【iPhone 11 Pro】おすすめガラスフィルム・保護フィルム7選!

iPhone 11 Proの液晶ガラスはかなりの高性能を誇ります。
液晶の美しさを保ちながらも強度が高く、傷がつきづらいのです。

 

それでは、なぜ画面保護フィルムが必要なのでしょうか?

 

今回の記事では、ガラスフィルムや保護フィルムはなぜ必要なのか、どのようなフィルムを選べば良いのかを説明し、その上でおすすめのiPhone 11 Pro用保護フィルムを紹介します。
どんなフィルムがどのような人にピッタリなのかも紹介していきますので、フィルム探しの参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

iPhone 11 Proに保護フィルムは必要か

iPhone 11 Proに限らず、iPhoneに保護フィルムを貼らないという人は一定数存在します。
けれども個人的には、保護フィルムは貼っておいたほうが安全だと考えます。
なぜなら、保護フィルムを貼った時に生じるデメリットよりも、メリットが上回っているからです。

 

保護フィルムを貼るデメリット・メリットとして、よく挙げられるのは以下のようなものです。

デメリット

  • 液晶そのものの美しさが損なわれる
  • 操作性が悪くなる

メリット

  • 画面の保護ができる
  • 画面割れを回避できる可能性がある
  • 特殊加工の機能が便利(ブルーライトカット、覗き見防止など)

 

保護フィルムの役割はとにかく画面を守ってくれる、これに尽きます。

 

注意深くiPhone 11 Proを取り扱える人にはフィルムは必要ないかもしれません。
しかし近年は、キャッシュレス決済などでスマホを取り出す機会が増え、落下のリスクは高まっています。衝撃を極力和らげてくれるフィルムを、お守り代わりに貼っておいて損はありません。

Amazonで保護フィルムを今すぐ購入 >>

ガラスフィルムや保護フィルムの選び方

保護フィルムは今や驚くべきバリエーションを誇りますが、まず第一に選ぶべきポイントは、「ガラスフィルム」なのか「保護フィルム」なのかという点です。

ガラスフィルムとは?

ガラスフィルムは、その名の通りガラスで作られたものです。フィルムと呼ばれていますが、柔らかさはなく、薄いガラスの板という感じですね。

 

ガラスフィルムの優れている点

  • 透明度の高さ
  • 強度の高さ
  • 貼りやすさ

 

強さや、画面の美しさを損なわない点で、近年ガラスフィルムが人気です。しかし保護フィルムに比べると価格は高めになっています。

Amazonでガラスフィルムを今すぐ購入 >>

保護フィルムとは?

保護フィルムは、TPU(プラスチックの一種)やPET(ポリエステルの一種)を使用していることが多く、ガラスよりも柔らかいです。そのため薄さを求める人にはおすすめですね。

 

保護フィルムの優れている点

  • ガラスフィルムより薄い
  • 価格が手頃

Amazonで保護フィルムを今すぐ購入 >>

加工も様々

どのような加工が施されているかも選択のポイントです。一般的なものとしては以下のような加工があります。

 

  • アンチグレア(非光沢)
  • 高光沢
  • ブルーライトカット
  • 覗き見防止
  • 指紋防止

 

自分がフィルムにどのような機能を求めているかを整理すると、自ずと買うべきフィルムが浮かび上がってくるはずです。

Amazonでガラス・保護フィルムを今すぐ購入 >>

おすすめガラスフィルム・保護フィルム

それでは、くわしくご紹介していきます。

ガラスフィルムのおすすめ5選

クリスタルアーマー iPhone 11 Pro/XS/X 強化ガラス 液晶保護 3D

クリスタルアーマーの強化ガラスフィルムの特徴は、なんと言っても頑丈さです。

 

素材の強化ガラスにDLC(ダイヤモンドライクカーボン)加工を施しており、この加工により通常の強化ガラスの5倍の硬度を誇るフィルムになっています。

 

とにかく落下で画面を割りたくない。もし割れるにしても最小の被害に抑えたい人におすすめです。エッジ部分も3D加工で画面の隅までカバーしてくれます。

 

価格は3850円と高級ガラスフィルムらしい値段です。(※2020年1月30日時点の価格)

Tomaka 炭素繊維 3D全面 強化ガラス 液晶保護フィルム

ブルーライトを気にする方にぴったりなのが、Tomokaのガラスフィルムでしょう。

 

ブルーライトカットの加工が施されているフィルムは、画面の色調が変化してしまうことがあります。しかしこの製品は極力色調を変えずに、UVカット率99.6%を実現しています。

 

9Hと最高峰の硬さを誇り、画面の保護という意味でも適切です。

 

また90日間の保証期間が付属しており、通常使用中に割れや気泡混入などのトラブルがあった際には交換可能です。
価格が1570円とリーズナブルなのも嬉しいですね。(※2020年1月30日時点の価格)

MiiKARE プライバシープロテクター

MiiKAREのプライバシープロテクターは、ガラスフィルムでありながら360°方向からの覗き見を防止してくれる製品です。

 

この手の製品は、基本的にフィルム自体が若干曇った色合いをしています。
もちろん正面から見れば極力クリアになるように作られていますが、透明度が低いためにFace IDの認証が上手くいかなくなる製品も存在します。

 

しかし!このフィルムは、透明度が非常に高く、Face IDも問題なく使用できると確認されています。

 

硬度は9Hで、ケース使用時にも干渉しないように隅はしっかりと処理されています。
値段は2080円と少し高めですが、覗き見防止ガラスフィルムの中では1番のおすすめです。(※2020年1月30日時点の価格)

