Androidタブレット・iPad どちらが良い?メリット/デメリット比較

「AndroidタブレットかiPadのどちらか購入してみたいけど、どちらを選んでよいのか悩んでいる」という方も多いのではないでしょうか。

目的によって、AndroidタブレットかiPadのどちらがオススメかは実はかなり違います。
それぞれの特徴を理解しつつ、自分に合った方を選んでいきたいところです。

本記事では「AndroidタブレットとiPadの特徴の違い」「おすすめのAndroidタブレットとiPad」を紹介します。
自分にぴったりのタブレットを選んでいきましょう。

スポンサーリンク

AndroidタブレットとiPadはどちらがおすすめ?

AndroidタブレットとiPadのどちらがおすすめかは、使用目的などによって大きく変わってきます。

使用目的・やりたい事などおすすめ編集部おすすめ機種イメージ価格
  • 安く購入したい
  • Androidスマホとアプリ・データを共有したい
  • メーカーを選びたい
AndroidタブレットHUAWEI MediaPad M5 lite 8
詳しくみる>>
2万3,562円~
  • MacbookなどApple製品と連携したい
  • 処理性能が高いタブレットが欲しい
  • iPhoneとアプリ・データを共有したい
  • Apple Pencilを使いたい
iPadiPad(第8世代)
詳しくみる>>
3万8,280円~

(※2020年9月30日時点。税込み価格。)

※おすすめタブレットについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

AndroidタブレットとiPadは何が違うのか

AndroidタブレットとiPadの違いとして大きいのが以下の2点。

  1. 製造メーカー
  2. OS

詳しく見ていきましょう。

Amazonでタブレット・iPadを探す >>

製造メーカー

AndroidとiPadでは製造メーカーに違いがあります。

  • Androidタブレット:数多くのメーカーが製造
  • iPad:Appleのみ

Android OSはオープンソースのため、Androidのタブレットを製造するメーカーは世の中にたくさんあります。

一方で、iPadのメーカーはAppleのみとなります。
選べる機種が多いのは、Androidタブレットならではの魅力と言えます。

Amazonでタブレット・iPadを探す >>

OS

各タブレットのOSはそれぞれ以下の通り。

端末OSOSの開発元
AndroidタブレットAndroidGoogle社
WindowsタブレットWindowsMicrosoft社
iPadiPad OSApple社

Androidタブレット、iPadに加え、WindowsOSが使えるWindowsタブレットについても、ここでは触れておきます。
各OSの特徴を見ていきましょう。

Amazonでタブレット・iPadを探す >>

Android

Android OSの特徴としては「カスタイマイズ性の高さ」があります。
「ランチャーアプリ」と呼ばれるカスタマイズ用のアプリをインストールすれば、操作設定やホーム画面を自分好みに変更可能です。

そのほか、Web上からアプリをダウンロードできるのもiPad OSにない特徴です。
Google Playストア以外にも、Amazonアプリストアなどからアプリをインストールできます。

AmazonでAndroidタブレットを探す >>

Windows

Windowsタブレットは、ExcelやWordなどのオフィス系ソフトとの互換性があり、パソコンに近い使い方ができます。
Windows用のソフトをそのまま使用することも可能です。

タブレットでWidowsのパソコンと同じような環境で作業をしたい方におすすめです。

AmazonでWindowsタブレットを探す >>

※Windowsタブレットについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

iPad OS

以前はiPadもiPhoneと同じ「iOS」でしたが、2019年9月に新たに「iPad OS」がリリースされています。
※2014年に発売の「iPad Air 2」以降の機種ならiPad OSへアップデートが可能

iPad OSの特徴としては以下があります。

  • 同時にアプリが開ける「Slide Over」機能
  • MacBookのサブディスプレイになる
  • ホーム画面にウィジェットを表示できる

「直感的な操作性」や「Apple製品との連携」は、Androidタブレットにない魅力ですね。

AmazonでiPadを探す >>

AndroidタブレットとiPadのメリット・デメリット

Androidタブレット、iPadには、それぞれにメリットとデメリットがあります。
特徴を把握して、自分の目的に合った方を選んでいきたいところです。

AndroidタブレットとiPadのメリット

Androidタブレット・iPad、それぞれのメリットは以下。

Androidタブレットの
メリット
iPadのメリット
  • 安い機種が見つかる
  • 機種の選択肢が多い
  • カスタマイズ性が高い
  • Web上からもアプリがインストールできる
  • Androidスマホとアプリ・データを共有できる
  • 直感的な操作ができる
  • Apple製品と連携できる
  • ハイエンドモデルがある
  • アクセサリが多い
  • Apple Pencilが使える
  • OSのアップデートが手厚い
  • iPhoneとアプリ・データを共有できる

いくつかピックアップして解説します。

Androidタブレットは安い

Androidタブレットは全体的に価格が安いことが特徴です。
格安の機種だと、1万円前後でも購入できます。

一方、iPadは廉価モデルであっても3万円台からです。
YouTubeの動画を見たり、SNSやネットを閲覧するなどライトな使い方であれば、Androidタブレットがおすすめですね。

AmazonでAndroidタブレットを探す >>

iPadには処理性能の高いハイエンドモデルがある

iPadには、ゲームがバリバリこなせる処理性能が高いハイエンドのモデルとして「iPad Pro」があります。

一方でAndroidタブレットについては、ハイエンドのモデルは実はほとんどありません。
タブレットで最新ゲームを快適にプレイしたいという方は、基本的にはiPadをメインに選んでいくのが良いでしょう。

