Fire TV StickとFire TV Stick 4Kの違いを比較しどちらがおすすめか選択のポイントをご紹介。

Amazonで買い物をしているとFire TV Stickという商品が目に入ったことがある方も多いかと思います。

今回はそんなFire TV Stickについてと、Fire TV StickとFire TV Stick 4Kの2種類のうちどちらを選ぶのがおすすめなのかについて両者を比較しながら紹介していきます。

 

スポンサーリンク

Fire TV Stick

YoutubeやHuluやDaznなどの動画サービスが拡大していく中、テレビの大画面で見たいのは今やテレビ番組だけではなくなりつつあります。

Fire TV Stickはそんな需要を叶えるデバイスで、テレビのHDMIポートに接続することで各種動画アプリをパソコン等を利用せずにテレビで楽しむことができます。

 

現在ではテレビ本体に動画ストリーミングサービスと接続できる機能がついているものもありますが、自分の利用したいサービスが対象外だという人にもぴったりな商品です。

Fire TV Stickの対応サービス

自分がFire TV Stickが必要かどうか判断する材料として対応するサービスの中でも主なものをあげておきます。

  • Prime Video
  • NETFLIX
  • Hulu
  • dTV
  • DAZN
  • FOD
  • Abema TV
  • niconico
  • GYAO!
  • Paravi
  • Disney THEATER
  • Twitch
  • TVer

このように主要な動画ストリーミングサービスはほとんど対応しています。

特に私のテレビもそうですが、HuluやNETFLIXには対応していても、DaznやniconicoやAbemaやTwitchのようなどちらかといえばマイナーどころはテレビの対応アプリから弾かれてることも多いので、それ目当てで購入するというのもおすすめです。

 

上で挙げたのは主なものなので、外せないアプリがある!という方はAmazon Fire TV対応アプリのページで確認できますから、購入前に確認してもいいかもしれません。

 

※2018年頃からAmazonとGoogleの関係性の問題からYoutubeの純正アプリが削除され純正以外のアプリを介して視聴する必要があるという問題がありましたが、この度無事Youtube純正アプリが数ヶ月以内に復活することが発表されました。

(参考:https://japan.cnet.com/article/35136026/

Fire TV StickとFire TV Stick 4Kを比較

と、ここまで読んで自分はFire TV Stickを購入したい!と思った方は次に

  • Fire TV Stick
  • Fire TV Stick 4K

の2種類のうちどちらを選択するかを考える必要があります。

 

主なポイントを表にまとめると

Fire TV Stick

Fire TV Stick 4K

サイズ

85.9×30×12.6

99×30×1.4

プロセッサ

クアッドコア 1.3GHz

クアッドコア 1.7GHz

メモリ

1GB

1.5GB

出力

720p・1080p

2160p・1080p・720p

映像

4K Ultra HD・HDR・HDR10・DolbyVision・HLG・HDR10+

ストレージ

8GB

8GB

オーディオ

Dolby Audio

Dolby Atomos

保証

90日間

1年間

価格

4980円

6980円

です。

 

大きく言って

  • スペック(プロセッサ・メモリ)
  • 出力・映像・オーディオ
  • 保証
  • 価格

の4つの違いがあります。

Fire TV Stick

最大1080pのHD出力まででHDRにも対応していないという意味で4Kには劣るものの、

また1月のアップグレードでリモコンが4Kと同じく第2世代になり、テレビの電源の操作やAlexaでの操作にも対応したことで便利になりました。

 

テレビが4Kに対応していなくて4Kモデルを買っても使いこなせない、あるいは視聴するコンテンツがスポーツやniconicoなどそもそも4Kに対応していないものなど、4Kモデルを購入する必要がない方は2000円安くFire TV Stickという選択がおすすめになります。

Fire TV Stick 4K

基本スペックが向上し、ノーマルモデルよりも操作性が向上し、保証も1年間とノーマルに比べて長期間付与されています。

そして何より名前にもある通り2160p(4K)出力に対応しており、HDR(ハイダイナミックレンジ)やDolby Atomosと言った映像・音声を豊かにする技術にも対応しています。

 

その分2000円の価格差がありこれをどう捉えるか次第ですが、個人的にはこれが5000円や1万円なら話は別ですが、2000円であれば「大いにあり」というのが結論です。

特に4Kテレビを所有している人やNETFLIX・Prime Videoなどで4K対応の映画などを楽しむ用途で購入を検討されている方などFire TV Stick 4Kを購入してその能力を発揮させることができる方は、コンテンツを存分に味わうためにも4Kモデルの購入をおすすめしたいところです。

まとめ:Fire TV StickとFire TV Stick 4Kのどちらを選ぶか

選択のポイントをわかりやすくまとめると

  • 4Kテレビで使うか使わないか
  • 視聴するコンテンツは4KやHDRに対応しているかしていないか

という2点です。

 

2000円の価格差を重視して4Kテレビあるいは4Kコンテンツを見る予定だけどFire TV Stickというのを完全に否定するものではありませんが、今後4K対応が拡充していくことを考えても、また今後数年利用することを考えて例えば月額計算して2000円というのが我慢するほどの価格差なのかと言われれば、自ずと答えは見えてくるかと思います。

 

自分にあった商品を選んで楽しい動画ライフを楽しみましょう。

以上!

 

スポンサーリンク