タブレット購入や買い替え時に悩むのが「iPad」と「Androidタブレット」どちらがいいのかという問題です。
本記事では、「iPad」と「Androidタブレット」それぞれのメリット、デメリットから、そもそも何が違うのかなど基本的な部分まで丁寧に解説します。
記事の最後には、あなたにぴったりのタブレットが分かります!

スポンサーリンク

iPadとAndroidタブレットは何が違うのか

まず始めに、iPadとAndroidタブレットは何が違うのか、ユーザーに特に影響の大きい部分を中心にご紹介しましょう。

製造メーカーの多様性

iPadは背面の林檎マークが示すとおり、IT機器メーカーAppleが開発している製品です。

特徴は、本体(ハードウェア)と内部のOS(ソフトウェア)の両方を同社が作っている事。
その為、iPadを名乗れるのはAppleのタブレットのみとなっています。

 

一方のAndroidタブレットは、内部のOSはGoogleが開発し、それを各メーカーが自社で作った本体に搭載するかたちを採っています。

こうした仕組み上、Androidタブレットはさまざまなメーカーの製品が存在し、各々が個性を武器に熾烈なシェア争いを演じているのです。

OSの違い

iPadでは、Apple社が開発したモバイル機器用OS「iOS」を搭載しています。
このiOSは同社のスマートフォン「iPhone」と共通なので、多くのiPhoneアプリは基本的にiPadでも使うことが可能です。

 

一方、Androidタブレットの採用するAndroid OSは、Googleが開発しているモバイル向けの汎用OSで、AndroidスマホやAndroidTVなど多くの機器で採用されています。

iPadの場合と同様、Androidタブレットも多くのAndroidスマホ向けのアプリを動かすことが可能です。

 

ただし、iPadでAndroidアプリを動かしたり、逆にAndroidタブレットでiOSアプリを動かしたりすることは出来ません。

ゲーム機に例えると、Nintendo SwitchのソフトをPS4に入れようとしても使えないのと同じですね。

iPadとAndroidそれぞれのメリットとデメリット

iPadとAndroidタブレットには各々メリットとデメリットがあるので、それを踏まえて、どちらを買うか考える必要があります。

ここからは、iPadとAndroidタブレットに分けて、それぞれのメリット・デメリットを解説していきたいと思います。

iPadのメリット・デメリット

iPadのメリット・デメリット

メリット

iPhoneと同じアプリを利用出来る

iPhoneとiPadは同じOSを使っているので、iPadでiPhone向けのアプリも動かすことが出来ます。
既にiPhoneを使っている方は、iPadでも同じアプリを使い続けることが可能です。

 

Apple IDでiPhoneやMacと有料アプリやサービスを共有できる

既にiPhoneやMacといったApple製品をお使いの方なら、同じApple IDをiPadに登録することで、他の端末と課金情報を共有することが出来ます。

 

例えば、iPhoneで購入した有料アプリは、iPadでも追加課金なしで使う事が可能です。
また、Apple MusicやiCloudといったAppleの有料サービスも、同じように追加課金なしで使えるようになっています。
有料のアプリやサービスを使っている方には、嬉しいポイントですね。

 

対応アクセサリ類が多い

iPadシリーズはタブレット市場でトップシェアを誇る為、ケースや液晶保護シートといったアクセサリ類も豊富です。

その分、自分の好みや目的にあった物を選びやすくなっているので、特に初心者の方は買い物が楽になるでしょう。

 

ApplePencil対応で手書き入力も快適

現行のiPadは、全機種ApplePencilという専用タッチペンに対応しています。

このApplePencilは本物のペンや鉛筆に近い使い心地を実現しており、メモアプリに手書きで書き込んだり、イラストアプリで絵を描いたりと幅広い用途に対応できる優れもの。
プロの漫画家さんの中にも、原稿をiPad+ApplePencilで描いているという方は多いです。

 

OSのアップデート体制が整っている

iPadのOSは正式なサポート期間こそ決まっていませんが、過去の例を見ると、最低でも発売から3年程度はOSのアップデートを受ける事が可能です。

 

ちなみに、2019年秋の新OSで最も古いサポート機種は、2014年発売のiPad Air2。こちらは5年間も最新のOSを使い続けることができる、かなり長寿命なモデルになりました。

デメリット

Androidタブレットより高価な機種が多い

iPadはiPad(6th)のような安価なモデルもありますが、それでも格安のAndroidタブレットに比べると高価です。
その為、とりあえず買って試してみるというのは、なかなか難しいでしょう。

 

マウスには対応していない

iPadは外付けキーボードには対応していますが、マウスは現状では対応していません。

 

2019年秋に配信予定の次期OSではマウス対応が予定されているものの、こちらは画面タッチでの操作が難しいユーザーの方向けのサポート機能の為、PCやAndroidタブレットのマウスとは使用感が異なる可能性が大きいでしょう。

 

全体的に重たい

iPadはどの機種もアルミ製のボディを採用している為、強度が高い反面、どうしても重くなりがちです。
小型のiPad miniはそれほど気になりませんが、それより大きなサイズになると、片手で長時間持ち続けるのは厳しいでしょう。

