレスイヤホンを試してみたいという方におすすめできる商品です。

レビュー記事:「【レビュー】SoundPEATS TrueFree|入門にぴったりなコスパ抜群の完全ワイヤレスイヤホン

 

1万円以下

Anker Zolo Liberty

f:id:elppapr:20180420201958j:plain

低価格で素晴らしい商品を提供し続けるAnkerのZolo Libertyです。

 

完全ワイヤレスイヤホンは比較的高く、この商品が出るまでは、満足に使うには1万円以上は出したいというところでした。

しかし、この商品は既存の1万円以上の価格帯の完全ワイヤレスイヤホンを超える品質で、それまでの基準を大きく動かしたイヤホンとも言えます。

 

高音低音のバランスが取れたクリアな音声で、価格以上の音質を楽しむことができ、単体で3.5時間・ケース利用で24時間利用可能の超バッテリー、ケースから取り出しただけでオートペアリング、IPX5等級の防水性能と機能も充実しています。

 

音質といい性能といいコスパといい、この価格帯ではベストバイと言っていいほど素晴らしい製品です。

この記事で1番のおすすめです。

 

Anker Soundcore Liberty Air

上のAnkerからLibertyと同価格帯で最新の商品として発売されたのが、Soundcore Liberty Airです。

AppleのAirPodsのようなうどん型のデザインとなっています。

 

Libertyが低音重視なのに対して、こちらは中高音域を中心としたサウンドとなっています。

そして、Libertyから最も大きく進化したのがバッテリー面で、単体で5時間・ケース込みで20時間と単体での再生時間が伸びさらに便利になりました。

またイヤホンでの操作で音量を調整できるようになったのも地味ながら大きな変更点の一つです。

 

総じてLibertyから基礎的な部分は着実にアップグレードしていますので、うどん型の形状やサウンドの傾向の好みなどでどちらを購入するか決めてください。

レビュー記事:「【レビュー】Soundcore Liberty Air|Anker版の耳からうどん型完全ワイヤレスイヤホン。Libertyとの比較も!

JBL EVEREST ELITE100

f:id:elppapr:20180420202057j:plain

JBLのEVEREST ELITE100です。

JBLらしいバランスのとれたサウンドで、音質は1ランク上の価格帯に匹敵する素晴らしいレベルです。

またアプリとの連携で音質を調節することも可能です。

 

さらにノイズキャンセリングも搭載されているので、電車の中や飛行機の中など、うるさい場所で音楽を聴きたいという方におすすめです。

また高級感のあるデザインも嬉しいポイントの1つです。

ただ欠点として、価格帯の割にはバッテリーが最大6時間と弱めなところがあるのは残念なポイントとなっています。

 

総じて音楽を楽しみたい人におすすめしたいイヤホンです。

最後に

ということで、安くてコスパ良しというくくりで厳選してオススメを紹介してきました。

それぞれ特徴の違う商品を紹介したので、ぴったりの商品があるかと思います。

 

今後も新しくおすすめを発見したら随時追記していきたいと思います。

以上!

 

値段関係なく種類別に選びたいという方は

でご紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク
関連記事