【楽天モバイル】300万回線限定1年間の料金プラン無料

 楽天モバイルが、2020年4月8日から始まる本格サービスに先立ち、料金プランを発表しました。
同時に300万ユーザーを対象にした無料キャンペーンも展開されます。エリアの拡大が急務な同社ですが、その状況と合わせて、現状を見ていきましょう。

楽天モバイル
楽天モバイルが、4月8日に本格サービスを開始する
スポンサーリンク

料金プランは1種類で、使い放題2980円

 大手3社とは異なり、楽天モバイルの料金プランは1種類しかありません。
一般的に、携帯電話やスマートフォンの料金プランは、毎月データをどのぐらい使うか、通話をどのぐらいするかで最適なものが決まりますが、楽天モバイルの場合、このようなシミュレーションは不要。「UN-LIMITプラン」だけしか選択することができません。

楽天モバイル UN-LIMITプラン
新規契約の場合、料金は2980円のUN-LIMITプラン一択

 料金は2980円。UN-LIMITという名称からも分かるように、この料金プランには、いわゆる容量制限がありません。
2980円で、データ通信が使い放題になるというわけです。
また、音声通話についても、部分的に定額制を実現しています。楽天モバイルには、他社と同じLTE上で電話を行うVoLTEと、楽天Linkというアプリを使った通話の2種類があります。

 無料になるのは、後者の楽天Linkを経由した場合。逆に前者のVoLTEを使った通話には、30秒20円の料金がかかります。

楽天LinkはRCS(Rich Communication Service)という規格を採用しており、電話番号でやり取りすることが可能。
仮に楽天モバイル回線が圏外の場合でも、Wi-Fiにさえつながっていれば、電話番号を使った音声通話が可能になります。そのため、あえて料金がかかるVoLTEを利用する必要性は薄いと言えるでしょう。
ただし、フライトモードにしているときなど、一部のケースでは相手に電話番号が通知されない難点もあります。

楽天モバイル 使い放題
使い放題になるのは、楽天モバイルの自社回線のみ。電話も楽天Link経由に限定される

 もう1つ、使い放題には例外があります。それは、ローミング時です。

楽天モバイルは、新規参入キャリアのため、エリアの拡大が十分に進むまでの間は、auがローミング用の回線を提供しています。
東京23区のように、地上のエリアが広がっている地域でも、地下街やビル内などはローミングでカバーされていることが多くなります。

このローミングエリアでは、データ通信が使い放題ではなく、2GBまでに制限されています。2GBを超えてしまうと、通信速度は128Kbpsに落とされてしまうため、楽天モバイルの自社回線エリアが十分でないユーザーは、契約にあたって注意が必要です。

 仮にエリアマップを見て十分だと思っていても、地下鉄などで使うことが多い人は、使い放題の恩恵に預かりにくくなります。
楽天モバイルの自社回線エリアと、auローミングのエリアはエリアマップで判別することは可能ですが、細かな場所までは分かりません。使ってみて、思った以上にauローミングが多かった場合は、使い放題にならないというわけです。

また、新規参入キャリアゆえに、建物内まで十分カバーできていない可能性もあります。使い放題の料金プランを生かし、自宅で通信しようと思っていたら電波が入らなかったというおそれもあります。

楽天モバイル エリア
エリアは広がっているが、まだ穴もある

1年間は2980円が無料に!このタイミングで電波をチェック

 こうした事情もあって、楽天モバイルは300万回線限定で、1年間料金を無料にしています。

楽天モバイルのエリアはもちろん、auのローミングエリアも2GBまでは無料で利用できます。ただし、auのローミングエリアで2GBを超えてしまったとき、速度制限を解除しようとすると、1GBあたり500円の料金がかかります。無料になるのは、あくまで基本使用料の2980円だけです。

楽天モバイル UN-LIMIT料金
UN-LIMITの料金は、1年間無料になる

 とは言え、楽天モバイルは2年縛りのような定期契約がなく、いつでも無料で解約できます。
端末も楽天モバイルが販売するものについては、基本的にSIMフリーになっているため、満足できないときは他社にMNPして、購入した端末はそのまま使い回すことが可能になっています。
その間に、エリアが拡充すれば使い続けてもいいですし、そうでないならば解約するという選択ができるのはメリットと言えるでしょう。

楽天モバイル 料金
最低利用期間や契約解除料も発生しない

 契約時に事務手数料はかかってしまいますが、これも3300円ぶんの楽天スーパーポイントがもらえるため、実質0円と見なすことが可能。
さらに、オンライン契約では3000ポイントもらえるため、契約時の事務手数料を上回る還元を受けられます。とりあえず、新規契約しておけばお得になるというわけです。

楽天モバイル 楽天Link
事務手数料は、楽天Linkを利用するだけで、全額ポイントで還元される

 こうした使い方をするのであれば、メインの回線をMNPして楽天モバイルに変更するのではなく、あくまでサブ回線として持っておくといいでしょう。

SIMフリースマホの中には、DSDS(デュアルSIM/デュアルスタンバイ)に対応した端末も多いため、こうした端末を活用して、今まで使っていたキャリアと楽天モバイルのSIMカードを“2回線持ち”しておくと安心です。
データ通信を楽天モバイルでしつつ、圏外のときはいつものキャリアに切り替えればいいからです。

エリアは実際のところどうなの? 速度は?

 では、エリアは実際のところ、どこまで広がっているのでしょうか。
エリアマップを見ると、東京23区はほぼ全域に楽天モバイルのエリアが広がっていることが分かります。

正式サービスに先立って実施されている無料サポータープログラムで楽天モバイルを使ってみましたが、確かに東京23区の屋外では、圏外になることはほぼありません。
電車やバス、車で移動しながら使ってみましたが、しっかり通信はできていました。速度も、速いところでは数十Mbps出ます。

楽天モバイル回線を使ってみた
実際に、楽天モバイル回線を使ってみた

 一時は基地局建設の遅れが指摘されていた楽天モバイルですが、最近では急速にペースを上げており、3月末までには4000を超える見込み。
無料サポータープログラムを提供していた東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市以外の区市町村にも、徐々にエリアを拡大しています。その成果が、特に東京23区には顕著に出ていると言えるかもしれません。

 一方で、屋内はやはりまだまだといった印象。
auローミングに切り替わる場所も多く、奥まった場所にあるカフェなどで腰を据えてデータ通信をしたら、すぐに2GBは超えてしまいそうです。
地下鉄の駅間でもauに接続するため、通勤、通学経路によっては、データ通信量が足りない可能性もあります。
楽天モバイル回線のままになる建物もありますが、他キャリアに比べて電波が弱くなりがちな印象を受けます。屋内対策については、まだまだ不十分と言えそうです。

楽天モバイル回線を使ってみた
屋内での電波もまだまだ弱い

 また、東京23区を一歩出てしまうと、首都圏でもまだまだエリアは手薄です。
2020年1月に無料サポータープログラムのSIMカードが入った端末を持って、千葉県木更津市にあるアウトレットまで行ってきましたが、海ほたるを渡っている最中にau回線に切り替わり、以降は都内に戻るまで、楽天モバイルの回線になることはありませんでした。

首都圏でこのレベルですから、郊外は推して知るべしといったところ。使い放題に過度な期待を持つのは、禁物と言えるかもしれません。
無料期間内に、どこまでエリアを拡大できるのかが、楽天モバイルにとっての課題と言えそうです。

楽天モバイル auローミング
23区を出ると、すぐにauローミングになってしまう印象
スポンサーリンク