【最新】HUAWEI(ファーウェイ)タブレット比較 スペック・価格

Androidタブレットを買う際の最有力候補がHUAWEI(ファーウェイ)のタブレットです。
HUAWEIはコスパの高さで知られるスマホメーカーですが、実はタブレットもコストパフォーマンスに優れています。

初心者向けの低価格モデルからスペック重視の高級モデルまで、ラインナップも幅広いです。
しかし、種類が多すぎて「逆にどれを買えばいいか分からない」という人もいるかもしれません。
そこで本記事ではHUAWEIのタブレットの中からとくにおすすめのものをピックアップし、スペックや価格で比較してみました。
HUAWEIのタブレット選びで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね!

※本記事で取り扱う価格は2020年10月14日時点のAmazonの参考価格(税込)です。

※おすすめタブレットについて紹介しています。参考にしてみてください。
スポンサーリンク

HUAWEIタブレットおすすめ4機種 スペック・価格比較

数あるHUAWEI製タブレットのうち、とくにおすすめの4機種のスペック・価格を一覧表にまとめました。

端末名HUAWEI MatePad ProHUAWEI MatePadHUAWEI MatePad T8HUAWEI MediaPad M5
lite 8
イメージ
価格6万5,780円Wi-Fi版:3万2,780円
SIMフリー版:3万9,800円
1万5,290円Wi-Fi版:1万9,600円~
SIMフリー版:2万2,881円~
発売年月2020年6月12日2020年6月12日2020年7月17日2019年5月17日
本体サイズ高さ:約159mm
幅 :約246mm
厚さ:約7.2mm
高さ:約155mm
幅 :約245mm
厚さ:約7.4mm
高さ:約121mm
幅 :約200mm
厚さ:約8.6mm
高さ:約122.2mm
幅 :約204.2mm
厚さ:約8.2mm
本体重さ約460g約450g約310g約310g
ディスプレイサイズ約10.8インチ約10.4インチ約8.0インチ約8.0インチ
解像度2560×16002000×12001280×8001920×1200
OSEMUI 10.1.0
(Android 10ベース)
EMUI 10.1
(Android 10ベース)
EMUI 10
(Android 10ベース)
EMUI 9
(Android 9ベース)
CPUKirin 990Kirin 810MTK MT8768Kirin 710
内蔵メモリ(RAM)6GB3GB2GB3GB / 4GB
ストレージ(ROM)128GB32GB16GB32GB / 64GB
通信モデルWi-FiモデルWi-Fiモデル
LTEモデル
Wi-FiモデルWi-Fiモデル
LTEモデル
メインカメラ1300万画素800万画素500万画素1300万画素
インカメラ800万画素800万画素200万画素800万画素
バッテリー容量7250mAh7250mAh5100mAh5100mAh
SDカードスロット有無×
ペン対応有無××
特徴/おすすめポイント・Androidタブレットとしては最高クラスのスペック
・PCモード対応でパソコンとしても使える
コスパに優れる
・LTE対応で外出先でも使える
とにかく安い
・コンパクトかつ軽量で電子書籍や動画視聴に〇
・型落ちモデルなので性能の割には安く買える
Googleのサービスが使える

 

1万円台の低価格モデルから、3Dゲームもこなせるハイスペックモデルまで用意されています。
スマホ同様、タブレットでも幅広いニーズに答えているのが特徴です。

Wi-FiモデルかSIMフリーモデル どちらを選ぶ?

HUAWEIのタブレットには「Wi-Fiモデル」と「SIMフリーモデル(LTEモデル)」の2種類があります。

Wi-Fiモデルは自宅や公衆無線LANスポットなど、Wi-Fi接続ができるエリアでのみデータ通信が利用可能です。

一方、SIMフリーモデル(LTEモデル)はWi-FiだけでなくLTE通信に対応しています。
格安SIMや大手キャリアのタブレット用SIMカードを挿せば、どこでもデータ通信を利用可能です。
どこでも使えるSIMフリーモデルは便利ですが、Wi-Fiモデルより価格が高くなります

今回紹介するHUAWEIタブレットのモデル別の価格をまとめてみました。

端末名HUAWEI MatePad ProHUAWEI MatePadHUAWEI MatePad T8HUAWEI MediaPad M5
lite 8
Wi-Fiモデルの
価格
6万5,780円3万2,780円1万5,290円32GB版:1万9,600円
64GB版:2万9,480円
SIMフリーモデルの
価格
-3万9,800円-32GB版:2万2,281円
64GB版:3万3,880円

MatePad ProとMatePad T8はWi-Fiモデルしかありません。
外出先でも使いたい人はMatePadかMediaPad M5 lite 8から選びましょう。
いずれも、Wi-Fi版よりSIMフリー版の方が高めの値段設定です。

自宅や仕事場などWi-Fi環境がある場所でのみ利用する人や、ポケットWi-Fiを契約している人は価格が安いWi-Fiモデルを選んでください。
外出先などWi-Fi環境がない所で使う予定の人は価格が高くなってもSIMフリーモデルがおすすめです。

HUAWEIタブレットおすすめ4機

HUAWEI製タブレットのうち、とくにおすすめなのが以下の4機種です。

  • MatePad Pro
  • MatePad
  • MatePad T8
  • MediaPad M5 lite 8

それぞれの特徴について解説していきますね。

AmazonでHUAWEIタブレットを探す >>

HUAWEI MatePad Pro

2020年10月現在、HUAWEIから発売されているタブレットでもっともスペックが高いのが「MatePad Pro」です。

MatePad Proは以下のような人に向いています。

  • スペックを重視する人
  • パソコンとしても使いたい人
  • 専用ペンでメモを取ったりイラストを描いたりしたい人

高性能なCPU「Kirin 990」と6GBメモリを搭載し、動作の重い3Dゲームもサクサク快適に動作します。
高解像度のディスプレイと4つのスピーカーにより、ゲームでも映画でも大迫力の映像を楽しむことが可能です。

MatePad ProはHUAWEIのタブレットで唯一「PCモード」に対応
デスクトップへのファイル保存やマルチウィンドウなど、パソコンのような操作性を実現しています。
別売りのワイヤレスキーボードを利用すれば、使い勝手はパソコンそのものですね!

