【詳細比較】ポケットWiFiおすすめ6選【目的・要望別に選べる】

自宅でも外出先でもインターネットにつなげられるポケットWi-Fi。
在宅でのテレワークや出張・旅行でもインターネットが使えて便利です。

ただ、ポケットWi-Fiの種類が多過ぎて、

  • どれを選べばいいのか分からない
  • どれがおすすめなの?

と迷っていませんか?

わたしはポケットWi-Fiを含め7社以上の通信キャリアを使ってきました。
この記事は、経験と最新情報の調査から選んだポケットWi-Fiのおすすめ6社を紹介します。

結論から言えば、料金の安さで選ぶならカシモWiMAXです。

とはいえ、本当に納得のいくサービスを使うためには「スマホと同じキャリアを使いたい」「キャッシュバックがほしい」など要望にそったポケットWi-Fiを選ぶことも重要です。

さっそくおすすめ6選を見ていきましょう。

おすすめポケットWi-Fi
     
スポンサーリンク

ポケットWiFiおすすめ6選

サービス名特徴月額料金通信速度(下り)データ容量通信制限
docomo半年1,000円割引6,980円+端末代最大1Gbps60GBなし
au契約期間なしも選択可4,292円+端末代最大1.2Gbps無制限3日で10GB
SoftBank半年1,000円割引
動画・SNS放題
8,228円+端末代最大988Mbps50GBなし
カシモWiMAX料金最安値
端末代無料
3,624円最大1.2Gbps無制限3日で10GB
GMOとくとくBB WiMAX最大30,000円キャッシュバック
端末代無料
4,226円最大1.2Gbps無制限3日で10GB
BIGLOBE WiMAX2+口座振替対応
15,000円キャッシュバック
3,980円+端末代最大440Mbps無制限3日で10GB
おすすめポケットWi-Fi
     

ポケットWi-Fiとは?

ポケットWi-Fiとは?

「ポケットWi-Fi」とは、スマホやパソコンなどをインターネットに接続させるための移動通信端末です。
ポケットWi-Fiと同じ意味で、「モバイルルーター」「モバイルWi-Fi」「WiMAX(ワイマックス)」などが使われます。

詳しく説明すると「ポケットWi-Fi」はもともとY!mobileのポケットWi-Fiを指して使われていました。
また、WiMAXはUQ WiMAXの回線を使ったポケットWi-Fiのことです。

ただし、ポケットWi-FiもWiMAXも”スマホやパソコンをインターネットにつなげる移動通信端末”という目的は同じなので、違いをそれほど気にする必要はありません。

通信量無制限のポケットWi-Fiを使えば、光回線を住宅に引き込めない人や外出先でWi-Fiを使いたい人もデータ通信量を気にせずインターネットができます。

ポケットWi-Fiは、docomo・au・Softbank以外にもたくさんの通信キャリアがサービス提供しているので特徴を見て選ぶことが大切です。

おすすめポケットWi-Fi
     

ポケットWi-Fiを選ぶポイント

ポケットWi-Fiを選ぶポイント

ポケットWi-Fiは4つのポイントで選ぶようにしましょう。

  1. 料金
  2. 速度
  3. エリア
  4. データ容量

ポケットWi-Fiのサービスは各通信キャリアでかなり違うため、4つのポイントを比べながら選んでくださいね。

おすすめポケットWi-Fi
     

料金

ポケットWi-Fi 料金

ポケットWi-Fiの料金は、実際にかかる費用すべてを計算して選びましょう。

  1. 基本料金
  2. 割引
  3. キャッシュバック
  4. 端末代
  5. 初期事務手数料

5つの費用また割引額を計算していくことで、実際の総費用が割り出せます。

総費用を割り出すときには、それぞれのポケットWi-Fiで契約期間が違うことに注意してください。
契約期間が長くなるほど総費用は増えていくからです。

5つの費用と割引から計算したポケットWi-Fiの実質月額料金は、おおよそ3,500円~4,500円です。
ただしdocomo・au・SoftBankのポケットWi-Fiはもう少し高くなります。

おすすめポケットWi-Fi
     

速度

ポケットWi-Fi 下り最大速度

ポケットWi-Fiの下り最大速度を確認しましょう。
通信速度が低いと、webページがなかなか開かなかったり動画がカクついたりします。

インターネットで主に使うのは下りなので、速度を見るときは下り速度をチェックしてください。
下りはダウンロードのことで、アプリをインストールしたりwebページを読み込んだりするときの通信です。

上りはアップロードのことで、TwitterやInstagramに投稿したり写真をクラウド保存したりするときに使います。

ポケットWi-Fiの通信速度は「最大1.2Gbps」「最大440Mbps」など、通信に最高な条件がそろったときの数値(ベストエフォート方式と言う)で表記されます。

