最新iPad Air(第4世代)の違いを比較!iPad Air3と11インチiPad Pro2との比較

発表された時「これがProじゃないのか」と世間をざわつかせた最新iPad Air!一体どんなモデルなのでしょうか。

  • 「iPad Airってなんか中途半端」
  • 「気になるけど踏ん切りがつかない」

そんな人に、iPad Air(第4世代)の魅力をとことん伝えます!

今回はiPad Air(第4世代)のスペックを、前モデルである第3世代iPadAirと11インチiPad Pro(第2世代)の2モデルと比較しながら紹介していくので、iPad Proと迷っている人もぜひ参考にしてみてください。

iPad・iPad Pro・iPad Air・iPad miniどれを選べばいいか分からない!という方は、iPadのおすすめは?全種類のiPadモデルをわかりやすく紹介!で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

iPad Air(第4世代)とは

iPad Air(第4世代)

画像出典:apple.com

iPad Air(第4世代)は、2020年10月23日に発売された新しいiPad Airです。

この第4世代でiPad Airは大きく飛躍しました!

ホームボタンは無くなり、ディスプレイもiPad Proと同じものを使用。本体のデザインもかなりiPad Proに近づきました。また、性能面でも最新チップのA14を搭載し、高い処理能力を見せてくれます。

第4世代のiPad Airは、超高性能な万人向けiPadと言えるでしょう。

iPad Air(第4世代と第3世代)/11インチiPad Pro(第2世代)スペック違いを比較

iPad Air(第4世代)がどれほど高性能なのか、どれだけiPad Proに肉薄しているのか、それを知るにはスペックチェックです。

iPad Air(第4世代)iPad Air(第3世代)iPad Pro(第2世代)11インチ
発売日2020年10月23日2019年3月19日2020年3月25日
本体カラーシルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
グリーン
スカイブルー
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
本体サイズ(mm)247.6 × 178.5 × 6.1250.6 × 174.1 × 6.1247.6× 178.5 × 5.9
重さ
Wi-FiモデルWi-Fi + Cellular
458g
460g
456g
464g
471g
473g
ディスプレイサイズ10.86インチ10.5インチ11インチ
ディスプレイ種類Liquid RetinaRetinaLiquid Retina
ディスプレイ解像度2360 × 1640 264ppi2224 × 1668 264ppi2388 × 1668 264ppi
セキュア認証Touch ID(電源ボタン)Touch ID(ホームボタン)Face ID
チップA14A12A12Z
対応Apple Pencil第2世代第1世代第2世代
対応キーボードSmart Keyboard Folio
Magic Keyboard
Smart KeyboardSmart Keyboard Folio
Magic Keyboard
カメラ性能12MP広角カメラ8MP12MP広角カメラ
10MP超広角カメラ
ビデオ撮影性能4Kビデオ撮影
スローモーション
(120fps、240fps)
HDビデオ撮影
スローモーション
(240fps)
4Kビデオ撮影
スローモーション
(120fps、240fps、超広角240fps)
オーディオステレオスピーカーステレオスピーカー4スピーカーオーディオ
コネクタUSB-CLightningUSB-C
ストレージ容量64GB
256GB
64GB
256GB
128GB
256GB
512GB
1TB

スペックを並べてみると、第3世代のiPad Airからかなり進化したことが見て取れます。かなりiPad Pro(第2世代)と近いですよね。

iPad Air(第4世代)と11インチiPad Pro(第2世代)価格比較

64GB128GB256GB512GB1TB
iPad Air
(第4世代)
6万2,800円
7万7,800円
-7万9,800円
9万4,800円
--
11インチiPad Pro
(第2世代)
-8万4,800円
10万1,800円
9万5,800円
11万2,800円
11万7,800円
13万4,800円
13万9,800円
15万6,800円

※2021年2月12日時点の価格

さてスペックでは「ほぼiPad Pro」という感じのiPad Air(第4世代)ですが、気になるのはお値段。iPad Air(第4世代)とiPad Pro(第2世代)を直接比較できる容量は、256GBだけです。

その価格差は……

  • Wi-Fiモデル:1万6,000円
  • Wi-Fi+Cellularモデル:1万8,000円

約2万円安い!第4世代恐ろしい子すぎませんか?!