ロボロビン iPhone 11 Pro ガラスフィルム

「画面の保護のためにガラスフィルムにしたいけど、操作感が悪くなるのが嫌だ」という人には、ロボロビンのガラスフィルムです。
この製品はゲーマー向けのガラスフィルムで、圧倒的な指滑りの良さを実現しています。

 

さらさら画面は、フリック入力時にもスムーズですし、なにより指紋が付きにくいです。また、アンチグレア(非光沢)加工を施してあるため、直射日光の下でも反射を抑えて画面が見やすくなっています。

 

硬度9Hの日本製旭硝子を使用しているため、画面保護という点でも安心ですね。
価格は1277円となっています。(※2020年1月30日時点の価格)

Nimaso iPhone11Pro / iPhoneX/Xs(5.8インチ)用 全面保護フィルム

コスパ重視の人や、ガラスフィルムを試してみたい人におすすめなのが、Nimasoのガラスフィルムです。

 

なんと2枚入りで1299円!1枚あたり約650円です。(※2020年1月30日時点の価格)

 

硬度は9Hと他の製品に引けを取りませんし、四隅もしっかりラウンドエッジ加工されケースと干渉しないように処理されています。

 

個人的な経験上はっきり言えますが、iPhoneを落下させることが多く、しょっちゅうガラスフィルムを貼り替えているタイプの人は一定数存在します。そんな人にも嬉しい製品ですね。

保護フィルムのおすすめ2選

エレコム iPhone 11 ProフィルムPM-A19DFLFG

iPhone 11 Proの美しい画面を損なわず、それでも最低限の傷からは守りたい。そんな願いを叶えてくれるのが、この製品です。

 

このフィルムは高光沢フィルムで、画面を曇り無く美しく見せてくれます。
またフッ素加工がされているため、指紋や皮脂がつきにくく拭き取りやすくもなっています。

 

全面保護タイプではないので、画面サイズより小さめのフィルムではありますが、ケースと一緒に使用するには問題ないでしょう。
価格は842円です。(※2020年1月30日時点の価格)

エレコム iPhone 11 Pro フィルム 全面保護 PM-A19BFLPRBK

ガラス素材ではない全面保護+耐衝撃のフィルムをお望みならば、このエレコムの「衝撃から画面を守る」タイプの保護フィルムがおすすめです。

 

素材はPETではありますが、外部からの衝撃を緩和する特殊構造を備えています。

 

全面保護タイプのため、iPhoneの隅までしっかり保護できるので安心ですね。
価格は1352円と保護フィルムにしては高価ですが、それだけ技術が詰め込まれているということでしょう。(※2020年1月30日時点の価格)

プラスのおすすめ!カメラレンズの保護フィルム

ここまで画面の保護フィルムを紹介してきましたが、忘れてはいけないのがカメラレンズの保護フィルムです。

 

せっかくパワーアップしたiPhone 11 Proのカメラも、レンズ自体に傷が付いては性能を発揮できません。
画面用フィルムを購入する際に、一緒にレンズ用のフィルムも買っておくと安心です。

SUPTMAX iPhone 11 pro/iPhone 11 pro max レンズフィルム

SUPTMAXのレンズフィルムは、全面保護型でレンズそのものだけではなく周囲まで一緒に保護できます。
厚さはわずか0.2mmなので、貼っていても目立つことはありません。

 

硬度は9Hと十分で、ポケットの中で鍵などと接触してもレンズをしっかり保護してくれますね。
価格は2枚入りで1480円となっています。(※2020年1月30日時点の価格)

VIVOO【3枚セット】iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max カメラフィルム

こちらの製品はレンズだけに貼るタイプです。そのためフラッシュに干渉する心配がありません。またケースとの相性を考える必要がないのも利点です。

 

フィルム自体に指紋が付きにくい加工が施されているため、レンズがいつでもクリーンに保たれます。硬度9Hながらもフィルムの厚みは0.15mm!

 

価格は3セットで1298円です。レンズフィルムは部位的に剥がれやすいので、3セットあると予備としても安心です。(※2020年1月30日時点の価格)

こんな人にはこれがオススメ

今回は画面フィルムを合計7つ紹介しました。それぞれの製品がどのような人におすすめなのかを最後にまとめておきますので、参考にして下さい。

 

クリスタルアーマー iPhone 11 Pro/XS/X 強化ガラス 液晶保護 3D

  • 耐衝撃・耐落下に強いフィルムが欲しい
  • 安心を買いたい

 

Tomaka 炭素繊維 3D全面 強化ガラス 液晶保護フィルム

  • ブルーライトカットのガラスフィルムが欲しい
  • 長時間画面を注視することが多い

 

MiiKARE プライバシープロテクター

  • 覗き見防止できるガラスフィルムが欲しい

 

ロボロビン iPhone 11 Pro ガラスフィルム

  • ゲームをよくプレイする
  • スムーズな操作性を重視!
  • 非光沢ガラスフィルムが好き

 

Nimaso iPhone11Pro / iPhoneX/Xs(5.8インチ)用 全面保護フィルム

  • コスパ重視!!
  • よくiPhoneを落としすぐにフィルムを張り替える人に

 

エレコム iPhone 11 Pro フィルム 全面保護 PM-A19BFLPRBK

  • ガラスフィルム以外で画面の全面保護をしたい

 

エレコム iPhone 11 ProフィルムPM-A19DFLFG

  • iPhone 11 Proの画面の美しさを楽しみたい

 

 

スポンサーリンク