重い本を持ち歩かなくても、スマホやタブレットで読書が楽しめる電子書籍サービスをすでに利用している方も少なくないでしょう。

 

より快適に電子書籍を利用したい方は、専用端末の購入を検討しても良いかもしれません。
中でも、定番のKindle(キンドル)は、価格の安さと使いやすさから、人気の高い電子書籍リーダーの一つです。

 

そこで今回は、定番の電子書籍リーダーKindle(キンドル)の選び方を解説した上で、Kindleのおすすめモデルを紹介します。
「自分が読書をする際に重視するポイント」を決めておくと、各製品の特徴を比較しやすいでしょう。

スポンサーリンク

Kindleとは

Kindleとは、Amazonが提供する専用の電子書籍リーダーのことです。そして、電子書籍やコンテンツ配信を行う各種サービスのことでもあります。

 

数ある電子書籍サービスの中でも知名度が高く、「Kindleストア」で書籍を購入・ダウンロードすることで、好きなデバイスからすぐに読書を始められます。
無料作品から最新書籍まで、幅広いラインアップが用意されている点もKindleの魅力です。

 Kindle端末を利用するメリット

先述したように、Kindleは好きなデバイスからも利用できますが、Kindleの専用端末を利用すると、さらに快適に読書を楽しめます。

 

Kindle端末を使うとどのようなメリットがあるのか、ご紹介します。

紙のような表示で日光の下でも読みやすい

Kindle端末は日光の下でも読みやすい

Kindle端末には「E-Ink」という技術が用いられており、紙の上にインクで書いたような表示で読書が楽しめます。

 

iPadなどのタブレット端末とは異なり「読書専用端末」として作られているため、ディスプレイの光も読書向けになっています。
長時間の読書でも、目が疲れにくい点もメリットの一つです。

 

また、スマホやタブレットで読書をしていると「日光の下だと反射して読みにくい」と感じることもあるでしょう。
KindleのE-inkスクリーンは光の反射を抑えてくれるため、紙の本と同じように、日光の影響を受けにくいのも特徴です。

バッテリーが長持ちする

スマホやタブレットは、読書以外の用途でも使用するため、どうしてもバッテリーの消耗が早くなりがちです。

 

例えば、会社の帰りに読書しようとした場合、スマホのバッテリーが少ないと、読書に集中できない方もいるはずです。

 

Kindle端末は、読書専用のタブレットなのでバッテリーの消耗が少なく、充電回数も少なくて済みます。
最上位モデルのKindle Oasisでは、およそ3時間の充電で最大6週間(明るさ設定13/ワイヤレス接続オフ/1日30分使用)の利用が可能です。

価格が安い

一般的なタブレット端末と比較すると、本体価格が安い点もメリットの一つです。

 

最廉価モデルのKindleであれば1万円以下から、最上位モデル(32GB/広告なし/Wi-Fi+無料4G)でも4万円ほどで購入できます。

 

後ほど詳しく解説しますが、同じモデルでも容量や広告の有無を選択することで、より安い価格で本体を購入することが可能です。

Kindle端末の種類と選び方

Kindleの購入を検討する場合、販売されているモデル中から自身の読書スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

 

Kindle端末は、現在3つの種類が販売されています。(2019年9月現在)

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Oasis

 

廉価版であるKindleの容量は4GBのみですが、上位モデルであるKindle PaperwhiteとKindle Oasis Newモデルでは、8GBと32GBから容量を選択可能です。

 

Kindleは容量以外にも、選ぶ項目がいくつか存在し、その選択により本体価格が変動します。

キャンペーン情報(広告)の有無を選択

Kindleを購入する際には、「広告つき」と「広告なし」を選択しなければなりません。

 

「広告つき」を選ぶと、Kindle月替わりセールなどのキャンペーン情報や個別のおすすめ商品がKindleに表示されます。その分、価格を2,000円ほど抑えることが可能です。

 

「広告つき」でも、広告が読書中に表示されることはありませんが、ライブラリ下部やロック画面には表示されるため、気になる方は「広告なし」を選ぶのが良いでしょう。

 

表示される広告は、スワイプでその都度消すことはできますが、後から広告の有無を変更することはできません。

 

「広告が表示されてもいいから1円でも安く買いたい」という方を除き、「広告なし」を選んでおくのがおすすめです。

Wi-Fi/Wi-Fi+4Gを選択

Kindleは、本のデータをダウンロードするため、インターネットへの接続が必要です。

 

KindleはWi-Fiモデルのみですが、Kindle PaperwhiteとKindle Oasisには「Wi-Fiモデル」と「Wi-Fi+4G回線モデル」の2種類が用意されており、Wi-Fi+4G回線では本体価格が5,000円ほど高くなります。

 

Wi-Fi+4G回線モデルの特徴

  • 追加費用なしで、無料の4G回線が利用できる
  • 購入のみで契約は必要ない
  • ワイヤレス設定不要ですぐに使用できる
  • Wi-Fiのない場所でも書籍をダウンロードできる

 

「自宅にWi-Fi環境がない方」や「外出先で新しい本をダウンロードしたい方」は、Wi-Fi+4G回線モデルを検討しても良いでしょう。

 

一方、「本のダウンロードは自宅のWi-Fiを使う」「外出時はダウンロードした本だけ楽しめれば良い」という方は、価格の安い「Wi-Fiモデル」を選ぶのがおすすめです。

Kindle端末

ここからは、2019年9月時点で発売されているKindleの特徴を具体的に比較していきましょう。

Kindle

Kindleは、1万円前後で購入できる最廉価モデルです。

 

前モデルにはなかった「フロントライト」が搭載され、明るさの調整ができるようになりました。
反射しないマット仕様のディスプレイを採用しているため、日差しのある場所で読書をしてもまぶしく感じることはありません。

 

重量は174gほどと軽く、サイズは160mm×113mm×8.7mmとコンパクト。
4GBの容量があり、Wi-Fi接続にのみ対応しています。

 

「シンプルな機能で十分」「軽さ重視」の方にとっては、有力な選択肢になるはずです。

 

ただし、解像度は167ppiと低めなので漫画を読む方・ディスプレイの美しさにこだわる方は、上位モデルを検討しましょう。

 

「広告つきモデル」8,989円と「広告なし」1万898円の2つから選択可能です。

 

Point

  • Kindle端末最安値
  • Kindle端末最軽量
  • 解像度は他のモデルよりも低い

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhiteは、防水機能を搭載したモデルです。
IPX8等級を備えているため、お風呂や水辺でも読書を楽しむことができます。

 

Kindle同様、広告つき/広告なしの選択に加え、容量を8GB/32GBから、接続方法をWi-Fi/Wi-Fi+無料4Gから選ぶことが可能です。

 

ディスプレイは、300ppiの高解像度。小さな文字でもくっきりと見えるのが特徴です。

サイズは167mm×116 mm×8.18mmで、重量はWi-Fiモデルで182g、Wi-Fi+無料4Gモデルで191gほどです。価格は1万3,980円から。

 

Point

  • Kindleの中間機種
  • IPX8の防水性能
  • 300ppiの高解像度

Kindle Oasis

Kindle Oasisは、Kindle端末の最上位モデルです。

 

300ppiの解像度・防水機能(IPX8等級)はKindle Paperwhiteと同様ですが、Kindleシリーズで唯一、ページをスクロールせずにクリックで操作ができる「ページめくりボタン」が備わっています。

 

フロントライトのLED数はシリーズ最多の25個搭載されており、もっとも明るいディスプレイも特徴と言えます。
「明るさ自動調整機能」により、その場に最適な明るさで読書をすることが可能です。

 

サイズは159mm×141mm×3.4(最薄部)〜8.4mm(最厚部)で、重量は188gほど。
ディスプレイサイズは7インチで、他のKindleシリーズの中でもっとも大きいサイズを採用しています。価格は2万9,980円から。

 

Point

  • Kindleの最上位端末
  • 全ての機能が利用できる
  • IPX8等級の防水機能
  • 7インチディスプレイ
  • フロントライトのLED数は25個でシリーズ最多

まとめ

最後に、Kindleの最適な機種を選ぶために、「重視するポイント」ごとのおすすめモデルを紹介します。

 

スポンサーリンク