タイムセール開催中Amazon

新型MacBook Air 2018の価格やスペック等まとめ。旧モデルとの違いを比較

新型MacBook Air 2018の価格やスペック等まとめ。旧モデルとの違いを比較

長らくアップデートされなかったMacBook Airですが、ついにこの時が来ました。2018年10月31日にApple Special Eventが開催され新型のMacBook Airが発表されました。

そこで今回は、新型MacBook Airのスペックや価格やサイズや重量などの詳細と旧型やPro・MacBookと比べてどう違うのかをみていきたいと思います。

MacBookシリーズ全体で比較してどれがおすすめなのか知りたいという方は「MacBookのおすすめ?AirとPro全モデルを徹底比較」でまとめていますのであわせてご覧ください。

MacBook ProとAirについては、下記の記事に詳細にまとめましたのでぜひこちらも参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【2021年】MacBookのおすすめと選び方は?AirとProを徹底比較 Appleが発売しているノート型パソコンMacBook。 2021年8月現在、MacBookはMacBook Proが3モデル、MacBook Airが1モデルの計4モデルが発売されています。 Proの3モデルは...
目次

新型MacBook Air 2018と旧型MacBook Air 2017の基本スペック比較

基本スペックをざっと表にまとめるとこんな感じです。

MacBook Air 2018MacBook Air 2017
インチ13.3インチ
解像度2560×1600、227ppi1440×900
重量1.25kg1.35kg
CPU 第8世代1.6GHz デュアルコア Core i5第5世代 1.8GHz デュアルコア Core i5
RAM(メモリー)8GB 1600MHz LPDDR38GB 1600MHz LPDDR3
SSD128GB・256GB128GB

どう変わったかは次の見出しで詳しく見ていきます。

Apple公式サイト:MacBook Air

MacBook Air 2017年モデルからの進化ポイント

上述のスペックも含めて新型MacBook Airが旧型から進化したポイントを挙げると

  • Retina ディスプレイの採用
  • スペックの進化
  • 薄型化・軽量化
  • USB-Cの採用
  • 第3世代バタフライキーボードに
  • Touch IDの搭載
  • 3色展開に

Retinaディスプレイの採用

MacBook Pro・MacBookで高解像度のRetinaディスプレイが採用される中、既存のままだったMacBook Airでついに2560×1600のRetinaディスプレイが採用されました。

スペックの進化

新型では第8世代デュアルコアCore i5が搭載されました。

ただ新型に搭載されている新型Core i5はYモデルと言われるスペックを抑えたモデルで、旧型と比較して15%ほどしか能力が向上していません。

スペックが底上げされているのは確実ですが、期待したほどではないというのものまた事実といった進化です。

薄型化・軽量化


画像引用:MacBook Air

長らくアップデートされず本体のコンパクトさでMacBook Proに負けるという残念な状況が長らく続いてきましたが、今回のアップデートで本体サイズは17%小型化、10%薄型化されました。

また重量も100g以上軽く1.25kgになりました。

USB-Cの採用


画像引用:MacBook Air

MacBook Pro、MacBookの流れにもれずMacBook AirでもUSB-CポートがでもUSB-Cポートが採用されることになりました。

従来のUSB-AやSDカードが好きだった人にとってはちょっと残念かもしれません。

ポート数は2つとMacBookの1つよりも多く設置されることになりました。

1つでは充電しながら、ということができなかったのでこれは嬉しいポイントです。

Touch IDの搭載

iPhoneでおなじみの指紋認証センサーTouh IDが電源ボタンに搭載されました。

MacBook Proと違いファンクションボタンはそのままでというのがポイントです。

正直Touch IDは便利だけど、Touch Barは不便だったので、これはかなり嬉しいアップグレードです。

3色展開に


画像引用:MacBook Air

従来1色展開だったMacBook Airが、ゴールド・シルバー・スペースグレーの3色になりました。

MacBookからカラフルさのお株も奪ってしまう結果になりました。

他のMacBookシリーズとの価格比較

まず従来までの旧モデルとの価格を表にまとめると以下の通りです。

MacBook Air 2018旧モデル
128GB134800円98800円
256GB156800円120800円

36000円の値上がりとなりました。

そして、今回の新型MacBook Airの比較対象となるであろう、MacBook Pro 13インチ Touch Barなし、あり、MacBook 12インチと価格を比較すると

MacBook AirPro Touch BarなしPro 2018(あり)MacBook
128GB134800円142800円
256GB156800円164800円198800円142800円
512GB178800円186800円220800円175800円

これらの比較では134800円と出費としては1番少なく手に入れられる端末です。ただ、256GB同士で比較するとMacBookより1万円ほど高くなっています。

またMacBook ProのTouch Barなしと比較すると8000円ほどの価格差しかありません。

大幅に進化してくれたのは嬉しいですが、MacBook Airの売りの一つでもあった安く手に入れられるエントリーモデルのMacBookシリーズという立ち位置はかなりぼやけてしまいました。

新型MacBook Air 2018は買いなのか


画像引用:MacBook Air

廃盤の噂すらあったMacBook Airが新型と発表されたのは大きなサプライズでしたし、その変化内容もRetina ディスプレイや薄型・軽量化やUSB-Cの採用などMacBook Airを買いたいと思わせてくれるものでした。

スペックも底上げされて、MacBookの性能が低いばっかりに、メインの作業がブラウジングや文書作成などでスペックはそこまで必要じゃないけどMacBook Proを買ってきたようなエントリー層の需要を埋めてくれるものだったかと思います。

また旧型のいいところ引き継ぎバッテリーの持続時間も2時間ですがMacBookシリーズで最も長いというのも嬉しい特徴の一つでしょう。

その一方で価格の値上げは小幅とは言いづらく、上でも比較した通りMacBook Pro 13インチのTouch Barなしと8000円差と非常に中途半端と言わざるを得ない価格設定になりました。

スペック的にはPro Touch Barなしの方が上でしょうし、重量的にはAirの方が100gほど軽いなどと選択する上での特徴はないことはないですが、エントリーモデルならこれ!という価格設定にならなかったのはやや残念ではあります。

このMacBook Airが買いかどうかですが、

  • 主な作業はブラウジングや文書作成など軽い作業
  • 軽さとスペックのバランスのとれた端末が欲しい
  • できる限りやすい方がいい
  • Touch Barが使いたい
  • バッテリー持ちができるだけいい方がいい

といった人には十分おすすめできる「買い」のモデルと言えるかと思います。

Proより軽いしカラフルだしレポート作成などをはじめとする作業であれば十分サクサクだし、ということから、パッと思いつくターゲットは大学生なんかにぴったりなのではと思います。

MacBookシリーズの普及機としてかなりの位置を占めることになるのではないでしょうか。

公式サイト:MacBook Air

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる