【MacBook便利技】クラムシェルモードの方法、メリットやデメリットなど

MacBookを閉じた状態で外部ディスプレイに繋げ、デスクトップのように使用できるクラムシェルモード

筆者は長年MacBook 13インチモデルを愛用していますが、先日よりクラムシェルモードを導入。大画面ディスプレイかつ、作業スペースを広く取れるので仕事効率も大幅UPしました(給料もUPしたら嬉しい)。

そこで今回はMacBookのクラムシェルモードにする方法や必要なもの、メリット・デメリットなどを解説していきます。

スポンサーリンク

クラムシェルモードとは

冒頭でも説明しましたがクラムシェルモードとは、MacBookを閉じた状態で外部ディスプレイに繋げ、デスクトップのように使用する形態のこと。MacBookのほか、MacBook Pro、MacBook Airのノート型Macであれば全てクラムシェルモードに対応しています。

ちなみに、クラムシェル(clamshell)とは「貝殻」という意味の英語で、そのことから二つ折りにできるモバイル端末やノートPCなどの端末もそう呼ばれているんですよ。

クラムシェルモード導入前の環境

クラムシェルモード導入前の環境

クラムシェルモードにする前はこんな環境。

MacBook Pro 13インチに23.8インチの外部ディスプレイを繋げ、外付けのキーボードとマウスを使っていました。

これでもMacBookのみよりは快適でしたが、目の移動範囲が広いのと何よりもMacBookがデスクにせり出してきていて邪魔だったのが不満でした。あとディスプレイの足も地味に邪魔じゃないですか?

クラムシェルモード導入前の環境

最初はこの台に憧れてこの環境にしたんですけどね(今でもカッコいいとは思う)。

クラムシェルモード導入前の環境

長い間ありがとう!(メルカリに出そう)

クラムシェルモードにしないのであれば、このタイプのスタンドは本当におすすめだと思います。

クラムシェルモード導入前の環境

ちなみにこんな台を使っていたこともある。

クラムシェルモード導入前の環境

短い間ありがとう!(あんまり使わなかった)

MacBookを使っている以上、快適でカッコいい作業環境を追い求めているのは筆者だけじゃないはず。

ということで前置きが長くなりましたが、クラムシェルモードにする方法と必要なもの、メリット・デメリットを解説していきます!

クラムシェルモードにしてみよう

それではお使いのMacBookをクラムシェルモードにしていきましょう。と言っても、クラムシェルモードにする方法はとっても簡単です。

また、画面を閉じて使うので外付けのマウスとキーボード、ディスプレイは必ず必要になってきますので、必ずご用意を。

Bluetoothの設定

Bluetoothの設定

まず、システム環境設定からBluetoothを選択。

Bluetoothの設定

Bluetoothがオンになっていることを確認したら、詳細設定を押します。

Bluetoothの設定

するとこの画面になるので、一番下の「Bluetoothデバイスでコンピュータのスリープ解除を可能にする」にチェックを入れます。

これでスリープモードでもMacBook本体に触れることなく、外付けのマウスやキーボードに触れただけでスリープが解除できるようになります。

電源アダプタで電源につなぐ

クラムシェルモードは電源につないだ状態(充電しっぱなし)でないと使用できないので、電源アダプタを挿すことを忘れずに。

充電しっぱなしだとバッテリーが劣化するんじゃないかと心配になる方がいるかと思いますが、結論から言うと全く劣化しないのでご心配なく。

マウスとキーボードを接続

続いて外付けのマウスとキーボードをBluetoothでMacBookに接続します。

もちろんUSBを使っての有線接続でも使用できますが、クラムシェルモードにするのに有線接続する人ってほとんどいないような。

ディスプレイと接続

そして、MacBookを外付けディスプレイに接続します。

ディスプレイにMacBookの画面が表示されたのを確認して、蓋を閉じればクラムシェルモードは完了!

