今回は、タブレットの購入を検討されている方、中でもApple iPadを最有力候補で検討されている方向けに、利用シーンや価格等に合わせたiPad選びをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもタブレットは必要なのか?

iPad比較
画像出展:apple.com

音声通話機能と、データ通信機能を併せ持ったスマートフォン(ここではiPhoneを前提にお話しします)とは別にタブレットは必要なものなのでしょうか。

 

タブレット購入には想定できる幾つかの利用シーンがあります。

 

  1. ビジネスシーンでの利用
  2. 動画や映画、画像を大画面で見たい
  3. マップ、ゲーム等のコンテンツを大画面で使いたい
  4. なんとなく、あると便利そうだから

 

といった感じでしょうか。

ビジネスシーンでの利用

「ビジネスシーン」での利用は、本当にタブレットが向いているでしょうか。

 

もしかすると、ウルトラブックや、画面が独立してタブレット利用が可能ないわゆる「2 in 1」の方が向いている事はありませんか?

 

もし、アナタが仕事用の作業をWindowsパソコンで作成しているなら、タブレットはiPadよりも、Windows搭載の薄型PCや2in1が向いていないか、もう1度検討してみることをお勧めします。

 

パソコンがMACであれば、「親和性」「連携」の面でもiPadが選択肢になりやすいのは言うまでもありません。

動画や映画、画像を大画面で見たい

例えば、YouTubeやAbema TVなどの動画、Amazon PrimeやNetflix等の映画配信サービス、InstagramやTikTokなどの画像・動画コンテンツ等を大画面で見る事が目的の場合、iPadはお勧めの端末です。

 

大きな画面での視聴はやはり迫力がありますし、画像などの細かいニュアンスもよく分かります。

 

しかし、視聴場所が自宅の場合(つまり通信SIMを利用しない場合)には、購入すべきなのは、iPadではなく「Apple TV」かもしれません。

 

自宅の大画面テレビでの映画・動画視聴の迫力はiPadの比ではありません。
WiFi接続のiPhoneをApple TV経由でテレビに繋ぎ、映画を視聴するのはお勧めの選択肢です。

 

またiPadは、自宅外での動画視聴を想定している場合にお勧めの端末ですが、端末本体の購入の他に、通信SIMの契約が必要でそのコストも検討する必要があります。

 

また、動画コンテンツの通信コストを定額化する「カウントフリー」オプション(※)の利用も要検討課題です。

 

※カウントフリーとは

カウントフリーとは
画像出展:biglobe.ne.jp

LINEモバイルの「データフリー」や、BIGOBEモバイルの「エンタメフリー」オプションに代表される特定のサービスやコンテンツを利用する際の通信料を、無料または定額化するサービスです。
「エンタメフリー」オプションは、YouTube・AbemaTV・U-NEXT等の動画配信サービスや、Apple Music・Spotify・Amazon Music・LINE MUSIC等の音楽配信サービス等利用時の通信料が月額定額で使い放題となります。
(注)利用料金が定額化するのではないので誤解なきようお願いします。

マップ、ゲーム等のコンテンツを大画面で使いたい

目的地までのルート検索・旅先での宿や飲食店の検索、ゲーム等もiPadが得意とするところです。
筆者も、iPadを所有していますが、最も多い利用シーンがこれです。

 

iPhoneでもルート検索は可能ですし、大柄なiPadを運転中に見える位置に設置するのは難しい面がありますが、それでも、いちいち拡大して確認しなくてもルートやその周辺を把握する事ができるiPadは便利ですし、ゲーム(筆者はストラテジーゲームをプレイ)も小さな画面より、多く画面の方が見やすく操作しやすくいのは言うまでもありませんし、勝ち負けにさえ影響します。

 

この利用シーンは他に代わるものがない、iPadの得意分野と言えますが、屋外での利用も少なくないので、必然的に通信SIMの契約や、そのコスト増を想定しておかなければなりません。

なんとなく、あると便利そうだから

この理由でのiPad購入は少々危険かもしれません。

 

確かにあれば便利ですが、逆に、明確な使用目的がない場合、必須アイテムとは言えないからです。

 

例えば、Samsungが力を入れている、折りたたみディスプレイを搭載する「ファルダフォン」は、2つ折りの画面を広げるとiPad mini程度の画面を確保できるため、スマホとタブレットを兼用する端末になりそうです。

 

また、iPhone自体も大型化し続けてり、iPad Airは「10.5インチ」、iPad miniは「7.9インチ」ですが、iPhone XS MAXは「6.5インチ」で、その差「1.4インチ」はあまり大きな差ではありません。

 

映画や動画視聴、ゲーム等にとって1.4インチ(3.54cm)は大きな違いですが、WEB閲覧時には表示領域が少し広がる程度で大きな差異はありません。

 

つまり、動画・映画を観るといったiPadの画面の大きさを活かす具体案がないのに購入しても、大柄で取り扱いが面倒な厄介者になってしまう可能性が大きいのです。

 

以上のように、iPadを購入すれば必ずしも素晴らしい事ばかりが起こる訳ではありません。
自分の利用シーンをよく吟味した上で、iPadを購入するか否かを検討してください。

iPadは画面の大きさによって4種類の選択肢

iPadは画面の大きさによって4種類の選択肢
画像出展:apple.com

前項で検討した結果、それでもiPadを購入する事に決めた場合、今度は、iPadの画面の大きさによって、4つの選択肢から、自分に最も合うiPadを見つけなければなりません。

選択肢は以下の通りです。

 

  1. iPad Pro 11インチ or 12.9インチ(各 64GB /256GB /512GB /1TBのストレージ)
  2. iPad Air 10.5インチ(64GB/256GBのストレージ)
  3. iPad 9.7インチ(32GB/128GBのストレージ)
  4. iPad mini 7.9インチ(64GB/256GBのストレージ)

 

画面の大きさで5通り、ストレージの違いも含めると14通りの選択肢があります。

 

さらに、価格と予算の問題もあるので、使途・画面サイズ・ストレージ・価格を総合して判断する場合の選択肢は、人それぞれで千差万別と言う事になります。

これを買えば間違いない…はずのお勧めiPadは

では、14通りもの選択肢の中かからどのiPadを選べばよいのか…と言う事ですが、使途がハッキリしていて、予算も勘案するのであれば、自ずと購入対象になるiPadは簡単に見つかるはずですが、あえて筆者のお勧めを言うなら「iPad Air」と「iPad mini」になるかと思います。

 

消去法で考えた場合、「iPad」以外は全て「A12」チップを搭載していますが、「iPad」は「A10 Fusion」ですので、ここは「A12 Bionic」の処理速度の速さをチョイスすべきかと思います(iPad ProはA12X Bionic搭載)。

 

iPad Proは確かに良いのですが、大きすぎて携帯性に欠ける=持ち歩きにくいのではなく、持ち歩きたくないサイズです=のと、何と言っても購入コストがかかり過ぎます。

 

12.9インチ64GBモデルで11万1,800円、512GBモデルを選べば15万円超です。

11インチモデル64GBモデルで税込みでは9万円を超えますし、512GBモデルを選べば13万円超となります。

 

そうなると、A12 Bionic搭載で、価格的にも「割安感」のあるiPad Airと、iPad miniがお勧めということになります。

機種画面サイズ32GB64GB128GB256GB512GB1TB
iPad Pro12.9インチ-11万1,800円-12万8,800円15万0,800円19万4,800円
iPad Pro11インチ-8万9,800円-10万6,800円12万8,800円17万2,800円
iPad Air10.5インチ-5万4,800円-7万1,800円--
Pad mini7.9インチ-4万5,800円-6万2,800円--
iPad9.5インチ3万7,800円-4万8,800円---
(2019年9月9時点。表示は全て税別表示)

 

iPad Airは、64GBで5万4,800円と画面が10インチを超えている割に低価格と言えますが、動画・映画視聴前提で、自宅WiFi以外でも視聴するとなると、持運びの点でiPad miniの軽快さには敵いません。

 

iPad miniは、非常に携帯性に優れる特徴は旧モデルと同様ですが、A12 Bionicを搭載した第5世代の現行モデルは、A10Fusionを搭載していた前世代モデルと比べて飛躍的に処理能力が向上しており、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

 

実は筆者もiPad miniをメインタブレットとして、iPadを併用していますが、旅行やドライブの際に持って出かけるのは決まってiPad miniですし、ストラテジーゲームのメイン端末としても利用するため、かなり利用頻度は高くなっています。

 

もちろん大きさに抵抗がないのであれば、1万円ほど割高なiPad Airは画面が大きい分だけの価値はあるモデルですが、ウエストバックにも突っ込んで出かけられるiPad miniの機動性には敵いません。

 

逆に、せっかく購入しても持ち歩かないのであれば、iPad miniの機動性は活かす事ができず、単に「中途半端な画面サイズのタブレット」になってしまいますので、自宅利用目的であればiPad Airがイチオシとなります。

