【MacBook Pro 比較】13インチ・16インチモデルを徹底比較

2020年11月に13インチのMacBook Pro(以下、13インチMacBook Pro(M1、2020))が発売されました。
そして、2020年5月に発売された13インチのMacBook Pro(以下、13インチMacBook Pro(2020、4つのポート))。
さら2019年11月に発売された16インチのMacBook Pro、MacBook Proだけでも3モデルもあります。

そんな3モデルもあるMacBook Proの各モデルの特徴や違いを比較しながらご紹介します。
あなたにピッタリのMacBook Proを見つけることができますよ!

※おすすめMacBookについて詳しく紹介しています。参考にしてみてください。
スポンサーリンク

MacBook Proとは

MacBook Proとは

MacBook ProとはAppleの販売するノートパソコンです。

MacBook Proには、2020年11月17日発売の「13インチMacBook Pro(M1、2020)」、2020年5月4日発売の「13インチMacBook Pro(2020、4つのポート)」。
そして2019年11月13日発売の「16インチMacBook Pro」の3モデルが用意されています。

とくに2020年11月に発表された13インチMacBook Pro(M1、2020)ではアップル独自のチップが搭載され、様々な機能がパワーアップしました。

3つのモデルの細かいスペックの違いについてはこの後しっかり説明していきます。

MacBook Pro スペック 比較

MacBook Proスペック比較

まずは3モデルあるMacBook Proの主なスペック比較表です。

端末名13インチMacBook Pro
(M1、2020)
13インチMacBook Pro
(2020、4つのポート)
16インチMacBook Pro
参考価格256GBモデル 13万4,800円、512GBモデル 15万4,800円512GBモデル 18万8,800円、1TBモデル 20万8,800円512GBモデル 24万8,800円、1TBモデル 28万8,800円
本体サイズ高さ:1.56 cm
幅 :30.41 cm
奥行:21.24 cm
高さ:1.56 cm
幅 :30.41 cm
奥行:21.24 cm
高さ:1.62 cm
幅 :35.79 cm
奥行:24.59 cm
重さ1.4 kg1.4 kg2 kg
ディスプレイサイズ13.3インチ13.3インチ16インチ
解像度2,560px × 1,600px2,560px × 1,600px3,072px × 1,920px
CPUApple M1チップ(4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU)2.0GHzクアッドコア第10世代Intel Core i5
(オプション変更可能:2.3GHzクアッドコア第10世代Intel Core i7)
2.6GHz 6コアIntel Core i7/2.3GHz 8コアIntel Core i9
(オプション変更可能:2.4GHz 8コアIntel Core i9)
GPUApple M1チップ(8コアGPU)Intel Iris Plus GraphicsAMD Radeon Pro 5300M/AMD Radeon Pro 5500M
(オプション変更可能:AMD Radeon Pro 5600M)
メインメモリ(RAM)8GB
(オプション変更可能:16GB)
16GB
(オプション変更可能:32GB)
16GB
(オプション変更可能:32GB/64GB)
ストレージ(SSD)256GB/512GBB
(オプション変更可能:1TB/2TB)
512GB/1TB
(オプション変更可能:2TB/4TB)
512GB/1TB
(オプション変更可能:2TB/4TB/8TB)
バッテリー容量58.2Wh58.0Wh100Wh
バッテリー駆動時間最大17時間のワイヤレスインターネット最大10時間のワイヤレスインターネット最大11時間のワイヤレスインターネット
ポートの種類と数Thunderbolt / USB 4ポートが2つThunderbolt 3(USB-C)ポートが4つThunderbolt 3(USB-C)ポートが4つ
オーディオハイダイナミックレンジステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmos再生に対応
ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmos再生に対応
フォースキャンセリングウーファーを備えた、原音に忠実な6スピーカーシステム
ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmos再生に対応
Touch ID
Face ID×××
Touch Bar

MacBook Proを選ぶポイント

続いて、MacBook Proを選ぶときのポイントを紹介します!

