Fitbitのスマートウォッチのオススメは?3モデル比較紹介

健康ブームに後押しされる形で、すっかり一大市場を形成したスマートウォッチ。
その人気が故に多様な製品が生み出されています。選択肢が豊富になることは良いですが「結局どのスマートウォッチがいいの?」という疑問も湧いてきますね。

そこで今回は、筆者が使用しているFitbit社の製品の中から、ヘルスケア機能に優れつつも、スマートウォッチとしての機能も高い3つの商品をご紹介します。
それぞれの製品の特徴をはじめ、どんな人におすすめなのかもまとめましたので、スマートウォッチ選びの参考にして下さい。 

AmazonでFitbitのスマートウォッチを今すぐ探す >>

スポンサーリンク

スマートウォッチとは?

スマートウォッチとは?

そもそもスマートウォッチとはどんな製品なのか、まずは基本情報を確認していきましょう。

スマートウォッチは、タッチスクリーンにCPUを持つ腕時計型のデバイスのことです。
ものすごく大雑把に言えば、簡易的なスマホっぽいものを腕時計型にしたデバイスといった感じでしょうか。

もちろんスマホと同じことができるわけではないのですが、スマホと連携することでスマホに受けた通知を手首で受けられたり、スマホで音楽を聞いている際にリモコン的な使い方をすることができます。

スマートウォッチの機能は多岐に渡り、心拍計がついているものや、GPS搭載モデル、睡眠ウォッチ機能など製品によって様々なものがありますが、基本的に多くのスマートウォッチに搭載されている機能は下のようなものです。

  • 時計機能(タイマー、ストップウォッチ、アラーム含む)
  • 歩数のカウント
  • 運動量(活動量)を記録
  • 通知機能

また最近のトレンドとしては、心拍計や睡眠センサーなどの健康管理に役立つ機能は、基本的に搭載されていることが多いです。
その他、Googleアシスタントや、電子決済(Suica、Edyなど)が利用できる製品もあります。

Amazonでスマートウォッチを今すぐ探す >>

スマートウォッチのメリット

どんどん多機能になり、便利に使えるスマートウォッチですが、メリットもあればデメリットもあります。まずはメリットですが……

  • 手軽に健康管理ができる
  • スマホを取り出さずにできることが増える

この2つが大きなメリットです。

特に通知機能は、スマホを取り出しにくいシチュエーションでとても役立ちます。
さっと腕を見れば誰からのどんなメッセージか確認できるのはとても便利です。

また、通知機能のおかげでメッセージや着信の見落としが少なくなるのも良い点です。
個人的には、この通知機能があるからスマートウォッチを使っていると言っても過言ではありません。

Amazonでスマートウォッチを今すぐ探す >>

スマートウォッチのデメリット

  • 小まめな充電が必要
  • スマホとの連携が切れると魅力が半減する

まず大きなデメリットは、充電が必要ということです。

電池を使用している時計でも電池交換をしなくてはいけませんが、頻度はそれほど高くありません。
しかしスマートウォッチは、使い方にもよりますが2日に一度充電するということも珍しくありません。普段は小まめに充電すればいいのですが、緊急時などはどうなるのかなという不安はつきまといます。

また、何かの拍子にスマホとのBluetooth接続が切れると、ただの時計になってしまうのもマイナス要素です。

Amazonでスマートウォッチを今すぐ探す >>

スマートウォッチのOSの種類

スマートウォッチは小さなコンピュータです。動かすためにはシステム=OSが必要になります。
パソコンにもMacOSとWindowsがあるように、スマートウォッチにも様々なOSが存在します。

  1. WatchOS:Apple Watchに搭載
  2. Wear OS by Google

上の2つが代表的なOSではありますが、実はスマートウォッチはそれぞれのメーカーが独自のOSを作っていることが多いです。

今回ご紹介するFitbitもその1つで、搭載OSはFitbitOSという独自のものになります。

Amazonでスマートウォッチを今すぐ探す >>

スマートウォッチの選び方

自分にピッタリのスマートウォッチを選ぶために確認したいことは……

  1. どんな機能が一番必要か
  2. どのようなシーンで多く使用するか
  3. バッテリーの容量に満足できるか

個人的にはこの3つのポイントが大切だと感じます。スポーツをされる方は、日常での機能に加えてそれぞれのスポーツの計測に対応しているかなどをチェックするといいですね。

Amazonでスマートウォッチを今すぐ探す >>

Fitbitはどんなメーカーなのか

今回ご紹介するFitbitはアメリカに本社を持つ、有名な活動量計メーカーです。活動量計をベースにした、健康管理やスポーツ・アクティビティに強いことが特徴です。

運動に強いスマートウォッチはデザイン面が無骨になることが多いですが、Fitbitはそれらに比べると洗練されています。
日常シーンでもおしゃれに使えるという点が、おすすめする大きな理由です。

それでは、実際のおすすめ製品をご紹介していきましょう。

AmazonでFitbitのスマートウォッチを今すぐ探す >>

Fitbit Versa 2

Versa 2はFitbit社の最新スマートウォッチです。
大きな特徴は、アレクサを搭載しており話しかけるだけで、天気予報のチェック、タイマー設定などができます。
スマホを取り出さなくて良いだけではなく、スマートウォッチを操作する手間すら省けてしまうわけですね!

