今回は、Y!mobile・UQmobileの料金改定を中心に、代表的なMVNOの料金との比較や、解約時のルールなどを交えて、おすすめの格安SIMを見つけたいと思います。

スポンサーリンク

2019年10月1日で変わったこと

後年、2019年10月1日を振ると、「分岐点」として歴史に残る日になるかもしれません。

 

総務省は、10月1日以降、改正電気通信事業法を施行、及び関連する総務省令やガイドラインなどにより、大手キャリアとその特定関係法人、及び一定の回線数を保有するMVNO(いわゆる格安SIM)に対して以下のルールを義務付けました。

 

  1. 定期契約期間内の解約・MNP転出時の早期解約違約金の上限を、1,000円とすること
  2. 定期契約ありのプランと、定期契約なしのプランの料金差を最大170円とすること
  3. 回線契約とセットされた端末販売の値引き額は最大20,000円とすること

 

ここで言う「定期契約」とは、2年契約等におけるいわゆる「縛り」を指します。

 

また、「早期解約違約金」とは、解約金や契約解除料等と称する解約違約金を指します。

 

「特定関係法人」とは大手キャリアの資本が入った子会社やグループ会社の事で、KDDIグループに属する子会社「UQmobile」「BIGLOBEモバイル」、Softbankのサブブランドである「Y!mobile」、グループ子会社である「LINEモバイル」、MNOとなる「楽天モバイル」などを指します。

 

また、一定の回線数を保有するMVNOとは、市場の0.7%(100万回線)を超える回線を保有するMVNOで、「IIJ」「mineo」等を指します。

 

2019年10月1日以降、大手キャリアは早期解約違約金を1,000円としましたが、サブブランドとMVNOを含む「格安SIM」各社は対応が異なっています。
特に、2年契約+自動更新プランをメインとしてきたY!mobileとUQmobileが、料金体系まで含めて大規模なルール変更を実施した事により、他社格安SIMに少なからず影響を与えそうです。

Y!mobileとUQmobileの新料金はインパクト大!

2年契約+自動更新プランをメインとしてきたY!mobileとUQmobileは、契約期間中の解約金として9,500円を設定する等、大手キャリア寄りの料金やルールがネックとなっていました。
しかし、2019年10月1日以降、料金プランの改定を含む大規模なルール変更を実施しています。

Y!mobileの新料金・新ルールとは?

画像出展:ymobile.jp

 

従来のスマホプラン「S」「M」「L」を、スマホベーシックプラン「S」「M」「R」とし、各々の容量と料金を、S:2,680円/4GB、M:3,680円/12GB、R:4,680円/17GBとし、初年度12か月間1,000円を割り引く「ワンキュッパ割」を廃止、700円を6か月間割引く「新規割」を新設しました。
S・M・Lいずれにも「10分かけ放題」が付帯します。

 

プランSプランMプランL(R)
プラン旧(L)新(R)
基本容量2GB3GB6GB9GB14GB14GB
データ増量+1GB+1GB+3GB+3GB+7GB+3GB
月間容量合計3GB4GB9GB12GB21GB17GB
10分かけ放題
基本料金2,980円2,680円3,980円3,680円5,980円4,680円
ワンキュッパ割(1年)-1,000円--1,000円--1,000円-
新規割(6か月)--700円--700円--700円
基本料金割引中1,980円1,980円2,980円2,980円4,980円3,980円
割引後2,980円2,680円3,980円3,680円5,980円4,680円
2年平均2,480円2,505円3,480円3,505円5,480円4,505円
おうち割-500円--700円--1,000円-
家族割-500円--500円--500円-
おうち割・家族割--500円--500円--500円
※価格は全て税別表示

 

新プランは、旧プランに比べて基本料金を抑え、割引制度を縮小した形ですが、2年間利用した場合の月ごとの料金平均の差額は、各プランとも僅かに25円です。

 

容量の増加を勘案すれば実質的には値下げですし、2年縛り・違約金が廃止された事により、従来以上に気軽に利用する事ができる事は大きなメリットです。
ただし、余ったデータ容量を繰越せない、低速モードの提供がない等の従来からのデメリットは、新料金プランになっても継続されています。

 

既存ユーザーへの対応

2019年9月30日までに契約が成立した既存ユーザーが新プランへのプラン変更を行う場合、旧プランの契約期間が2年未満の場合には、従来通りの契約解除料9,500円が発生します。

  1. 旧プランで2年以上経過している場合
  2. 2年未満でも機種変更と同時にプラン変更する場合

このいずれかに該当する場合には、契約解除料がかからずプラン変更が可能です。

UQmobileの新料金・新ルールとは?

