iPhone SE(第2世代)サイズ・重さ・スペックを比較紹介!

iPhone SE(第2世代)が2020年4月24日からの販売が開始されました。
iPhone SE(第1世代)の発売は2016年3月31日。約4年の沈黙を破り、堂々登場のiPhone SE、どんな仕上がりになったのでしょうか。

今回は、新しく発売されたiPhone SEが気になっている人向けに、iPhone SE(第2世代)のサイズやスペックを紹介します。

iPhone 8、iPhone 11、iPhone SE(第1世代)とも比較しながら紹介していくので、新しいiPhone SEの優れている点や弱点も一目瞭然です。

iPhone SE(第2世代)を買うか迷っている人、今買うならどのiPhoneがいいのか迷っている人へ、この記事を贈ります。

※以下、文章中iPhone SE(第2世代)を「iPhone SE」と表記します。

※iPhone SE(第2世代)を実機レビュー紹介しています。参考にしてみてください。
スポンサーリンク

iPhone SEがイチオシとわかるスペック比較

まずはスペックをまとめてみました!

2019年9月20日に発売されたiPhone 11、iPhone SEとほぼ同じ外観を持つiPhone 8、それからiPhone SE(第1世代)、この3種類と比較していきます。

その他のモデルとの比較が気になる方は、こちらの記事で紹介しています。参考にしてください。

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
端末イメージiPhone SEiPhone 11iPhone 8iPhone SE(第1世代)
本体サイズタテ:138.4 mm
ヨコ:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
タテ:150.9 mm
ヨコ:75.7 mm
厚さ:8.3 mm
タテ:138.4 mm
ヨコ:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
タテ:123.8 mm
ヨコ:58.6 mm
厚さ:7.8 mm
ディスプレイ
サイズ
4.7インチ6.1インチ4.7インチ4.0インチ
重量148 g194 g148 g113 g
Appleストア
価格
4万4,800円~7万4,800円~販売終了販売終了
チップA13A13A11A9
カメラシングル12MP
ナイトモードなし
デュアル12MP
ナイトモードあり
シングル12MP
ナイトモードなし
シングル12MP
ナイトモードなし
ビデオ・動画4Kビデオ撮影4Kビデオ撮影4Kビデオ撮影4Kビデオ撮影
ホームボタン×
防水防塵IP67等級IP68等級IP67等級×
バッテリー
駆動時間
13時間17時間13時間13時間
本体カラー3色6色3色4色

※:連続ビデオ再生時

一覧で見ると、違いがある部分が浮き彫りになりますね。
そしてiPhone SEが、iPhone 11とiPhone 8と足して割ったような製品であることも、見えてきます。
スペックの細かい比較については、それぞれの項目お伝えします。

iPhone SEは買うべきなのか?

iPhone SEは買うべきなのか?

さて、iPhone 8とiPhone 11のいいとこ取りとも言えるiPhone SEは、実際"買い"なのでしょうか?

はっきり言って、相当買うべき!なモデルです。
なぜかといえば、化け物レベルでコスパが良いからです。

iPhone 11と同じ頭脳を持っているのに、iPhone 11よりも3万円も安いんですよ!これだけでも断然買いの一手でしょう。

また、外観がiPhone 8と同じなのも利点です。
ケースやカバー、フィルムの一部はiPhone 8と同じものが使用できます。
iPhone 8からの乗り換え先としてもいいですね。

iPhone SEを待っていた人の中には、第1世代のサイズが好きだった人もいるでしょう。
今回のモデル発表時、SNSなどで「4インチじゃないのか!」という嘆きは多数ありました。

どうしても4インチのiPhone SEがいい場合は、中古端末を探すしかありません。
人気機種なので、いまでも中古市場で数多く取り扱われています。

楽天で中古品のiPhoneを探す >>

スペックや機能について

ここからはスペックや機能をより詳しく比較していきます。

本体サイズと重量比較

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
サイズ比較iPhone SEiPhone 11iPhone 8iPhone SE(第1世代)
タテサイズ138.4 mm150.9 mm138.4 mm123.8 mm
ヨコサイズ67.3 mm75.7 mm67.3 mm58.6 mm
厚さ7.3 mm8.3 mm7.3 mm7.8 mm
重量148 g194 g148 g113 g

iPhone SEの特徴は、なんと言ってもiPhone 8と同じコンパクトなサイズ感です。
iPhone 11も11Proなどに比べれば小さいですが、片手操作をしようとするとちょっと大きいですね。

