【最安値で買う方法も解説】ソフトバンクおすすめスマホ厳選5機種

ソフトバンクおすすめスマホを5機種に厳選し紹介します。

iPhoneやPixelの最新モデルが気になる人にも価格で選びたい人にも満足してもらえるおすすめスマホです。
ソフトバンクスマホを最安値で買うために絶対見逃せないサポートプログラムも解説したので、ぜひ参考にしてください。

※価格は2020年8月24日時点の価格で、すべて税込み表記です。

スポンサーリンク

ソフトバンクのおすすめスマホ5選:スペック

端末名iPhone SE
(第2世代)128GB
Pixle 4aXperia 5Reno3 5GiPhone 11
128GB
端末イメージソフトバンク:iPhone SEソフトバンク:Pixle 4aソフトバンク:Xperia 5ソフトバンク:Reno3 5Gソフトバンク:iPhone 11 128GB
メーカー名AppleGoogleSONYOPPOApple
発売日2020年5月11日2020年8月20日2019年10月25日2020年7月31日2019年9月20日
価格6万4,080円4万9,680円9万1,440円6万8,400円9万5,040円
本体サイズ高さ:138.4mm
横 :67.3mm
厚さ:7.3mm
高さ:144.0mm
横 :69.4mm
厚さ:8.2mm
高さ:約158
横 :約68mm
厚さ:約8.2mm
高さ:約159mm
横 :約72mm
厚さ:約7.7mm
高さ:150.9mm
横 :75.7mm
厚さ:8.3mm
本体重量148g143g約164g約171g194g
ディスプレイサイズ4.7インチ5.8インチ約6.1インチ約6.55インチ約6.1インチ
OSiOS 13Android 10Android 10Android 10
(ColorOS 7.0)
iOS 13
CPUA13 BionicSnapdragon 730GSDM 855SDM765GA13 Bionic
RAM非公開6GB6GB8GB非公開
ROM128GB128GB64GB128GB128GB
バッテリー非公開
連続ビデオ再生13時間
3,140mAh3,000mAh4,025mAh非公開
連続ビデオ再生最大17時間
アウトカメラ1200画素1220画素望遠:約1220画素
標準:約1220画素
超広角:約1220画素
メイン:約4800画素
望遠:約1300画素
超広角:約800画素
モノクロ:約200画素
超広角:1200画素
広角:1200画素
インカメラ700画素800画素約800画素約3200画素1200画素
カラーブラック/ホワイト/PRODUCT REDジャストブラックブルー/グレー/レッドミスティホワイトブラック/グリーン/イエロー/パープル/ホワイト/PRODUCT RED
特徴/おすすめポイントホームボタン搭載3年間のOSとセキュリティアップデート保証外部メモリ対応5G対応デュアルカメラ&TrueDepthカメラ

※最安値実質価格は、「トクするサポート+」または「トクするサポート」と「【オンライン限定】web割」を併用しています。

ソフトバンクのスマホをお得に買う方法

ソフトバンクのスマホをお得に買う方法

ソフトバンクスマホをお得に最安値で買うために欠かせない、3つのキャンペーンまたサポートプログラムを紹介します。

  1. トクするサポート+とトクするサポート
  2. 下取りプログラム
  3. 【オンライン限定】web割

それぞれのプログラムは対象指定端末が指定されているため、購入予定または持っている端末が対象かどうかを必ず確認してください。

※ソフトバンクの料金プランについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

トクするサポート+

ソフトバンクのスマホをお得に買う方法:トクするサポート+
画像出典:SoftBank

トクするサポート+は、最大24回分の機種代金の支払いが不要になるサポートプログラムです。

  • 期間:2020年3月27日~終了日未定
  • 対象:2020年3月27日以降に発売された機種
  • 条件:機種購入時のプログラム加入、対象機種48回割賦購入、機種の回収