UQmobileの新料金・新ルールとは?
画像出展:uqwimax.jp

 

UQ mobileの新料金プランは非常にシンプル化されました。

 

プラン名、通話サービスがオプションとなったため、かけ放題セットの「おしゃべりプラン」、通話パックセットの「ぴったりプラン」の名称が廃止となり、新たに「スマホプラン」となりデータ容量に応じて「S」「M」「L」プランを選ぶ事ができます。

 

「スマホプラン」は、2年契約及び早期解約違約金(契約解除料)が廃止となり、2年契約初年(12か月間)に毎月1,000円を割り引く「イチキュッパ割」も廃止となり、契約期間に関わらず、S:3GB、M:9GB、L:14GBの容量が固定化されています。

 

オプションとなった通話サービスは、かけ放題が10分間に拡大され「10分かけ放題」となり月額700円、「通話パック」は、60分のみとなり月額500円で利用可能となりました。
通話サービスの有無を選べるようになったのは、ユーザーの使い勝手の向上と言えます。

 

プランSプランMプランL
プラン
基本容量2GB3GB6GB9GB14GB14GB
データ増量+1GB +3GB +7GB 
月間容量合計3GB3GB9GB9GB21GB14GB
10分かけ放題込み+700円込み+700円込み+700円
60分通話パック込み+500円込み+500円込み+500円
基本料金2,980円1,980円3,980円2,980円5,980円3,980円
イチキュッパ割(1年)-1,000円--1,000円--1,000円-
基本料金割引中1,980円-2,980円-4,980円-
割引後2,980円-3,980円-5,980円-
2年平均2,480円1,980円3,480円2,980円5,480円3,980円
かけ放題込み料金2,480円2,680円3,480円3.680円5,480円4,680円
UQ家族割-500円-500円-500円-500円-500円-500円
※価格は全て税別表示

 

新プランでは「家族割」以外の割引や、容量の増量等がなくなりスッキリとしたシンプルなプラン構成となり、音声通話サービスをユーザーの意思で選択できる自由度も拡がっており、よりMVNO的な性格が強まったように感じます。

 

UQ mobileの最大の特徴である常時高速通信はもちろん、Y!mobileに対するアドバンテージである「データ繰越し」や「低速モード」は新料金プランでも引き継がれており、「かけ放題」込みの料金では、旧プランよりも200円割高になりますが、2年目違約・契約解除料の廃止を勘案すれば、使い勝手は大幅に向上しており、旧プランの頃からのおすすめ度がさらにアップした印象です。

 

一部のユーザーに人気だった「データ高速+音声通話プラン」は、プラン内容に差がなくなった事で廃止となっています。

 

既存ユーザーへの対応

2019年9月30日までに契約が成立した既存ユーザーは1回目の2年契約満了以降、「データ高速+音声通話プラン」及び「データ無制限+音声通話プラン」の既存ユーザーは、最低利用期間満了以降に新プランへの変更が可能となり、その場合「契約解除料」はかかりません。
要するに、既存ユーザーは契約中プランの契約時のルールのままという事になります。

サブブランド新料金プラン・新ルールまとめ

これまでは、Y!mobileの料金体系や諸ルールを倣うようにしてきたUQmobileが、通話サービスをオプション化する等、Y!mobileと異なる料金体系を打ち出していますが、割引等による違いはありますが、基本的には、通話サービス込みで3GB=2,680円、9GB=3,680円といった価格帯でまとめてきました。

 

従来からサブブランド系は、通信品質や通信速度において、MVNO各社に圧倒的な差をつけている上に、今回の料金改定によって「お得感」がさらに増し、期間拘束・違約金の廃止などで「利用時の敷居」が大幅に下がったと言えます。

 

特にUQmobileは、料金体系をシンプルにし、料金も容量も利用期間での変動を無くすなど、ユーザーフレンドリーの姿勢をより強めると共に、「常時高速通信」「データ繰越し」「低速モード」「無料お試し制度」なども継続していて、従来からの良さを減じることなく、新プラン・新ルールのメリットを上乗せした格好です。

 

次項では、こうした魅力度が大幅アップしたサブブランドの新プラン・新ルールと、格安SIM・MVNO各社の料金プランや解約ルールなどを比較してみます。

MVNOは料金改定ナシ!解約ルールだけの変更

今回の総務省のルール変更に伴って、料金体系を改定したのは、2年縛りプランをメイン・プランにしていたサブブランド系のみで、格安SIM各社は料金プランの改定は行わず、解約・MNP転出時のルールのみを変更しています。

 

以下に代表的なMVNOの解約ルールの変更についてまとめました。

MVNO最低利用期間早期解約違約金既存ユーザー
楽天モバイル廃止廃止現状
IIJmio12か月1,000円現状
mineo廃止廃止現状
BIGLOBEモバイル12か月1,000円現状
LINEモバイル12か月1,000円現状
OCNモバイルONE6か月間1,000円現状
NifMo(※)廃止廃止適用
日本通信b-mobile(※)廃止廃止適用
※NifMoと日本通信b-mobileは総務省新ルール適用外のMVNO事業者(自主的に廃止)

 

MVNO各社の対応は3通りです。

  1. 最低利用期間・違約金を廃止した総務省ルールの適用事業者
  2. 最低利用期間を残し、違約金を1,000円とした総務省ルールの適用事業者
  3. 最低利用期間・違約金を廃止し、既存ユーザーにも適用する総務省ルール適用外の事業者

 

一部に、最低利用期間・違約金の廃止を既存ユーザーにまで適用した事業者がありますが、多くは、最低利用期間・違約金を廃止した事業者と、最低利用期間を残し期間中の違約金を1,000円とした事業者です。

 

サブブランドが契約期間や違約金を廃止したため、違約金を残したMVNOは多少イメージが悪い部分があるかもしれませんが、額が1,000円と大した事がないので影響はほとんどない可能性もありますし、既存ユーザーには適用しない点では同じですので各社あまり大差ないようです。

 

そうなると問題は、改定されたサブブランドの料金と、変更のない格安SIM各社の料金をユーザーがどう受け止めるかになります

サブブランドと格安SIM各社の料金プランを比較

以下の表は、サブブランド、MVNO各社のプラン容量・料金から割り出した1GB相当の単価です。

事業者速度2~3GB4~6GB7~12GB13GB超10分かけ放題
Y!mobile速い670円-307円275円込み
UQ mobile速い660円-331円284円700円
IIJmio遅い533円370円-217円830円
mineo遅い503円365円313円229円850円
BIGLOBEやや速い533円358円283円260円850円
LINEモバイル遅い563円444円264円-880円
b-mobileやや速い430円298円259円239円500円
(5分)

 

プラン料金の1GB換算単価でみた場合、どの格安SIMが割安なのかは一目瞭然です。

 

2~3GBの小容量プランを利用するなら、他社が500円以上のところ、唯一430円/1GBで提供するb-mobileがダントツの安さですし、5~6GBの中容量、9~12GBのちょっと多めでも同様にb-mobileの安さが光りますが、13GB超の大容量クラスになると、b-mobileよりもIIJmio やmineoの方が割安感を出してきます。

 

また、LINEモバイルは10GBまで、b-mobileは15GBまでと、大容量プランを提供していない事業者もあるので、大容量派のユーザーは選択肢が若干狭まる場合があります。

 

しかし、「ただ安ければ良い」という訳でもないので、SIM選びはそう簡単ではありません。

 

各社各様の特徴を持っていますので、ユーザー自身の使い方に応じて、各社の特徴を見極める必要があります。

 

通信品質・通信速度をどう評価するか

サブブランドはMVNOでは太刀打ちできない通信品質と速度を持っていますし、「BIGLOBEモバイル」や「b-mobile」はMVNOの中では比較的速いと言われていますが、「IIJmio」「mineo」「LINEモバイル」は混雑時の速度低下が著しく、実用性に欠ける場合もあります。

 

そうした通信品質や速度をどう評価するかで、選択肢は変わってきます。
品質・速度重視であれば、1GB当たり100円程度の割高な料金は、サブブランドを選ぶ事の妨げにはなりませんし、速度もある程度は維持しながらも、料金も割安であって欲しいと言うならBIGLOBEやb-mobileが選択肢になります。

 

時々「通信速度は気にしていない」という方がいますが、通信速度は通信会社の「基本性能」だと考えます。

 

通話以外のサービスは、メール・SNS・インターネット・動画・音楽・ゲーム・その他アプリなど、ほとんど全てが通信あってのサービスですので、その基本である通信速度が遅くて使い物にならないのでは、スマホの機能を活かす事ができません。

 

通信速度さえ速ければ、他はどうでもいいと言う訳ではありませんが、ある程度の通信速度は重視すべきと考えます。

 

各社の特徴や独自サービスを重視する

格安SIM各社は、他社との差別化によって、より多くのユーザーにアピールしています。

IIJmio

IIJmio
画像出展:iijmio.jp

IIJmioはインターネット接続で培った高い技術力が自慢ですが、同社を語る上では何より「eSIM」を取り上げなければなりません。
現在、国内唯一「eSIM」を発行しており、デュアルSIM仕様のiPhoneのサブSIMを利用できる唯一のMVNOです。eSIMを使いたいならIIJmio一択です。

 

mineo

mineo
画像出展:mineo.jp

mineoの最大の特徴は活発なユーザーコミュニティです。
mineoは「Fun with Fans」をスローガンに、ユーザーフレンドリーなサービスや運営を特徴としています。

 

データ容量の互助制度とも言える「フリータンク」の人気が高く、他社にはないユニークなサービスです。

 

mineoのもう1つの特徴は、3キャリア全ての回線サービスを提供するトリプル・キャリアですが、各回線の料金設定は標準的なものですが、au回線は若干割安、Softbank回線は若干割高な設定です。