大きいとそれだけ重くもなります。
iPhone 11と比較すると、iPhone SEは50gも軽いのです。長時間操作をしていると、50gの差は大きく響いてきます。

ディスプレイと解像度比較

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
サイズ4.7インチ6.1インチ4.7インチ4.0インチ
種類Retina HDLiquid Retina HDRetina HDRetina HD
解像度326ppi
1334×750
326ppi
1792×828
326ppi
1334×750
326ppi
1136×640

ディスプレイの仕様もiPhone SEはiPhone 8と同じです。
さすがに、iPhone 11に比べると少し劣りますが、使用していて「画面が荒い」と感じるレベルではありません。

iPhone 11のLiquid Retina HDは、Retina HDよりも正確な色を表現できるものです。
色に徹底的にこだわりたい場合は、Liquid Retina HDは捨てがたいでしょう。しかし日常的な使用では、気になるほどの差ではないです。

解像度についてもiPhone SEとiPhone 8は同じです。
1334×750という解像度は、縦1334個のドット×横750個のドットがあるという意味です。ドットが多ければ多いほど描画はなめらかになります。

しかしここで注目したいのはppiという数値!

ppiは1インチの中のドット数を示しています。
これは比較したモデルすべて326ppiです。つまりどの機種も解像度自体はそう変わらないわけです。

iPhone 11と同じ頭脳(チップ・CPU)

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
チップA13A13A11A9

スマホの心臓部とも言われるチップ(CPU)!
iPhone SEは、なんとiPhone 11と同じA13です。
ちなみに、A13は2020年4月現在最新のチップです。

そもそもチップとは……

チップは頭脳の役割を果たします。
命令されたことを処理し、適切なプログラムで実行します。

あなたがiPhoneでアプリを立ち上げようとした時、チップはあなたの操作を受けてそのアプリに「起動してー」と命令し、アプリから応答があったら、その立ち上げをしてくれます。

チップが新しいと、この命令や実行の計算がより効率的になるわけです。
実際に、iPhone SEのA13チップは、iPhone 8のA11チップよりも、2.4倍も速くアプリを起動できるのです。

またチップの良し悪しは、アプリのパフォーマンスにも影響があります。
メモ帳などの単純な操作しかないアプリでは差はでません。
ですが、ゲームなど、多くの操作が一度に行われる場合には、チップの差は顕著に現れるものです。

チップは心臓であり頭脳です。
自信を持って「最新のものが良い!」といい切れます。

そう、つまり最新チップが入ったiPhone SEは、それだけで優秀なモデルということです。

カメラのスペック比較

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
カメラ数シングルデュアルシングルシングル
画素数1200万画素1200万画素1200万画素1200万画素
ナイトモード×××
ズームデジタルズーム(5倍)光学ズームアウト(2倍)
デジタルズーム(5倍)
デジタルズーム(5倍)デジタルズーム(5倍)
手ブレ補正光学式光学式光学式デジタル式
ポートレートモード××

カメラを比較すると……これはiPhone 11が一歩リードですね。
画素数はどのiPhoneも同じです。
そして、iPhone SEのカメラの性能は、ほぼiPhone 8と変わりませんね。

しかし!!注目したいのは「ポートレートモード」の有無です。

さてポートレートモードとは?
被写体に焦点をあてた状態で、背景だけを自然にぼかした写真が撮れるモードです。

背景がぼやけることで、被写体が鮮明に映し出され「写真の主役」がくっきりします。
よくある「どこにピント合わせてるんだ……」という悲しい失敗とはこれでサヨナラです!

