2019年版新型iPhoneの発売を間近に控え、そろそろスマホを買い換えようとお考えの方も少なくないと思いますが、もう候補の機種は見つかりましたか?

 

真っさらの2019年版新型iPhoneは、現行iPhoneXS/XS MAX/XRの後継機の位置付けながら、さらに価格がアップする事が予想されています。

 

賢いiPhone購入をしたい、コスパ重視でiPhoneを選びたいと言う事であれば、価格が値下げとなっている旧機種を選ぶと言う方法も選択肢の1つとなります。

 

もし、まだ機種を絞り込んでいない、まだ迷っていると言う事であれば、今回の記事をぜひ読んで頂いて、機種選びの参考にして頂けたら…と思います。

スポンサーリンク

スマホ選びの3要素

iphone_stack

皆さんはスマホを選ぶ際に、「基準となる要素」や「重視するポイント」は何ですか?

 

人それぞれ、重視するポイントは違いますし、購入を決定する基準も異なりますが、あえて大枠で括ってみると、実は、下記の3要素に大別する事ができます。

  1. 機能・性能
  2. デザイン・操作性
  3. 価格・コストパフォーマンス

機能・性能

その端末が持つ機能のうち絶対に手に入れたい機能や、購入を決定づける最低限の性能などを指します。

 

例えば、現在の最新モデルで言えば、背景をボカして撮影できる「ポートレートモード」が必要、あるいは、顔認証が必要であれば「Face ID」機能搭載モデルが選択肢となります。

 

そうした機能は不要、あるいは指紋認証搭載モデルが欲しい…となれば、iPhone8以前のモームボタン搭載モデルしか選択肢がありません。
つまり、欲しい機能・性能によってどの機種を購入するかがだいたい決まってくる…という事です。

デザイン・操作性

デザインは、スマホの見た目という部分も大きいですが、ボタンの配置なども含めたUI(ユーザー・インターフェイス)も1つのデザインと考えられます。

 

単純に外観が恰好いいというデザイン性ももちろん重要ですし、機能美といった見方もあります。

 

また、ボタンやスイッチ類の大きさや形や配置、ディスプレイの大きさ等によって、その端末の操作性が決まってきますが、例えば、手の小さな人が大画面モデルを購入した場合、操作性に支障をきたす可能性もあるため、デザインには見た目以外にも注目すべき点が少なくありません。

iPhoneのホームボタンは親和性の高いデザイン

ちょっと余談ですが、iPhoneの丸いホームボタンをデザイン面から見てみましょう。

 

皆さんはホームボタン付きのiPhoneにどんな印象をお持ちでしょうか。

 

 基本的に「丸いもの」には、親しみを感じやすく、「優しさ」「柔らかさ」「安心感」など、フレンドリーなイメージを持ちやすい傾向があります。

例えば、角目(ヘッドライト)のクルマより、丸目のクルマに愛らしさを感じませんか?

 

ポルシェ911、VWビートル、フィアット500、ミニ、JEEP等々、丸目のクルマは、長年愛されるロングセラーが多いように思います。

 iPhoneがデビューして以来、丸いホームボタンはiPhoneのアイデンティティ(identity=同一性)でした。

 

つまり、丸いホームボタンが本体下部中央に配置されている事が見た目の最大の特徴であり、iPhoneである事を主張するiPhone共通のアイデンティティ(identity=同一性)という訳です。

iphone_3types

こちらは、iPhoneXS・iPhone7・iPhone SEのフロントビューです。

ホームボタンのある右側の2機種には愛嬌がありますし、可愛さを感じませんか?

 

ホームボタンのないiPhoneXSは、機能性は高まったのかもしれませんが、筆者の目には「愛らしいデザイン」と言うだけでなく、他のAndroidスマホとの違いが一目で分かりずらく、iPhoneであるというデザイン面での主張=アイデンティティも失ったように感じます。

価格・コストパフォーマンス

これは読んだ通り「端末の価格」であり、その価格を出費してどんな機能・性能・デザイン・操作性が購入できるのか…という意味で、上記2つの項目にも深く関わる重要な要素です。

 

出費をどこまで許容できるかによって、購入できる機種も自ずと決まってきます。

 

当然ながら、最新の機能性能を手に入れたいと思えば、それなりの金額を支払わなければなりませんし、日常使いで使用する機能・性能と価格のバランスを重視すれば、価格が下がった旧機種が選択肢となります。

購入者は2タイプもコスパ重視では同じ

買い物をするユーザーには2タイプの人がいます。

 