基本的な機能も万全で、歩数や活動量の計測や管理はもちろん、通知+クイック返信(音声入力でメッセージを入力し返信できる機能 ※Androidのみ)やミュージックコントロール(Spotifyアプリも対応)も優秀です。また、デバイス自体に約300曲が保存できるのも素晴らしいですね。

当然、心拍計や睡眠モニターも搭載しています。特に睡眠モニターでは睡眠の質をスコア化する新機能が使用でき、ひと目で睡眠のクオリティを実感できます。

運動時は15種類のエクササイズモードがあり、ランニングやサイクリングはもちろん、多くのスポーツを楽しむ人が快適に利用できます。また耐水性能も水深50メートルまで対応しており、水泳時にも計測可能です。

連続使用時間は、心拍計を使用している状態でも6日以上となっており、かなり長く使用できます。※使用環境設定や、アクティビティ使用頻度により仕様時間は変化します。

Versa 2で初めて搭載された機能の1つに「常時オン機能」があります。これまでのFitbitデバイスは手首を傾けることによって、ディスプレイが点灯されていました。
しかしVersa 2では常時オン設定にしておけば、いつでも点灯状態でいてくれます。このため、さまざまな角度から時計を見やすくなりました。

画面サイズが1.57インチと大きめですが、重さは40gと軽量!

価格は2万2000円~2万8000円ほど。カラーによって異なります。カラーバリエーションは4色ですが、ベルトを交換することによって、様々なシーンで活用できます。

イチオシポイント

  • Amazon Alexa搭載で操作いらず
  • 健康管理のためのスマートウォッチとして完璧
  • 連続使用時間が長い
  • 見やすく大きなディスプレイ

気になる部分

  • クイック返信の音声入力はAndroidのみ
  • 人によってはディスプレイが大きすぎると感じるかも?

Fitbit Versa

先程ご紹介したVersa 2の前モデルであるVersaですが、スマートウォッチとしてはかなり完成度が高くなっています。
Versa 2にあってVersaにない機能は、Amazon Alexa・常時オン機能・Spotifyです。それ以外はほぼ最新モデルのVersa 2と同じ機能を持っています。だというのに価格は1万7000円〜と約5000円も安いのです。

他の違いとしては、ディスプレイのサイズがVersa 2よりも小さいこと、連続使用時間が4日間と短いところが上げられます。
しかし、コストパフォーマンスという点では、圧倒的にVersaがおすすめです。

正直、画面を常に点灯しておきたい人やAlexaやSpotifyを使いたい人でなければVersaで事足ります。

カラーバリエーションは7色ですが、最新モデルが発売されているため、在庫がなかったり手に入れづらいカラーもあります。

画面サイズは1.34インチ、重量は38gです。

イチオシポイント

  • 圧倒的コストパフォーマンス

気になる部分

  • カラーによっては在庫がない

Fitbit Ionic

運動でのサポートや記録をメインに活用したい方におすすめなのが、Ionicというモデルです。一番の特徴はデバイス自体にGPSが搭載されている点でしょう。

VersaシリーズでGPSを取得する場合は、スマホのGPSを利用していました。
しかしIonicは単独でGPSを取得できるので、スマホを持たずにランニングやサイクリングに赴くことも可能ですし、GPS連携により起こっていたスマホのバッテリーの減りがなくなるのはありがたい点です。

デザイン面では、Versaシリーズが角の丸いタイプであるのに対し、Ionicは角ばっていてよりシャープになっています。スポーティなデザインがお好みな人にはとてもおすすめです。

基本的な機能はVersaと変わりませんが、ディスプレイのサイズが1.47インチと少々大きく、46gと少し重めです。

連続使用時間は約5日(GPS未使用時)となっています。カラーは3色から選択でき、価格は約1万7000円となかなか手頃ですね。

イチオシポイント

  • GPS内蔵
  • 四角いデザインがクール

気になる部分

  • 少し重め
  • スポーティすぎる

こんな人にはこれがおすすめ!

最後にそれぞれのモデルはどんな人におすすめなのかを簡単にまとめておきますので、参考にしてください。

Versa 2

  • 最新モデルが好き
  • SpotifyやAlexaを使いたい
  • 画面が大きくてきれいなスマートウォッチが欲しい

Versa

  • コスパ重視
  • 画面の大きさより軽さ重視

Ionic

  • ランニングをする
  • 四角いデザインが好き

まとめ

Fitbitは活動量計界を牽引してきた会社です。ヘルスデータをしっかりと取れるスマートウォッチが欲しいという人には、絶対におすすめのメーカーだと言えます。

ちょっと人と違ったスマートウォッチをしたいという方は、ぜひFitbitのデバイスを検討してみてください。

AmazonでFitbitのスマートウォッチを今すぐ探す >>

スポンサーリンク