1.サイズと重さ

端末名13インチMacBook Pro
(M1、2020)
13インチMacBook Pro
(2020、4つのポート)
16インチMacBook Pro
本体サイズ高さ:1.56 cm
幅 :30.41 cm
奥行:21.24 cm
高さ:1.56 cm
幅 :30.41 cm
奥行:21.24 cm
高さ:1.62 cm
幅 :35.79 cm
奥行:24.59 cm
重さ1.4 kg1.4 kg2 kg
ディスプレイサイズ13.3インチ13.3インチ16インチ

パッと見でわかる大きな違いは、13インチと16インチのディスプレイサイズです。

MacBook Pro サイズ比較

16インチは、大画面を利用しての動画編集や写真加工などに向いています。
13インチは、サイズで言えばほぼA4用紙と同じです。

MacBook Proを持ち運んで作業をするのであれば2 kgの16インチモデルよりも1.4 kgの13インチモデルがおすすめです。



2.処理能力(CPU)

端末名13インチMacBook Pro
(M1、2020)
13インチMacBook Pro
(2020、4つのポート)
16インチMacBook Pro
CPUApple M1チップ(4つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した8コアCPU)2.0GHzクアッドコア第10世代Intel Core i5
(オプション変更可能:2.3GHzクアッドコア第10世代Intel Core i7)
2.6GHz 6コアIntel Core i7/2.3GHz 8コアIntel Core i9
(オプション変更可能:2.4GHz 8コアIntel Core i9)

CPUと「Central Processing Unit」の略で、コンピューターの中心的な処理装置のことです。
「コンピューターの脳」と言われています。

13インチMacBook Pro(M1、2020)には、アップル独自のCPU「M1チップ」が搭載されています。
このM1チップは「CPU性能は最大3.5倍」「バッテリーは一世代前のMacよりも最大2倍長く持続」と、かなりのスペックを備えたものとなっています。

13インチMacBook Pro(2020、4つのポート)と16インチMacBook Proには、Intel社のCPUが搭載されています。

まず「GHz(ギガヘルツ)」は、CPUが1秒間に命令をどの程度読んだり実行できるかという速度を表すもの。
そのため数字が高ければ高いほど処理できる量が増え、処理のスピードがあがる。ということになります。

続いて「コア」。
コアとはCPUの核となる部分で、パソコンが一度に処理可能な作業数を表します。
このコアの数が増えるほど同時に処理する能力があがり、コアが2つでデュアルコア、コアが4つでクアッドコアと呼びます。

「i5」「i7」「i9」はCPUのシリーズ名です。
数字が高ければ高いほど、上位モデルとなり重たい作業がしやすくなります。
ただし、あくまでも同世代で比較する場合なので、例えば「一昔前に発売されたi7よりも最近のi5の方が性能が高い」ということも起こりえます。

13インチMacBook Pro(M1、2020)は、前世代の13インチMacBook Proと比較するとCPUは最大3.5倍高速になっています。
Xcodeでのコード作成が最大2.8倍になることや、動画編集ソフトであるFinal Cut Proでの複雑な3Dタイトルを最大5.9倍速でレンダリングできます。

そのためCPUでMacBook Proを選ぶ場合は、最新の「M1チップ」を搭載している13インチMacBook Pro(M1、2020)がおすすめです。



3.GPU

端末名13インチMacBook Pro
(M1、2020)
13インチMacBook Pro
(2020、4つのポート)
16インチMacBook Pro
GPUApple M1チップ(8コアGPU)Intel Iris Plus GraphicsAMD Radeon Pro 5300M/AMD Radeon Pro 5500M
(オプション変更可能:AMD Radeon Pro 5600M)

GPUとは「Graphics Processing Unit」の略で、画像の表示を行うための計算処理をする画像処理装置のことです。
このGPUはグラフィックボードという専用の部品に独立して搭載する場合と、統合されて独立していない場合があります。

16インチMacBook Proは、独立GPUを搭載しています。
13インチMacBook Pro(M1、2020)と13インチMacBook Pro(2020、4つのポート)は統合GPUを搭載しています。

独立GPUはグラフィックスの表示をより高速にできる一方、消費電力があがります。
逆に統合GPUの場合は消費電力が少ない一方で画像処理の性能が大きく劣ります。

よって、GPUのスペックのみでMacBook Proを選ぶなら、16インチMacBook Proがおおすすめです
動画編集や3DCADといったソフトを使用するのにもストレスなく高速な処理をしてくれますよ!


