そろそろスマホを買い換えようかな

 

次はiPhoneにしたい

 

でもiPhoneは高いから…

 

2019年型新型iPhoneの発表~発売も間もなくと思われますが、秋は数多くのiPhoneが購入される季節ですが、最新型ばかりでなく、旧モデルにも活発な動きが見られる時期でもあります。

 

いざiPhoneを買おうとすると、意外に購入できるモデルが多いため、どのモデルにするか迷ってしまうものです。

 

今回は、実用面を重視するユーザー向けに高コスパの1台をご紹介します。

スポンサーリンク

スマホの選択基準は人それぞれ千差万別

スマホの選択基準は人それぞれ千差万別
画像出展:apple .com

ユーザーがスマホを選ぶ際の基準は1通りではありません。

人によって重視する部分が違いますし、負担できるコストも違います。

さらに、デザインも重要ですし、必要な機能・性能も全て異なります。

最新機能を使いこなし最高性能を求めるユーザー

毎年のように新型機を購入し、iPhoneの新たな機能や、年々向上する性能を使いこなす人たちです。

 

こうしたユーザーは、新型iPhoneによって得られる新しい体験や、驚く様な機能に価値を見出すため、高額な新型機の購入コストなどの経済的負担を厭いません。

 

もちろん、所有するモデルも、購入対象となる端末も、その時点での最新機種かそれに準ずるモデルです。

コスパ重視で基本的な機能・性能を求めるユーザー

iPhone購入にかけるコストと機能や性能をバランスさせ、可能な範囲でバランスさせようとする人たちです。

 

特別な機能や最高性能は求めておらず、日々、iPhoneを使用する上で必要な基本的な機能・性能を確保できれば、端末購入コストは可能な限り圧縮したいと考えます。

 

新型機発売によって値下げとなった旧型機を割安に購入する事が多いですが、人によって求める機能や性能に幅があるため、発売時期と価格の兼ね合いは幾つあのパターンがあります。

  1. 徹底的にコストを抑制したいと考えるケース
  2. 現時点で必要な機能・性能を有しているなら発売時期には拘らずコスパを重視するケース
  3. 多少割高でも許容できる範囲で、できるだけ最新の機能・性能に近いモデルを選ぶケース 

 

例えば、現時点で「必要」あるいは「あった方が良い」機能として、「防水・防塵」「Apple Pay」がありますが、この機能を「持つ」「持たない」の境目は、iPhone6sとiPhone7です。

 

防水・防塵機能は不要、iPhoneで電子決済はしない…と言う事で、メールやSNS、WEB閲覧など基本的な事ができれば良いという①のタイプのユーザーの選択は「iPhone6s」になりそうです。

 

防水・防塵機能や、店舗や交通機関でのApple Pay機能が必要だという②ユーザーの選択肢は、iPhone7以降となりますが、当然、iPhone6sよりも発売時期が新しいため、購入コストは割高になります。

 

さらに、防水・防塵、Apple Payだけでなく、最新モデルと同じ「ワイヤレス充電」機能も欲しいという➂のユーザーの選択肢は、iPhone8となり、購入コストはさらに大きくなります。

 

このように、求める機能・性能が違えば自ずと選択するモデルが違ってきますし、さらに、購入コストを勘案すれば、予算内で購入可能なモデルも決まってくるわけです。

 

従って、コスパ重視でiPhoneを選ぶ場合には、各々のiPhoneが持つ機能や性能と、購入コストを把握しておく必要があるのです。

iPhone6s・iPhone7・iPhone8を比較して見ましょう

iPhone6siPhone7iPhone8
チップA9A10A11 Bionic
ストレージ32GB/128GB32GB/128GB64GB/256GB
外寸(mm)138.3×67.1×7.1138.3×67.1×7.1138.4×67.3×7.3
重量(g)143.0138.0148.0
カラー4色4色3色
ディスプレイ4.7インチ
フルsRGB規格
-
4.7インチ
-
広色域ディスプレイ
4.7インチ
True Tone
広色域ディスプレイ
メインカメラ12MP
F/2.2
-
12MP
F1.8
光学手ぶれ補正
12MP
F1.8
光学手ぶれ補正
インカメラ5MP7MP7MP
Touch ID
防水防塵×IP67相当IP67相当
Apple Pay×
-
-
-

リーダーモードNFC
エクスプレスカード
Felica

リーダーモードNFC
エクスプレスカード
Felica
ワイヤレス充電××
バッテリー連続通話:14時間
ネット:10時間
-
連続通話:14時間
ネット:12時間
-
連続通話:14時間
ネット:12時間
高速充電対応
オーディオ-ステレオ再生ステレオ再生

 

1年ごとに新モデルが登場するiPhoneですが、その1年間で生じる違いは、モデルによって差の大小があります。

 