高性能な専用ペン「M-Pencil」にも対応し、ちょっとしたメモから本格的なイラスト制作までこなせます。
4096段階の筆圧感知機能を備えており、実際のペンのように線の太さや濃さを変えることが可能です。

ハード面の完成度が高いMatePad Proですが、Googleのサービスを使えないのが大きなデメリットです。
YouTubeやGoogle MapといったGoogle製アプリが使えない他、Google Playからアプリをダウンロードすることもできません。

「AppGallery」という独自のアプリストアがあるものの、Google Playと比べると対応アプリは非常に少ないです。
MatePad Proを購入する際は、自分が利用したいアプリがAppGalleryで用意されているかをしっかり確認しましょう。

HUAWEI MatePad

コスパに優れるミドルレンジクラスのタブレットです。

MatePadは次のような人に向いています。

  • コスパ重視の人
  • 外出先でも使いたい人

MatePad Proと比べるとスペックは控えめで、重たい3Dゲームなどの利用は難しいでしょう。
とは言え、ミドルクラスのCPU「Kirin 810」と3GBメモリを搭載しているので動作自体はスムーズです。
SNSや動画視聴などの普段使いなら問題ありません。

バッテリー容量はMatePad Proと同じ7250mAhと大容量なので、電池切れを気にせずに思う存分使えますね。
これだけ充実したスペックで価格はMatePad Proの半分!コスパはピカイチです。

また、LTEモデルが用意されており外出先でもデータ通信ができます。
外出先でも動画視聴やSNSを楽しみたい人におすすめです。

MatePad Pro同様、Googleのサービスが使えないことには注意してくださいね。

HUAWEI MatePad T8

MatePadシリーズの最廉価モデルです。

次のような人に向いています。

  • とにかく安くタブレットを買いたい人
  • コンパクトなタブレットが欲しい人

MatePad T8は価格が約1万5,000円と、とにかく安いです。
MatePadの半額以下、MatePad Proと比べると4分の1以下!
スペックは控えめですが、SNSやブラウジング、動画視聴くらいならこなせますよ。

現在主流となっているHUAWEIのタブレットではもっとも小さく、重量も310gと比較的軽いです。
片手でも楽に扱えます。
寝転んで電子書籍の閲覧や動画視聴をしたい人にもおすすめです。

MatePad T8もGoogle Playは使えません
メインの用途であるSNSや動画視聴はブラウザから利用できるので、他のタブレットほどは気にならないかもしれません。

HUAWEI MediaPad M5 lite 8

ここまでに紹介した「MatePad」シリーズより1つ前の世代のタブレットです。

MediaPad M5 lite 8は次のような人に向いています。

  • コスパ重視で最新機種にこだわらない人
  • Googleのサービスを利用したい人

いわゆる型落ちモデルなので、発売当初より販売価格が安くなっています。
ストレージ容量が32GBのものならWi-Fi版で約1万9,000円、SIMフリー版で約2万2,000円とお手ごろですね。

型落ちモデルとは言えディスプレイ・CPU・メモリ・ストレージなど多くの項目でMatePad T8を上回ります。
SIMフリー版を買えば外出先でも使えるのも強みです。

最新機種にこだわりがないなら、MediaPad M5 lite 8も十分現役で使えますよ。

さらに、今回紹介するHUAWEIタブレットで唯一Googleサービスの利用が可能です。
YouTubeやGmailなどのGoogleアプリを使いたい人や、Google Playから多種多様なアプリをダウンロードしたい人はMediaPad M5 lite 8を検討しましょう。

※HUAWEI MediaPad M5 lite 8について紹介しています。参考にしてみてください。

HUAWEI(ファーウェイ)タブレットまとめ

以上、おすすめのHUAWEIタブレットについて解説しました。
HUAWEIタブレットはたくさんありますが、特におすすめなのが以下の4つです。

  • MatePad Proスペックを重視する人、パソコンとしても使いたい人
  • MatePadコスパ重視の人、外出先でも使いたい人
  • MatePad T8とにかく安く使いたい人、コンパクトなタブレットを使いたい人
  • MediaPad M5 lite 8コスパ重視かつ最新モデルへのこだわりがない人、Googleのサービスを使いたい人

ハイスペックモデルから高コスパモデル、格安モデルまで幅広く用意されています。

スペック重視ならMatePad Pro、とにかく安く済ませたいならMatePad T8といったように用途や目的に合わせて選んでくださいね。

なお、本文でも説明しましたがMatePadシリーズ3機種はGoogleのサービスが使えません。
Google PlayやGmail、YouTubeなどを使いたい人は旧モデルであるMediaPad M5 lite 8を購入しましょう。

スポンサーリンク