また、iPad Air(第4世代)には64GBがあるのもいいところです。容量が小さければ価格も手頃ですからね。

容量選びのポイント

  • モバイルPC代わり:小容量でOK
  • ゲーム専用端末なら:小容量〜中容量
  • 写真をiPadに全部保存:少し大きめの容量
  • 動画関係がメインなら:大容量

これが原則です。

ゲームは基本的に64GBで大丈夫ですが、1GBを超えるアプリを何個もインストールする人だと足りなくなる恐れもあります。その場合は1つ上の容量がいいですね。

写真はこまめにバックアップを取り、本体から消すならば64GBでも良いですが、iPadで写真の管理をしたり編集したいのであれば128GB〜256GBがいいでしょう。

動画撮影をたくさんしたり、編集作業を行いたい人は512GB以上あると安心です。またNetflixなどのサービスからたくさんダウンロードしておきたい人も、大きな容量が必要になりますよ。

iPad Air(第4世代)/iPad Air(第3世代)/11インチiPad Pro(第2世代)の違うところ

ここからはスペックごとに3機種を比較して、性能を丸裸にしていきます。

サイズ

本体サイズ(mm)重さ
Wi-FiモデルWi-Fi + Cellular
ディスプレイサイズ
iPad Air(第4世代)247.6 × 178.5 × 6.1458g
460g
10.86インチ
iPad Air(第3世代)250.6 × 174.1 × 6.1456g
464g
10.5インチ
iPad Pro(第2世代)11インチ247.6× 178.5 × 5.9471g
473g
11インチ

注目はiPad Air(第4世代)のサイズです。iPad Pro(第2世代)とほぼ同じ!違い厚みだけで、それもたったの0.2mmです。そして0.2mm厚いのに……重さはiPad Pro(第2世代)より13gも軽いとは恐れ入りますねえ。

ディスプレイサイズもiPad Air(第4世代)はiPad Pro(第2世代)に肉薄しています。限りなく11インチに近く、ホームボタンもなくなったことでより大きなディスプレイを体感できます。

デザイン

iPad air(第4世代)デザイン

画像出典:apple.com

デザインでの注目点はカラーバリエーション!

iPad Pro(第2世代)は硬派な2色展開。対するiPad Airはとてもカラフルで選ぶ楽しさがありますね。特に新色のグリーンとスカイブルーはさわやかな色でおしゃれです。

iPad Air(第3世代)もかつては3色展開でしたが、今Amazonで購入できるのはスペースグレイのみなので、注意が必要です。

また、全体のデザインもiPad Air(第4世代)とiPad Pro(第2世代)は側面が角張ったデザインになっています。対してiPad Air(第3世代)は丸みを帯びています。このあたりは好みの問題ですが、角ばってる方がよりシャープでクールな感じに見えますね。

セキュア認証

iPad Air(第4世代)Touch ID(電源ボタン)
iPad Air(第3世代)Touch ID(ホームボタン)
iPad Pro(第2世代)11インチFace ID

iPad Air(第4世代)とiPad Pro(第2世代)の大きな違いが「認証システム」です。指紋認証のTouch ID、顔認証のFace IDどちらにも良さはあります。

家の中メインで使用するならば、Face IDの方がスムーズかもしれません。しかし外出時に使うとなると、Face IDはあまりおすすめできません。なんせマスクに弱いのです。このご時世マスクをしないというのは難しいですよね。その点で、Touch ID搭載のiPad Air(第4世代)は安全です。

またTouch IDというとホームボタンのイメージが強いですが、iPad Air(第4世代)では電源ボタンにセンサーが付いています。すっと人差し指で認証できるので、ホームボタンよりも位置的に使いやすくなりました。

ディスプレイ

種類解像度サイズ
iPad Air(第4世代)Liquid Retina2360 × 1640 264ppi10.86インチ
iPad Air(第3世代)Retina2224 × 1,668 264ppi10.5インチ
iPad Pro(第2世代)11インチLiquid Retina2388 × 1668 264ppi11インチ

iPad Air(第4世代)のディスプレイは、iPad Pro(第2世代)と同じLiquid Retinaです。Retinaよりも色の表現が正確で、見たままの色により近い表現をしてくれます。動画や写真の色合いにこだわりたい人はLiquid Retina搭載のモデルを選ぶべきです。

先にも触れたとおり、iPad Air(第4世代)とiPad Pro(第2世代)のディスプレイサイズはほぼ変わらないので、ディスプレイのコスパという意味ではiPad Air(第4世代)が一歩リードですね!

チップ・パフォーマンス

チップコア数
iPad Air(第4世代)A144(クアッドコア)
iPad Air(第3世代)A124(クアッドコア)
iPad Pro(第2世代)11インチA12Z8(オクタコア)

iPad Air(第4世代)のA14チップは、2020年11月現在の最新チップになっています。

チップ性能は、アプリの起動から重い作業での処理能力までさまざまなところに影響します。せっかく新品で購入するならば、より新しいチップのものがおすすめです。

コア数はさすがにiPad Pro(第2世代)が抜きんでていますね。

iPad Air(第4世代)チップ性能

画像出典:apple.com

コア数は、基本的に多いほど同時作業の際にスムーズに動きます。写真などを編集しながら裏で動画を再生しておくなどのシチュエーションですね。

しかし、趣味の範囲でゲームプレイ+録画というような使い方ならば、正直8コアも必要ありません。4コアで十分です。

コア数が増えることで価格は高くなります。普通に使えればいいやと言うのであれば、4コアのiPad Airをおすすめします。

Magic Keyboard

Magic Keyboard

画像出典:apple.com

iPadにカバーのようにくっつけて使用できるキーボード、便利ですよね。PC代わりに使用したい人の必需品でもあります。実はこのキーボード、Apple公式の品としては3モデルあります。

  • Smart Keyboard
  • Smart Keyboard Folio
  • Magic Keyboard

Smart Keyboard FolioとMagic Keyboardの大きな違いは、トラックパッドの有無です。Magic Keyboardにはトラックパッドがついているので、このキーボードを取り付けるだけで「まるでMacBook!」という使い心地になります。

Magic Keyboard

画像出典:apple.com

iPadで文章作成したい人にはMagic Keyboardが断然おすすめです!文章入力中、カーソルを動かすのにトラックパッドがあるとなしでは快適さが段違いですからね。

また、Magic Keyboardにはバックライトがついているので、暗い場所で使用する際にかなり便利です。

この高機能キーボードは、長らくiPad Proシリーズにしか対応していませんでした。しかしなんとiPad Air(第4世代)では使えます。やはりiPad Air(第4世代)はiPad Pro級の扱いを受けているってことですね。

カメラ・ビデオ性能

iPad Air(第4世代)カメラ・ビデオ性能

画像出典:apple.com

iPad Air(第4世代)がiPad Proに勝てない部分、それがカメラやビデオ撮影の性能です。

広角カメラの性能は12MP(メガピクセル)と同じですが、超広角カメラがあるのはProだけです。動画撮影の性能も、どうしたってカメラの良いProに軍配が上がります。

「iPadではあまり撮影自体はしない」「カメラはついてればいい」というのであれば、iPad Air(第4世代)のカメラでも満足できます。性能が悪すぎる!というわけではないですからね。

コネクタ

iPad Air(第4世代)コネクタ

充電やデータ転送の際に使用するコネクタですが、iPad Air(第4世代)はUSB-Cに対応しました!アップルと言えばLightningコネクタのイメージですが、iPad Proでは早々にUSB-Cが用いられています。

USB-Cの最大のメリットは、ショートのしにくさでしょう。Lightningは端子がむき出しになっているため、故障やショートが起こりやすいのです。

ただ、現状iPhoneシリーズに使用されているコネクタはLightningです。iPhoneと同じケーブルで充電しようと考えている人にとっては、USB-Cであるのはちょっとしたデメリットになりえますね。

iPad Air(第4世代)とiPad pro(第2世代)どっちを買うべきか

iPad Air(第4世代)まとめ

画像出典:apple.com

iPad Air(第4世代)は、正直言って「最高に買いなiPad」です。

ほぼiPad Pro(第2世代)の性能を持ちながら、価格がぐっと抑えられているのです。最高じゃないですか?これ、iPadシリーズの最高傑作じゃないですか!

iPad Proシリーズは確かに高性能です。多くの人が憧れるモデルでもあるでしょう。しかしそこに立ちふさがる価格の壁があります。そしてそれに付随する"性能や機能を金額分活用できるのか"という迷いも出てくるでしょう。

対して、iPad Air(第4世代)は、誰が使っても使い心地の良いモデルです。Proのごとき作業もできますし、軽く使うにもほどよいサイズ感と重さを保っています。かゆいところに手の届く、買って後悔しないiPad!それがiPad Air(第4世代)なのです。

語彙力が消し飛び、「おすすめ」以外の言葉が見つからなくなるほどのイチオシ端末です。

スポンサーリンク
おすすめの記事