1つ目は、機能・性能を最優先する人です。

何よりも、真新しい機能や、ハイスペックを利用してみたいと考える人で、多くの場合、その機能・性能を使いこなすだけの知識を持ち、あるいは、持とうと努力をする人です。

 

 2つ目は、価格を重視する人です。

何かを購入する際に、できるだけ安く買いたいと考える人です。

価格を重視する人は、同じ機能・性能なら少しでも安いものを探すのは当然として、買い物を安く済ませるための努力を惜しまない人です。

 

 ただし、機能を重視する人が価格を全く無視する訳ではありませんし、価格を重視する人が機能・性能には目もくれないと言う訳ではありません。

 

要は、自分が欲しいと考える機能・性能をしっかり吟味した上で、それに対して、いくらの出費が許容できるのか…という点が重要で、それは購入者個々の「コストパフォーマンス」の基準に従って判断されるものです。

購入パターンに合わせたお勧めiPhoneはこれだ

ここまで、スマホの買換えで重視される「3つの要素」と、買換えユーザーが重視する「2つの要素」をピックアップしてきましたので、これらに合わせてお勧めのiPhoneをご紹介します。

最新機能・最高性能を高コスパで購入したい人にはiPhoneXR

iphone_xr

画像出典:apple.com

iPhoneXRは、2018年秋に登場した、現時点での最新モデルで、フラッグシップであるiPhoneXSに準ずる高機能・高性能を身にまとっています。

 

スマホの心臓部であるCPUはiPhoneXSと同じ「A12 Bionic」を搭載し、疑似的ながら「ポートレートモード」も搭載しており、背景をボカした綺麗な写真を撮る事ができます。

 

「Face ID」「Apple Pay」「ワイヤレス充電」「デュアルSIM」など、高機能・高性能を手に入れる事ができます。

 iPhoneXSとの違いは僅かです。

  • ディスプレイが「液晶」である(XSは有機EL)
  • シングルレンズである(XSはデュアルレンズ、XRでもポートレートモード付)
  • カメラのズームがデジタル5倍(XSは10倍、光学ズーム2倍)
  • RAMが3GB(XSは4GB)
  • 防水・防塵機能がIP67等級(XSはIP68等級)
  • 3D Touch機能がない(XSはあり)
  • ストレージが小さい(XRは64/128/256GB、XSは64/256/512GB)

列挙すると項目的には多く感じますが、1つ1つの違いは、日常の使用における重要度はあまり大きくありません。簡単に言えば、日常の使用において支障がない機能と言えます。

 

 一方、iPhoneXRの方が優れている点もあります。

  • ディスプレイが大型(XRは1インチ、XSは5.8インチ)
  • バッテリーが長持ち(XRは連続通話25時間、XSは20時間)
  • ボディカラーが豊富(XRは6カラー、XSは3カラー)
  • 価格が安い(約3万円差)

XSとの価格差3万円は大きいですし、バッテリーが長持ちである事はスマホとして重要な性能です。

 

 ただし、iPhoneXRを選んだ場合には、丸いホームボタンを配した「愛されデザイン」は手に入りません。

必要な最低限の機能を安価に手に入れたい人にはiPhone7

iphone_7

画像出典:apple.com

最安値で長年使えるiPhoneを購入したいという方にはiPhone7をお勧めします。

 

現在、Appleが正規ラインナップに置く機種のうち、最も発売時期が早い(つまり古い)モデルで、現時点での正価は32GBモデルで5万800円と、Androidスマホの普及機クラスの価格となっています。

さらに、キャリアやサブブランド等で割安に購入できるモデルでもあります。

 

 iPhone6sという選択肢も無いわけではありませんが、以下の機能の有無がiPhone7を推す理由です。

  • 防水防塵機能をiPhoneで初めて搭載
  • 防水機能搭載のため、ホームボタンが感圧式となり、イヤホンジャックがなくなりました。

  • Apple Payによる電子決済機能を初めて搭載
  • 登録したクレジットカードやSuicaによる電子決済が可能になりました。

 

防水防塵機能なんていらない、電子決済も使わないと言う事であれば、外見的な差はほとんどありませんのでiPhone6sでも問題ないように思えますが、「iOSアップデート対象」の問題があります。

 

現行「iOS12」はiPhone 5sまでカバーしていますが、噂では、次期iOSではiPhone 5s/6/6 Plusがアップデート対象から外れるようですので、iOS14ではiPhone6s/6s Plus/SEが落とされる可能性があり、今から購入するモデルが最新iOSにほぼ1年間しか適用しないのではお勧めできません。

 

