タイムセール開催中Amazon

iPadのバッテリー交換方法・目安は?長持ちさせるコツも解説

iPadのバッテリー交換方法・目安は?長持ちさせるコツも解説

iPadのバッテリーを交換したいけどどこに頼むべき?iPadのバッテリーは自分でも交換できるの?そんなお悩みありませんか?

今回は、iPadのバッテリーについての疑問を解決します。

おすすめのバッテリー交換方法、交換修理サービスの所要期間や料金などたっぷり情報をまとめました。また、iPadのバッテリーを長持ちさせるコツもご紹介します。

iPadのおすすめモデルについては、下記の記事に詳細にまとめましたのでぜひこちらも参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【2021年10月】iPadのおすすめは?種類や違い、特徴を分かりやすく紹介! 現在iPadにはiPad ProにiPad AirにiPad miniに…と多くの種類があり、一体どれを選んでいいのか分からない!という方も多いはず。 そこで今回は「どのiPadでなにができる...
目次

バッテリー交換は自分でやっていいの?

バッテリー交換は自分でやっていいの?

iPadのバッテリー交換について調べていると、自分でやっているツワモノを見かけます。動画でわかりやすく説明してあると簡単そうに見えますよね。

ですが、自分でのバッテリー交換は絶対にやめましょう。なぜなら、一度でも自分でやってしまうとAppleのサポート対象外になってしまうからです。もしバッテリー交換を自分でやって、結果失敗したらどうしますか?Appleのサポートに助けてもらいたくなりますよね。しかし、時すでに遅し、AppleはあなたのiPadの問題を解決してはくれません。

自分でバッテリー交換をするためには、バッテリーを自身で入手する必要がありますよね。

純正バッテリーは基本的に一般市場ではかなりレアですし、「純正」を騙る粗悪品も出回っています。このようなバッテリーを使用すると、最悪事故につながり危険です。

このように、自分でiPadのバッテリーを交換するのはかなりリスクが大きいです。なので、おすすめしません。

iPadのバッテリー交換を自分でやってはだめな理由

  • Appleサポート対象外になる
  • 偽バッテリーを掴まされる恐れがある
  • 粗悪品バッテリーは事故につながる

iPadのバッテリー交換方法は

では自分でやる以外にはどんな方法があるのでしょうか。iPadのバッテリー交換方法は、主に以下の2つです。

  • Appleストアへ持ち込み修理
  • Appleの配送修理サービス
  • Apple正規サービスプロバイダ

それぞれ解説していきます。

Appleストアへ持ち込み修理

AppleストアはApple製品の直営販売店および技術サポート拠点で、iPadのバッテリー交換も当然受け付けてくれます。

現在国内に存在するApple Storeは10店舗(東京都5店舗、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、福岡県に各1店舗)。

Appleストアには、Apple製品のエキスパートであるサポートスタッフが在中していますので、質問があったらすぐに尋ねられますし、安心して修理を頼める点が魅力です。近くにApple Storeがあるならばおすすめの選択肢ですね。

Appleストアに行く前に注意したいこと

Appleストアは原則予約制です。Webで日時や来訪店舗を事前に予約しなければいけません。店舗に空き時間がある場合、飛び入りに対応してもらえることもありますが、賭けになるのでおすすめはしません。

Appleの配送修理サービス

Appleストアに行く時間がない人や、Appleストアが遠すぎるという人には配送修理サービスがおすすめです。

配送修理サービスとは、iPadをAppleのリペアセンターに送り、そこで修理をしてもらうサービス!Webか電話で簡単に申し込める点が利点。

申し込み後は、希望した日に配送業者が集荷にきてくれます。

「でも梱包するのが面倒」って思いますよね。なんと!梱包は必要ありません。配送業者がApple専用の梱包キットに入れて配送してくれるので、裸のiPadを渡すだけでいいのです。

簡単に手続きでき、集荷時間が自分で決められるので、多忙な人におすすめですね!

Apple正規サービスプロバイダ

Apple正規サービスプロバイダとは、Appleから認可された修理サービス店のことです。正規サービスプロバイダが使用する部品やバッテリーは、すべて純正品なので安心して託せます。

全国に約100店舗と店舗数が多いのも魅力。配送修理に抵抗がある人は、近くの正規サービスプロバイダを利用してみましょう。

ここに注意!

街でよく見かける、iPhone・iPad修理屋の多くは正規サービスプロバイダではありません。よって使用するバッテリーは純正品ではないです。修理料金は安いですが、修理後はAppleのサポートが受けられなくなります。

Apple正規サービスプロバイダは下記のとおり。

バッテリー交換の期間と費用は

iPadのバッテリー交換をする際、気になるのは期間と費用です。仕事に使用している人は、できる限り早く手元に戻ってきてほしいですよね。

また、バッテリー交換料金は、iPadのモデルによって異なります。主要なモデルの価格をまとめました。

期間

Apple Storeへの持ち込み修理の場合

通常5〜7営業日です。

バッテリー修理前の検査で他に問題が見つかった場合や、修理サービスの混雑具合によって、期間が伸びることもあります。大方の目安として1週間くらいと考えておきましょう。