ポートレートモードには「深度コントロール」と「ポートレートライティング」という機能もあります。

iPhone 深度コントロール
画像出典:apple.com

深度コントロールは、ポートレートモードで撮影した写真の、ぼかしの強弱を変更できる機能です。
撮影した後で「背景をもっとぼかしたい」と思った時や「背景ぼけすぎ!」という時、簡単な操作で調節できます。

背景は写真にとって重要な要素です。
オリジナルのぼかし具合で、写真をもっとおしゃれに仕上げられます。

おしゃれな写真に欠かせないもう一つの機能!それがポートレートライティングです。
ポートレートモードで撮影した写真のライティング、つまり照明を調整できます。

撮影後に、あたかもスタジオ照明で撮ったような写真にしたり、スポットライトがあたっている写真にしたり……と照明を変更できます。

iPhone SE ポートレートモード
画像出典:apple.com

選べる照明は6種類。
色々と難しい調整をする必要は一切なし!カシャとポートレートモードで撮影し、撮影後にぼかしやライティングを変えて、ベストショットが作れます。

ここまでにご紹介した機能、全部搭載されています。
そう、iPhone SEにはね。

ビデオ・動画撮影は4K

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
4Kビデオ撮影
QuickTake
ビデオ
××
ズームデジタルズーム(3倍)光学ズーム(2倍)
デジタルズーム(3倍)
デジタルズーム(3倍)デジタルズーム(3倍)
手ブレ補正光学式光学式光学式デジタル式

ビデオ撮影もiPhone SEにお任せ下さい。
4Kビデオが撮影でき、美しい記録を残せます。

iPhone 8との一番の違いは、QuickTakeビデオに対応している点です。
このQuickTakeとは、写真モードの時にシャッターボタン長押しでビデオ撮影に切り替わる機能です。

iPhoneSE QuickTake
画像出典:apple.com

「あ、動画撮ろ!」と思ったのに起動したカメラは写真モード、あわてて動画に切り替えるも決定的瞬間を逃す……。
こんな悲しい事件、QuickTakeさえあればもう二度と起きません。

「QuickTakeはいらないし、第1世代で事足りるなー」と思うのは、待ってください。第1世代では手ブレ補正はデジタル式でした。

しかし!iPhone SEでは光学式に進化しました。
Appleが"映画レベルの手振れ補正"とまで言った補正方法です。

動画を見直して「すごいブレてる」とそっと削除する悲しみは、iPhone SEはありません。

おかえり。ホームボタン

iPhone SE ホームボタン
画像出典:apple.com
iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
ホームボタン×
セキュア認証Touch IDFace IDTouch IDTouch ID

iPhone SEが発表された時、「ただいま。ホームボタンです。」のキャッチコピーは鮮烈です。
そう、iPhone SEはiPhone X以降失われたホームボタンが復活したのです。

ホームボタンが復活したことで、セキュア認証にもTouch IDが復活しました。
Face IDが苦手な方には、断然iPhone SEがおすすめですね。

iPhone 11にはホームボタンがないため、必然的にセキュア認証はFace IDになります。

水濡れも安心

iPhone SE 防水
画像出典:apple.com
iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
防塵・防水IP67等級IP68等級IP67等級×

第1世代から、最も飛躍をしたのが耐水性です。
iPhone 11よりは一等級落ちるものの、IP67等級の防塵・防水を獲得しました。

IP67等級というのは、防塵6級・耐水7級の製品である証です。

  • 防塵6級:粉塵の侵入が完全に防護されている
  • 防水7級:規程の圧力、時間で水中に沒しても水が浸入しない

防塵面では最高ランクなので、塵にはかなり強そうです。

防水面でも"最大水深1メートルで最大30分間"のテストに合格しています。
お風呂での使用には支障はありません。
また、うっかりトイレに落としてしまったり、水をこぼしてしまった時も、問題は生じないレベルです。