トクするサポート+は、25ヶ月より前に機種変更することで、24ヶ月分の機種代金が不要になります。

たとえば、通常価格6万4,080円のiPhone SE(第2世代)128GBモデルは、トクするサポート+で25ヶ月目に機種変更すれば実際の支払額は3万2,040円です。

トクするサポート+は、13ヶ月より早く機種変更はできません。
とはいえ、25ヶ月より前に機種変更しても端末代金の支払いが不要になるのは最大24回分までなので、13ヶ月~24ヶ月に機種変更するのは少しもったいないです。

トクするサポート+は、新しいスマホを購入したくない場合も機種の回収をすればPayPayボーナスポイントを受け取れます。
自前でスマホを用意できる場合にPayPayボーナスポイントを受け取るほうをを選んでも良いですね。
ただし、機種代金の全額支払いが必要になるので注意しましょう。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

トクするサポート

ソフトバンクのスマホをお得に買う方法:トクするサポート

画像出典:SoftBank

トクするサポートは、プログラム利用料390円×24回(不課税)を支払うことで、最大24回分の支払いが不要になるサポートプログラムです。

  • 期間:2019年9月13日~終了日未定(トクするサポート+によるプログラム継承)
  • 対象:2020年3月26日以前に発売された機種
  • 条件:機種購入時のプログラム加入、対象機種48回割賦購入、機種の回収、プログラム利用料の支払い

名前の似ている「トクするサポート+」は、対象機種やプログラム内容が少し違うので注意してください。

トクするサポートは、機種に関わりなくプログラム利用料は一律で390円×24回=9,360円(不課税)と決まっています。
当然、安い機種を買うより高い機種を買うほうがよりお得です。

たとえば、通常価格18万7,680円のiPhone11 Pro MAX 512GBモデルなら、機種代9万3,840円+プログラム利用料9,360円で実質の支払額は10万3,200円になります。

トクするサポートは、「トクするサポート+」のように新しい機種を買い替えず機種代の支払いを継続する代わりにPayPayボーナスポイントを受け取ることはできません。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

下取りプログラム

ソフトバンクのスマホをお得に買う方法:下取りプログラム

画像出典:SoftBank

下取りプログラムは、機種変更またはMNP乗換時に機種を下取りに出すことでPayPayボーナスポイントの受け取りまたは購入機種代金が値引きされるサポートプログラムです。

  • 期間:2015年9月19日~終了日未定
  • 対象:ソフトバンクスマホまたはドコモ・auスマホ
  • 条件:機種変更またはMNP乗換で同時にソフトバンクスマホを新規購入する

下取りプログラムを使えば、使う予定のない今持っているスマホを下取りに出すことでソフトバンクスマホが安く買えます。

たとえば、iPhoneXS MAX正常品を下取りにすると、PayPayボーナスポイント4万0,800円相当を受け取るか購入機種代金が4万0,320円値引きされます。
ガラスや筐体が破損していたり液晶の表示やパネルの動作不良があったりしても下取りしてくれるため、積極的に活用してください。
PayPayボーナスポイントの受け取りか購入機種代金の値引きかを選べますが、わずかにPayPayボーナスポイントがお得です。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

【オンライン限定】web割

ソフトバンクのスマホをお得に買う方法:【オンライン限定】web割

画像出典:SoftBank

【オンライン限定】web割は、他社からのMNP乗換時に対象のソフトバンクスマホを購入すると2万1,600円の端末代割引と事務手数料が無料になるサポートプログラムです。

  • 期間:2020年3月12日~終了日未定
  • 対象:iPhone4機種、Pixel2機種、Android10機種の全16端末
  • 条件:他社からのMNP乗換で「メリハリプラン」に申し込む、対象機種の購入で自宅受け取り

【オンライン限定】web割を使えば、端末代割引2万1,600円と事務手数料3,300円が無料になるため、最大2万4,900円もお得になります。
「トクするサポート+」「トクするサポート」と併用できるため、対象機種の購入は非常にお得です。