 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル
画像出展:biglobe.ne.jp

BIGLOBEモバイルの特筆すべき特徴とは「エンタメフリー」オプションです。
BIGLOBEモバイルの人気オプションサービス「エンタメフリーオプション」は、いわゆるカウントフリーサービスで、動画・映画・音楽等のエンタメ系コンテンツ利用時の通信料を定額化し、いくら動画を見ても、音楽を聴いても通信料が嵩むことがないため、動画系のヘビーユーザー必須のオプションサービスです。

 

LINEモバイル

LINEモバイル
画像出展:mobile.line.me

LINEモバイルは、特にオプション申込みをしなくても、LINE・Facebook・Twitter・Instagram等のSNS利用時の通信料を無料化するカウントフリーサービス「データフリー」が無料で付帯しています。

 

また、LINEトークから問い合わせができたり、マイページにログインできるなど、LINEの関連会社である事を最大限に生かしたサービスを展開しています。

 

b-mobile

b-mobile
画像出展:bmobile.ne.jp

日本通信が運営するb-mobileは、従量課金制を採用する数少ないMVNOです。
従量課金制は、月間に利用できるデータ容量と料金が固定的に定まっている固定課金制に比べ、使った容量に応じた料金を支払うため、料金に無駄がなく、月によって使用量が増減するユーザーに最適です。

 

その料金設定はかなり割安で、1GB・3GB・6GBなど、容量の区切りごとの料金は、同クラスの他社の固定課金制プラン料金と比べても最安クラスである上、通信速度にも頑張っており、回線混雑時でも実用的な速度を維持できています。

 

 

以上、各社の最も特徴的な面だけをピックアップしてみましたが、MVNOが800社も乱立する現在、「料金が安い」という要素は当たり前として、それ以上に「何が得られるのか」「何が得られないのか」が重要です。

最終的な筆者のおすすめ格安SIMとは

上記を踏まえた上で、筆者がおすすめ格安SIMを選ぶとすれば以下の3社になります。

おすすめ格安SIM第1位:UQmobile

大手キャリアにも匹敵する圧倒的な通信度は他社では得られないUQmobileの最大の特徴です。

 

通信速度は、高い料金を支払えば買える「性能」ではありませんので、UQ mobileの料金でこれだけの「性能」を手に入れられるのは、UQ mobileを選ぶ何よりの理由です。

 

従来からの「データ繰越し」「低速モード」といったY!mobileに対するアドバンテージはそのままに、料金改定によって、シンプルかつ割安感も併せ持つようになったUQmobileは最強と言っても良いほどの通信会社としての「品質」を備えており、自信をもっておすすめできるMVNOです。

文句ナシのイチオシ格安SIMです。

 

おすすめ格安SIM第2位:b-mobile

日本通信が提供する「b-mobile」を第2位に推します。

 

ドコモ回線の料金設定は、小~中クラスの各容量で最安、例えば他社が1,600円/3GBで提供しているところ、b-mobileは1,790円/6GBで提供するなど、b-mobileの安さはインパクトがあります。

 

加えて、MVNOとしては良好な通信速度を維持している点も高ポイントです。
別格のUQmobileには及ばないものの、1日の中で最も速度低下が起こりやすい平日昼12時台であっても2~4Mbpsを維持し、実用性を失わないのは大したものです。

 

ある程度の通信速度を維持しつつ、割安なSIMを…という要望にピッタリな格安SIMと言えます。

 

おすすめ格安SIM第3位:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの最大の特徴は、動画・映画・音楽・電子書籍などの対象サービスを利用する際に発生する大量の通信料を、月額480円(※)に定額化する「エンタメフリー」オプションです。

 

※音声通話プラン契約者は480円/月、データ通信プラン契約者は980円/月となります。

 

エンタメフリーは、他社には同様の定額化サービスが存在しないため、動画コンテンツを利用する機会が多いユーザーにとっては、必須サービスと言えます。

 

BIGLOBEモバイルで選択すべき回線は「au」回線です。
2017年にKDDIの資本が入り子会社化されて以降、au回線の通信速度は一定の品質を維持しており、回線混雑時でも実用的な速度を割込みにくくなっています。

 

 

如何だったでしょうか。

今回のおすすめ3社は、いずれも基本性能というべき「通信速度」において一定の品質を保ったうえで、各社各様の特徴を有している点で、おすすめと致しました。

 

一方で、UQ mobileのライバルというべきY!mobileは、データ繰越しや低速モードの提供がない等の点で使い勝手の面で劣ると言えますし、IIJmio・mineo・LINEモバイルは通信速度の面で実用性に欠ける面があるため、今回のおすすめに加える事は控えました。

 

【ライター:喜田 宗彦】

 

スポンサーリンク