【2021年】もっと楽しく!ゲーミングスマホおすすめ7選と失敗しない選び方

ゲームがもっと楽しくなるよう作られたゲーミングスマホ。様々なゲーミングスマホが販売されているため、何を基準に選べばいいのか、結局どれがおすすめなのか悩んでしまいますよね。

この記事では、ゲーミングスマホのおすすめ機種7選を、失敗しない選び方とあわせて徹底解説したので、ぜひあなたにピッタリな1台を見つけてください!

スポンサーリンク

ゲーミングスマホとは

ゲーミングスマホとは、スマホゲームをもっと楽しく遊べるようスペックや機能を強化したスマホ。高性能CPUと大容量メモリを載せ、3Dゲームやオンラインゲームなど負荷の高いゲームも快適に遊べます。

一般的なスマホに比べディスプレイの美しさや音質にもこだわり、ゲームの世界にどっぷり浸れるのが特徴。

ゲーミングスマホは基本性能が高いため、ゲームが快適なのはもちろん、動画視聴や音楽ストリーミングなどゲーム以外のエンタメも一般的なスマホ以上の満足感を味わえます。

ゲーミングスマホの選び方は

最新で高性能のCPUを

最新で高性能のCPUを出典:rog.asus.com

ゲーミングスマホ選びで1番重要なポイントは、CPU。CPUとは情報処理能力のことで、いわばスマホの頭脳となるパーツです。最新で高性能のCPUほど処理能力に優れ、あらゆる動作がスムーズになります。

スマホのCPUは様々なメーカーが開発してきました。有名なCPUと言えば、この3つ。

  • Qualcomm(クァルコム)の「Snapdragon」
  • HUAWEIの「Kirin」
  • Appleの「A」シリーズ

Snapdragonでは8XXシリーズ、Kirinは9XXシリーズが各ブランドのフラッグシップCPUです。これらを選べば快適にゲームできます。

新しいスマホほど高性能な最新CPUが搭載される傾向にありますが、しっかり性能を把握したいならコア数とクロック数もチェックしましょう。コア数が大きいほど並行処理に強くなり、クロック数が高いほど動作周波数が高くなります。ストレスなくゲームをしたいなら、オクタコア(8コア)以上、クロック数1.8GHz以上のCPUを選んでください。

メモリ(RAM)は6GB以上

メモリ(RAM)は6GB以上
メモリ(RAM)は、作業中のデータを一時保存するパーツです。メモリが多いほどCPUの処理能力を十分に活かすことができ、ゲームがサクサクと動くようになります。

3Dゲームやオンラインゲームを楽しみたいなら、メモリは最低6GB以上が必要です。ゲーム操作に加え録画したり配信したりするなら同時作業に対応できるよう、メモリは8GB以上あるといいでしょう。

高画質のゲームなら高解像度

高画質のゲームなら高解像度出典:rog.asus.com

高画質のゲームなら高解像度のディスプレイを搭載したゲーミングスマホを選ぶのがおすすめです。

一般的なスマホで採用されるのが1,920×1,080のフルHD。できればコレより高解像度なモデルがいいでしょう。より美しさを求めるなら2,340×1,080のフルHD+は欲しいところです。

ただし、覚えておきたい点は、解像度が高くなるほどCPUやRAMに負荷がかかること。CPUやRAMのスペックが低ければカクついたりコマ落ちしたりします。また、バッテリー消費も激しくなるため、高解像度にしたいならCPUやRAMに加え、バッテリー容量のチェックを忘れないでください。

リフレッシュレートも重要

リフレッシュレートも重要出典:rog.asus.com

なめらかな映像のゲームを楽しみたいならリフレッシュレートの値も重要です。

リフレッシュレートは1秒間に切り替わる画面の数を示した数値。ゲームの動きは、静止画を瞬時に切り替えるパラパラ漫画の要領で表現しています。当然、枚数が多いほど動きはなめらかです。

一般的なスマホは60Hz(ヘルツ)、つまり1秒間に60回だけ画面が切り替わります。ゲーミングスマホであれば、最低90Hz以上のリフレッシュレートのモデルを選びましょう。

音にこだわる人は音質もチェック

音にこだわる人は音質もチェック出典:rog.asus.com

ゲームの世界に浸るには音質も大事。音にこだわる人はゲーミングスマホの音質もチェックしてください。スマホスピーカーから音を流してプレイするなら、ステレオスピーカーは必須です。