たとえば、通常価格6万4,080円のiPhone SE(第2世代)128GBモデルは、「トクするサポート+」と【オンライン限定】web割の併用で実質の支払額は1万0,440円です。
さらに、事務手数料も0円なので対象機種欲しさでソフトバンクにMNP乗換したくなりますよね。
対象となるソフトバンクスマホが16端末と多くないため、必ず公式サイトで対象端末を確認してください。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

ソフトバンクのおすすめスマホ

改めて厳選したソフトバンクのおすすめスマホのスペック表です。

端末名iPhone SE
(第2世代)128GB
Pixle 4aXperia 5Reno3 5GiPhone 11
128GB
端末イメージソフトバンク:iPhone SEソフトバンク:Pixle 4aソフトバンク:Xperia 5ソフトバンク:Reno3 5Gソフトバンク:iPhone 11 128GB
メーカー名AppleGoogleSONYOPPOApple
発売日2020年5月11日2020年8月20日2019年10月25日2020年7月31日2019年9月20日
価格6万4,080円4万9,680円9万1,440円6万8,400円9万5,040円
本体サイズ高さ:138.4mm
横 :67.3mm
厚さ:7.3mm
高さ:144.0mm
横 :69.4mm
厚さ:8.2mm
高さ:約158
横 :約68mm
厚さ:約8.2mm
高さ:約159mm
横 :約72mm
厚さ:約7.7mm
高さ:150.9mm
横 :75.7mm
厚さ:8.3mm
本体重量148g143g約164g約171g194g
ディスプレイサイズ4.7インチ5.8インチ約6.1インチ約6.55インチ約6.1インチ
OSiOS 13Android 10Android 10Android 10
(ColorOS 7.0)
iOS 13
CPUA13 BionicSnapdragon 730GSDM 855SDM765GA13 Bionic
RAM非公開6GB6GB8GB非公開
ROM128GB128GB64GB128GB128GB
バッテリー非公開
連続ビデオ再生13時間
3,140mAh3,000mAh4,025mAh非公開
連続ビデオ再生最大17時間
アウトカメラ1200画素1220画素望遠:約1220画素
標準:約1220画素
超広角:約1220画素
メイン:約4800画素
望遠:約1300画素
超広角:約800画素
モノクロ:約200画素
超広角:1200画素
広角:1200画素
インカメラ700画素800画素約800画素約3200画素1200画素
カラーブラック/ホワイト/PRODUCT REDジャストブラックブルー/グレー/レッドミスティホワイトブラック/グリーン/イエロー/パープル/ホワイト/PRODUCT RED
特徴/おすすめポイントホームボタン搭載3年間のOSとセキュリティアップデート保証外部メモリ対応5G対応デュアルカメラ&TrueDepthカメラ

※最安値実質価格は、「トクするサポート+」または「トクするサポート」と「【オンライン限定】web割」を併用しています。

iPhoneSE(第2世代)128GB

ソフトバンクのおすすめスマホ:iPhoneSE(第2世代)128GB

画像出典:SoftBank

iPhone SE(第2世代)128GBは、コンパクトなスマホを使いたい人におすすめです。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

※iPhone SE(第2世代)について詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

CPUはiPhone11と同じなのですべての動作が快適

iPhone SE(第2世代)のCPUは、iPhone11と同じA13 Bionicチップを使っています。
これまでのiPhoneでもっとも強力なCPUです。
そのため、アプリを起動させる、ゲームをする、AR/VRを使うなど古いCPUではカクついてしまうような動作も全く問題なくプレイできます。
A13 Bionicのおかげですべての動作が快適に使えるため、普段使いはもちろんビジネスでも安心です。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