せめて、2年間は最新iOSが適用できそうなiPhone7をお勧めしたいと思います。

新機能や新セキュリティ対策はiOSやアプリによってもたらされる

iPhone7は古すぎない?と心配な方へ、iPhoneが長期間愛用される秘密をご紹介します。

 

 毎年、iPhone発売時期には、新型iPhoneに搭載される新しい機能や性能に注目が集まります。

例えば、2018年発売のiPhoneXSには以下のような新機能が搭載されていました。

  • ショートカット
  • 計測(アプリ)
  • ポートレートモード
  • ミー文字
  • スクリーンタイム
  • バッテリー管理機能

これらの主だった新機能のうち、iPhoneXS/XS MAX/XRでしか利用できないのは、デュアルカメラ搭載によって実現した「ポートレートモード」と「ミー文字」だけで、それ以外の機能は、iOS12とアプリのインストールで旧端末でも利用できるようになります。

 

 つまり、新型iPhoneが新たに身に着けたハードウエア上の機能は、そのハードウエアを装備していない旧機種では実現できませんが、ソフトウエアで身に着けられる機能は、iOSのアップデート対象であれば旧機種でも利用する事ができるわけです。

 

これこそiPhoneが長年の使用に耐える最大の理由です。

 

最新モデルのハードウエア面での新機能が何なのか、要不要をしっかり吟味する事で、高コスパな旧端末を長期間、安心・安定的に利用できると言う訳です。

 

iPhoneにとっては、数年の発売時期の違いは、日々の実用においては僅かな差でしかありません。

機能・性能・デザイン・価格がバランスするiPhone8がベストバイ

iphone_8

画像出典:apple.com

筆者がお勧めするiPhoneの筆頭は「iPhone8」です。

 

外観的にはほとんどiPhone7と変わりませんし、機能的にもiPhone7との違いは、CPUなどの心臓部を除けば、ワイヤレス充電程度の差しかありません。

しかし、お勧めの理由は以下の3点からです。

  1. 機能性能と価格のバランスが良好
  2. 日常使用で必要な機能・性能と、価格がバランスしており、高コスパであること。
    iPhone7で身に着けた「防水防塵」「Apple Pay」に加え、「ワイヤレス充電」が加わりました。

  3. iOSアップデート対象の問題
  4. 当面、3~4年はiOSアップデート対象から外れる心配がなさそうなこと。

  5. ホームボタン付きモデルの最終型
  6. iPhone8はホームボタンを装備するモデルの最終型です。ホームボタンを使った指紋認証は、画面内蔵型で復活するとの噂もありますが、ホームボタン付きのモデルは、今後はもう登場する事はなさそうですので、ラストチャンスかもしれません。

iPhone8は2018年で最も売れたダントツの超人気機種

実は、iPhone8は2018年及び、2019年上半期で最も販売数が多かったスマートフォンです。

順位機種シリーズメーカー販売シェア
1.iPhone8Apple25.4%
2.iPhoneXApple6.1%
3.iPhone8PLusApple4.5%
4.Xperia XZ1Sony Mobile Communications4.3%
5.AQUOS senseSHARP4.0%
6.iPhone SEApple3.7%
7.Huawei P20 liteHuawei Technologies3.2%
8.iPhoneXSApple3.0%
9.iPhone6sApple3.0%
10.Huawei P10 liteHuawei Technologies2.7%

データ出典:BCNランキング

 

こちらは、BCN-Rの集計による2018年のスマートフォン実売数を元にした各社のシェアTOP10です。

 

TOP10のうち6機種をiPhoneが占め、中でも、iPhone8は、他社製品は元より、同じApple社製の他製品に大差をつける1ケタ違うダントツのシェアを記録しています。

 

これだけ多くのユーザーに支持されるのは何らかの事情があるはずですが、iPhoneXS/XS MAX/XRが高額であるからだけではない、iPhone8の良さや魅力があると考えるべきです。

 

もちろん、ホームボタン装備の最後のモデルという事も影響しているはずですが、1台のスマホとしての特徴が無ければ、これほどのシェアの差はできないと考えられます。

 

日々の使用に充分答えてくれる機能・性能、iPhoneとしてのアイデンティティであるホームボタンを備え、現在のスマホデザインのスタンダードとなったiPhoneらしいデザイン、長年親しまれてきた操作性、さらに、iOSアップデート対象の件を勘案した場合、iPhone8であれば短くても3~4年、長ければ5~6年でも充分に日常使用に耐えるロングライフ性と3拍子揃ったiPhone8を、筆者のベストバイと致します。

 

これからiPhoneを購入される方の参考になれば幸いです。

【ライター:喜田 宗彦】

 

スポンサーリンク