Androidタブレットのメリット・デメリット

Androidタブレットのメリット・デメリット

メリット

安価な機種から高級機まで幅広いラインナップ

Androidタブレットは、1万円以下の格安機から10万円クラスの高級機まで、価格も性能も幅広いラインナップがあります。

 

特に低価格機の選択肢が多いので、「とりあえずタブレットを試してみたい」という方はAndroidの方が選びやすいでしょう。

 

Androidスマホと有料アプリを共有できる

GooglePlayのアプリストアでは、同じGoogleアカウントを使えば、Androidスマホとタブレットの間で有料アプリを共有することも可能です(ただし、どちらか一方が対応機種に含まれないアプリは共有できません)。
この辺りは、iPadとiPhoneの関係と同じですね。

 

アプリストアの選択肢が多い

iPadのアプリストアはApp Storeのみですが、AndroidはGooglePlay以外にも、Amazonなど色々なストアを利用することができます。

 

カスタマイズの自由度が高い

Android OSはiOSに比べ、ユーザーが設定変更出来る範囲が広いのが特徴です。

 

例えば、iPadのホーム画面はアプリの並び替えくらいしかできませんが、Androidならホーム画面のデザインそのものを変えてしまうことも簡単。
自分好みにカスタマイズ出来るのは、Androidの大きなメリットです。

 

拡張性が高い

Android OSはスマホやタブレット以外の機器にも搭載できるよう、拡張性の高い設計が施されています。

 

外付けキーボードに加え、マウスにも標準で対応しているのは大きな強みです。
簡単な作業であれば、わざわざPCを使わなくても、Androidタブレットだけでこなせてしまいます。

デメリット

機種により操作メニューがまちまち

自由度の高さがAndroidタブレットの魅力ですが、裏を返せばメーカーや機種ごとに操作体系がまちまちということでもあります。

友人や家族に操作方法を尋ねる際、この辺りが思わぬネックになることも多いので、初心者の方は特に注意が必要です。

 

製品の選択肢が多すぎる

Androidタブレットは非常に多くのメーカーから製品が出ている為、ある程度慣れるまでは自分に合った製品を見付けづらいという弱点があります。

 

特に低価格帯の製品は無名なメーカーも多く情報が少ない為、初心者には選びづらいのが難点です。
購入前にある程度の下調べをしておいた方が良いでしょう。

 

ウィルス対策が必要

iPadのアプリはApp Storeに出る前にAppleが審査している為、ウィルスやマルウェアが紛れ込む可能性はかなり低くなっています。

 

しかし、Androidは対応もアプリストアにより様々で、なかには無審査や配信開始後に順次審査するスタイルのストアもあります。
その分ウィルスなどが混ざりやすくなる為、アンチウィルスアプリなどを使いユーザー自身で対策することが必要です。

 

OSのアップデートが保証されていない

Androidタブレットでは、新しいOSに対応するかはメーカーの判断に任されています。
その為、アップデートできる期間がiPadと比べて短かったり、酷いときには一切アップデートされずに終わるケースも珍しくありません。

iPadとAndroidタブレット~あなたにぴったりなのはどっち?~

ここからは、ご紹介したメリット・デメリットを踏まえ、それぞれどんな方におすすめなのかを解説したいと思います。

iPadがおすすめの方

  • 既にApple製品を使っている方
  • コンピューターに不慣れな方
  • 手書き入力を使う機会が多い方
  • クリエイターの方
  • 1つの機種を出来るだけ長く使い続けたい方

Androidがおすすめの方

  • Androidスマホを使っている方
  • タブレットを簡易PCとして使いたい方
  • ホーム画面等のカスタマイズを楽しみたい方

 

全体的な傾向として、iPadは「素人から玄人までカバーする万人向け」、Androidは「購入から運用まである程度の知識が求められる玄人向け」と言えるでしょう。

iPadを安く買うことはできないの?

iPadは高性能な分、どうしても価格が高くなりがちです。

 

記事執筆時点では、最も安価なiPad(6th)でも3万7800円からとなっており、最低でも4万円程度の予算が必要となります。
では、このiPadを少しでも安く買うことは出来ないのでしょうか。実は、意外と簡単な方法で、定価より少し安くiPadを買える方法があるのです。

Apple認定整備済み品を購入する

Apple認定整備済み品とは、初期不良など何らかの理由でAppleの工場へ戻ってきたiPadを再整備し、新品同様の状態で安く販売する制度の事です。

Apple Online Storeの専用コーナーで随時販売が行われており、上手くいけば定価より数千円~1万円以上安くiPadを手に入れることができます。

 

また、一般の中古品と違い新品と同じ扱いになる為、標準でAppleの1年保証が付いてくるほか、追加料金を支払えば延長保証(AppleCare+)に加入することも可能です。
在庫の変動が激しく「いつでも欲しいときに買える」という訳ではありませんが、少しでも安くiPadを買いたいという方はチャレンジしてみると良いでしょう。

まとめ

今回は「iPadとAndroidタブレットのどちらを選ぶべきか?」をテーマに、メリット・デメリットの比較を中心に、その選び方をご紹介しました。
iPadとAndroidタブレットは一長一短の関係にある為、ユーザーの使い方次第で、どちらが適切かは変わってきます。
この記事が、みなさんのタブレットの購入の一助となれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク