スポンサーリンク

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

通信料を節約するために三大キャリアではなく格安SIMを使う方法は世間でも広まり常識的なものになってきました。

今回はそんな格安SIMの中でもCMなどでご存知の方が多く速度の速さで人気も高いY!mobile(ワイモバイル)を実際に契約してみたので、実際に使ってみてよかったところ悪かったところ、メリット・デメリットをレビューとして紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Y!mobile


 

Y!mobileはSoftBank傘下の会社であることもあり、格安SIMの中でも特殊な存在で、通常の格安SIMはMVNOといいdocomoなどの回線を間借りして提供しているのに対して、Y!mobileはソフトバンク回線を中心として自前の回線を提供しています。

ですから、三大キャリアと通信の品質で遜色がなく、他の格安SIMと比べて通信の速度や安定度で大きく優っているのが特徴です。

 

このように親会社がしっかりしていることも安心ポイントです。

またY!mobileのSIMはAppleStoreでも取り扱われており、iPhone使用者にとってはそれも安心ポイントです。

 

それでは実際に契約・使用してみてわかったメリット・デメリットを見ていきます。

 

メリット

f:id:elppapr:20180630150509j:plain

1:通信速度・安定度がいい

格安SIMはそもそも通信速度が遅いというのももちろんですが、お昼時や夜など通信が混雑する時間になると驚くほど遅くなるものも多くデメリットの一つです。

しかし上述した通り、Y!mobileはSoftBank回線などの自前の回線を提供しているということもあり、通信速度は格安SIMの中では頭一つ飛び抜けており3大キャリアと遜色ないものですし、お昼時でも十分な速度で快適にネットを利用できます。

実際に使用しても速度が遅くてイライラということは一度もありません

 

通信が悪かったり遅かったりするから格安SIMはちょっとという方でも安心の通信速度です。

2:契約から到着まで早い


これは今や格安SIM全般に言えることなのかもしれませんが、契約から到着までがめちゃくちゃ早いです。

今回Y!mobileを休日の夕方に注文したのですが、その翌日には発送完了メールが届いていました。

上の広告にもしてるぐらいで発送の速度にはこだわっているようです。

 

私が契約においてやったことはプランを選択して情報を入力して本人確認書類をアップロードしただけです。

以前他の格安SIMで申し込みから1週間ほど待たされたこともあるので、驚くほど簡単で、驚くほど早く届くのは素晴らしいメリットとしてあげておきます。

 

3:10分の定額かけ放題

Y!mobileはスマホプランに追加料金なしでかけ放題プランが組み込まれているのも特徴の一つです。

またかけ放題時間も他の格安SIMでは5分などが多いなか10分間のかけ放題というのは充実ポイントです。

 

実際に使ってみても、かけ放題だから通話品質が悪いということもなく全く問題なく利用できました。

 

4:テザリング

f:id:elppapr:20180423181818j:plain

モバイルルーターのように使えるテザリング機能でもY!mobileは優位性があります。

テザリングは頻繁に使いませんが、外でちょっとパソコンをネットに繋ぎたいときなど、月に1度はある私にとっては重要なポイントです。

 

他の格安SIMではテザリング機能に制限があったり利用できないこともありますが、Y!mobileでは問題なく利用できます。

特に他の格安SIMで利用できないことが多い8やXなど最新のiPhoneで使えるのは大きいポイントです。

 

私のようにiPhoneを使うことが必須のAppleオタクにとっては非常に重要なポイントです。

5:実店舗が多い

f:id:elppapr:20180630142708j:plain

格安SIMに変更しようという時に心配される方も多いのが店舗があまりなくて困った時に頼る場所がないというポイントかと思います。

 

その点Y!mobileでは全国に1000店舗以上展開しており、私の住んでいる田舎でも複数店舗の中から選択することができたくらい店舗があります。

特にキャリアからの移行を考えている方にとっては心強いポイントです。

 

6:キャリアメールが使える

今まで使えていたキャリアメールが使えなくなるというのも、キャリアから格安SIMに変更する際に心配されるポイントです。

Y!mobileでは@ymobile.ne.jpというキャリアメールアドレスを無料で取得できます

 

正直gmailを普段から使っている私には関係ないポイントですが、携帯専用のキャリアメールが欲しいという方も安心です。

https://www.ymobile.jp/service/mail/

7:Yahooプレミアムが無料で使える

f:id:elppapr:20180630142911p:plain

私にとってY!mobileを選択する大きなポイントはこのYahooプレミアムです。

Y!mobileを契約するとYahooプレミアムfor Y!mobileというサービスが無料でついてきます。

簡単に言えばYahooプレミアムが無料で利用できます

 

Yahoo!プレミアム会員であれば、ヤフオクや雑誌漫画読み放題といったYahooのサービスが無料で使えるのはもちろん、YahooショッピングやLOHACOでポイントが5倍ついてかなりお得です。

私はY!mobileを導入する前からYahooプレミアム会員でしたから、Y!mobileを契約するだけで月500円のYahooプレミアム会員費用がかからないというのは大きなメリットです。 >>>https://www.ymobile.jp/service/ymobile/premium/

8:iPhone本体とお得に契約できる

f:id:elppapr:20180423190906j:plain

これは今回私は利用していませんが、Y!mobileではiPhone SEや6sが非常に安価で提供されています。

iPhoneには力を入れているようで業界最安値クラスです。

 

旧世代でもiPhoneが安く使えるならありという方も多いでしょうから、そういった方におすすめです。

詳しくは「【2018】格安SIMとiPhoneをセットで安く購入できるMVNOを月額料金・実質価格などで比較しておすすめをご紹介。」で他の格安SIMも含めて比較していますので気になる方は是非ご覧ください(記事末尾にもリンクあり。)

 

デメリット

1:料金がややこしい

f:id:elppapr:20180630142948j:plain

 Y!mobileの料金プランは上の画像の通りで、月々2GBのスマホプランSは月々1980円と書かれていますが、それは2ヶ月目から13ヶ月目までの料金で14ヶ月目以降は2980円となります。

もちろんそれでもキャリアと比べれば安いのですが、ずっと1980円と誤解してトラブルになることも多いので注意が必要です。

 

2:通信容量が繰り越せない

個人的にかなり大きなデメリットがこの通信料量を持ち越せないポイントです。

 

他の格安SIMであれば、3GB契約で2GBしか使えず1GB余ったら、翌月に持ち越して4GB利用できるのですが、Y!mobileでは余ったらそのままなくなって翌月は3GBのままです。

 

3:通信速度の切り替えができない&速度制限が厳しい

格安SIMはデータ容量を使う高速モードとデータ容量を消費しない低速モードを切り替えて使えるものが多いですが、Y!mobileでは切り替えられません

ですから、TwitterやLineを使うときは低速モードにしてデータ容量を節約するということができません。

 

またデータ容量を消費した後の低速モードの速度は200kbが多い中、Y!mobileは128kbsです。

200kbsであれば遅いながらもなんとか使えますが、128kbsではなかなか使い難いです。

これらからY!mobileは他の格安SIMよりも容量切れに気を使う必要があるとも言えます。

 

デメリット2で挙げた持ち越せないと合わせて、データ容量の消費面で使いづらい点があるのは間違いありません。

 

4:ネットで契約できるプランが限られている

Y!mobileのオンラインストアで契約できるのはスマホプランのみとなっています。

縛りのないスマホベーシックプランやデータ通信のみのデータプランは実店舗でしか契約できません。

 

正直お得なスマホプランと比べると縛りのないベーシックは高すぎるのでそこまで大きなデメリットではないかもしれませんが、1ヶ月だけ試してみたいという方は店舗に行かないと契約できないのはデメリットと言えます。

  

5:2年縛り

そして実質唯一のプランといってもいいスマホプランは2年縛りとなっています。

回線を解約する際には9500円の契約解除料がかかります。

 

縛りがなくていつでも気軽に解約できるというのは格安SIMのメリットのように語られることも多く、その点Y!mobileは残念です。

まぁそのぶん通話無料や割引がつくので仕方ない面があるのかもしれませんが。

 

また契約期間中に解約しないと自動でさらに2年縛りで契約更新というクソ仕様です。

絶対に解約のタイミングは逃せません。

6:解約がネットでできない

f:id:elppapr:20180630142204j:plain

私はこれを契約してから気づいてしまったのですが、上の縛りに関連するデメリットですが、Y!mobileは解約がネットではできません。(情弱)

実店舗に行くか書類を送る必要があります。>>>http://faq.ymobile.jp/faq/view/200024

 

格安SIMを契約するにあたってわずらわしい手続きが必要なくネット上で全てが完結することがメリット感じる人も多いでしょうからこれは非常に残念なポイントです。

わずらわしいばかりに解約を逃すと上の契約解除料をごっつあんされてしまいますし。

是非とも改善して欲しいポイントです。

 

まとめ

f:id:elppapr:20180630150457j:plain

上記のメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

 メリット

  • 通信速度が速い
  • 契約から到着まで早い
  • 10分のかけ放題
  • テザリング
  • 実店舗が多い
  • キャリアメール
  • Yahooプレミアムが無料
  • iPhone本体と契約でお得 

デメリット

  •  料金がややこしい
  • 通信料量が繰り越せない
  • 通信速度の切り替えができない
  • ネットで契約できるプランに制限
  • 2年縛り
  • 解約がネットでできない

みてもらえばわかる通り、キャリアメールも使え、店舗も多く、Softbank回線を中心に通信網も自前、などなど限りなく三大キャリアに近い特性を持ちながら価格を抑えた格安SIMです。

キャリアに限りなく近いことから、3キャリアユーザーが格安SIMへの移行候補でTOPに上がるのも納得の内容です。>>>大手3キャリアユーザーが検討中の格安SIM、TOP3は「Y!mobile」「楽天モバイル」「UQ mobile」 

キャリアとほぼ同じ内容で安く使えるのは素晴らしいと言えます。

 

一方で格安SIMとして比較すると、通信量が繰り越せなかったり2年縛りだったり必ずしも安くなかったりなどウィークポイントはあります。

ただそれでも最新のiPhoneでテザリングできたり、何よりYahooプレミアムを無料で利用できるなどはかなり大きなメリットです。

 

Y!mobile(ワイモバイル)を使うべき人・使うべきでない人

f:id:elppapr:20180630152420j:plain

以上のメリット・デメリットからY!mobileはどんな人が使うべきでどんな人が使うべきでないかをまとめると

使うべき人

  • 通信の速度や安定を重視する人
  • 10分単位の電話をよくする人
  • 現在キャリアを使っていて通信料を安くしたい人
  • 最新のiPhoneを使っている人
  • 現在Yahooプレミアムを利用している人
  • 頻繁にSIMを変えない人
使うべきでない人

  • LINEやTwitterなどが中心で速度にこだわりがない人
  • 安さにこだわりたい人
  • 電話をほとんど使わない人
  • 縛りが嫌な人

最後に 

ということでY!mobileを実際に契約するまでの過程、実際に使ってみて気づいたメリットデメリットについてまとめました。

 

キャリアに限りなく近いのにキャリアより安くおすすめできる一方、おすすめできないデメリットも紹介してきました。

ここら辺は使う人のライフスタイルなどによって大きく変わるので、自分に向いているかを考えて契約してください。

 

今後も使っていく中で気づいていくことがあったら記事を更新していきます。

以上!

 

 

iPhoneと格安SIMをセットで安く契約したい方→【2018】格安SIMとiPhoneをセットで安く購入できるMVNOを月額料金・実質価格などで比較しておすすめをご紹介。

iPhoneでオススメの格安SIMまとめ→【2018】iPhoneで使いたいおすすめ格安SIM3選を価格・通信量・プランで比較!【MVNO】

スポンサーリンク
関連記事