実際に必要な速度は、通信量の多いオンラインゲームや4K動画視聴などをしない限り5~20Mbpsもあれば十分です。
そのため、たいていのポケットWi-Fiで速度が問題になることは少ないもののベストエフォートの下り速度が速いほど安心なのは間違いありません。

下り最大速度の速いポケットWi-Fiを選ぶようにしましょう。

おすすめポケットWi-Fi
     

エリア

ポケットWi-Fi エリア

ポケットWi-Fiのエリアを確認してから選びましょう。
エリア外では通信できなくなるからです。

自宅や会社、通勤・通学エリアがしっかりとエリア内かどうかをチェックしてください。
ポケットWi-Fi各社のエリアを確認しましょう。

おすすめポケットWi-Fi
     

データ容量

ポケットWi-Fi データ容量

データ容量を確認してから選びましょう。
データ容量が不足すると、webページを見れなくなったり動画を視聴できなくなったりします。

1GBのデータ容量でできることの目安を知っておけば、必要なデータ容量が推測できます。

YouTube高画質動画(720p)約1.5時間視聴
Zoomオンライン会議約2時間
LINEビデオ通話約3時間
LINE音声通話約40時間
メール送受信約2,000通
ニュースページ閲覧6,000~7,000ページ

動画を見たりビデオ通話をしたりする人は、特にデータ容量が必要です。

データ容量がどれだけ必要なのかイメージしにくいならデータ容量無制限のポケットWi-Fiを選ぶのが無難です。

おすすめポケットWi-Fi
     

おすすめポケットWi-Fi

おすすめポケットWi-Fi

おすすめなポケットWi-Fiを6社選びました。

スマホと同じキャリアで

ポケットWi-Fi スマホと同じキャリアで

docomo・au・SoftBankにもポケットWi-Fiがあります。

スマホと同じキャリアで選ぶことで、請求をひとまとめにできるのがメリットです。
請求がひとまとめなので支払い忘れがありませんし、手間も減りますよね。

また、スマホと同じキャリアで選べばエリアも同じです。
スマホが問題なく使えているエリアならポケットWi-Fiも圏外になることなく使えます。

さらにデータ容量を分け合えるキャリアもあるので費用を抑えられます。
「データ容量は少なくていいからポケットWi-Fiを使いたい」という人におすすめです。

おすすめポケットWi-Fi
  

docomo

ポケットWi-Fi docomo
画像出典:docomo
初期費用3,000円
月額料金60GB:6,980円
7GB:5,980円
端末代月額料金に含まない(下のデータ端末参照)
通信速度(下り)最大1.2Gbps
データ容量60GB/7GB
通信制限なし
契約期間2年
解約金更新月以外:1,000円
更新月:無料
支払方法クレジットカード払い/口座振替

docomoのポケットWi-Fiは、ポケットWi-Fi専用の料金プランがありません。
スマホと同じ「ギガホ」か「ギガライト」を選ぶことになります。
定額6,980円で60GBを使えるギガホがお得です。

データ容量を超えてしまった場合、通信速度は128kbpsまで落ちます。

メールの送受信やLINEのスタンプを送るなら問題ありませんが、ネットはまともに使えない速度になるので注意してください。

ドコモでスマホとポケットWi-Fiの料金を分け合うなら、月額料金1,000円の「データプラス」プランを選びましょう。
ポケットWi-Fiのためにギガホを契約するよりもかなり安くなります。

もちろん、「データプラス」プランはスマホのデータ容量を分けてもらうので、ポケットWi-Fiで使いすぎるとスマホのデータ容量が不足してしまうので注意しましょう。

docomoサイトへ >>

▼データ端末

端末名Wi-Fi STATION SH-52AWi-Fi STATION SH-05LWi-Fi STATION HW-01L
端末イメージWi-Fi STATION SH-52AWi-Fi STATION SH-05LWi-Fi STATION HW-01L
端末代6万8,904円2万7,720円2万6,136円
画像出典:docomo

SH-52Aは5G対応端末です。
5Gは2020年時点では使うエリアが限られていますし、端末代も割高です。

なので、性能と価格のコスパに優れたHW-01Lをおすすめします。
下り最大速度1.2Gbpsに対応しているうえ、防塵性能を持っています。

au

ポケットWi-Fi au
画像出典:au
初期費用3,000円
月額料金4,292円
端末代月額料金に含まない(下のデータ端末参照)
通信速度(下り)最大1.2Gbps
データ容量無制限
通信制限3日で10GB
契約期間2年
解約金更新月以外:1,000円
更新月:無料
支払方法クレジットカード払い/口座振替

auは大手キャリアで唯一データ容量が無制限です。
3日で10GBを超えないように気を付ければ動画やオンライン会議にもどんどん使えます。

1つだけ気を付けてほしいのが、auのポケットWi-FiはauのLTEエリアではなくWiMAX回線を使っていることです。
auスマホで使っているインターネット回線ではありません。
WiMAX回線を使うことになるので、WiMAXエリアを確認してから契約しましょう。