バッテリーの駆動時間

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
ビデオ再生13時間17時間13時間13時間
ビデオ再生
(ストリーミング)
8時間10時間--
オーディオ再生40時間65時間40時間50時間

iPhone SEのバッテリー駆動時間は、iPhone 8と同等のパワフルさを誇ります。

表だけ見ると、第1世代が健闘しています。
ですが、注意すべきは第1世代は4年前のモデルだという点です。

中古の端末は、バッテリーが劣化していることもあります。表の通りの駆動時間とは異なることもあります。

充電方法と充電時間

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
ワイヤレス
充電
×
高速充電30分で
最大50%
30分で
最大50%
30分で
最大50%
×

iPhone SEではiPhone 8やiPhone 11と同じく、ワイヤレス充電に対応しました。

また、高速充電にも対応していますね。
高速充電を使用すれば、約1時間でフル充電できます。

高速充電やワイヤレス対応により、第1世代よりも充電が手軽でスピーディーになったのは大きな進化です。

SIMカードはデュアルSIM

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
SIMカードデュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
デュアルSIM
(nano-SIMとeSIM)
nano-SIMnano-SIM

iPhone 8や第1世代がシングルSIMなのに対し、iPhone SEはiPhone 11と同じくデュアルSIMです。

そもそもSIMカードというのは、モバイル通信や通話を行うために必要なカードです。
カードごとにID番号が決まっています。携帯電話番号もこのSIMカードによる情報ですね。

デュアルSIMは、このSIMカードを2枚使用できる仕組みです。
SIMカードを2枚使うメリットは……

  • 大手通信会社SIM(通話用)と格安SIM(データ通信用)で使い分ける
  • プライベート用SIMとビジネス用SIMで使い分ける
iPhoneSE デュアルSIM
画像出典:apple.com

格安SIMはデータ通信は安いですが、通話は割高です。
大手通信会社はその反対ですね。

通話料の安い大手で通話用のSIMを契約し、格安SIMでデータのみを契約するとどうでしょう。
料金がぐっと安くなります。

スマホを2台持ちする手もありますが、デュアルSIMであれば1台ですむわけです。

本体カラーは3色

iPhoneSE 本体カラーは3色
画像出典:apple.com
iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
カラーブラック
ホワイト
パープル
イエロー
グリーン
ブラック
ホワイト
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
ローズゴールド
(PRODUCT)RED××

さすがにiPhone 11はカラバリが豊富です。
しかし、iPhone SEにもついに(PRODUCT)REDが登場です!

(PRODUCT)REDとは

赤いiPhoneは、特別な意味を持っています。

これは、(RED)というHIV/AIDS撲滅プログラムとコラボレーションしている印なのです。
赤いiPhoneやカバー・ケースなどの売上は、このプログラムへの資金的な支援に使用されます。

だからといって、赤だけ料金が高いということはありません。
他のカラーと同じ価格です。

つまり赤を購入すれば、その行為だけで社会貢献をしていることになります。

また2020年9月30日までは、(PRODUCT)REDの売上全額が新型コロナウイルス(COVID-19)対策の資金にあてられます。

容量

iPhone SE
(第2世代)
iPhone 11iPhone 8iPhone SE
(第1世代)
16GB×××
32GB×××
64GB
128GB
256GB×

容量は最近のモデルと同じ展開です。
容量の選ぶ際は、iPhoneの使用用途を考えると悩まずにすみます。

iPhone SEのカメラやビデオは高性能であるため、たくさん写真や動画を撮影する人は少し大きめの容量を選択すると間違いがありません。

反対に、電話やメッセージのやり取り、ブラウジングだけの人は、一番小さな容量でも十分です。

iPhoneは後から容量を増やせないこと、絶対に忘れてはいけません。

ケース・カバー・フィルムの互換性

iPhone 8と同じサイズのiPhone SEは、カバーやフィルム、ケースなどでiPhone 8のものが使用できる場合があります。

ただし、絶対に互換性があるというわけではありません。
購入前にチェックが必要です。

ちなみに、Apple純正製品では、シリコンケースのみiPhone 8とiPhone SEで同じものを使用できます。レザーケースには互換性はありません。

iPhone SEを選ぶメリット・デメリット

他モデルと比較して見えてきたメリットとデメリットをまとめると……

メリット

  1. なんといっても安い!
  2. Touch IDなのでマスクをしていても認証可能
  3. iPhone 11よりコンパクトで軽量
  4. 第1世代よりチップや機能がぐーんと向上

デメリット

  1. 第1世代よりも大きい
  2. iPhone 11と比べると劣っているスペックがある
  3. バッテリーは第1世代と変わらない

お手頃な価格のiPhone SE

本体が安い!と煽ってきましたが、実際どれほどの価格なのか一覧にしました。
(2020年5月1日時点。税込。新規・一括払いの場合。)