 

ストレージに関しては、動画や音楽等を端末にDLしておく方なら少し大きめのストレージでないと、スグにパンクしてしまいますので、最低でも128GB、256GBは欲しいところです。

 

一方、筆者のようにデータを保存しない場合には、64GBで充分と感じます。

 

以上から、筆者のお勧めは、自宅利用メインならiPad Air、自宅外への持ち出しが多い場合にはiPad miniとなります。

 

ストレージは、データ保存する方は少なくとも128~256GBは必要ですし、データ保存しないのであれば、最小64GBでも何ら支障なく利用することができます。

A12に拘らないなら3万7,800円で買えるiPadは実は狙い目?

先ほど、A10 Fusionチップ搭載だから…とお勧めに含めなかったiPadですが、考え方を変えると、実は一番の狙い目機種になり得ます。

 

それは、価格がiPadの中で最も安価だから…です。

 

A10 Fusionチップは、iPhoneで言えば「iPhone 7」に搭載されていますが、iPhone 7は未だに現役で幅広いユーザーが愛用する「名機」です。

 

iPhone 7は、iPhoneで初めて「防水防塵機能」や「Felica対応電子決済」が可能になった、現在のiPhoneへのターニングポイントとなったモデルです。
実は、筆者もサブ機として未だに現役で使用しています。

 

そのiPhone 7にも搭載されているA10 Fusionは、高負荷時の処理層度などではA12との差が若干出てしまう事がありますが、普段使いの中で性能が決定的に見劣りするといった場面にはほとんど遭遇する事はありません。

 

コスパの面を最優先で検討するなら、A10Fusion×9.5インチiPadという選択肢も充分に「アリ」かもしれません。

WiFiモデルとセルラーモデルはどちらがお勧め?

WiFiモデルとセルラーモデルはどちらがお勧め?
画像出展:apple.com

実は、iPad選びにはもう1つ悩ましい問題があります。

 

それが、通信の問題で、WiFiのみで利用するモデル(WiFiモデル)と、WiFiに加えてモバイル通信も可能なモデル(セルラーモデル)があり、セルラーモデルの方が1万5,000円ほど割高な価格設定となっています。

 

以下は、WiFiモデルとセルラーモデルの比較です。

機能WiFiモデルセルラーモデル
SIM装着不可装着可(eSIMあり)
モバイルデータ通信不可
テザリング不可
GPSなしあり
携帯性若干軽い若干重い

 

先ほど、自宅外への持ち出しが多いならiPad mini、WiFi環境で利用するならiPad Airがお勧めだと書きましたが、それは同じ意味で、WiFiモデルとセルラーモデルにも当てはまります。

 

自宅のWiFi環境下でのみ使用するのであれば、モバイル通信を利用する事はありませんので、WiFiモデルで問題ありませんし、外出時に携行する事が多いのであれば、モバイル通信が利用できるセルラーモデルがお勧めとなります。

 

モバイル通信SIMを契約しなくても、iPhoneテザリングや公衆WiFi等でWiFiモデルでも屋外で利用する事は可能ですが、やはり、通信への接続を行うため、利用するたびに1アクション多いのは煩わしいと感じる方が多いようです。

 

ただ、iPad用のモバイル通信SIMを維持しなければなりませんので、その分、ランニングコストが増える事になる点は注意が必要です。

 

あまり使わないのに、月間数百円であっても継続的に無駄な出費が発生することは避けるべきです。

 

筆者は、iPad mini 2のWiFiモデルと、iPad mini 3のセルラーモデル、両方を所有していて、外出時には持って出かける事がおおいのですが、WiFiモデルのiPad mini 2を持って出かける事も少なくありません。

 

WiFiモデルを持って出かける場合は、少しでも重いのが嫌な場合、マップを使う予定がない時、短時間の外出の時などです。

 

WiFiモデルはセルラーモデルより、薄く軽いのが特徴で、ウエストバック1つで出かける際などは少しでも重いセルラーモデルは避ける事が多いです。WiFiモデルを利用する際には、簡単にテザリングできる「Instant Hotspot」機能(以下説明あり)を使っています。

 

ただし、マップを利用する可能性がある場合はGPS付きのセルラーモデルを携行します。

 

また、iPhoneからのテザリングで通信する場合には、通信を供給する側のiPhoneのバッテリーの消耗が激しいので、長時間の外出になる場合は、自力で通信できるセルラーモデルを携行します。