4.メインメモリ(RAM)とストレージ(SSD)

端末名13インチMacBook Pro
(M1、2020)
13インチMacBook Pro
(2020、4つのポート)
16インチMacBook Pro
メインメモリ(RAM)8GB
(オプション変更可能:16GB)
16GB
(オプション変更可能:32GB)
16GB
(オプション変更可能:32GB/64GB)
ストレージ(SSD)256GB/512GBB
(オプション変更可能:1TB/2TB)
512GB/1TB
(オプション変更可能:2TB/4TB)
512GB/1TB
(オプション変更可能:2TB/4TB/8TB)

MacBook Proのメインメモリ(RAM)とストレージ(SSD)のそれぞれの特徴について説明していきましょう。

メインメモリ(RAM)とは

RAMとは、「Random Access Memory」(ランダムアクセスメモリ)のことで、CPUが処理を行う際に使う作業用のメモリです。

よく例えられるのは机の広さがRAMで、後から説明するストレージ(SSD)が部屋の広さであるというものです。
メモリが多いほど、いろんな作業を広げて同時に進めておける、ということですね。

一般的なノートパソコンが搭載するRAMは4~16GB程度でMacBook Proが標準よりも多めのRAMが積まれていることがわかりますね。

また、RAMの容量はカスタマイズすることができます。

ストレージ(SSD)とは

一方でストレージとはデータ保存の領域を表します。

一般的なノートパソコンに搭載されているストレージの容量は128GB~2TBとなっているので、こちらも上位の容量であるストレージがMacBook Proに搭載されていますね。

また、MacBookは購入する際にRAMと同じくストレージを選択できます。
例えば13インチMacBook Pro(M1、2020)では最大2TBまで、16インチMacBook Proでは最大8TBまでアップグレードできるという違いがあります。

RAMやストレージは大きいほど高性能ですが、価格も上がるので注意ですね。
クラウドストレージサービスもあるのでよっぽどでなければ256GBでも問題ないはずが、大きいものを選んでおくと安心です。


MacBook Pro価格比較

MacBook Pro価格比較

MacBook Proはモデルによって価格が大きく異なります。
各モデルごとの価格を以下の表にまとめました。

端末名13インチMacBook Pro
(M1、2020)
13インチMacBook Pro
(2020、4つのポート)
16インチMacBook Pro
CPU

Apple M1チップ

2.0GHzクアッドコア第10世代Intel Core i52.6GHz 6コアIntel Core i72.3GHz 8コアIntel Core i9
RAM8GB16GB16GB16GB
256GB13万4,800円---
512GB15万4,800円18万8,800円24万8,800円-
1TB-20万8,800円-28万8,800円
(※Appleストア2020年12月10日時点の税別価格)

また、各モデルともにカスタムオーダーが可能になっていて、メインメモリ(RAM)、ストレージ(SSD)、CPUなどを選ぶことができます

例えば13インチMacBook Pro(M1、2020)の場合は、メインメモリ(RAM)を8GBから16GBへ変更すると+2万円になります。

価格だけでMacBook Proを選ぶなら、13インチMacBook Pro(M1、2020)が一番安いですね。

MacBook Proのおすすめポイント・特徴

MacBook Proのおすすめポイント・特徴

MacBook Pro2モデルのおすすめポイント・特徴を以下にまとめました。
あなたに適したものを選んでくださいね!

13インチMacBook Pro(M1、2020)

  • 低価格で購入できる
  • 最大17時間の利用可能
  • 最新CPUを搭載

 

13インチMacBook Pro(2020、4つのポート)

  • ポートが4つで便利
  • 最大10時間の利用可能

 

16インチMacBook Pro

  • 独立したGPUが搭載されグラフィック性能に優れている
  • 最大11時間の利用可能
  • 大画面で作業しやすい

MacBook Proは高価な買い物になるので、あなたが必要とする機能をしっかりと明らかにして、自分にあったモデルを選びましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事