AppleストアdocomoauSoftbank
64GB4万9,280円5万7,024円5万5,270円5万7,600円
128GB5万4,780円6万2,568円6万1,250円6万4,080円
256GB6万6,880円7万5,240円7万5,215円7万8,480円

端末の値段が最も安いのは、Appleの公式ストアです。
公式ストアの端末はSIMフリーなので、SIMだけ別で契約する人や格安SIMを考えている人向けです。

docomoなどのキャリアは少し高くなりますが、それぞれ補償サービスや分割払い、新規契約割引などのプログラムが用意されています。
場合によっては、公式ストアよりも安くなります。

なお、どのキャリアも一括購入の場合は即日SIMロックが解除できます。

おすすめポイントまとめ

デメリットをチェックしてなお、iPhone SEは断然おすすめの機種です。iPhoneの高額化が進む中で、これほどお手頃なモデルはありません。

特に、今iPhone SE(第1世代)を利用している人や、かつてiPhone 11の購入を諦めた人には、うってつけのモデルだと言えます。

どんなところがおすすめなのか、おすすめポイントをまとめてみましょう!

iPhone SE(第1世代)を使用している人へ

現在iPhone SE(第1世代)を使用している人に、第2世代をおすすめするポイントは

  1. 販売中のiPhoneの中ではサイズが一番小さい
  2. 性能が格段にUPしている
  3. 値段はかなりお手頃!

この3つがあげられます。

iPhone SE(第1世代)は、安いながらも機能が充実し、コンパクトで使いやすいとてもいいモデルでした。

しかし、発売から4年も経過しているので、性能面での不足は明らかです。
新しくなったiPhone SEは、そんな第1世代の弱点を克服したモデルと言えます。

残念ながら、4インチではなくなってしまいましたが、4.7インチは昨今のiPhoneと比較するととても小さいです。
サイズ感は使用している内に慣れてくるものなので、ぜひこの新しいiPhone SEを試してください。

iPhone 11の購入を諦めたor迷っている人へ

iPhone 11は最新のテクノロジーの詰まったすばらしいモデルです。

しかしネックなのは値段ですよね。リーズナブルとは言えない価格です。
その高額さからiPhone 11の購入を断念した人や、買うかどうか迷っている人に、iPhone SEはおすすめです。

なぜなら

  1. iPhone 11と同じ機能がある
  2. 価格がお手頃

iPhone SEはiPhone 11と比較するとかなり安いです。
それなのに、機能の一部はiPhone 11と同じです。

いわば高機能で低価格!こんなiPhoneは他にありません。
値段でiPhone 11を諦めていた人には、iPhone SE以上のおすすめモデルはありません。

※iPhone SE(第2世代)を実機レビュー紹介しています。参考にしてみてください。

知ってると自慢できる「SE」の意味

知ってると自慢できる「SE」の意味

ところで、iPhone SEの「SE」ってどんな意味なんでしょうね。

初代SEが発売された後、SE = Special Editionという話がありました。最後に、少しSEについて考えてみましょう。

第1世代は、iPhone 5sの外見にiPhone6sと同じチップを搭載したモデルでした。
iPhone SEは、iPhone 8の外見でiPhone 11と同じチップです。

つまりSEというのは、少し前の機種に最新機種の要素を加えたリフレッシュ版なのかもしれません。
そう考えると……SE = Super Enhanced(すばらしい改良)というのもありですかね?

また、初代SEも最新のSEも、「コンパクト」「手軽な価格」という共通点があります。

SEというのは、小さくて扱いやすく購入もしやすいiPhoneの証とも受け取れますね。
ならば、SE = Smaller and Economical(小さくて経済的)も成り立つかもしれません。表現が硬くてAppleっぽくないですが。

あれこれ言っておいてなんですが、Appleの幹部でもあったPhilip Schiller氏は、初代SE発売の際、SE=Special Editionだと回答しています。

そのまま素直に「特別なモデル」だと受け取るべきですね。
でもせっかくの新しいSEですから、あなただけのSEの意味を考えるのも、結構楽しいかもしれません。

スポンサーリンク