Instant Hotspot機能でテザリング上手に

Instant Hotspot機能でテザリング上手に

WiFiモデルを携行する際に、iPhoneのテザリングで通信を利用する場合、「Instant Hotspot(インスタント・ホットスポット)」という便利な機能があります。

 

通常、iPhoneテザリングする場合には、通信を供給する側のiPhoneで「インターネット共有」をONにし、その上で、iPad等通信を利用する側でWiFi接続する必要がありますが、この「Instant Hotspot」機能を使えば、iPadなど通信を利用する側で接続するだけ、自動的にiPhoneのテザリング機能がONになる仕組みです。

 

上の画像は、iPhoneの通信を利用するiPadの設定-WiFi画面ですが、こうして、あらかじめインターネット共有を設定しておけば、簡単にテザリングする事が可能です。

iPadにお勧めのモバイル通信とは

iPadにお勧めのモバイル通信とは
画像出展:bmobile.ne.jp

前項で、セルラーモデルのデメリットとして、通信SIMの月額料金を挙げました。

 

ここからは少々余談的になるのですが、筆者も使っているSIMで月額僅かなコストでSIMを維持する方法をご紹介しておきます。

 

昨今では、料金プランの最小単位で1GB容量プランを提供しない格安SIMが増えていますが、提供している場合では、通常、データ通信SIMは、LINEモバイル(500円/1GB)、イオンモバイル(480円/1GB)等、1GBあたり500円が最安値です。

 

1GB使い切らなければ料金が無駄(翌月には繰越し可能)ですし、足りなければ、1GB500~1000円で追加購入しなければなりません。

 

ここでお勧めしたいのが、日本通信b-mobile Sの「190 Pad SIM」というデータ通信専用プランです。

 

「190 Pad SIM」は、珍しい従量課金制(※)を採用しており、毎月、使った容量分だけ料金を支払う仕組みで、何と、最小容量での料金は190円/100MBです。

190PadSIM100MBまで1GBまで3GBまで6GBまで10GBまで15GBまで
データ通信190円480円850円1,450円2,190円3,280円
SMS付320円610円980円1,580円2,320円3,410円
(2019年9月9時点。表示は全て税別表示)

こちらは、「190 Pad SIM」の料金ですが、100MBまでは190円、1GBまでは480円でSIMを維持する事ができます。

 

もし、1か月間まったく通信を利用しない場合でも、僅か190円の負担でSIMを維持する事ができます。
しかも、NTTドコモ回線とSoftbank回線を選ぶ事ができ、SMS機能付(+130円)も選択可能です。

 

「190 Pad SIM」は、元々、iPadの通信を維持する事を目的に作られたプランですので、利用するか、しないかが分からないiPadの維持に最適なプランと言えます。

 

※従量課金制とは
通常の料金プランは、月間に利用できるデータ通信容量があらかじめ決められており、500円/1GBや、1,400円/3GBのように、毎月決まった容量に対して固定した料金を支払うため「固定課金制」と呼ばれます。
これに対して「従量課金制」は、最大容量の中で幾つかに区切られた容量ごとに料金を支払う方法で、あまり使わなかった月は少ない料金、多く使った月はそれに見合う料金を支払う事ができるので、容量を余らせたり、不足する事がないのが特徴です。

まとめ 使い勝手が良いのはセルラーモデル

今回はiPadについて、その必要性や、モデル選びについて考えてきました。

 

機種としてのお勧めは、持ち出しの有無によってiPad Air、または、iPad miniをお勧めしました。

ストレージについては、使途によって選ぶべき容量を考えました。

 

最後の問題は、radikoWiFiモデルか、セルラーモデルか…という事ですが、価格が高く、ぶ厚く重い、SIMの月額料金がかかる等のデメリットもありますが、やはり使い勝手を重視すれば、開けばすぐに通信が可能なセルラーモデルに軍配が上がるのではないでしょうか。

 

iPhoneテザリングや、公衆WiFiでWiFiモデルを屋外で運用することはできますし、端末代金や通信費などの面でのコストも割安になりますが、その分、利便性の部分では人の手をかける必要があります。

その手間を分かった上でのWiFiモデルのチョイスも充分にありだと思います。

 

2年単位で考えた場合、本体価格1万5,000円の差額(1/24)と、SIMのランニングコスト(1GB500円想定)で、月額あたり1,750円の負担となりますが、それには代えられないセルラーモデルの利便性があります。

 

さらに、SIMの選び方によっては月利用料も低く抑える事が可能ですので、利便性や機能性を重視するなら、お勧めは100%セルラーモデルと言えます。

 

スポンサーリンク