3機種の主だった機能・性能を一覧で比較して見ると、iPhone6sとiPhone7には、前述の「防水・防塵機能」「Apple Pay」以外にも、「ディスプレイ」や「カメラ」などの性能に小さくない性能差がありますが、iPhone7とiPhone8の違いは、「ワイヤレス充電」や「高速充電」程度で、iPhone6sとiPhone7の間には若干大きめの違いがあり、iPhone7とiPhone8の差はごく僅かである事がわかります。

 

もちろん、モデルが新しくなれば、iPhoneの頭脳というべきチップ性能が向上しますので、処理能力等の差はあるのは当然ですが、だからと言って、目に見えて遅い、イライラする程の違いがある訳ではありません。

 

さすがに、2世代違うiPhone6sとiPhone8を比べると多少の違いは体感できますが、それでも2台並べて比較しない限りは明確な差は分からないと思います。

チップ(CPU)性能の差について

CPUUX3DTotal Score
iPhone6s64,68830,56348,713149,481
iPhone SE67,76031,64549,103153,222
iPhone773,00332,45464,079174,301
iPhone895,99246,49478,915228,973
iPhone XR121,09864,134145,071340,119
iPhone XS129,78665,707146,298351,647

 

こちらは、スマートフォンのベンチマークスコア測定アプリ「AnTuTu(アンチュチュ)」による、iPhone各機種の計測スコアです。

 

1つ1つの計測値の意味は理解しなくても良いので、トータルスコアの値の差に注目してください。

 

当然ですが、モデルが新しくなるにつれスコアが向上して処理能力がアップしている事が分かります。

 

2015年発売のiPhone6sと、2018年発売のiPhone XSでは、スコアは倍以上に伸び、処理能力が大幅に強化されている事がわかります。

 

旧機種間でも、iPhone6s→iPhone7で【24,820】、iPhone7→iPhone8で【54,672】の差があります。

 

数字で見ると大きな差に感じますが、実際には、スコアの数万の差は、ハッキリ体感できるものではなく、非常にシビアな処理をさせた際に、処理の要する時間が若干長めにかかる程度のものです。

 

日々、使用する機能「メール」「SNS」「WEB閲覧」「電子決済」「通話」等であれば、A9でもA10でも難なく作業をこなすことができますし、「マップ」や「ゲーム」等の処理の際に若干の差が生ずる可能性はあるものの、前述の通り、2台並べて比べなければ分からない程度の差だと理解して良いと思います。

カメラの性能差について

カメラの性能差について
画像出展:apple .com

カメラ性能においてもiPhone6sとiPhone7の間の差は大きめです。

 

美しい写真を撮るには、まず何よりレンズの明るさが重要です。

 

明るいレンズはより多くの光を集める事ができるため、表現力豊かな写真が撮影しやすくなりますし、より暗い場所でも被写体を捉えることが可能になります。

 

さらに、背景ボケを得やすくなり、手ブレにも強い傾向があるため、iPhone6s→iPhone7ではレンズの「f値」が2.2→1.8と明るくなった事で、より美しく表現力豊かな写真が撮影できます。

 

iPhone7とiPhone8の「f値」は同じですので、レンズの明るさにおいて差はないと言えます。

 

また、iPhone7とiPhone8には「光学手ぶれ補正」機能が搭載されています。

 

光学手ぶれ補正とは、iPhoneに内蔵した振動センサーによって手ブレを感知し補正する機能です。

防水・防塵機能について

防水・防塵機能について

iPhone7から搭載された「防水・防塵」機能ですが、当時は「やっと」「待ちに待った」と言われた、ユーザー待望の機能の搭載で、特に女性からの支持が高い事が特徴的でした。

 

iPhoneの修理店などに聞くと、不調を訴えて持ち込まれるiPhoneは、かなり高い割合で「知らぬ間水没」であるといいます。

 

例えば、グラスに結露した水滴がテーブルに溜まり、傍においていたiPhoneにイヤホンジャックやSIM挿入口等から水滴が内部に侵入してしまう等、ユーザー自身が気づかない内に起こる水没での修理依頼が非常に多いそうです。

 

その他にも、雨天時の通話やメールチェックで雨滴が浸入しまったり、胸ポケットからトイレや洗面所へのダイブは「iPhoneあるある」としてよく耳にします。

 

そうした意味で、「待ちに待った」機能だったというのは頷ける話しで、防水機能はある意味、必須機能と言えるのかもしれません。

 

(参考)

iPhone7の防水・防塵機能は「IP67相当」です。

IP(International Protection)+「防塵性能」+「防水性能」の表示ですので、防塵性能は「6」等級、防水機能は「7」等級と言う事になります。