もっと音質にこだわるなら、Dolby AtmosやaptX、ハイレゾに対応しているか確認してください。

Dolby Atomosは音を3Dで再現。モノが通り過ぎる様子や近距離・遠距離の聞こえ方の違いを表現できるため、ゲームの世界に飛び込んだかのような体験を味わえます。

aptXは高音質・低遅延が特徴。音の高低にかかわらず原音を忠実に再現してくれます。

ハイレゾは音の解像度です。ハイレゾはCD(コンパクトディスク)より高解像度で、よりアナログ音に近くナチュラルに聞こえます。

バッテリー容量は多い方がいい

バッテリー容量は多い方がいい出典:rog.asus.com

スマホゲームは映像や音響のリアリティを追求するため、どうしてもバッテリー消費が大きくなりがちです。そのため、バッテリー容量の多いゲーミングスマホがおすすめ。

バッテリー容量はmAh(ミリ アンペア アワー)で示します。一般的なスマホのバッテリー容量は3,000mAhです。時間を気にせずゲームしたいなら5,000mAhを超える大容量モデルを選びましょう。

もちろん、バッテリー容量が多いほど充電時間も長くなりやすいため、急速充電への対応や充電時間も確認しておくと安心です。

冷却機能があれば、なお可

冷却機能があれば、なお可出典:rog.asus.com

冷却機能のあるゲーミングスマホであれば、なお良いでしょう。

ゲームはCPUに大きな負荷がかかり、スマホ全体の温度を上昇させます。冷却機能の低いスマホの場合、発熱を抑えるにはCPUの処理速度を落とすしかありません。でも、CPUの処理速度を落とせば動作が遅くなったりカクついたりします。

冷却機能付きのゲーミングスマホであればCPUの処理を落とさずプレイでき快適です。

ゲーム時間が長いなら、冷却機能のあるスマホを選ぶようにしてください。

ゲーミングスマホおすすめ7選

ASUS ROG Phone 5

まずおすすめなのは、ASUSの人気ゲーミングスマホの最新モデル「ROG Phone 5」。

CPUSnapdragon 888 5G オクタコア 2.84GHz×8
メモリ16GB/12GB
解像度2,448×1,080
リフレッシュレート144Hz
音質性能ハイレゾ対応
前面デュアルステレオスピーカー
バッテリー容量6,000mAh
冷却機能AirTrigger 5

「Snapdragon 888 5G」の最新CPUと16GB/12GBで選べる大容量メモリを搭載した、超ハイスペックなゲーミングスマホです。どんな種類のゲームもストレスなく楽しめる性能を持っています。

「ROG Phone 5」の最大の特徴は、6,000mAhの超大容量バッテリーと優れたバッテリー機能。今回紹介する7台で1番バッテリー容量が多く、その容量は一般的なスマホ2台分に相当します。これがあれば1日中ゲームに熱中できます。
驚かされるのは、最大65Wの急速充電に対応するため約52分でフル充電できること。あっという間に充電できるため、食事や休憩の合間にケーブルをつないでおけば、食べ終わるころには準備万端!

超ハイスペックと超大容量バッテリーの「ROG Phone 5」なら快適なゲームライフを楽しめます。

Nubia RedMagic 6 Pro

Nubia RedMagic 6 Proは、165Hzの高速リフレッシュレートを実現したディスプレイが特徴のゲーミングスマホです。

CPUSnapdragon 888 5G オクタコア 2.84GHz×8
メモリ16GB
解像度2,400×1,080
リフレッシュレート165Hz
音質性能DTS Ultra Xサラウンドサウンド
バッテリー容量5,050mAh
冷却機能内蔵式ファン採用ICE6.0マルチ冷却システム

リフレッシュレートが高く、ゲームの動きは非常になめらか。そのうえ、ただリフレッシュレートが高いだけでなく、リフレッシュレートは利用状況に応じ60/90/120/165Hzで最適化されます。ビジュアルの美しさとバッテリー消費のバランスが保たれ、長時間うつくしいゲームを堪能できます。

CPUは最新の「Snapdragon 888」でメモリは16GB。ゴリゴリのハイスペックでどんなゲームもお手の物。

RedMagic 6 Proのユニークな特徴が内蔵式ファンを使った冷却システム。最大20,000rpmの速さで回転し、CPU温度を16度下げられます。放熱性が高く長時間ゲームを楽しめます。ファンは任意でON/OFFできるため、音が気になる場所ではOFFにすればOK.です。

Galaxy S21 Ultra

SAMUSUNGの最高級モデル「Galaxy S21 Ultra」はゲーミングスマホでないものの、その性能はゲーミングスマホ級。

CPUSnapdragon 888 5G オクタコア 2.84GHz×8
メモリ12GB
解像度3,200×1,440
リフレッシュレート120Hz
音質性能ステレオ対応
バッテリー容量5,000mAh
冷却機能

「Galaxy S21 Ultra」は一般的なスマホながら、ゲーム機能が強化されているのが魅力的です。例えば、「ゲーム優先モード」を使用すれば着信や通知を遮断してくれるので、ゲームに集中できます。さらに、スマホの温度やバッテリーの消費量もモニタリングし最適化されます。

CPUやRAM、リフレッシュレートもゲーミングスマホと何ら遜色ありません。

あえて弱みを挙げるなら、ゲーミングスマホのような目立った冷却機能が搭載されていないことくらいです。

iPhone 12 Pro

Appleの「iPhone 12 Pro」もおすすめの1台です。

CPUA14 Bionic
メモリ
解像度2,532×1,170
リフレッシュレート
音質性能DolbyAtmos 空間オーディオ再生
バッテリー容量
冷却機能

iPhoneの魅力は、ソフトもハードもAppleが作っていること。バグやトラブルの発生が少なく、非常に安定してゲームを楽しめます。

多くのゲーミングスマホが「Snapdragon」を採用するなか、iPhone 12 Proに載せられるCPUは「A14 Bionic」です。CPUの性能を計るベンチマークテストでは、最新の「Snapdragon 888」を上回る結果を見せるほど、高い処理性能を持っています。ですから、ゲーミングスマホでなくても快適にプレイできます。

AQUOS zero2

「AQUOS zero2」は2020年1月に発売されたSHRAPのゲーミングスマホです。

CPUSnapdragon 855 オクタコア 2.8GHz×1+2.4GHz×3+1.7GHz×4
メモリ8GB
解像度2,340×1,080
リフレッシュレート120Hz
音質性能ハイレゾ対応
aptX
Dolby Atmos
ステレオスピーカー
バッテリー容量3,130mAh
冷却機能

ゲーミングスマホといえば、サイズがデカく重い印象。しかし、AQUOS zero2は本体重量141gという圧倒的な軽さを誇ります。AQUOS zero2ほど軽ければ、他のゲーミングスマホに比べゲームによる腕の疲労を軽減できるはずです。

搭載されるCPU「Snapdragon 855」は最新の「Snapdragon 888」に比べると性能が劣るものの、最大クロック数は2.8GHzでほとんど変わりません。決して貧弱なCPUではなく、重たい3Dゲームやオンラインゲームにも十分対応します。

Xperia 1 Ⅲ


出典:xperia.sony.jp

世界のSONYが手掛ける「Xperia 1 Ⅲ」は一般的なスマホ。しかし、ゲーミングスマホに負けない性能と機能を持っています。

CPUSnapdragon 888 5G オクタコア 2.84GHz×8
メモリ12GB
解像度3,840×1,644
リフレッシュレート120Hz
音質性能ハイレゾ対応
Dolby Atmos
ステレオスピーカー
バッテリー容量4,500mAh
冷却機能HSパワーコントロール

Xperia 1 Ⅲは最新CPU「Snapdragon 888」とメモリ12GBのハイスペック仕様で、ゲーミングスマホに負けない性能を持ちます。普通のスマホだからと侮れません。

Xperia 1 Ⅲの特徴が、他のゲーミングスマホと一線を画した音質性能。ハイレゾおよびDolby Atmos対応で最高の音質を提供してくれます。さらに、ステレオスピーカーも前モデルXperia 1 Ⅱ比較で約40%も最大音圧がアップ。低音がさらに響くようになりました。

Black Shark 4


出典:glimpse.jp

Xiaomiの人気ゲーミングスマホ最新作「Black Shark 4」。2021年7月末に発売予定の1番ホットなゲーミングスマホです。

CPUSnapdragon 870 オクタコア 3.2GHz×1+2.4GHz×3+1.8GHz×4
メモリ12GB/8GB
解像度2,400×1,080
リフレッシュレート144Hz
音質性能デュアルステレオスピーカー
バッテリー容量4,500mAh
冷却機能サンドイッチ液体冷却システム

搭載されるCPUは「Snapdragon 870」は、前モデルBlack Shrak 3の「Snapdragon 865」より性能が強化されています。ROG Phone 5等で採用される「Snapdragon 888」に及ばないものの、高い性能で動作はサクサク。

Black Shrakシリーズ最大の特徴は、特許取得済みの溶接技術で作られたサンドイッチ液体冷却システムです。この優れた冷却機能があれば、長時間のゲームプレイも細かな描写やオンライン通信など負荷のかかるゲームも、カクつかずに快適に遊べます。

自分に合ったゲーミングスマホを選ぼう

高性能CPUと大容量RAMを載せたおすすめのゲーミングスマホ7選を紹介しました。

どれも各メーカーの威信をかけ、最高性能と優れた機能を積み込んだスマホです。どのモデルを選んでも快適にゲームできます。

ディスプレイやリフレッシュレート、バッテリー容量、冷却機能など細かな違いを見比べながらピッタリの1台を選んでくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事