また、WiMAX回線を使っているので通信サービスは今回紹介する”WiMAX”の名前がつく3社のポケットWi-Fiと同じです。

auのLTEエリアを使いたい場合は、月額1,005円の「ハイスピードプラスエリアモード」のオプションを使いましょう。
毎月7GBのデータ容量でLTEエリアが使えるようになります。

auサイトへ >>

▼データ端末

端末名Speed Wi-Fi 5G X01Speed Wi-Fi NEXT WX05WiMAX HOME 01Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi HOME L02Speed Wi-Fi NEXT W05Speed Wi-Fi HOME L01s
端末イメージSpeed Wi-Fi 5G X01Speed Wi-Fi NEXT WX05WiMAX HOME 01Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi HOME L02Speed Wi-Fi NEXT W05Speed Wi-Fi HOME L01s
端末代価格は店舗によって異なる
画像出典:au

性能で考えるとW06がおすすめです。

下り最大速度1.2Gbpsに対応し、2時間の充電で約9時間もつなげられます。
自宅でも外出先でもバッテリーの減りを気にせず使えます。

SoftBank

ポケットWi-Fi SoftBank
画像出典:SoftBank
初期費用3,000円
月額料金8,228円(6ヶ月目まで7,128円)
端末代月額料金に含まない(2万7,000円)
通信速度(下り)最大988Mbps
データ容量50GB
通信制限なし
契約期間なし
解約金なし
支払方法クレジットカード・口座振替

SoftBankは大手キャリアの中で、最も料金が高いです。
ポケットWi-Fi専用のプランがないため、スマホ用のプランをそのまま使います。

データ容量の多い「メリハリプラン」はデータ容量50GBです。
「メリハリプラン」は動画SNS放題の対象サービスはデータ容量がカウントされません。
そのため、YouTubeを見たりTwitterやInstagramを使ったりしてもデータ容量は減らないのは大きなメリットです。

動画SNSでデータ容量が減らないため、オンライン会議で使ったりアプリの更新をしたりするのに必要なデータ容量を十分に残せます。

月額980円の「データシェアプラン」を使えば、スマホのデータ容量をポケットWi-Fiで使うことができます。

ポケットWi-Fi用に「メリハリプラン」を契約する必要がないため月額料金は大幅に安くなるものの、データ容量不足でポケットWi-Fiを使いたい人には向いていません。

SoftBankサイトへ >>

▼データ端末

SoftBankで選べる端末は「Pocket WiFi 802ZT」のみです。

Pocket WiFi 802ZT
画像出典:SoftBank
  • 連続使用時間:12時間
  • 端末代:2万7,000円

生活防水にも対応しているため、多少の水やほこりでは壊れないため安心して使えます。

料金を安くするならカシモWiMAX

ポケットWi-Fi 料金を安くするならカシモWiMAX
画像出典:カシモWiMAX
初期費用3,000円
月額料金(3年間の平均)無制限:3,624円
7GB:3,024円
端末代無料
通信速度(下り)最大1.2Gbps
データ容量無制限/7GB
通信制限3日で10GB
契約期間3年
解約金1~12ヶ月:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25ヶ月~:9,500円
37ヶ月(更新月):無料
支払方法クレジットカード払い

カシモWiMAXはとにかく料金が安いポケットWi-Fiです。

表の月額料金は平均で出していますが、具体的には以下のように期間に応じて割引された料金となっています。

  • 申込月・1ヶ月目:1,380円
  • 2~24ヶ月:3,580円
  • 25ヶ月~:4,079円

申し込み月と1ヶ月目がとくに安いですね。
そのうえ、端末代が無料なので使いはじめの負担はとっても小さいです。

さらに、カシモWiMAXはキャッシュバックがありません。
デメリットのように聞こえますが、しっかり料金割引されているため支払い総費用は非常に安いです。
なによりキャッシュバックのように手続きの手間や受け取り忘れもなく確実に安くできます。

また、カシモWiMAXはUQモバイルを使っていれば毎月500円割引されます。
期間の定めはなくカシモWiMAXを使い続ける限り割引されるので非常にお得です。

カシモWiMAXサイトへ >>

▼データ端末

端末名Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi HOME L02Speed Wi-Fi NEXT WX06WiMAX HOME 02
端末イメージSpeed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi HOME L02Speed Wi-Fi NEXT WX06WiMAX HOME 02
端末代無料無料無料無料
画像出典:カシモWiMAX

おすすめは持ち運び型人気No.1の「W06」
端末が軽く外に持ち出しやすいうえ、通信性能も高いので「W06」を選びましょう。

高額キャッシュバック!GMOとくとくBB

ポケットWi-Fiを選ぶポイント 高額キャッシュバック!GMOとくとくBB
初期費用3,000円
月額料金(3年間の平均)無制限:4,226円
7GB:3,609円
端末代無料
通信速度(下り)最大1.2Gbps
データ容量無制限/7GB
通信制限3日で10GB
契約期間3年
解約金1~12か月:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25ヶ月~:9,500円
37ヶ月(更新月):無料
支払方法クレジットカード払い

GMOとくとくBB WiMAXは高額なキャッシュバックがもらえるポケットWi-Fiです。

最大3万円のキャッシュバックが受け取れます。
キャッシュバック額は利用する端末で変動するものの、最安でも2万4,000円です。
最大3万円のキャッシュバックを受け取りさえすれば、総支払費用はカシモWiMAXよりも安くなります。

ただし、キャッシュバックの受け取りは11ヶ月後と遅く、手続きの手間も多少かかるのがデメリットです。
キャッシュバックはGMOから届く案内メールを受け取って、振込口座を登録すれば翌月末日に振り込まれます。

GMOとくとくBB WiMAXは、auとUQモバイルは割引を受けられます。

  • auユーザー:毎月1,000円割引
  • UQモバイルユーザー:毎月500円割引

ポケットWi-Fiを使っている間は割引されるのでかなりお得です。

端末代はすべて無料ですが、端末により受け取れるキャッシュバック額が変わることに注意してください。

GMOとくとくBB WiMAXサイトへ >>

▼データ端末

端末名Speed Wi-Fi NEXT WX06WiMAX HOME 02Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi HOME L02
端末イメージSpeed Wi-Fi NEXT WX06WiMAX HOME 02Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi HOME L02
キャッシュバック額2万6,600円
2万4,000円(充電台セット)
2万8,500円2万6,600円3万0,000円
端末代無料無料無料無料

おすすめは高性能な「W06」です。
キャッシュバック額はやや小さくなるものの、通信性能が高く持ち運びもでき使いやすいからです。

口座振替が選べる!BIGLOBE WiMAX2+

ポケットWi-Fi 口座振替が選べる!BIGLOBE WiMAX2+
画像出典:BIGLOBE WiMAX2+
初期費用3,000円
月額料金無制限:3,980円
端末代月額料金に含まない(下のデータ端末表参照)
通信速度(下り)最大440Mbps
データ容量無制限
通信制限3日で10GB
契約期間1年
解約金1~12ヶ月:1,000円
13ヶ月~:無料
支払方法クレジットカード払い/口座振替

BIGLOBE WiMAX2+は口座振替が選べるポケットWi-Fiです。
「クレジットカードを持っていない、使いたくない」という人でも利用できます。
キャリア系のポケットWi-Fi以外で口座振替に対応していることは少ないので、実はとてもめずらしいです。

また、データ端末をセットで申し込めばサービス開始翌月に1万5,000円のキャッシュバックがもらえます。
BIGLOBE WiMAX2+は端末代がかかるのがデメリットなものの、キャッシュバックで端末代の負担を減らせます。

さらにauとUQモバイルユーザーは月額料金が割引されます。

  • auユーザー:毎月1,000円割引
  • UQモバイルユーザー:毎月500円割引

ポケットWi-Fiを使っていれば必ず割引されるため非常にお得です。

BIGLOBE WiMAX2+サイトへ >>

▼データ端末

端末名Speed Wi-Fi NEXT WX06Speed Wi-Fi NEXT W06WiMAX HOME 02Speed Wi-Fi HOME L02
端末イメージSpeed Wi-Fi NEXT WX06Speed Wi-Fi NEXT W06WiMAX HOME 02Speed Wi-Fi HOME L02
端末代1万9,200円1万9,200円1万9,200円1万9,200円
画像出典:BIGLOBE WiMAX2+

「W06」が高性能でおすすめです。
電波の受信感度も旧モデルW05より20%向上し、つながりにくい場所でもしっかりつながります。

おすすめのポケットWi-Fi まとめ

ポケットWi-Fi おすすめ まとめ

おすすめのポケットWi-Fiを紹介しました。
ポケットWi-Fiは4つのポイントで選びましょう。

  • 料金
  • 速度
  • エリア
  • データ容量

ポケットWi-Fiの支払いをスマホと一緒にしたいなら、docomo・au・SoftBankそれぞれのポケットWi-Fiを使いましょう。
キャリアでなくても良いなら、毎月の料金が割引され確実に安くなるカシモWiMAXがおすすめです。

ポケットWi-Fiを使って快適なインターネットを楽しんでくださいね。

おすすめポケットWi-Fi
     
スポンサーリンク