ちなみに7等級の防水性能は「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない」「防浸形」です。

防水等級内容呼称
0特に保護されていない-
1鉛直に落下する水滴を受けても有害な影響がない防滴I形
2鉛直から15度以内の範囲で落下する水滴を受けても有害な影響がない防滴II形
3鉛直から60度以内の範囲で水滴が噴霧状に落下しても有害な影響がない防雨形
4あらゆる方向から水の飛沫を受けても有害な影響がない防まつ形
5あらゆる方向から噴流水を受けても有害な影響がない防噴流形
6あらゆる方向から強い噴流水を受けても有害な影響がない耐水形
7一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない防浸形
8連続的に水中に置いても有害な影響がない水中形

巷で言う「iPhone7は防水ではなく耐水だ」という議論は特に気にする必要はありません。大事なのはiPhone7が備える防水性能がIP*7等級だと言う事であり、水中で連続的に水圧がかかった状態でも影響がない「水中形」をサポートしていないと言う事です。

 

ちなみに、iPhone XS/XS MAXは「IP68」相当となっており、防水性能は最高の「8」(=水中形)に対応していますが、Appleの推奨は「最大水深2mで最大30分間」となっています。

 

つまり、水深も時間も気にせず使える完全防水のiPhoneは存在しないと言う事です。あくまでも、生活する上でのちょっとした水の影響を排除できると考えた方が良さそうです。

Apple Payについて

Apple Payについて
画像出展:apple .com

昨今は、PayPayやLINE Payといった「スマホ決済」「バーコード決済」が話題ですが、やはり、いちいち画面ONにしてアプリを立ち上げバーコードを表示するのは面倒です。

 

使い勝手から言えば、iPhone7以降で搭載された「Apple Pay」は、任意のクレジットカードを登録しておけば、ホームボタンに指を乗せて(指紋認証)、iPhoneを読み取り機にかざせば決済が完了するため面倒臭さに各段の違いがあります。

 

さらに、Suicaをエクスプレスカードに指定して置けば、電車・バスなどでは指紋認証不要で料金支払いが完了できます。

 

iPhone6s以前のモデルでも「スマホ決済」(バーコード決済)や、ネット上・アプリ内でのApple Payの利用は可能ですが、FeliCa に対応していないためiPhoneを読み取り機にかざして決済する事はできません。

 

また万が一、iPhoneのバッテリーが切れた場合にはスマホ決済は、画面が表示できないのでお手上げです。

 

iPhone7のSuicaなら、電源が落ちてから少しの間であれば利用する事ができるのも大きな利便性と言えます。

 

今年2019年10月には消費増税の実施が予定されていますが、それに伴い、キャッシュレス決済に限って、2%あるいは5%のポイント還元が実施される事を踏まえた場合、iPhone7以降のApple Pay機能搭載モデルの購入がお勧めとなります。

ワイヤレス充電について

ワイヤレス充電について
画像出展:apple .com

iPhone8から搭載された「ワイヤレス充電」は、充電コードをiPhoneに繋がなくても充電パッドにiPhoneを置くだけで充電できるため、充電コードを繋ぐ手間が省けるだけでなく、充電コードの接続プラグの劣化を防止する事にも繋がりますし、引いては防水効果の劣化も防ぐことになります。

 

しかし反面、充電が非常に遅く、充電にかかる時間が長くなるのが欠点です。

 

長年iPhoneを利用していると、バッテリーの残量からフル充電までにかかる時間はおおよそ推測できすが、ワイヤレス充電では、その予想をはるかに下回る量しか充電できていない事が多く、就寝中などの時間に余裕のある場合以外は、あまり実用的とは言えません。

 

また、充電パッドは10cm四方程の場所を占有し、上にモノを乗せられない事もあって、スペースの限られたデスク周りでは、充電パッドの存在が邪魔になる事も少なくありません。

 

ワイヤレス充電は、あれば便利な機能ですがなくてもあまり困る機能ではないと言えます。

多くの新機能は「iOS」によってもたらされる

多くの新機能は「iOS」によってもたらされる

端末代は安くしたいけれど、あまりに機能・性能が劣るのは困る…。

 

iPhoneはその点では安心です。

 

新型iPhoneのハードウエアによる新機能・性能は旧型機で利用する事はできませんが、ソフトウエアによる新機能であれば、最新の「iOS」をインストールする事で、旧モデルでも利用する事が可能です。

 

iPhoneはハードウエア(端末)が新しくなって追加される新機能より、iOSのバージョンアップによってもたらされる新機能の方が断然多いのです。

 

この、「旧モデルでも最新iOSをアップデートできる」事は、iPhoneが長年利用し続けられる大きな要因で、最新iOSをインストールする事で、常に最新機能と最新セキュリティを端末に反映する事ができます。

 

現在の最新iOSは「12.4」ですが、6年前の2013年に発売となったiPhone 5sもアップデート対象となっています。

 

例えば、iOS12で登場した新機能に、「ショートカット」や「スクリーンタイム」等がありますが、これらの機能は、iPhone XS/XS MAX/XRはもちろんですが、iOS12をインストールできるiPhone 5s以降の端末であれば全てのiPhoneで利用する事ができます。

 

つまりiPhoneの新機能は、ハードウエア由来の機能でない限り、最新iOSをインストールできるiPhoneなら発売から数年経過していても最新機能にアップデートする事ができる訳です。

 

それはつまり、割安な旧モデルで最新機能を利用する事ができる…というiPhoneの大きなメリットです。

コスパ重視・基本機能・性能重視のユーザーへのお勧めは

コスパ重視・基本機能・性能重視のユーザーへのお勧めは
画像出展:uqwimax.jp

iPhoneの選択肢は、ユーザーの考え方によって異なります。

 

最新機能や最高性能を求めるなら、2019年8月時点での最新モデルであるiPhone XS/XS MAXに準ずるポジションにあるiPhone XRなら、機能・性能はXSに準じながら、価格は2~3万円割安に購入できます。

 

コスパ重視で、日々の使用における基本的な機能や性能を手に入れたいユーザーには、ホームボタン装備の旧端末をリーズナブルに購入する方法をお勧めします。

 

現在、新品端末が購入できるホームボタン装備のiPhoneは、iPhone6s・iPhone7・iPhone8の3モデルですが、中でも、「iPhone7」は価格もかなり割安になってきているのに、機能・性能はiPhone8と大差なく、コスパ重視で考えた場合のベストチョイスと言えそうです。

 

購入価格が安い

現在、Apple Storeでの最安値は、32GBモデルで50,800円(税別)です。
こちらは、通信キャリアのSIMロックのない「SIMフリー」端末です。
通信会社での取り扱いもあり、割安に購入する事ができます。

 

iPhone8に準ずる機能・性能

iPhone6sをこれから購入して利用するには、機能・性能面で若干苦しいものがありますが、iPhone7であれば必要十分な機能・性能を有しており、ワイヤレス充電以外の基本性能はiPhone8に準じます。

 

デザインは共通なので古臭さがない

外観はiPhone6sもiPhone7も、iPhone8も大きな違いはありません。
iPhoneのアイデンティティ(共通性)であるディスプレイ下部中央に丸いホームボタンを配したデザインは共通であり、その事は、発売から数年経過しても古臭く見えにくいという特徴となっています。

 

以上3点から、筆者がコスパ重視のユーザーにお勧めするベストチョイスは「iPhone7」です。

iPhone7の購入価格を比較する

2019年8月現在、iPhone7を購入できるのは、Apple Storeと、大手キャリアとサブブランド、及び大手キャリアグループのMVNOのみとなっています。

Apple StoreNTTドコモauSoftbank
制限SIMフリーSIMロックSIMロックSIMロック
32GB5万4864円4万2768円4万1760円3万2400円
128GB6万6744円-4万7520円3万2400円
Y! mobileUQ mobileBIGLOBE-M
制限SIMロックSIMロックSIMロック
32GB3万4236円1万3500円5万2617円
128GB4万7196円2万6460円6万5577円

 

こちらは、Apple Store、大手キャリア3社、各々のサブブランド及びグループMVNOでのiPhone7の購入価格です。
各社一定の条件ではなく、最も安く購入できる条件での価格となっています。

 

32GBモデルで2万円前後~4万円代、128GBモデルで2万円~6万円程度となっており、Androidスマホの「ミドルクラス」「普及クラス」と言われる価格帯になっており、iPhoneとしてはかなりリーズナブルな価格で購入する事が可能です。

 

ただ、此処に掲載した価格は注意が必要です。

2019年秋には総務省によるルール改定が行われる予定となっていますし、噂では9月10日に新型iPhoneが発表されるとされていますが、その際に、Apple Storeで現状最も古いモデルであるiPhone7がラインナップから落とされる可能性もありますので、この価格は暫定的と考えた方が良さそうです。

 

今回は、コスパ重視のユーザー向けに、日常使用で必要となる基本的な機能・性能をリーズナブルに購入する事を前提に、お勧め機種としてiPhone7をチョイスしました。

 

「防水・防塵機能」「Apple Pay」など、iPhone7から採用された機能に加え、iOS12でアップデート可能な「ショートカット」や「スクリーンタイム」等のソフトウエア由来の新機能も加えて、機能比較で見た場合には、iPhone7は発売当初よりも機能が豊富になっているのに価格は値下げされており、抜群のコスパを誇るiPhoneとなっています。

 

本稿では、iPhone7をベストチョイスとしてお勧め致します。

 

スポンサーリンク