MacBook Pro 16インチと13.3インチの違いは?価格やスペックを徹底比較

2019年5月22日に発売されたMacBook Pro 13.3インチ、そして同年11月14日に発売されたMacBook Pro 16インチ。
リリースが半年ほどしか変わらないということで、ディスプレイサイズ以外に違いはあるのか?スペックはどうなの?とどちらを買おうか迷っている方も多いと思います。
今回は16インチと13.3インチを徹底比較。詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

MacBook Proとは

Appleは数種類のラップトップ型PCを開発・販売しており、MacBook Proはその中でもプロ向けのハイエンドモデルです。

もちろん価格は他MacBookに比べると高いものの、Appleの最新技術が詰め込まれた製品ということで使い心地は抜群。「ネットサーフィンぐらいでしか使用しない」という方にはトゥーマッチですが、写真や動画の編集など高い処理能力を必要とする方にはベストな製品となっています。

MacBook Pro
画像出典:apple.com

そんなMacBook Proの初代モデルは2006年に登場。その後メジャーアップデートやマイナーアップデートを繰り返し、2019年には13.3インチ、15.4インチ、16インチと3種類のMacBook Proが発売されました。

Apple Storeでは2020年3月現在15.4インチの取り扱いはなくなり、13.3インチと16インチの2モデルがラインナップされています。

目的別おすすめMacBook Pro

それでは、13.3インチと16インチの違いはなんなのか、詳しく見てみましょう。

13.3インチと16インチの違いは

サイズと製品デザイン

まずはサイズの違いから。

13.3インチ16インチ
高さ1.49cm1.62cm
30.41cm35.79cm
奥行き21.24cm24.59cm
重量1.37kg(※1)2.0kg(※1)

※1:重量は構成によって異なります

ディスプレイサイズが異なるので製品自体の大きさも違います。幅で言うと16インチの方が5cm強も大きく、そのためキーボードやトラックパッドの配置にも違いが。

MacBook Pro ディスプレイサイズ
画像出典:apple.com

※2モデルのサイズ感は実際のものと異なる可能性がある点ご了承ください。

16インチの方が余裕のある配置になっており、トラックパッドも16インチのほうが大きく操作性が良くなっています。

AmazonでMacBook Pro 13.3インチを今すぐ購入 >>
AmazonでMacBook Pro 16インチを今すぐ購入 >>

キーボード

Appleは2015年モデルのMacBookから「バタフライキーボード」という新しいタイプのキーボードを採用しています。

バタフライキーボードの特徴としては高さがあまりなく、タイピングした時の跳ね返りをあまり感じない打鍵感。このキーボードのおかげでMacBook本体がより薄くなりました。

しかしその打鍵感に違和感があるという方も少なくなく、さらにキーボードにチリやホコリが入ることによりキーが反応しなくなる故障が多い、という声も。

MacBook Pro キーボード

13.3インチのMacBook Proは第4世代のバタフライキーボードを搭載しており、そのような故障に見舞われる可能性が低くなったとは言われていますが、少し不安なのも確かです。

一方16インチのMacBook Proはバタフライキーボードではなく「Magic Keyboard」を搭載。適度なストロークと静音性を実現しており、ユーザーの間でも評価が高いキーボードとなっています。

もちろん打鍵感は個人の好みによるところで一概には言えませんので、一度店頭で打ち比べてみると良いかもしれません。

AmazonでMacBook Pro 13.3インチを今すぐ購入 >>
AmazonでMacBook Pro 16インチを今すぐ購入 >>

Touch Bar

従来のファンクションキー部分に配置されたタッチディスプレイのTouch Bar。キーボードほど大きな違いはないものの異なる点がいくつか見られます。

1つはescキー。13.3インチはTouch Barに組み込まれていますが、16インチでは独立キーとなりました。

MacBook Pro escキー

そしてバランスをとるためか、右端にあったTouch IDも16インチでは独立したデザインに。

MacBook Pro escキー

細かい点ですが、escキーについてはユーザーからの不満も多かったので考慮したいところです。

AmazonでMacBook Pro 13.3インチを今すぐ購入 >>
AmazonでMacBook Pro 16インチを今すぐ購入 >>

スペック

続いてスペックの違いについて。
それぞれ価格を抑えたエントリーモデルと上位モデルでは搭載されているプロセッサが異なります。

13.3インチ
(エントリーモデル)
13.3インチ
(上位モデル)
16インチ
(エントリーモデル)
16インチ
(上位モデル)
CPUCore i5 1.4GHz 4コアCore i5 2.4GHz 4コアCore i7 2.6GHz 6コアCore i9 2.3GHz 8コア

さらにオプションにより13.3インチはCore i7 1.7GHz 4コアとCore i7 2.8GHz 4コア、16インチはCore i9 2.4GHz 8コアに変更可能。

もちろん13.3インチのエントリーモデルでも十分な処理能力はあるものの、コア数の多い16インチモデルのほうがより優秀なのは間違いありません。そしてメモリは、

13.3インチ16インチ
メモリ8GB16GB

となっておりオプションで13.3インチは16GBへ、16インチは32GBと64GBへとそれぞれ変更が可能です。
MacBook Proはあとからメモリの増設ができないので、ここは慎重に選びたいところ。

その他主なスペックは以下となっています。

13.3インチ
(エントリーモデル)
13.3インチ
(上位モデル)
16インチ
(エントリーモデル)
16インチ
(上位モデル)
解像度2,560 × 1,600
(227ppi)
3,072 × 1,920
(226ppi)
iGPUIntel
Iris Plus Graphics 645
Intel
Iris Plus Graphics 655
AMD Radeon Pro 5300MAMD Radeon Pro 5500M
ストレージ128GB256GB512GB1TB
外部ポートThunderbolt 3ポートが2つThunderbolt 3ポートが4つThunderbolt 3ポートが4つ
スピーカーハイダイナミックレンジステレオスピーカー6スピーカーシステム
バッテリー最大10時間最大11時間

やはり16インチの方が全体的にスペックは優れています。

多くのソフトを同時に起動したり3Dゲームをしたり動画編集したりなど高い性能を求める方はなるべくコア数が多いもの、そしてメモリも大きいものを選んでおくと安心かもしれません。

AmazonでMacBook Pro 13.3インチを今すぐ購入 >>
AmazonでMacBook Pro 16インチを今すぐ購入 >>

価格

そして気になる価格ですが、どの程度の差があるのでしょうか。(Apple公式サイト 2020年3月5日時点)

13.3インチ
(エントリーモデル)
13.3インチ
(上位モデル)
16インチ
(エントリーモデル)
16インチ
(上位モデル)
価格13万9800円〜19万8800円〜24万8800円〜28万8800円〜

スペックには大きな差がありましたが、価格にも大きな差が。13.3インチと16インチでは10万円ほどの違いがあることがわかります。

ちなみにオプションでそれぞれ最高性能にすると13.3インチは約34万円、16インチは約65万円に。より良い性能を求めるとやはり価格も上がってしまいます。

どちらを買うべき?

では13.3インチと16インチどちらを買うべきなのか…MacBook Proで何がしたいかが一番重要ですが、例として

  • 動画編集で使用する
  • 複数のソフトを同時に使うことが多い
  • バタフライキーボードが嫌
  • 3D系のソフトを使う
  • 高グラフィックなゲームをプレイする

という方は16インチを選んだ方がベターでしょう。
一方、そこまで必要ではないけどMacBook Airでは物足りない…という方は13.3インチで十分と言えます。

スペックは16インチが優れていますがその分値段も張ります。自分に必要なのはどちらなのか本記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク