iPad miniを愛する人たちが、iPad mini 4発売から3年以上待ち望んだ新型のiPad mini 5(iPad mini 第5世代)がついに発売されました。

何度も噂が出ては結局でないという過程を乗り越えた末の登場ということもあり、私と同じく狂喜乱舞した方も多いのではないでしょうか。

 

私もiPad mini 4を発売日に購入して、今回発表されるまで待ち焦がれていたこの端末が突然発表された時には非常に喜びましたし、当然即ポチって発売日に手に入れたので、ファーストインプレッションレビューをしていきます。

購入を検討中の方の参考になれば幸いです。

 

なお、iPadシリーズの違いがわからない方や決めかねているという方は「【2019】iPadの選び方!どれがおすすめか、価格・スペック・違いを徹底比較!」で詳しく紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。(記事末尾にもリンクあり)

スポンサーリンク

iPad mini 5がiPad mini 4から進化したポイント

mini 4からmini 5になって進化したポイントは、主に

  • スペックの向上(A8チップ→A12チップ)
  • ApplePencilへの対応(広色域ディスプレイ・TrueToneテクノロジー)
  • ディスプレイの向上

といったところです。

 

この点も踏まえてレビューしていきますが、前モデルとの比較を詳しく知りたい方は「新型iPad mini 5(2019)とiPad mini 4を比較しての違いと価格やサイズなどの基本スペックまとめ!」でも詳しく説明していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

iPad mini 5 レビュー

今回購入したのは、iPad mini(第5世代)の256GBのセルラーモデルです。

64GBとも迷いましたが、Appleがminiに本腰を入れてないことからも、次に新モデルが発売されるとしても遠く長い先の話になることは分かり切ってるので、長く使えるようにと256GBにしました。

 

Wi-Fiのみかセルラーモデルかに関しては、私はそもそもセルラーモデルを押していることに加えて、iPad miniは外で使う機会も多いので、特にLTE通信のできるセルラーモデルがおすすめということで、今回もセルラーモデルを購入しました。

そこら辺の詳しい比較に関しては「iPadのWi-Fiモデルとセルラーモデルのどちらを買うべきか、価格などの違いを比較。」でまとめてますので、迷ってるという方は合わせて参考にしてください。

 

では早速、詳しくレビューしていきます。

開封・同梱品

箱はいつも通りの外箱です。

iPad mini 5の外箱

ビニールを剥がすためのガイドラインが設置されているのも、時の流れを感じるポイントです。

 

同梱品はいつも通りで

  • 本体
  • Lightning 
  • ACアダプター
  • 説明書

となっています。

iPad mini 5の同梱品

ACアダプターはiPhoneの高速充電にも使える大容量のもので、嬉しいポイントです。

 

サイズ:相変わらず絶妙

サイズに関してはmini 4から全く変わらず203.2×134.8×6.1mmとなっており、iPad mini 4と重ねてみても全くわからないほど同じサイズであることがわかります。(下の写真、iPad mini 4が下に隠れています。)

iPad mini 5とiPad mini 4を重ねて比較

iPad Pro 11インチと比較すると、そのコンパクトさは一目瞭然でしょう。

iPad Pro 11インチとiPad mini 5のサイズを比較

さらにiPhoneで最大の6.5インチディスプレイXS Maxと比較するとこんな感じです。

iPad mini 5とiPhone XS Maxのサイズを比較

ディスプレイサイズこそ近づいていますが、特に横幅の比較ではminiに全く及ばず、スマホより大きな画面で楽しめるというタブレットらしい点でも優っています。

XS Maxはminiの代替になりうるかと期待をし購入したという面もありましたが、こうしてみるとやはり代替しうるものではありませんね。

 

このように、タブレットで大画面でありながら気軽に外に持ち運べるという、スマホとタブレットの良さを兼ね備えたこのサイズこそがiPad miniをiPad miniたらしめており、根強いファンがたくさんいる理由でもあります。

 

外観:ゴールドは色が変更

mini 4と同じくですが、Proとは違い背面のカメラに出っ張りがなく床においても違和感がないのは嬉しいポイントです。

iPad mini 5のカメラ

ちなみにiPad 第6世代も出っ張りがありませんが、Proやminiよりも分厚いというデメリットがあるので、分厚さそのままでカメラがこの形状というのはグッドです。

 

カラーに関して、3色の展開は同じですが個別に色合いが変化されており、例えば私が購入したゴールドに関しては、ピンクみがかったローズゴールドのような色に変化しています。

iPad miniのゴールドの比較

嬉しい人も多いでしょう、イヤホンジャックはそのまま存続しています。

iPad mini 5のイヤホンジャック

また細かな部分ではありますが、セルラーモデルのアンテナ部分のデザインがスタイリッシュになったり、カメラやマイクの位置が変更になったりしています。

iPad mini 5とiPad mini 4の背面の違い

ちなみに、カメラの位置が違うので、保護フィルムは問題ないですが、ケースはmini 4用ではなくmini 5用を購入するようにご注意ください。

 

スペック:ゲームもサクサク楽しめるように

上述のように見た目に関してはあまり変化はありませんが、大きな変化の1つがこのスペックです。

搭載されているチップは、A8からA12へと4世代も新しく最新のiPhone XSと同じものになり、iPad mini 4よりも最大3倍という驚異のスペックアップを果たしました。

 

発売前には、iPadシリーズでも廉価な価格帯のminiは、iPad 第6世代と同じA10チップが搭載されるのではとの噂もあった中、まさかの最新のiPhoneと同じ現状最高レベルのチップを搭載するとはいい意味で期待を裏切られる結果で、miniのサイズのためという方ももちろんですが、ゲームなどスペックのためという選択肢にiPad miniが入ってきうるようになりました。

ブラウジングやネットサーフィンなど基本的な動作は言うまでもなくサクサクで、画像を大量にレンダリングするなど特殊かつグラフィック性能に依存する使い方をする方は別として、ほとんどの人にとってはスペックでは文句のつけようがないレベルになりました。

 

もちろんAndroidタブレットを含めても、8インチタブレットで現状スペック面で最強なのはiPad miniです。

 

実際に荒野行動で検証

iPadでスペックを要する代表的な行動である3Dゲーム、荒野行動やPUBG mobileで検証してみました。

 

まず設定面でいうとP3(広色域)に対応したからか、HDR効果が選択できるようになりましたが、意外に思われる方も多いでしょうが、設定の上限ではmini 4でもHDR以外では最高の設定を選択できます。

iPad mini 4での荒野行動の設定画面
iPad mini 5での荒野行動の設定画面

私は以前からiPad mini 4で荒野行動を遊んでおり、通常にプレイできていましたが、やはり1時間ほど使用していると端末が熱くなってきたり、ややカクツキがちだったりもっさりしたりする場面もありました。(3年前の端末でこれだけ遊べるのもすごいんですが。)

一方でiPad mini 5で実際にプレイしたところ、1時間ほど遊んでももっさりすることもなく端末もほんのりあったまる程度で、過負荷で耐えられないといった感は微塵も感じられませんでした。

 

iPhone XSでスペック不足だなんていう人はほとんどいないわけですから、当然ではありますが、荒野行動・PUBG mobileでもサクサク快適に遊ぶことができるスペックになっています。

この辺は長期的にどうかという面も今後追記していきたいと思います。

 

Apple Pencilに対応

ApplePencilに対応したiPad mini 5

これまた嬉しいアップグレードの1つがApplePencilへの対応です。

iPad mini のサイズでApplePencilが使えれば、さながら持ち運べる手帳のように活躍してくれることは間違いありません。

 

実際に使用してみたところ、フルラミネーションディスプレイということもあり追従性も上々で、私の感覚ではiPad 第6世代よりも滑らかに楽しむことができました。

またProとの違いとしてリフレッシュレートの違い(120Hzと60Hz)が挙げられ、本格的に絵を描く方などの細かな違いも影響してくるレベルの方であれば大きな違いかもしれませんが、私が落書きしている程度では差異はほとんど感じられませんでした。(長期使用で気づく点がありましたら追記します。)

 

iPad miniのサイズを考えてもお絵かきというよりもメモや落書き程度のライトな使用の方が多いでしょうし、その限りにおいては十分すぎる書き心地でした。

上記のような本来の使い方ももちろんですし、個人的にはスクロールなどの操作をApplePencilでするのが好きなので、そういった意味でも対応してくれたことは最高としか言いようがありません。

Touch IDも進化(?)

これは公式では記述は発見できていないのですが、Touch IDは私が利用する限り高速化しました。

iPad mini 4は第1世代のTouch IDでしたが、mini 5では明らかに体感できるぐらい早いので、iPhone 7以降に搭載されたTouch ID第2世代にアップグレードされているのではないかと思います。(あくまで私の体感ですので、後日確認が取れれば追記します。)

 

地味ながらではありますが、頻繁に使う部分でスピードアップされているのは嬉しいポイントです。

まとめ・総評

iPad mini 5

ということで、ひとまず私が気になるポイントや変更されたポイントについてレビューしてきました。

 

iPad miniの外観やコンセプトは大きく変わらなかったものの、スペックはiPhoneと同クラスに大幅にスペックアップされ・Apple Pencilにも対応し、着実なアップグレードを行ってくれました。

何より、iPad miniのサイズが好みなんだけどスペックのために泣く泣く他のiPadを選んだという方がいなくなるというだけでも、「最高」と言わざるを得ません。

 

さらに、iPhone XSと同じチップを搭載しながら、45800円からと半額以下の価格も魅力の一つで、iPhone買い換えるのは高いけどどうしようと迷っている方にとっても、今後有力な選択肢の一つになることでしょう。

 

大きめのスマホ感覚でiPadを使いたい方、10インチサイズでは大きすぎるからコンパクトなタブレットが欲しいという方など、このサイズを愛してやまない人たちはぜひ購入を検討してみてください。

以上!

 

なお、iPadシリーズの違いがわからない方や決めかねているという方は「【2019】iPadの選び方!どれがおすすめか、価格・スペック・違いを徹底比較!」で詳しく紹介していますので、よろしければ合わせてご覧ください。

また、iPad mini 5の購入を決意した方は「iPad mini 5(2019)用ガラス保護フィルムのおすすめ人気ランキング!」もよろしければあわせてご覧ください。

 

 

 

スポンサーリンク