簡単ですね。

クラムシェルモードのメリット

クラムシェルモードのメリット

最大のメリットはやはり、大画面で作業でき、作業効率が上がる。これに尽きます。

ディスプレイの足を外しモニターアームにし、マウスとキーボードを置かないとこんなにも広い(マウスとキーボードを置かない状況なんてないけど)。

クラムシェルモードのメリット

もう一つのメリット。それはズバリ、とにかくスタイリッシュでカッコいい。

配線を上手く隠せば、余計なものは見えなくとにかくスタイリッシュ(マウスとキーボード、スペースグレーにすれば良かったなとちょっと後悔)。

ただの自己満でしかないのですが、MacBookを使う上では必要な心構えだと思っている。

クラムシェルモードのデメリット

クラムシェルモードのデメリット

よく言われているデメリットが、放熱性の低下で、熱がこもりやすく、パフォーマンスが低下するという点。

ノートPCは開いて使用するのを前提として設計されているので、閉じたまま利用するクラムシェルモードではこういった問題が発生するということです。

気になる方は冷却ファンなどで対策を。

クラムシェルモードのデメリット

もう一つはそこまでデメリットとは感じないですが、Touch IDが使えないこと。まぁ閉じているので当たり前ですね。

Touch IDを使った指紋認証でのロック解除は快適だったので、毎回パスワード入力する手間が増えました。

正直デメリットとは感じていませんが、もし面倒だと感じるならパスワードを1文字にすればいいんだ。

クラムシェルモードで使用する際にあるといいもの

クラムシェルモードで必須のものは前述しましたが、実際に筆者が使っているものと、他にあると便利なものについて紹介いたします。

外部ディスプレイ

外部ディスプレイ

クラムシェルモードにするにあたって、23.8インチから27インチのディスプレイに買い替えました。

ディスプレイサイズは3.2インチしか変わっていませんが、解像度がフルHD(1920×1080)からWQHD(2560×1440)になり、約1.8倍の表示領域に。31インチの4Kディスプレイと悩みましたが、結果的に大満足でした。

購入した「ViewSonic」という聞いたことないメーカーでしたが、1番安かったのでこちらに。ケチっちゃいましたが、とても綺麗に表示されています。

ViewSonic VA2719-2K-SMHD-7 ブラック [27型ワイドLED液晶モニタ]

PCスタンド

PCスタンド

こちらは必須ではないですが、せっかくクラムシェルモードにしているので、カッコいいPCスタンドを使いたいところ。

シンプルでMacBookの色にも合うこちらのスタンドを購入。これも選んだ中で1番安かったんですよね。

ただ、ずっしりと重厚感あって、チープな印象はなくこちらも大満足。

ドッキングステーション

ドッキングステーション

MacBookとディスプレイをHDMIケーブルで接続するならば必要なドッキングステーション。

使用しているのは、HDMIのほかUSB3.0のポートを2つ備え、SDカードも挿せます。

直刺しドッキングステーション

直挿しタイプのドッキングステーションの方がカッコいいのでずっと愛用していたんですが、これを機にやめました。

放熱性が低下するクラムシェルモードの上、さらに熱を持つドッキングステーションがくっついていると、余計熱を持つんじゃないかなと思ったため。

さらに、これまた安いドッキングステーションをずっと使っていたので、たまに認識しなくなることが増えてきたという2つの理由。

ドッキングステーション

まぁまぁ長い間ありがとう!(これは売れなそう)

直挿しタイプのドッキングステーションを買うならケチらない方がいいかと思います。現在筆者が使用している製品はまぁまぁ高価なので、この直挿しタイプは間違いないかなと。

マウス・キーボード

Mac純正 トラックパッドとキーボード

筆者はマウスでなくトラックパッドを使っていますが、どちらもMacの純正品を使用しています。

以前ケチって純正ではないMac用のキーボードを使っていたのですが、あまりにも使いにくくて慣れませんでした。これだけはケチってはいけないと、強く誓ったあの日を思い出す。

Magic Trackpadレビュー↓
https://www.elppar.com/magic-trackpad-2-review

Magic Keyboardレビュー↓
https://www.elppar.com/magic-keyboard-review

モニター(ディスプレイ)アーム

モニター(ディスプレイ)アーム

クラムシェルモードをスタイリッシュにすることを極めるなら、モニターアームも用意した方がいいと思います。

ディスプレイの足が無くなってより広く快適に。ディスプレイによっては調整できないことも高さ調整や角度調整も、モニターアームならどの製品でもほぼ調整可能。

筆者は安心と信頼のアイリスオーヤマ製を使用(しかも安い)。ケーブルもアームにまとめられて文句なしです。

Webカメラ

MacBookの内蔵カメラが使えなくなるので、オンライン会議する方はあった方がいいかと思います。

筆者は仕事で毎日オンライン会議がありますが、スマホをWebカメラとして代用しています。今のところ全く問題なく使えているので、Webカメラは必須ではないですね。

スピーカー

スピーカーも必須ではなですが、音にこだわる方は用意した方がいいかなと。

筆者はディスプレイに内蔵しているスピーカーで満足しているので、こちらも用意していません。

快適なMacBookライフを

以上、スタイリッシュな環境にこだわりながらもケチり癖のある、MacBookを愛用する筆者がお送りいたしました。

快適で素敵なクラムシェルモードライフを!

MacBookのおすすめモデルはMacBookのおすすめは?AirとPro 全モデルを徹底比較で解説していますので、参考にどうぞ。

スポンサーリンク
おすすめの記事