AmazonでiPadを探す >>

AndroidタブレットとiPadのデメリット

Androidタブレット、iPad、それぞれのデメリットは以下の通り。

Androidタブレットの
デメリット
iPadのデメリット
  • 操作が少し分かりにくい
  • ハイエンドモデルがほとんどない
  • OSのアップデートが保証されていない
  • カスタマイズ性が低い
  • 価格が高め
  • 機種の選択肢が少ない
  • SDカードが使えない

いくつかピックアップして解説します。

AndroidタブレットはOSアップデートが保証されていない

iPadの場合には、今までの例を見ると約3年間はOSのアップデートが行われています。

一方で、AndroidタブレットについてはOSアップデートは各メーカーの判断になります。
短い期間でアップデートが終了してしまうケースもあります。

古いOSを使い続けることで「最新機能が使えない」「セキュリティ面に不安が出る」などのデメリットが生じる可能性はあります。

Amazonでタブレット・iPadを探す >>

iPadはSDカードが使えない

iPadはどの機種もSDカードに非対応です。あとから保存容量の追加はできません。
購入の際には「どの容量のモデルを選ぶのか」は少し慎重に検討する必要があります。

一方で、Androidタブレットについては、機種によってはSDカードを挿入して容量の追加が可能です。
購入後に容量が足りなかったときも安心ですね。

Amazonでタブレット・iPadを探す >>

おすすめのAndroidタブレットとiPad

特におすすめのAndroidタブレットとiPadとは以下の2機種。

端末名HUAWEI MediaPad M5 lite 8iPad(第8世代)
イメージ
価格2万3,562円~3万8,280円~
メーカー名HUAWEIApple
OSAndroid 9.0iPadOS 14
本体サイズ高さ:約204.2mm
幅 :約122.2mm
厚さ:約8.2mm
高さ:250.6 mm
幅 :174.1 mm
厚さ:7.5 mm
重さ310gWi-Fiモデル:490g
Wi-Fi + Cellularモデル:495g
画面サイズ8.0インチ10.2インチ
通信方式Wi-Fi / Wi-Fi + LTEWi-Fi / Wi-Fi + Cellular
CPUKirin 710Apple A12 Bionicチップ
RAM3GB
ROM32GB32GB/128GB
バッテリー
容量
5100mAh
防水有無非対応非対応

(※2020年9月30日時点。税込み価格。)

それぞれの機種の特徴・おすすめポイントを見ていきましょう。

※その他 おすすめタブレットについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

HUAWEI MediaPad M5 lite 8

HUAWEI MediaPad M5 lite 8は2万円台で買えるHUAWEIの8インチタブレットです。
片手で持てるサイズ感と、HUAWEIならではの充実のスペックが魅力です。

おすすめポイントは以下の2点。

  1. 片手で持てるサイズ感
  2. 充実のスペック。Kirin710・顔認証など

片手で持てるサイズ感

画面サイズは8インチ。
片手で気軽に手にできるサイズ感となっています。
長時間、手に取って動画やゲームをしても疲れにくいのが大きな魅力です。
「気軽に手に取れるタブレットが欲しい」「カバンにすっきり収まるコンパクトな機種を探してる」という人におすすめですね。

充実のスペック|Kirin710・顔認証など

2万円台のタブレットながら、スペック・機能もかなり充実しています。
CPUには「Kirin710」を搭載していて、アプリをサクサク動かせ、ゲームもOKなスペックのCPUです。

そのほかタブレットとしては珍しい「顔認証」に対応しています。
ストレスなくロック解除が可能です。
また、ディスプレイはフルHD(1920×1200)と高精細です。
動画もゲームも鮮やかな映像で楽しめます。

iPad(第8世代)

iPad(第8世代)は、3万円台で買えるiPadの最安モデルです。
最安モデルながら「Smart Keyboard」と「Apple pencil」に対応。
iPadで欲しい機能を一通り網羅しています。

おすすめポイントは以下の2点です。

  1. 「Apple Pencil」に対応
  2. 「Smart Keyboard」が使える

「Apple Pencil」に対応

iPadの無印でも第6世代から「Apple Pencil」に対応しています。
第8世代も、もちろん対応です。
Apple Pencilなら、普通の鉛筆・ペンに近い感覚で文字やイラストが描けます。
iPadがノートやメモ帳代わりになり、普通のスタイラスペンではできない使い方が可能です。

「Smart Keyboard」が使える

「Smart Keyboard」はApple純正のキーボードです。
本体に直接接続するので、Bluetooth接続と比べて安定した接続を維持できます。
また、iPadからの給電で充電なしで使えるのも嬉しいところです。
タイピングで資料作成など、ライトな作業をするのに重宝するでしょう。

AndroidタブレットとiPad まとめ

AndroidタブレットとiPadのそれぞれの特徴と、おすすめ機種を紹介しました。

現状、Androidタブレットは「価格が安い機種が選べる」iPadは「少し予算が上がるが高性能」というのが大きな特徴となります。
プラスして、「お手持ちのスマホがAndroidなのかiPhoneなのか」「どちらのOSの操作性が好みか」なども加味して選んでみると良いでしょう。

ぜひ参考に自分にぴったりのタブレットを選んでみて下さいね。

 

スポンサーリンク