スポンサーリンク

みなさんどうもこんにちは。エルパ(@elppapr)です。

 

エアコンやテレビなどの赤外線リモコンをスマホで操作できるように、またスマートスピーカーで操作できるようにしてくれる、スマートリモコン、興味あるという方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなスマートリモコンの「Nature Remo(ネイチャーリモ)」を実際に使用してみて思ったことをレビューしていきたいと思います。

各種スマートリモコンを利用していますが、1番おすすめしたい商品のひとつなので、興味があるという方は是非最後まで読んで検討してみてください。

 

なお、この記事を読まれてる方は、購入前の方が多いと思いますので、購入後に必要な細かい設定などは最小限において別記事にするとして、この記事では実際に使用した感想やおすすめポイントについてを多めでいきます。

ではいきましょう!

 

スポンサーリンク

Nature Remo

今回ご紹介するのはNature Remoです。

 

ご覧の通り、白くてコンパクトなデザインとなっています。

最近1億円の資金調達をして今後のさらなる開発を強化することを発表しているなど、いま最もあついスマートリモコンのひとつです。

 

特徴としては

  • スマートスピーカーにも対応
  • プリセットが優秀
  • 各種センサー内蔵
  • ルール設定がめちゃ便利
  • IFTTT対応

といった点です。

 

それぞれについても含めて、それでは早速詳しくみていきたいと思います。

 

開封&同梱品

外箱はシンプルかつお洒落な印象です。

 

f:id:elppapr:20180405200602j:plain

同梱品は

  • 本体
  • 電源コード
  • 説明書
  • 両面テープ

となっています。

 

f:id:elppapr:20180405200612j:plain

最初にNature Remoに電源コードをつなぎ、自宅のWifiと接続するという初期設定がありますが、説明書通りにやれば簡単ですので省略します。

リモコンの登録

Nature Remoの初期登録が終わったら、既存のリモコンをNature Remoに登録する必要があります。

エアコンのプリセットが豊富で設定が簡単

f:id:elppapr:20180405200631j:plain

スマートリモコンは、リモコン本体でボタンを押して、それを覚えさせてという作業をボタンの数だけやらなければなりません。

ただ、このNature Remoではプリセットで主要なエアコンのリモコンが提供されているため、登録の際には、自分のエアコンのONボタンをNature Remoに向かって押すだけで、暖房や冷房などその他のボタンの含めて登録してくれます。

 

テレビなどは逐一登録が必要

一方でテレビやライトなどはプリセットがないので、それぞれのボタンを逐一登録する必要があります。

例えばリモコンで言えば、チャンネルの数だけ登録が必要となります。

ただ、登録が必要なのは最初だけなので、最初だけ指示に従って登録することはそこまでめんどくさくもありません。

 

使いやすく操作しやすいアプリUI

登録したらいよいよ実際に利用できるようになります。

アプリはご覧のように一目でわかるようになっています。

 

f:id:elppapr:20180405200654j:plain

冷暖房の切り替えや風量や電源は右のボタンで、温度はスワイプで調節という直感的でわかりやすいUIは嬉しいポイントです。

 

超便利なルール設定:タイマーや家に近づいたら起動など!

Nature Remoの素晴らしいポイントしては、ルール機能があります。

これはある条件を満たしたら、リモコンを動作させるという「ルール」を設定できるもので、IFTTTのようなものです。

 

GPSで家に近づいたらエアコンON!

そんなルール機能の中でも特筆すべきなのが、このGPSとの連動ルールでしょう。

Nature Remoでは、エリアを設定して、そこに入ったり、そこから出た時にエアコンを操作させるということが可能となっています。

 

f:id:elppapr:20180405200717j:plain

これによって、家の近く何mに近づいたら自動でエアコンをつけたり、家から何メートル離れたら切る、ということが可能で、自動で家に着いたら快適な空調が作動させたり、エアコンを切らずに出勤したりなど、まさに「未来」を味わうことが可能です。

 

曜日と時刻でタイマー設定

また、2月のアップデートで曜日と時刻もルールのトリガーに設定できるようになりました。

これによって、平日は午前7時に、休日はちょっと遅めに9時に起動といったことも可能です。

f:id:elppapr:20180405200748j:plain

これまた、出勤前に暖かくしておきたいなどの設定を、今までのエアコンのように毎日設定する必要がなくなるので、とても便利な機能です。

 

スマートスピーカー連携で声で家電を操作

さらに「未来」を味わうことも可能です。

Nature RemoはGoogle HomeやAmazon Echoといったスマートスピーカーに対応しており、「エアコンつけて」でNature Remoを使ってエアコンを作動させるといったことが可能となっています。

EchoとGoogle Homeの対応コマンド、連携方法は以下の通りです。

f:id:elppapr:20180405201505p:plain

 

エアコンの操作に関しては、Google HomeではDirect Actionsに、Amazon EchoではSmart Home Skillに対応しており、より直感的な言葉による操作が可能です。(例:アレクサ、エアコンつけて)

 

f:id:elppapr:20180405201349j:plain

 

テレビなどはCustom Skillなどでしか利用できないため、「アレクサ、リモでテレビつけて」と言ったように、若干余計な言葉は必要になりますが、声での操作が可能です。

最初はエアコンも対応していなかったりしたので、今後の開発でエアコンもスマートホームスキルに対応するなどのアップデートが期待されます。

 

ちなみにEchoとの連携の際に若干手こずりましたので、そこらへんについては別途記事で解説したいと思います。

IFTTTにも対応

f:id:elppapr:20180405202154j:plain

また外部サービスのIFTTTにも対応しています。

IFTTTは、条件を設定してそれが満たされればこれをすると言ったコマンドを簡単に設定できるサービスです。

 

簡単に言ってしまえば、上で述べたルールと同じようなものですが、ルールと違うのは、より柔軟に条件を設定できるというポイントです。

多くの人にとってはIFTTTを使わずとも、提供されている使い方で十分に満足できますが、Nature Remoには拡張性があるというのはポイントとしてご紹介しておきます。

 

各種センサー内蔵:今後の発展に期待!

f:id:elppapr:20180405201218j:plain

 

またNature Remoが若干高額な理由としては、温度計や湿度計や人感センサーなどなどのセンサー類が内蔵されているからです。

現時点では、湿度計で湿度を確認するぐらいしか使い道がないのですが、開発が進むことで、先ほどのルールの設定で、湿度や温度をトリガーにしてエアコンを動かしたりといったことも期待されます。

 

f:id:elppapr:20180405200827j:plain

冒頭にも書きましたが、1億円の調達など、開発に前向きで発展性が期待できるというのもNature Remoをおすすめしたいポイントになります。

 

まとめ:スマートリモコンどれか買うならこれ!と言える満足の商品

f:id:elppapr:20180405203610j:plain

ここまでレビューをしてきましたが、非常に満足できる商品でした。

 

懸念点としては14040円という若干他のスマートリモコンと比べて高いのではないかというポイントです。

ただ、各種センサー内蔵、GPSとの連携、タイマー機能、使いやすいアプリ、スマートスピーカー対応、IFTTT対応などなど、他のスマートリモコンと比較しても十分に価格の価値ありだと思います。

スマートスピーカーを複数試す僕みたいな変わり者は別ですが、家にひとつ購入するのであれば、様々な面からNature Remoおすすめです。

 

是非購入して、快適で「未来」でスマートな生活を取り入れてみてはいかがでしょうか。

以上!

 一緒にスマートスピーカーを購入して、より便利に!→「AmazonEchoの選び方!どれがおすすめか、価格・音質・スマートハブなどの違いを徹底比較

 

スポンサーリンク
関連記事