Touch ID機能付きホームボタン搭載

iPhone SE(第2世代)は、Touch ID機能付きのホームボタンがあります。
Touch IDがあるので、Apple Payの支払い認証やiPhoneのロック解除もホームボタンを押すだけで大丈夫です。
ホームボタンは、iPhone11やiPhoneXSなどより高価格なiPhoneには付いていない便利なボタン。
Touch ID機能は指紋認証を使っていますが、指紋データは使っているiPhoneの端末そのものに保存されまるため、プライバシーも守られ安心です。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

トクするサポート+&【オンライン限定】web割の対象

iPhone SE(第2世代)は、トクするサポート+と【オンライン限定】web割の対象機種です。
そのため、2020年8月時点でソフトバンクで買えるもっとも安いiPhoneです。

トクするサポート+と【オンライン限定】web割を適用した実質販売価格をまとめました。

64GBモデル7,200円
128GBモデル1万0,440円
256GBモデル1万7,640円

iPhoneはSDカードなどで容量を増やせないため、アプリをたくさん使いたいなら128GB以上を選ぶのがおすすめです。
1つのアプリで1GBを超えるゲームなどもあります。
容量不足の不安も少ない128GBモデル以上を選ぶのが無難です。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

Google Pixel 4a

ソフトバンクのおすすめスマホ:Google Pixel 4a

画像出典:SoftBank

Google Pixel 4aは、低価格で買えるGoogle純正のスマホです。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

※Google Pixel 4aについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

最低3年間のOSとセキュリティアップデート保証

Pixel 4aは、最新のOSとセキュリティアップデートが自動でインストールされます。
常に新しいOSとセキュリティを使えるため、ワクワクするGoogleの新しい機能を安全に楽しめます。
利用するキャリアや端末によってはOSやセキュリティアップデートがほとんどない場合もあるため、最低3年間はかなり大きな保証です。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

iPhone SE(第2世代)より軽い143gで5.8インチの大画面ディスプレイ

Pixel 4aは、コンパクトサイズが好評なiPhone SE(第2世代)より軽いです。
それでいて、ディスプレイサイズはiPhone SE(第2世代)より大きな5.8インチ。
迫力のある映画や動画を長時間見ても、Pixel 4aは軽いので疲れにくいですよね。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

トクするサポート+&【オンライン限定】web割対象

Pixel 4aは、トクするサポート+と【オンライン限定】Web割対象です。
そのため、実質販売価格はわずか3,240円です。
ドコモ・auユーザーはソフトバンクオンラインショップから申し込めば、事務手数料も無料となるためほかの費用負担もありません。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

Xperia 5

ソフトバンクのおすすめスマホ:Xperia 5

画像出典:SoftBank

Xperia 5は、ディスプレイ縦横比21:9の国産Androidスマホです。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

※Xperia 5について詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

アスペクト比21:9のスリムな6.1インチのディスプレイ

Xperia 5は、ディスプレイとの縦と横の比率(アスペクト比)が21:9の長細いスリムなデザインをしています。
そのため、6.1インチの大画面なのに片手にしっかり収まる安定感があります。
実際に持ってみたのですが、横幅のある大型スマホとは違い、”持つ”というより”握れる”に近い持ちやすさだと感じました。

また、21:9のアスペクト比はシネマサイズとも言われ、映画を見るときにはディスプレイいっぱいに映像がひろがります。
ディスプレイの黒帯部分が少なく、迫力があります。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

【外部メモリ対応】microSDXC最大512GBまで

Xperia 5は、今回紹介しているソフトバンクおすすめスマホ5機種の中で唯一の外部メモリ対応です。
最大512GBのmicroSDXCまで使えるため、好きな映画や音楽、電子書籍をたっぷりダウンロードできます。

通信エリア外や不安定になりがちな地下鉄や地下街でも、ダウンロードしておけば映像や音楽は止まりません。

Xperia 5は、ROM(内蔵ストレージ)が64GBと比較的少ないものの、microSDXCと組み合わせれば大量のデータを保管できるのでいつでもどこでも映画や音楽を楽しみたい人におすすめです。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

トクするサポート&【オンライン限定】web割の対象

Xperia 5は、トクするサポートと【オンライン限定】web割の対象です。
2つのサポートプログラムを使えれば、実質販売価格は3万3,480円。
防水防塵性能を持ち、広角・超広角に対応するトリプルカメラ搭載など高機能な国産Androidスマホが3万円台で買えるのは正直かなり安いです。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

OPPO Reno3 5G

ソフトバンクのおすすめスマホ:OPPO Reno3 5G

画像出典:SoftBank

OPPO Reno 5Gは、新しい通信規格5Gに対応した最安値のソフトバンクスマホです。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

超高速通信の5Gに対応

Reno3 5Gは、名前のとおり5Gに対応しています。
5世代目の新しい通信規格である5Gは、主流になっている4Gより速い通信ができます。

ただ、2020年8月時点において、一部エリアでしか利用できません。
5Gの恩恵を得られる機会は少ないものの、スポット的に利用できるエリアは順次拡大していくでしょう。

Reno 5Gを持っていれば、そんな5Gの世界をキャリアスマホ最安値の価格で体験できます。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

4,025mAhの大容量バッテリーが約56分でフル充電

Reno3 5Gは、同梱されたACアダプタを使えば約56分でバッテリーがフル充電されます。
バッテリーの容量も、一般的なスマホに多い3,000mAhより30%以上も多いため、バッテリーを気にすることなく1日中使えます。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

トクするサポート+と【オンライン限定】web割の対象

Reno3 5Gは、トクするサポート+と【オンライン限定】web割の対象です。
2つのサポートプログラムを使うことで、実質1万2,600円で手に入ります。
ドコモ・auユーザーならソフトバンクオンラインショップを利用してMNP乗換すると最安値で購入できます。
ソフトバンクユーザーもトクするサポート+で実質3万4,200円で買えるため、5G端末としては格安ですよね。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

iPhone 11 128GB

ソフトバンクのおすすめスマホ:iPhone 11 128GB

画像出典:SoftBank

iPhone11 128GBは、デュアルカメラとTrueDepthカメラで最高の1枚が撮影できるiPhoneです。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

超広角&広角のデュアルカメラ

iPhone 11:超広角&広角のデュアルカメラ

画像出典:SoftBank

iPhone 11は、アウトカメラが超広角レンズと広角レンズのデュアル構成です。
画像のように、視野角120度の超広角カメラのおかげで今までは映らなかった広い範囲も撮影可能。
友だちや家族との記念撮影もみんなが入れますし、観光地での自撮りも背景の景色や建物がしっかり写せるため、最高の思い出を1枚に残せます。

広角カメラは明るさが足りない場所でも、素早く焦点を合わせて撮影できるFocus Pixlesを搭載。
雰囲気のあるカフェや暗いレストランでも撮影ミスを減らせます。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

トクするサポート&【オンライン限定】web割の対象

iPhone11は、トクするサポートと【オンライン限定】web割の対象端末です。

実質販売価格をまとめました。

64GBモデル3万2,400円
128GBモデル3万5,280円
256GBモデル4万1,760円

おすすめは、容量不足の心配を減らせる128GBモデルです。

64GBモデルと2,880円しか変わりませんが、データは2倍も多く保存できます。

SoftBankオンラインショップへ行く >>

ソフトバンクおすすめスマホ:まとめ

ソフトバンクおすすめスマホ:まとめ

おすすめのソフトバンクスマホを紹介してきました。

コスパで選ぶならiPhone SE(第2世代)とGoogle Pixel 4aが圧倒的におすすめです。
どちらもサポートプログラムを最大限活用すれば、実質1万0,000円以下で購入できます。

ほかのソフトバンクスマホを買うときも、「トクするサポート」「【オンライン限定】web割」などを活用して安く手に入れましょう。

スポンサーリンク