Apple配送修理サービスの場合

一般的に5〜7営業日です。ただし、それにプラスして配送にかかる時間を考えなくてはなりません。リペアセンターから離れている地域にお住まいの場合、さらに1日〜2日後と考えておきましょう。

Apple正規サービスプロバイダで修理した場合

正規サービスプロバイダは店によってかなり混雑状況が異なるので、一概に「何日」とはいえません。ですが、Apple公式のサービスより短くすむ可能性があります。

修理を依頼する前に「期間はどのくらいかかるかを尋ねておくといいですね。

費用

保証対象外の場合
1万1,880円

Apple製品限定保証、AppleCare保証対象の場合
0円

iPadのバッテリー交換は全モデル一律料金です。

Apple製品1年限定保証やAppleCare+に加入している場合、バッテリー蓄電量が80%未満まで低下していれば無償で交換できます。

AppleCare+の加入状況はApple公式サイトからチェックできますよ。

iPadのバッテリー交換の目安は

iPhoneやMacBookでは、バッテリー交換の目安としてバッテリーの状態を確認できます。さて、iPadではどうなのでしょうか。

結論から言います。2021年現在、iPad上でバッテリーの状態を確認する方法は存在しません。iPhoneに存在する「バッテリーの状態」という項目がないのです。

現状、バッテリーの状態を確認する方法は、Apple Storeか正規サービスプロバイダーに行って「バッテリー診断」を頼むことです。無料でバッテリーの状態を診てくれます。どちらも基本的に要予約なのがネックですが……。

また、Apple supportに連絡すると遠隔で診断してくれるという情報もありますね。Apple supportの電話は予約制かつ結構な混み合い具合なので、わざわざ「バッテリーの状態確認」だけのために予約するのは腰が引けます。

つまり!今のところ、iPadのバッテリーの状態を調べる手軽な方法はないということです。

バッテリーを長持ちさせるコツは

iPadを長期間使用していれば、バッテリーの消耗はつきものです。ですが、なるべく長持ちさせたいですよね!ここからは、iPadのバッテリーを長持ちさせるコツ、ご紹介します。

設定を最適化する

設定を最適化する
バッテリーの駆動時間を伸ばしたり、負担を軽減したりするには、まずディスプレイの設定を見直しましょう。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「ディスプレイ調整」から「明るさの自動調整」をONにします。この機能がONになっていると、周囲の明るさに合わせてディスプレイの明るさを自動調節してくれます。ムダに明るくしてバッテリーを浪費することがなくなります。

セルラーモデルのiPadを使っている場合、Wi-Fiは常にONにしておきましょう。Wi-Fiでの通信は、携帯電話でのデータ通信よりも消費電力が小さいのです。Wi-Fiが使える場所では、よりバッテリーに負担の少ないWi-Fiで通信するといいですね。

低バッテリー状態とフル充電に気をつける

iPadのバッテリーが25%を切ると画面に充電を促すメッセージがでます。この状態、実は要注意!なぜなら、iPadのバッテリーは20%以下の状態で使用すると、バッテリーに負荷がかかるからです。つまり劣化が早まります。

バッテリー残量が少なくなったとき、やりがちなのが充電しながらの使用です。気持ちはわかりますが、できればやめましょう。なぜなら、充電しながらの使用はバッテリーが高熱になりやすいからです。熱はバッテリーの天敵!避けたほうがバッテリー寿命を延ばせます。30%以上充電してから使用するといいですよ。

また、バッテリーの充電は100%前にやめましょう。iPadの電池は80%以上からの充電で熱を持ちやすくなります。80%を過ぎたら一度やめるのが理想ですね。

最新のソフトウェアを使用する

ソフトウェアの更新には「バッテリー管理改善」など、バッテリーにとってよいアップデートが含まれているかもしれません。また、全体のパフォーマンスにムダがなくなることで、バッテリーの負荷も軽くなりますよ。しっかり最新ソフトウェアにアップデートしましょう。

まとめ

iPadのバッテリー交換は、Apple公式サービスや正規プロバイダーサービスで行なえます。配送サービスを使用すれば、家にいながら修理依頼ができて便利です。

バッテリーを交換すれば、基本的にはバッテリーの問題は解決します。しかし交換後も、古いiPadで最新のゲームをしたり、データ量の多いページを閲覧すると、すぐにバッテリーが熱くなってしまう……。そんなことがあります。これはバッテリーの問題というより、端末のパフォーマンスが悪い状態です。そのような場合は、iPadの買い替えを検討するしかありません。

買い替えた後は、バッテリー長持ちのコツを参考に、バッテリーにやさしい使い方をしてみてくださいね。

iPadのおすすめモデルについては、こちらを参考に!

あわせて読みたい
【2021年10月】iPadのおすすめは?種類や違い、特徴を分かりやすく紹介! 現在iPadにはiPad ProにiPad AirにiPad miniに…と多くの種類があり、一体どれを選んでいいのか分からない!という方も多いはず。 そこで今回は「どのiPadでなにができる...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる