iPadのセルラーモデルは、iPhoneなどのスマホと同じようにSIMカードを差して使用することができ、出かけ先でWi-Fiが繋がる場所を探したり、モバイルWi-Fiを持ち歩く必要がなく、iPad1台で場所を選ばずに使用できるのが大きな利点です。

 

そんなセルラーモデルのiPadは、SIMフリーであれば三大キャリアであるau・docomo・softbankどの会社とも契約することができますが、その他に、昨今話題になっている格安SIMの利用も可能です。

 

2019年現在、三大キャリアの新料金プランが発表され、以前よりも安価なプランを選択できるようになりました。しかし、格安SIMの料金の手軽さには到底追いついていません。iPadの利用には通信料金が負担になりにくい格安SIMを検討してみてはいかがでしょうか。

 

格安SIMは今や戦国時代です。この記事ではiPadで利用できる格安SIM会社の中から、UQモバイル・IIJmio・Y!モバイルを取り上げ、それぞれのサービスや通信速度などを比較検証していきます。

スポンサーリンク

iPadで使うだけならばデータSIMでOK

まずは、格安SIMで契約できるSIMタイプについて説明します。格安SIMは大まかに分類すると以下のようになります。

 

    • 音声通話SIM
    • データSIM

 

契約するSIMタイプによって、使える機能に差があり、値段も異なってきます。それではまずそれぞれのタイプを詳しく見ていきましょう。

音声通話SIM・通話SIMとは

会社によって細かい呼び方は異なってきますが、音声通話SIM・通話SIMとは、名前の通り音声通話が可能なSIMのことです。つまり、電話機能を使用し電話番号を入力して、通話ができるSIMというわけです。

 

ちなみに、MNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)で今使用している電話番号を引き継ぐことも可能です。通話ができるため、3つのタイプのうち月額料金は一番高くなっています。

データSIM

最も低額で、コストパフォーマンスが良いものといえば、データSIMでしょう。

 

出来ることはデータ通信のみというシンプルさですが、シンプルがゆえに料金も安いのです。音声通話機能はいらないiPadに差すSIMとしては、もっとも適していると考えられます。

格安SIM会社を選ぶ基準は?

たくさんある格安SIM会社から、どこと契約するのかは非常に悩むところです。今回は、データ通信の「値段」「通信の安定度」「通信量の豊富さ」を基準に判断した際、おすすめできる3つの格安SIMをご紹介します。

 

紹介する3つの格安SIMは

    • UQモバイル
    • IIJmio
    • Y!モバイル

この3社のものになります。それぞれの会社によってプランやサービスに違いがあるので、まずは比較しながら見ていきましょう。

UQモバイル・IIJmio・Y!モバイルの価格比較

はじめに3社のプランと料金を表にして見てみます。

格安SIMプラン名月額料金データ
容量
UQモバイルプランS1,980円3GB
プランM2,980円9GB
プランL4,980円21GB
IIJmio
※データ通信専用SIM タイプD
ミニマムスタートプラン900円3GB
ライトスタートプラン1,520円6GB
ファミリーシェアプラン2,560円12GB
Y!モバイル
※スマホプラン(USIMカード単体契約の場合)
スマホプランS1,980円3GB
スマホプランM2,980円9GB
スマホプランL4,980円21GB

 

一見するだけで、自身が欲しい通信量と値段を照らし合わせれば、自ずと契約すればいい会社が見えてくる……ような気もするでしょう。
しかし値段だけで決めるのは早計です。各会社のサービスや特徴を更に詳しく説明します。

UQモバイル

テレビCMでもおなじみのUQモバイルは、三大キャリアの一角であるauの系列企業です。そのため、回線速度が遅いと言われがちな格安SIMの中でも、安定した通信と快適な速度の提供を実現しています。

 

格安SIMユーザーからの口コミには「混雑する時間帯に通信速度が落ちる」というものも多いのですが、その点UQモバイルなら安心です。

 

つまりUQモバイルの大きなメリットは、通信速度の速さと安定感と言えるでしょう。

 

では、デメリットは?といえば、実はUQモバイルの動作確認端末にiPadは入っていません。つまり、もしiPadになんらかの不具合が出たり、通信がうまくできなくなってもUQモバイルは責任をとってはくれません。

 

もちろん、現実にはUQモバイルのSIMをiPadで利用している人もいます。しかし動作他確認端末に名前がない以上、利用はあくまでも自己責任です。

 

不安な場合は、15日間無料で試用できる「Try UQ」というサービスを利用し、動作確認を自分で行ってみるといいかもしれません。

IIJmio

IIJmioは他の格安SIM会社に比べると、テレビなどでの広告は控えめで、少し地味なイメージを持っている方もいるでしょう。
しかしIIJmioを運営するIIJはインターネット通信業界の老舗中の老舗です。インターネットプロバイダ事業を国内で初めて行った会社でもあり、信頼できる堅実な会社です。

 

そんなIIJmioの大きな強みは、安定性です。
通信障害がほとんど発生しないというのは大きな魅力でしょう。

 

また格安SIMというのは基本的にどの会社を選択しても、通信速度にムラがあります。ですがIIJmioは、通信速度が極端遅くはなりません。それなりの速さで通信できるSIMというわけです。

 

またSIMにdocomoの回線を利用できるタイプDと、au回線を利用するタイプAの2つがあり、SIMフリーのiPadであればどちらかを好きに選択できるのも良い点です。

 

反対にIIJmioには選べるプランが少ないというデメリットがあります。
よく言えば厳選された3つのプランでしょうが、「帯に短し襷に長し」と感じることもあるでしょう。その場合は、別の会社のプランをチェックすることをおすすめします。

 

また、速度制限がかかると上限200kbpsになりますが、その状態で3日間に336MBを超えた通信を行うと、更に速度制限がかかります。つまり速度制限中にもう一段階速度を制限されてしまうということです。

 

ちなみにIIJmioのデータSIMにはSMS機能はついていません。SMSを利用したい場合は、SMSつきデータSIMを契約する必要があり、月額料金も少し高くなる点には注意が必要です。

 

さらに、もう1つ情報を付け加えるとしたら、タイプDではそれなりの速さを感じますが、タイプAは遅めです。au回線を使うのならば、UQモバイルの利用を検討してみるのもいいかもしれません。

Y!mobile

softbankの系列企業であるY!mobileは、softbank回線が使える貴重な格安SIMです。

 

印象的なCMもさることながら、実店舗があるので知名度はかなり高いと言えます。softbank回線を利用した高速通信が可能で、混雑しそうな時間帯でもスムーズな通信が行えるところが魅力の1つです。

 

他の格安SIMとの大きな違いをあげれば、実店舗があるという部分につきます。

 

格安SIMを契約・購入するためには自分でインターネットを用いて行うことが一般的です。しかしながら店舗があることで、購入時にスタッフにわからない部分を尋ねることができます。また、使い始めてからのサポートという点においても、店舗があると安心です。

 

デメリットとしては、都市部では滅法強いながら郊外にいくとやや繋がりにくい点があげられます。旅行先で他の人はつながっているのに自分だけつながらない……などということがあるかもしれません。

980円で使える「データSIMプラン」

実は1GBを980円で利用する方法があります。

 

そのため必要なものは「SIMスターターキット」です。これは店舗や公式ホームページからではなく、家電量販店やAmazonなどで1,000円弱で購入できます。

 

SIMスターターキットとは、Y!mobileのSIMだけが購入できる商品で、購入後専用サイトにアクセスし、自分で利用開始手続きをする必要があります。そしてこのキットから利用開始する時のみ、月額980円のデータSIMプランが選択できるようになっています。お試しでY!mobileを使ってみたいという方にはおすすめです。

まとめ

ここまで、3つの格安SIMについて紹介してきましたが、情報を簡単にまとめると

 

どの回線を使いたいか

    • UQモバイル:au回線を快適に使用したい
    • IIJmio:docomo回線の格安SIMが欲しい
    • Y!mobile:softbank回線を利用したい

高速通信を希望

    • UQモバイル
    • Y!mobile

このような結果になりました。

最後に

iPadで使用するオススメのデータ通信専用SIMを比較しながら紹介しました。
自分にあったSIMを選ぶためには、iPadをどのような目的で使用するのか、どの程度使用するのかを考えてプランを選択すると間違いがありません。

 

【ライター:巽 久已】

 

スポンサーリンク